大切なのはイメージすること。

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/18 KMN

20170818_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時に自分の山札を上から1枚見て上か下に置く能力と、アタック時に正面のキャラのレベルが3以上ならパワーパンプする能力を持つ、青/2/1/7000のキャラです。特徴は《フレンズ》・《音楽》。

レベル3メタ。パワー13000まで上昇するためレベル3キャラを十分倒すことができるでしょう。
登場時デッキトップ操作能力は打点調整や集中の参考はもちろんですが、次に書くカードのクライマックスコンボを使う際の下準備として活躍してくれます。




ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時に青のキャラを1枚回収することができる能力と、1ターンにつき1回までアタック時に対応クライマックスがあり、他の自分の「“PPP”ジェンツーペンギン」と「“PPP”フンボルトペンギン」がいるならコストを払うことで自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《フレンズ》のキャラか「“PPP”プラチナチケット」なら自分の「“PPP”コウテイペンギン」と「“PPP”イワトビペンギン」を各1枚までスタンドするクライマックスコンボを持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《フレンズ》・《音楽》。

公開5種類目のRR。
「“PPP”ジェンツーペンギン」、「“PPP”フンボルトペンギン」、「“PPP”コウテイペンギン」は8月9日に公開されていますのでそちらの記事をご覧ください。該当記事はこちら。

CIP能力は青らしからぬ青のキャラ1枚回収。
PPP構築=青単に近い構築=回収が薄くなる筈ですからそこを補えるのは大変ありがたいです。また、PPPのメンバーを揃えないと発動しないとクライマックスコンボを持つためその条件をクリアするのにも重宝します。

対応クライマックスは、青/門・1。
キャラを揃えたうえでデッキトップ公開の条件もクリアしないといけませんが、かなり軽いコストで1ターンに最高5回アタックすることができます。サーチ、回収を上手く採用してキャラを揃えやすい構築にしたいですね。1ターンに5回アタックを狙うのが理想ですが、「“PPP”コウテイペンギン」か「“PPP”イワトビペンギン」のどちらか片方しかいない状況でも「“PPP”ジェンツーペンギン」と「“PPP”フンボルトペンギン」がいれば発動可能です。1ターンに4回アタックはできます。



20170818_7.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「“PPP”ロイヤルペンギン」対応の青/門・1のクライマックスです。



20170818_6.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
リバース時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにレベル2以上のカードがあるならこのカードをストック置場に置く能力と、「“PPP”ロイヤルペンギン」への絆を持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《マネージャー》。

「“PPP”ロイヤルペンギン」を絆回収できるのはありがたいです。
リバース時能力は運任せではありますが、「“PPP”」ネームの5種の内4種類がレベル2以上のキャラであるため噛み合っています。比較的成功する確率は高いのではないでしょうか。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/17 KMN

20170817_1.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
自ターン中、他の自分の「いつも全力 アライグマ」すべてをパワーパンプする能力と、「いつも全力 アライグマ」への絆を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

専用パワーパンプ&絆。すべてはアライさん次第(ゴクリ。

フレーバーテキストは、アニメ第1話からですね。



ブースターパック「けものフレンズ」収録。
アタック時に対応クライマックスがあるならパワーパンプし、バトル相手リバース時に控え室の《フレンズ》のキャラ1枚をストック置場に置くことができる能力を得るクライマックスコンボと、自分の「虫眼鏡 かばんちゃん」が舞台から控え室に置かれた時に控え室にこのカードがあるならコストを払うことでこのカードを舞台の好きな枠にレストして置く能力を持つ、緑/1/0/4500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

公開4種類目のRR。

対応クライマックスは、緑/宝。
クライマックス分も含めればパワー6500になります。絆元である「マイペース フェネック」が1枚でもいれば専用パワーパンプのおかげでパワー8500以上になります。これならバトル相手のリバースも狙いやすそうです。控え室ストブは、普通に強いです。

クライマックスコンボが狙えない状況でも「マイペース フェネック」が1枚でもいれば自ターン中はパワー6500以上になるため単純な1/0アタッカーとしても扱いやすいと思います。絆で回収できますしね。

2つ目の能力もこれまた強いですね。控え室にあるこのカードが能力源であるというWSでは恐らく初(?)のカードです。「虫眼鏡 かばんちゃん」は8月14日公開されています。その日の記事はこちら。動き的には「暁型駆逐艦2番艦 響」などに近いです。より近いのは「常夏の解放感 リンネ」ですね。コストとして手札を1枚切っていますが、実質このキャラと手札交換しているようなものです。レベル0帯での早出しを狙えたり、不要なカードを切ることができたり優秀です。

フレーバーテキストは「ようこそジャパリパークへ」の間奏=セリフパートからです。
このスペックならアライさんに十分お任せできそうですね。



20170817_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「いつも全力 アライグマ」対応の緑/宝のクライマックスです。

アニメ11話、アライさんが帽子泥棒(?)をついに捕まえたシーンです。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/16 KMN


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
他の自分の《フレンズ》のキャラすべてに手札アンコールを与える能力と、自分のキャラのトリガーチェックで本が出たならば1枚ドローすることができ、ドローしたならば手札を1枚控え室に置く能力、相手のアタックフェイズの始めにコストを払うことで自分のキャラを1枚パワーパンプするクライマックスコンボを持つ、青/1/0/3500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《雪》。

公開3種類目のRR。

1つ目の能力は《フレンズ》のキャラへの手札アンコール付与。
応援ではなく特徴全体付与なのが強いですね。ソウル2のキャラなどレベル2以降にアンコールで維持する価値の大きいキャラを採用することでより強さを発揮できます。

2つ目の能力は本をトリガーした時の任意1ドロー1ディス能力。
手札交換を行えるのは、良いですね。本のクライマックスは本日公開のも含めて2種類になったので8本構築も可能です。

3つ目の能力は、相手のアタックフェイズの始めに対応クライマックスを切ることでの自キャラ単体パワーパンプ。面白いタイミングで発動するクライマックスコンボですね。
打点は少なくなってしまいますが、キャラを守るためにクライマックスを貼らずに温存する戦法が取れます。
また、本トリガーで対応クライマックスを引いてしまった場合や門で対応クライマックスを回収する動きなどでも狙うことができます。対応限定ではありますが、相手ターン中にクライマックスを切ることができるのは、中々に優秀です。

アニメ8話、ゲームの復活を喜ぶキタキツネ。下山してすぐのシーンですね。



20170816_2.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「ゲーム大好き キタキツネ」対応の青/本のクライマックスです。

何故か公開画像がいつもより大きかった件。極稀にあるんですよね。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT