大切なのはイメージすること。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/04/21 IMC

1604214.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
赤/新ストブのクライマックスです。今日、これから書く3枚のカードの対応になります。



ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
すべてのプレイヤーのアタックフェイズの始めに自分の控え室に対応クライマックスがあるならパワーパンプする能力を持つ、黄/1/0/2500のキャラです。特徴は《音楽》。

対応クライマックスは、赤/新ストブ。指定クライマックスがあれば実質1/0/7000になります。優秀だと思います。しかし、このためだけにクライマックス枠を割くのは、悩みどころですね。果たして残り2枚は強いのか?(続く



1604212.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分の控え室に対応クライマックス2種類があるなら自分のバトル中のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、1/0/1000助太刀を持つ、赤/1/0/2000のキャラです。特徴は《音楽》。

できたてEvo! Revo! Generation!」は前弾収録の黄/風・1のクライマックスです。
もう1枚は一番上で書いた赤/新ストブ。

実質、1/0/2500助太刀になるのは魅力的ですが、そのためにクライマックスを2種類割く価値があるかは微妙です。その2種類の対応がどちらも強かったり、扱いやすかったりすれば話は別なんですけどね。「できたてEvo! Revo! Generation!」対応のキャラ=ニュージェネの3人が非常に癖が強いと言いますか、扱い難いです。逆に言えば、ニュージェネ構築なら採用しやすそうです。



1604213.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
他の自分の《音楽》のキャラへのパワーパンプと、自分のキャラのトリガーチェックで対応クライマックス2種類の内どちらかがでた時にコストを払うことで1ドローする能力を持つ、青/0/0/500のキャラです。

できたてEvo! Revo! Generation!」は前弾収録の黄/風・1のクライマックスです。
もう1枚は一番上で書いた赤/新ストブ。
これまたニュージェネ構築なら採用しやすそうです。本人達なんだから当然といえば当然ですね。
結論、今日公開されたカードは、ニュージェネ構築のためにあるようなものでした。

| デレマス | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/04/20 IMC


ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
他の自分の赤のキャラが3枚以上ならパワーパンプする能力と、正面のキャラへのソウル減少能力、相手のアタックフェイズの始めにコストを払うことで自分の《音楽》のキャラ1枚とこのカードをそれぞれスタンドして入れ替える能力を持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《音楽》・《ウサミン》。

今日のカードはウサミンづくしです。
赤単、もしくはそれに近いデッキでの採用が基本となるでしょう。
パワー11500のソウル-1、場所入れ替え能力持ちは頼もしい存在です。相手側から見れば厄介なキャラだと思います。場所入れ替え能力によりキャラの場持ちがよくなります。またこのカードをソウル1のキャラの前に移動することでノーダメージの可能性を上げることも可能です。

また、赤があまり入っていないデッキでも採用は検討できるでしょう。パワーは落ちてしまいますが、ソウル-1と場所入れ替え能力だけでも十分価値はあると思います。

採用枚数は1,2枚ですかね。今日これから書くカードはこのカードが関係してくるのでそれらを採用したデッキ=ウサミンデッキであれば3,4枚採用するべきでしょう。

グッドスタッフ的なデッキにも良し、キャラ推しのデッキにも良しの優秀な1枚だと思います。



1604203.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
被フロントアタック時にコストを払うことで自分の手札の「永遠の17歳 菜々」を1枚までこのカードがいた枠に置く能力を持つ、赤/2/1/7500のキャラです。特徴は《音楽》・《ウサミン》。

この手の能力は相手にしてみると中々怖いです。心理戦っぽくもなるので面白さもあります。
次のカードがこのカードに関係したクライマックスシナジーを持つため詳しくはそちらで。

余談ですが、手札に指定キャラがなくても能力は発動できます。あっても出さない選択もありです。バトル回避できるため覚えておいて損はないでしょう。



1604202.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
アタック時に対応クライマックスがあるなら自分の山札の上から4枚まで見て赤のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置き、パワーパンプし、その後、アンコールステップの始めにこのカードがレストしているならこのカードを控え室に置き、自分の手札の「アイドル活動中 菜々」を1枚までをこのカードがいた枠に置くクライマックスシナジーを持つ、赤/1/1/6500のトリガーなしのキャラです。特徴は《音楽》・《ウサミン》。

対応クライマックスは、赤/新ストブ。
レベル1帯からレベル3キャラを出すことが可能になるクライマックスシナジーです。
赤のキャラ指定の4ルックを行えるのが指定キャラを握る助けになってくれるでしょう。噛み合っていますね。しかし、強制効果であるため手札に「アイドル活動中 菜々」がないとキャラが消えるだけになってしまいます。そこは任意にして欲しかったですね。確率を上げるためには各キャラで枠食うというのも難点といえます。



1604204.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
「ウサミン星での菜々」対応の赤/新ストブです。

| デレマス | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/04/19 IMC


ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
手札から登場時に2枚までドローし、手札を2枚控え室に置き、自分の山札の上から1枚までをストック置場に置く能力と、自分のクライマックスが置かれた時にパワーパンプする能力、1ターンにつき1回までアタック時に他の自分のキャラがアタックした時に他の自分の青のキャラが3枚以上ならコストを払うことでスタンドする能力を得るクライマックスシナジーを持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《音楽》

共鳴する“DIVA” 初音ミク」と同じ登場時能力です。まだこの2種類しかありません。
2ドロー2ディスの手札交換を行い、実質1コストで3/2のキャラを出せるのは中々強いです。
「共鳴する“DIVA” 初音ミク」と違い早出しはできませんが、コストを払う条件付きクライマックスシナジー持ちであるためその助けとなってくれるでしょう。

対応クライマックスは、青/新ストブ。
上の説明では、上手く書けずに回りくどい書き方になってしまいました。そもそもが回りくどい効果な気が(ぁ
簡単にまとめますと、このカードがアタックした時にスタンド能力を得ます。そのスタンド能力は他の自分のキャラがアタックした時に他の自分の青のキャラが3枚以上なら3コストと手札を1枚控え室に置くことで発動します。
対応が新ストブなのでアタックフェイズ前に前列にキャラが3枚あればストックが0枚の状況でも発動できるのは、非常に偉いです。これはとても重要だと思います。

自分のクライマックスが置かれればパワーパンプしてパワー11500になるため、アタッカーとしてもそこそこです。そもそも相手リバース時やバトル前スタンドではないのでパワーはそこまで重要じゃないです。

トライアドプリムス構築は当たり前ですが、「新田 美波」を採用したグッドスタッフ的な青デッキでも活躍できることでしょう。クライマックス枠、ひとつは空いていますからね。レベル3の枠にも余裕があります。

RRでもおかしくない性能のRだと思います。



1604192.gif
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
正面のキャラのレベルがこのカードより高いならフロンロアタックできない能力を持つ、青/1/0/6500のキャラです。特徴は《音楽》。

“一緒にご飯”友利 奈緒」互換。
どちらかと言えばネーム的にトライアドプリムス構築向きでしょう。グッドスタッフ的な青デッキにも入らないことはないですね。デメリットが怖いので採用するにしても枚数は控えめにしたいです。



1604193.gif
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
自分のキャラすべてが「凛」か「奈緒」か「加蓮」を含むキャラならばパワーパンプする能力を持つ、青/1/1/2000のキャラです。特徴は《音楽》。

無理なくデッキすべてを指定ネームにできるようなら気にならない条件ですが、少なからず指定ネーム以外も採用した方が回しやすそうな気がします。そこまで0/0/4000は重視しなくてもいいと思います。

| デレマス | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/04/18 IMC


ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
対応クライマックスがあるなら自分の控え室のこのカードは赤と青を得る能力と、舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことで自分の山札の上から6枚まで見て赤のキャラ1枚と青のキャラ1枚を手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《音楽》・《ロック》。

対応クライマックスは、赤/新ストブと青/門・1の2種類です。
クライマックスシナジーは「前川 みく」のためにあるような効果です。
両方の効果が発動する確率が上がったので強化されたといえます。

そして、自動能力。発動タイミングが控え室に置かれた時であるのと、手札に加えられるカードは赤キャラと青のキャラ各1枚までずつなので多少癖があるものの、手札を1枚切りつつ、手札を1枚増やして、山札を6枚削る行為を一度に行えるの非常に強力です。

構築のバランスが少し難しそうですが、赤青デッキには是非とも欲しい1枚だと思います。



1604185.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
赤/扉のクライマックス。今日これから書く3枚のカードの対応になります。



1604182.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
手札から登場時に自分の《音楽》のキャラを1枚を自分の控え室の対応クライマックスの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、赤/0/0/2500のキャラです。特徴は《音楽》・《ウサミン》。

対応クライマックスは、赤/扉。
最低パワー+0、最高パワー+4000。自分自身も対象にできるので0/0/6500になりえます。
このカードも含めて3種類も対応キャラがあるクラマなので、それでデッキを組むのであれば採用が検討できます。ただ、残りの2枚は中々癖のあるカードです。相当構築難しそうです。



1604183.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
他の自分の《音楽》のキャラがアタックした時にパワーパンプする能力と、アタック時に対応クライマックスがあり、他の自分の黄と青のキャラがいるならコスト1以下相討ちを得るクライマックスシナジーを持つ、赤/1/0/4500のキャラです。特徴は《音楽》・《ネコキャラ》。

対応クライマックスは、赤/扉。
条件が厄介です。とりあえず、オカ研互換である「赤城 みりあ」は欲しいですね。これがあるとないとじゃ安定感が全然違うと思います。しかし、条件を満たしてもそこまで強い効果じゃないんですよね。

3回目にアタックすれば単純にパワー6500になるのは、評価できます。



1604184.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
レベル比例応援と、対応クライマックスが置かれた時に他の自分の黄と赤のキャラがいるなら相手のキャラを2枚選び、それぞれスタンドして場所を入れ替えることができるクライマックスシナジーと、相手のアタックフェイズの始めに自分の《音楽》のキャラ1枚を前列のキャラのいない枠で正面に相手のキャラがいる枠に動かすことができる能力を持つ、青/2/1/4000のキャラです。特徴は《音楽》・《ロック》。

対応クライマックスは、赤/扉。
条件は「応援するみく」と同じく厄介ですが、相手のキャラを入れ替えることができるのは強いと思います。後列のキャラを前列に引っ張り出して除去できるのはもちろんですが、正面のキャラへのソウル減少能力や被フロントアタック時デッキトップ操作などの相手のターン中に前列にいる時に意味のあるレベル3キャラを無意味にできるのは大きいです。

相手のアタックフェイズの始めの移動能力も上手くはまれは強いと思います。相手の盤面をグチャグチャにしておきながら、こちらは相手の盤面を見て盤面を整えられるとか嫌らしいです。

しかし、やはり条件が厄介なのとクライマックス枠など色々気になる部分も多いです。


| デレマス | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/04/13 IMC

諸事情により明日、明後日はブログの更新ができません。



ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《音楽》のキャラなら手札に加え、手札を1枚控え室に置く能力と、手札から登場時にコストを払うことで1ドローする能力を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《音楽》。

コンソール能力と手札の《音楽》のキャラ1枚切り1ドロー。
青単ですと「渋谷 凛」がありますから、そこまで必要ないでしょう。
逆に言えばその他のデッキでは欲しくなる可能性が高いです。2回手札交換できる可能性がありますからね。ただし、2つ目の能力のコストは《音楽》のキャラ指定なので運が悪いと手札のクライマックスは切れない可能性があります。まぁ、運が悪かったと諦めるかないでしょう。

「Krone」を含んでいるのも見逃せません。ちなみに今日のカードはすべて「Krone」を含んでいます。



1604132.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
自分の控え室に「Project:Krone」があるなら成功時にキャラを1枚回収する1コスト自レスト4枚集中を得る能力と、応援を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《音楽》。

「Project:Krone」は、「Project:Krone 文香」対応の青/本のクライマックスです。
ですから、基本的にはKroneデッキの後列として使うことになると思います。序、中盤の後列はこのカードと「Kroneの仕掛人 美城常務」を並べておくのが安定っぽいですね。



1604133.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
すべてのプレイヤーのアタックフェイズの始めに自分の控え室に「Project:Krone」があるならパワーパンプする能力と、手札アンコールを持つ、青/1/0/2000のキャラです。特徴は《音楽》・《お菓子》。

「Project:Krone」は上のカードでも名前が挙がりましたね。これで実質このカードも含めて対応キャラが3種類あるクライマックスということになります。条件を満たせば1/0/6500の手札アンコ持ちになります。ガウル互換の最高値からこの値ですから優秀と言えるでしょう。
条件もそこまで厳しくないように思えます。レベル1帯になればさすがに1枚は落ちていそうな気がします。あくまで気がするだけですけどね。「希望の光 プロデューサー」を採用しておくと心強いかもしれません。



1604134.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
アタック時に他の自分の《音楽》のキャラが3枚以上ならパワーパンプする能力を持つ、青/1/0/5000のキャラです。特徴は《音楽》・《キス》。

条件を満たせばパワー7000になります。基本的に他の自分のキャラ3枚以上指定は好きでない私ですが、このカードは気になりません。理由はアタック時=自ターン中のみであることと、「Krone」デッキならば「Kroneの仕掛人 美城常務」というキャラ確保要員がいるからです。

| デレマス | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT