大切なのはイメージすること。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2018/07/11 SMP


トライアルデッキ+「Summer Pockets」収録。
手札から登場時にコストを払うことで《サマポケ》のキャラを1枚までサーチする能力を持つ、青/0/0/2500のキャラです。特徴は《サマポケ》・《海賊》。

1コスト手札切りサーチ。フィレス互換とか言われる奴ですね。
持っておいて損はないです。



20180711_10.png
トライアルデッキ+「Summer Pockets」収録。
相手のアタックフェイズの始めに前列のキャラのいない枠に移動することができる能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《サマポケ》・《ヌイグルミ》。

純移動。これまた持っておいて損はないでしょう。

今日公開されたカードはどちらもブースターパック発売後も採用される可能性は十分にあると思います。
スポンサーサイト



| Weiβ Schwarz .今日のカード | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2018/07/11 NGL


ブースターパック「ノーゲーム・ノーライフ」収録。
手札から登場時に相手の山札を上から2枚まで見て元の順番で置く能力と、自分が加速を使った時に自分のキャラ1枚にバトル相手リバース時にコストを払うことで《ゲーム》のキャラを1枚までサーチする能力を与える能力、このカードをレストすることで自分のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、緑/1/0/3000のキャラです。特徴は《ゲーム》・《獣人種》。

1つ目の能力は、手札から登場時に相手の山札の上から2枚までチェック。
アタック順を考える参考になります。終盤で出せたらより輝きそうです。

2つ目の能力は、加速誘発のキャラ単体にバトル相手リバース1コスト《ゲーム》のキャラ1枚までサーチ付与。加速を用意しないといけませんが、能力自体は普通に便利だと思います。

3つ目の能力は、自レスト起動によるキャラ単体パワーパンプ。
2つ目の能力がバトル相手リバース時能力付与なので、パワーを上げることができるのはありがたいです。

優秀な加速キャラが収録されれば、このキャラの価値もおのずと上がりそうです。



20180711_7.png
ブースターパック「ノーゲーム・ノーライフ」収録。
自分のクライマックスフェイズの始めにコストを払うことでパワーパンプし、バトル相手リバース時に自分の山札の上から4枚まで見て《ゲーム》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を得る加速を持つ、緑/1/0/5000のキャラです。特徴は《ゲーム》・《獣人種》。

加速するとパワーが6000になり、バトル相手リバース時に4ルックができます。加速であるため複数回の使用が考えどころですが、それでも普通に強いと思います。上で書きました「初瀬 いの」と相性が良いです。



20180711_8.png
ブースターパック「ノーゲーム・ノーライフ」収録。
自分が加速を使った時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがレベルが0以下ならストックの上か下に置く能力と、自分のクライマックスフェイズの始めにコストを払うことでパワー&ソウルパンプする加速を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《ゲーム》・《獣人種》。

加速を使った時にデッキトップを公開し、そのカードがレベル0以下ならストックに置きます。
置く場所をストック置場の上か下か選べるのは恐らくこのキャラが初です。
自身が加速を持っているため引き金引けるのは良いですね。

加速は自身のパワー&ソウルパンプ。
パワー3500のソウル2になります。ちょっと微妙ですね。他のキャラ対象にできたら嬉しかったです。

| Weiβ Schwarz .今日のカード | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2018/07/11 NGL


トライアルデッキ+「ノーゲーム・ノーライフ」収録。
手札から登場時に自分の山札を上から1枚見て上か下に置く能力と、手札から登場時に相手は0か1か2か3を宣言し、こちらは自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが相手の宣言したレベルのキャラなら舞台の好きな枠に置く能力を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《ゲーム》・《人類》。

相手=宣言する側は0と言うのが基本丸い気がします。当たる確率は高いでしょうし、アドも稼がれてしまいますが、そこまで強いキャラは出てこない筈ですからね。
それを踏まえると自分=使う側は1つ目の能力でデッキトップを操作する際、レベル0にするのが良いのではないでしょうか。

このキャラの面白いところが謎の読み合いが発生するところですね。上で書いたことは基本です。つまり、どちらかがその裏をかこうとするのも十分ありえます。使って、使われて楽しいカードだと思います。



20180711_5.png
トライアルデッキ+「ノーゲーム・ノーライフ」収録。
応援と、このカードをレストすることで自分の《ゲーム》のキャラ1枚を次の相手のターンの終わりまでパワーパンプする起動能力を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《ゲーム》・《人類種》。

応援と、起動キャラ単体パワーパンプ。
起動パワーパンプは次の相手のターンの終わりまで続きます。
シンプルで扱いやすい後列キャラだと思います。

| Weiβ Schwarz .今日のカード | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2018/07/11 RZ


ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」Vol.2」収録。
手札から登場時にパワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで1枚までドローし、自分の控え室の《魔法》か《武器》のキャラを1枚までストック置場に置き、他の自分のキャラ1枚をパワーパンプするCXコンボを持つ、青/1/0/4500のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

手札から登場ターン中は、パワー6000になります。

対応クライマックスは、青/新ストブ。
バトル相手リバース時に1クロックで1枚までドロー、控え室からの《魔法》か《武器》のキャラを1枚までストブ。そして、他の自分のキャラ1枚パワーパンプ。
手札もストックも増やして、おまけに後続も強化できるため効果は強いと思います。
しかし、このキャラのパワーが6000である点と、コストが1クロックであるため複数回使った場合、クロック加速が馬鹿にならない点が気になります。



20180711_3.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」Vol.2」収録。
「なんでもできるレム」対応の青/新ストブのクライマックスです。



20180711_2.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」Vol.2」収録。
1000応援と、1ターンにつき1回まで他の自分のマーカーを持つ「青色髪のメイド レム」がリバースした時に後列にこのカードがいるならコストを払うことでそのキャラをレストし、1枚ドローする能力を持つ、青/2/1/5000のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

上位後列キャラ。

青色髪のメイド レム」は前段収録のRRのレベル3キャラです。
マーカーが増えれば増えるほどより強く、より倒され難くなりますから、例えやられてもマーカー消費せずに1コストで疑似アンコールできるようになったのは大きいです。手札も1枚控え室に置いていますが、1枚ドローできるた、実質手札消費なし=手札交換までできてしまいます。

| リゼロ | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2018/07/10 NGL


ブースターパック「ノーゲーム・ノーライフ」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるなら相手の山札の上から1枚を任意で控え室に置き、そうしたなら相手の控え室のカードを1枚山札の上に置く能力と、手札から登場時にコストを払うことで《ゲーム》のキャラを1枚回収する能力を持つ、赤/0/0/1000のキャラです。特徴は《ゲーム》・《天翼種》。

1つ目の能力は、山札2枚削り系。クライマックスが落ちた時の効果は任意で相手の山札の上から1枚を控え室に置き、相手の控え室のカード1枚を山札の上に置きます。序盤は単純に早期リフ狙いで山札を2枚削ることが目的。終盤はワンチャントップ盛り狙いって感じでしょうか。2つ目の能力が回収であるため山札削りは控え室肥やしとして噛み合ってもいます。。

2つ目の能力は「収録中のシャロ」などでお馴染みの能力。
ノーコストで手札のクライマックスを切りつつ回収を行えるのは便利です。

手札交換キャラとして採用しつつ、おまけもあると考えれば優秀だと思います。



20180710_9.png
ブースターパック「ノーゲーム・ノーライフ」収録。
アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで正面のキャラのパワーに等しい分パワーパンプするCXコンボと、舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことで《ゲーム》のキャラを1枚までサーチする能力を持つ、赤/0/0/2000のキャラです。特徴は《ゲーム》・《天翼種》。

対応クライマックスは、赤/扉。
アタック時に手札を1枚控え室に置くことで正面のキャラのパワー分パワーパンプします。つまり、助太刀など使われない限り絶対に勝てます。レベル3キャラも倒せるレベル0キャラとか熱いです。しかし、クライマックス使って、コストとして手札も1枚切っているため、手札を確保する手段を用意していないと安易には使えないでしょう。

2つ目能力は、舞台から控え室に置かれた時に手札を1枚クロック置場に置くことで《ゲーム》のキャラを1枚サーチするというもの。正直、微妙ですね。発動タイミングが遅い上に手札枚数は変わらず、クロックも増えています。評価できるのはストック消費せずに手札交換しているところでしょうか。



20180710_10.png
ブースターパック「ノーゲーム・ノーライフ」収録。
「たった一つのゲーム ジブリール」対応の赤/扉のクライマックスです。

| Weiβ Schwarz .今日のカード | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT