大切なのはイメージすること。

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/22 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」ボックス封入特典。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚まで見て元の順番で置く能力と、このカードの与えたダメージがキャンセルされた時にこのカードをストック置場に置くことができる能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

ボックス封入特典ですがデフォルメ化された系ではないんですね。少し意外でした。

昨日公開されたカードに続いてこれまた手札から登場時山札の上から2枚チェック。
デッキトップ参照系や集中、終盤の打点調整の参考になります。また、このタイトルのこの色はマーカーを使うキャラが複数存在するため、それらとも相性が良いです。

もう1つ能力は与えたダメージがキャンセルされた時にストック置場に置くことができる能力。

正直、システムキャラとしては微妙ですね。パワーも1500しかないためアタッカーとしても使い難いです。ストックを大量に消費するようなデッキや「フーカ」単とかでもしかしたら採用するかもしれないくらいですかね。



20170622_2.png
ブースターパック「ViVid Strike!」ボックス封入特典。
自分のストックが2枚以下ならアタックすることができない能力を持つ、緑/1/0/6500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

断食の末に ちはや」互換。
1/0/6500は優秀です。しかし、アタックできないデメリットは怖いです。アタックフェイズ前にストックが0枚だった場合はストブを挟まない限りアタックできません。採用するなら枚数抑えてですかね。



20170622_3.png
ブースターパック「ViVid Strike!」ボックス封入特典。
1ターンにつき1回まで自分が起動能力を使った時にパワーパンプする能力と、リバース時に相手はこちらの控え室のキャラを1枚山札の上に置くことができる能力を持つ、赤/0/0/3000のキャラです。特徴は《格闘》・《オッドアイ》。

起動能力を使えばパワー5000になります。使うのであれば扱いやすい起動能力持ちのレベル0キャラをしっかりと採用したいです。そうでないと実質0/0/3000バニラのデメリット持ちという悲しいスペックになってしまいます。

トップ盛りのデメリットはキャンセル率的にもそうですが、このキャラが相手の最後のバトルでリバースした場合、ドロー操作されてしまうので中々厄介です。レベル0帯だと使えるキャラがより限られてくるので特に厳しい場合があります。



20170622_4.png
ブースターパック「ViVid Strike!」ボックス封入特典。
手札から登場時に自分の《格闘》か《服》のキャラが4枚以上なら自分の山札の上から1枚をストック置場に置くことができる能力と、手札から登場時にコストを払うことで《格闘》か《服》のキャラを1枚までサーチする能力を持つ、青/2/1/3500のキャラです。特徴は《格闘》・《令嬢》。

キャラを登場させつつ、条件を満たしていれば実質1コストで《格闘》か《服》のキャラを1枚サーチできます。しかし、自身のスペックは2/1とは思えないほど貧弱です。ピン挿しくらいならありだと思います。

| ヴィヴィスト | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/21 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
このカードの下のマーカーの枚数に応じてレベル&パワーパンプする能力と、アタック時に他の自分の《格闘》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力、バトル相手リバース時に自分の山札の上から1枚を見ることができ、見たのならばこのカードの下にマーカーとして置く能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

ロザリーの家来タロー」などの亜種。
元々のパワーが下がったため防御力は低下しましたが、アタック時パワーパンプを得たため攻撃力は上がりました。元々のパワーが-500査定され、アタック時パワー+2000を得たので単純に考えるならばかなりお得と言えます。マーカー0枚の状況でも条件を満たしていればアタック時はパワー3500になるため、極普通にレベル0アタッカーとして使えます。相手キャラをリバースさせやすくなったのでマーカーも貯めやすくなったでしょう。

また、マーカーを置く際も山札の上のカードを見てからになりました。何のカードが置かれたのか確認できるのは、かなりありがたいです。



20170621_2.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
自分のキャラのトリガーチェックで宝が出た時にコストを払うことで自分のクロックを1枚手札に戻し、自分の山札の上から1枚をクロック置場に置く能力と、「雨上がりの決着」か「歴史に残るチャンピオン」1枚につき《格闘》のキャラを1枚までサーチし、自分のキャラ1枚をパワーパンプする1コスト自レスト4枚集中を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

解決への願い エリー」が持つ能力と同じ宝トリガーチェック誘発の手札交換能力と、特定クライマックスを参照する集中の2つの能力を持つます。
「雨上がりの決着」は緑/宝のクライマックスで「“撃ち抜く一撃”フーカー」対応。
「歴史に残るチャンピオン」は緑/宝で「U15チャンピオン アインハルト」対応。
どちらも宝でクライマックスコンボも強力です。しっかり噛み合っていますね。
構築は縛られるもののそれに相応しい優秀なキャラだと思います。



20170621_4.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
このカードの下のマーカーの枚数に応じてレベル&パワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に自分の山札の上から1枚を見ることができ、見たのならばこのカードの下にマーカーとして置く能力を持つ、緑/1/1/6000のトリガーなしのキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

1/1になった「ロザリーの家来タロー」。もしくは1/1になった凸凹。または1/1になった雨宿り。お好きな呼び方でどうぞ。

これまたマーカーを置く際に山札の上のカードを見てからになったのが大きいです。
レベルパンプするため早出しメタ系には要注意です。



20170621_5.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「フーカ」を含むキャラがいないならプレイできず、自分の《覇王流》のキャラを1枚までレストし、自分の控え室の《覇王流》のキャラを1枚まで自分の「リンネの対峙 フーカ」か「大きな背中 フーカ」の下にマーカーとして置く、緑/1/0のカウンターイベントです。

タイミングが良ければ2面ケアできるのは強いと思います。
1面は疑似アンコールして、もう1面はマーカー増やして返り討ちにする形ですね。
マーカーが良い感じで貯まったキャラを守れるのは良いと思います。「“撃ち抜く一撃”フーカー」のマーカーを増やすことができないのは残念ですが、キャラを守れるため保険にはなります。

「大きな背中 フーカ」は普通に優秀、「リンネの対峙 フーカ」も1/1キャラであるものの上手く育てることができれば強力なのは言うまでもありません。これらを採用したマーカーデッキなら採用して損はなさそうです。



20170621_3.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚まで見て元の順番で置く能力と、手札から登場時にコストを払うことで「ウラカン」を1枚回収する能力を持つ、緑/0/0/2000のキャラです。特徴は《格闘》。

「ウラカン」の手札交換式回収。これを目当てで採用することになるなるでしょう。

山札を上から2枚見る能力はデッキトップ参照系や集中、終盤の打点調整の参考になります。また、このタイトルのこの色はマーカーを使うキャラが複数存在するため、それらとも相性が良いです。

| ヴィヴィスト | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/20 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に2枚までドローし、手札を1枚控え室に置く能力と、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで自分の思い出置場の「大好きなおじいちゃん ロイ」か「ロイ・ベルリネッタ」か「クラスメイトのいじめっ子」か「スクーデリア」を好きな枚数控え室に置き、その枚数に等しいダメージを相手に与えるクライマックスコンボを持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《格闘》・《令嬢》。

CIPは、2ドロー1ディス。クライマックスコンボ持ちですし、手札コストであるため相性が良いです。

対応クライマックスは、青/新ストブ。
面白いバーンですね。自分で打点調整できるのは良いと思います。



20170620_6.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「雨に煙る構え リンネ」対応の青/新ストブのクライマックスです。



20170620_3.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるならレストする能力と、手札から登場時にコストを払うことで自分の山札から「“全部終わりでいい”リンネ」を1枚まで舞台の好きな枠に置き、そのキャラを次の相手のターンの終わりまでパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/3500のキャラです。特徴は《格闘》。

「雨に煙る構え リンネ」の指定キャラその1。
「“全部終わりでいい”リンネ」が不明なので何とも言えません。ストックは消費していませんが、自分の舞台のキャラをクロックに置いて、このキャラを思い出に飛ばしているため中々のコストです。「教育係リニス」 と同じ系統ですから疑似チェンジ先は1/1キャラだと思います。

登場時に「非常招集の綾波」などでお馴染みのデメリット能力もあります。仮にデメリットが発動してしまってもコスト消費は少々痛いものの疑似チェンジ能力を使えば実質回避することができます。0/0/3500のレベル0アタッカーとして普通に使うこともできるため悪くないと思います。



20170620_4.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
対応クライマックスが置かれた時にコストを払うことで自分の控え室の「“全部終わりでいい”リンネ」を1枚まで舞台の好きな枠に置き、そのキャラを次の相手のターンの終わりまでパワーパンプするクライマックスコンボを持つ、青/1/0/5000のキャラです。特徴は《服》。

「雨に煙る構え リンネ」の指定キャラその2。
対応クライマックスもまだ分からないですし、「“全部終わりでいい”リンネ」も分かりません。
このキャラと「雨に煙る構え リンネ」でクライマックス枠、埋まってしまいますね。



20170620_2.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
リバース時にコストを払うことで「リンネ」を含むキャラを1枚までサーチする能力を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《服》。

「雨に煙る構え リンネ」の指定キャラその3。
自動人形 レイア」などの「リンネ」版。普通に強いと思います。



20170620_5.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「リンネ」を含むキャラを1枚を控え室に置いたならば、自分のクロックの上から1枚を手札に戻し、このカードを思い出にする、青/2/1のカウンターイベントです。

「雨に煙る構え リンネ」の指定キャラカードその4。
さやかの願い」の「リンネ」版。「リンネの願い」と呼びましょう(ぁ
これまた普通に強いですね。「雨に煙る構え リンネ」に指定されているキャラの内2種がクロックコストを含むため、この回復はありがたいです。

「ロイ・ベルリネッタ」とこのカードは「雨に煙る構え リンネ」がなくとも「リンネ」がる程度採用されたデッキであれば十分採用が検討できると思います。

| ヴィヴィスト | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/19 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力と、1ターンにつき1回まで自分が起動能力を使った時に自分の他の《格闘》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力、アタック時に対応クライマックスがあるなら次の相手のターンの終わりまでパワーパンプし、正面のキャラがアタックした時に相手に1ダメージを与えることができる能力を得るクライマックスコンボを持つ、赤/3/2/9000のキャラです。特徴は《格闘》・《オッドアイ》。

1つ目の能力は、CIPクロック1点回復。極普通ですね。

2つ目の能力は、起動誘発のパワーパンプ。最高でパワー11000になります。元々のパワーがあまり高くないのでこの能力は上手く使っていきたいです。助太刀と相性が良いのは言わずもがな。

3つ目の能力は、次の相手のターンの終わりまでのパワーパンプと被フロントアタック時に1点バーンを得るクライマックスコンボ。
対応クライマックスは、赤/扉。
パワーは高いに越したことはないです。自ターンを乗り切らないとバーン能力が無駄になってしまいます。複数枚並べて相手を威圧したいです。そもそも複数枚並べないとこのキャラがフロントアタックされる前に負けてしまう可能性がありますからね。

バーンの発動タイミングが遅いのが気になるもののバーンであることに変わりないですし、パワーも能力を上手く付けば中々の値になるため、優秀なレベル3キャラだと思います。



20170619_2.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「誰より優秀な目 ヴィヴィオ」対応の赤/扉のクライマックスです。



20170619_3.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
レベル比例応援と、「誰より優秀な目 ヴィヴィオ」への絆、このカードをレストすることで自分のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、赤/2/1/4000のキャラです。特徴は《格闘》・《トレーナー》。

「誰より優秀な目 ヴィヴィオ」のための上位後列と言っても過言ではないでしょう。絆で回収できる上にストック消費なしで使える起動能力を持つため「誰より優秀な目 ヴィヴィオ」の起動誘発の引き金に最適です。



20170619_4.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
1ターンにつき1回まで自分が起動能力を使った時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、クライマックス1枚につき《格闘》のキャラを1枚まで回収する1コスト自レスト4枚集中を持つ、赤/0/0/2000のキャラです。特徴は《格闘》・《家事》。

《格闘》版「お花見しよ子」。自身で起動誘発の引き金を引けますし、優秀なのは変わらないと思います。

| ヴィヴィスト | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/16 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時にパワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に対応クライマックスがあるなら《格闘》のキャラを1枚までサーチするクライマックスコンボを持つ、緑/1/0/4500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

対応クライマックスは、緑/宝。
島風互換。つまり、優秀。手札から登場ターン中はパワー6000になります。クライマックス分も含めればパワー7000ですね。十分狙っていける値だと思います。対応が宝なのでクライマックスも貼りやすいでしょう。



20170616_10.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「U15チャンピオン アインハルト」対応の緑/宝のクライマックスです。



20170616_9.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
他の自分のマーカーを持つ「フーカ」を含むキャラがリバースした時に後列にいるならコストを払うことでそのキャラをレストする能力と、このカードをレストすることで自分の《格闘》のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

マーカーを持つ「フーカ」を含むキャラへの疑似アンコール的な能力。
控え室に置かれないためマーカーが減ることはなく、このカードがコストとしてそのキャラの下にマーカーとして置かれるので逆に増えます。今のところ「“撃ち抜く一撃”フーカ」のためにあるようなものです。キャラを守れる上にクライマックスコンボもより強力になるわけですから非常にありがたいです。

起動パワーパンプ能力もあるため序盤から後列に置いといても無駄にはならないでしょう。

| ヴィヴィスト | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT