大切なのはイメージすること。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/03/10 TL


ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
手札から登場時に自分の《変身》か《家事》のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、黄/0/0/2000のキャラです。特徴は《変身》・《お菓子》。

いつぞやの記事で書きましたね。前弾の箱特典であった「ぷち美柑」の再録といっていいでしょう。中々お高いカードなので非常にありがたいですね。特徴や色、ネームが異なりますが、差異はほとんどないと思います。



1603102.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
アタック時に正面のキャラがレベル3以上ならパワーパンプする能力を持つ、青/2/1/7500のキャラです。特徴は《変身》・《お菓子》。

魔性の女 千石撫子」互換。
ついこないだ似たようなカードで記事を書きました。そちらを参考にして頂けると嬉しいです。
【WS】今日のカード 2016/03/02 CGS(クリックで該当記事に飛びます)



1603103.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
このカードの下のマーカーの枚数に応じてレベル&パワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に手札の「“ネコミミ♥モード”ネメシス」を公開することで自分の山札の上から1枚をマーカーとして置く共鳴を持つ、黄/1/1/6500のキャラです。特徴は《変身》・《お菓子》。

「“ネコミミ♥モード”ネメシス」を軸とした構築であれば何枚かの採用はありでしょう。
1回でも共鳴を使うことができれば2/1/8000のキャラが誕生します。1回だけでもレベル1帯なら十分なスペックといえます。これを超えるのは、相手にしてみれば中々辛いと思います。しかも早い段階で倒さないとドンドン大きくなるという。ただ、使う側にしても山札の上からマーカーゆえの恐怖があります。任意効果なので状況によってはマーカーを挟まない選択もあることを忘れないようにしましょう。気分が良い、面白いからってどんどん大きくし過ぎると大変なことに合う可能性があります。その気持ちはよく分かるんですけどね。



1603104.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
マーカーがあるならパワー&ソウルパンプする能力と、手札から登場時に自分の控え室の「“チャイナドレス”芽亜」を1枚マーカーとして置くことができる能力を持つ、黄/2/1/6500のキャラです。特徴は《変身》・《だんご》。

ストック消費1でソウル2のキャラを出すことができるのは中々に強いです。
「“チャイナドレス”芽亜」は採用し易いキャラですし、1枚くらいなら採用ありだと思います。
早めに相手を追い詰めてヤミのシナジーでトドメを刺す流れが理想ですからね。



1603105.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
他の自分のレベル0以下のキャラをパワーパンプする能力と、対応クライマックスが置かれた時にコストを払うことで《宇宙人》か《お菓子》のキャラを1枚までサーチするクライマックスシナジーを持つ、赤/0/0/1000のキャラです。特徴は《宇宙人》・《動物》。

対応クライマックスは次で書きますが、新しいテキストになります。
1ドロー自キャラ2枚ソウル+1という内容です。コストとして手札を切っていますが、クラマ分の消費がなくなっているので手札交換のようなものです。対象となるのは《宇宙人》か《お菓子》のキャラです。《動物》は含まれていないので注意です。

使うのであれば《宇宙人》デッキになると思います。《宇宙人》デッキは割とクライマックス枠に余裕があります。レベル0キャラへのパワーパンプで序盤戦いやすくしてくれるのも中々良さそうです。試してみる価値はありそうです。



1603106.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
「“楽しい楽園計画”ナナ」対応の赤/1ドロー自キャラ2枚ソウル+2のクライマックスです。

新しいクライマックスですね。1ドロー全体ソウル+1はヤバイと思って調整したんでしょうね。
これからもこの互換が収録されるとして、なんて呼び方になるのか気になります。
ちなみに私は「わんどろーつーいち」という呼ぼうと思っています。この記事を読んでいる人が是非使って周りに広めてくださいw

| To LOVEる | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/03/09 TL

今日の公開カードは今までで一番アダルトな気がします。



ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
アタック時に正面のキャラがレベル3以上なら自分の緑のキャラの枚数分パワーパンプする能力と、手札アンコール(緑のカード限定)を持つ、緑/2/1/7500のキャラです。特徴は《令嬢)。

正面のキャラがレベル3で自分のキャラすべてが緑ならパワー12500でアタックできます。条件があるのに中途半端なパワーですね。「 歌に浮かぶ面影 いのり」などと同じパワーパンプ能力でいいじゃないか(ぁ

アンコールがキャラではなく緑のカードなのは、評価できると思います。このカードを使うのであればおのずと緑単に近い構築になるはずですからね。まぁ、普通は使わないと思います。特徴もマイナーですし。



1603092.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
アタック時にコストを払うことで自分のクロック置場のキャラを1枚手札に戻し、山札の上から1枚をクロック置場に置き、レベルパンプするクライマックスシナジーを持つ、緑/0/0/2500のキャラです。特徴は《武器》。

対応クライマックスは、緑/宝。
ストックやクロック消費なしに手札が増えるのは、悪くないです。おまけにレベルパンプまで付いています。パワーパンプの方が良かったとは言いますまい。レベル0相討ちがいる状況なら有用とプラスに考えましょう。コストとするキャラはアタックしたキャラ、できればリバースしたキャラを対象にしたいです。

能力はともかく特徴のせいで採用は厳しいです。
やはり、《宇宙人》、《動物》、《変身》のどれかが含まれていないと・・・・・・。



1603093.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
「“就寝時の護衛”凛」対応の緑/宝のクライマックスです。

いや、これ、イラスト、アウトでしょw



1603094.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
緑のキャラへのレベル比例応援と、「“ごーごーバキュームくんA”沙姫」への絆を持つ、緑/1/1/2000のキャラです。特徴は《メガメ》。

正直な話、今日の公開カードはそのキャラが好きでない限りは、まず採用が考えられないかと。


| To LOVEる | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/03/08 TL


ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚見て、上か下に置く能力と、1ターンにつき1回まで手札から登場したターン中、アタック時にコストを払うことで控え室の「“お風呂場ハプニング”春菜」を1枚部隊の好きな枠能力を持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《スポーツ》・《動物》。

先週の金曜日に公開されたカードです。考察はそちらの記事をご覧ください。



1603082.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
他の自分の《動物》か《霊》のキャラの被フロントアタック時にコストを払うことで自分のバトル中のキャラをパワーパンプする能力と、自分のクライマックスフェイズの始めに手札の「“料理を作ると吉”春菜」を公開することでサイドアタックしてもソウルが減少しない共鳴を持つ、青/2/1/7500のキャラです。特徴は《スポーツ》・《動物》。

能力としては噛み合っています。サイドアタックすればバトルでやられることはないため、安全に疑似助太刀能力でかまえることができます。しかし、共鳴先であるカードは4枚積みたいようなキャラでもないですし、このカードもそこまで強いわけでないので。共鳴は使いたいタイミングで使うことができたらラッキー程度の考えで、疑似助太刀能力を目的に軽く採用するくらいならありかもしれません。早出ししたレベル3キャラとか守りたいですからね。



1603083.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
自分はイベントと助太刀を手札からプレイできない能力を持つ、緑/0/0/4000のキャラです。特徴は《風紀委員》・《動物》。

構築によっては全く気にならないデメリットです。少なくてもレベル0帯なら関係ないですね。レベル1帯以降にイベントや助太刀を採用している場合に関係してきます。しかし、そういったカードが手札にある場合は、このカードをプレイしなければいい話です。メインフェイズ中のイベントの使用ならこのカードのプレイを後にすればいい話ですし、カウンターイベントや助太刀を構えたい場合はチャップアタックするという方法もあります。
優秀なレベル0アタッカーといえるのではないでしょうか。



1603084.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
自分の《動物》か《メガネ》のキャラが4枚以上なら自分のクライマックスフェイズの始めに2ドロー1ディスするアラームを持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《メガネ》。

ノーコストで手札交換と山札2枚削りを行えるのは悪くありません。しかし、このカードの特徴、そして発動タイミングが残念です。扱い難さの方が目立ちそうです。せめて《動物》だったら・・・・・・。



1603085.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分の《動物》か《煩悩》のキャラが3枚以上なら自分のバトル中のキャラを1枚自分のレベルに応じてパワーパンプする能力と、1/1/1500助太刀を持つ、特徴は《煩悩》。

自由騎士 ダルキアン」などの互換。やはり、1/1でパワー関連のみの助太刀だとレベル2になってしまうと2/1助太刀の下位互換に感じるようになってしまうのは辛いです。「ある日の休日 美琴」互換=1/0版なら欲しかったかもしれません。それでもこのカードの特徴がマイナーため採用は見送る可能性は高いです。

| To LOVEる | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/03/07 TL


ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
自分の控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しできる能力と、自分のキャラすべてが《宇宙人》か《科学》ならパワーパンプする能力、手札から登場時にクロック1点回復する能力を持つ、赤/3/2/9000のキャラです。特徴は《宇宙人》・《科学》。

《宇宙人》デッキに早出し可能なレベル3キャラが追加されました。
パワー11000になるCIPクロック1点回復キャラということで悪くないです。
条件が自分のキャラすべての指定なので《宇宙人》デッキ以外での採用は厳しいでしょう。
“お座り”ララ」、もしくは「“お座り”ナナ」の枠がこのカードに変わるかもしれません。
私は「“お座り”ララ」をこのカードに変更する予定です。共鳴は採用していない構築ですし、「“お座り”ナナ」は「モモ・ベリア・デビルーク」のクライマックスシナジーの対象先として中々優秀なので外したくないのが理由です。



1603072.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
手札から登場時にコストを払うことですべてのプレイヤーは自分の控え室のカードを山札に戻す能力を持つ、赤/1/0/4500のキャラです。特徴は《宇宙人》・《動物》。

少年ケルブレム」互換。もっと分かりやすくするなら「朝の挨拶」を内蔵したキャラ。
使い方はwikiの「朝の挨拶」のページをご覧ください。
キャラになったのはありがたいですが、クロックコストが必要になったのは痛いです。「“興味津々な目”ララ」や「“お座り”春菜」の早出し条件を満たすのにも役立ちます。

この効果は使うタイミングが中々難しいんですよね。相手を助けてしまうことも普通にありますから。しかも、これはクロックコストがあるせいで相手だけリフダメ回避したようなものなので、腑に落ちないものがあります。

自分の危機を回避できるのも確かなので1,2枚なら採用が検討できそうです。早出し条件を持つレベル3もありますし、《宇宙人》、もしくは《動物》デッキで使うのが一般的でしょう。



1603073.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
手札から登場時にコストを払うことでキャラを1枚回収する能力と、このカードがリバースした時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがクライマックスなら相手に1ダメージを与えることができる能力を持つ、赤/2/1/2500のキャラです。特徴は《宇宙人》・《植物》。

リバース時バーンは面白いですが、いかんせん確率が低いですね。期待してはいけないでしょう。つまり、採用する意味も薄いように思えます。



1603074.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
他の自分の「“大ピンチ!”恭子」をパワーパンプする能力と、被フロントアタック時にコストを払うことで自分の手札の「“大ピンチ!”恭子」を1枚までこのカードがいた枠に防御キャラとして置く能力を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《宇宙人》・《変身》。

能力がうまくかみ合っていますね。被フロントアタック時の能力のコストが手札に戻る形式であるため、次のターンにこのカードを再び登場させ「“大ピンチ!”恭子」をパワーパンプする流れはほぼ確実といえます、
ただ、こういったカードはデッキ枠が気になりますね。後は絆先次第。



1603075.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
舞台にいる時にこのカードのレベルをダウンする能力と、バトル相手リバース時思い出送り能力を持つ、黄/1/0/6500のキャラです。特徴は《宇宙人》・《炎》。

「“大ピンチ!”ルン」の対象となるキャラです。1/0/6500の思い出送りは強いのですが、レベルダウンが辛いです。ルンのパワーパンプ能力と合わせれば簡単にパワー7500になります。これは魅力的ですね。ノーガードで殴り合う覚悟がある方、そういうのが好きな方にはおすすめできるかもしれません。

使うのであればやはり「“大ピンチ!”ルン」とセットで採用したいです。できれば両方とも3,4枚積みたいですかね。ルンと恭子が好きな方はぜひ使ってください。

| To LOVEる | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/03/04 TL


ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
このカードをレストすることで自分の《動物》か《植物》のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力と、成功時に《動物》か《植物》のキャラを1枚までサーチし、自分の手札を1枚控え室に置く1コスト4枚集中を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《風紀委員》・《動物》。

後列向けの集中がもう1種類キター。こちらは《動物》デッキで使用することになりそうです。
レスト集中でないため手札は増えませんが、手札交換も十分便利です。
このカードが起動レストパワーパンプを持つことを考えるますとむしろこれで良かったといえます。

しかし、イラストが本当にギリギリですね。謎の光でリトの顔まで消えているのがちょっと笑えます。



1603042.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
自分の《動物》か《植物》のキャラが5枚以上なら相手のキャラを1枚レストする、緑/2/3のカウンタイベントです。

条件が付いたので1コスト軽くなった「ジャックブラザーズ」です。
「ジャックブラザーズ」は「ペルソナ3」収録の古いカードなので知らない人も少なくなさそうです。
使い方としては「ホラーは苦手」などのイベントをイメージして頂けるといいと思います。こちらの利点は相手のキャラをレストさせるためアタック自体させないことです。バトルが発生しないためキャラも守ることができます。バトル中のキャラに使っても意味がないので注意しましょう。まだアタックしていないキャラを対象にして下さい。

1コスト軽くなっただけですが、ストックが0枚の状況からでも3回アタックすれば使えるようになったのは、非常にありがたいです。しかし、条件が中々厄介です。特徴指定もありますが、すべて埋まっていないといけないというのは、結構難易度高いです。除去されても使えなくなってしまいます。

そういった意味では扱い難いかもしれませんが、勝敗を左右する強さを持ったイベントです。《動物》デッキであるならば十分採用は検討できるでしょう。それにしても「To LOVEる」は「ダークネス計画」といい、「しろねこモード」といい、このカードといい、防御札が揃っていますね。ないタイトルだってあるのに羨ましいです。



1603044.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
他の自分の《動物》か《霊》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、青/1/0/4500のキャラです。特徴は《スポーツ》・《動物》。

ガウル互換。つまり無難に強いです。



1603043.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚見て、上か下に置く能力と、1ターンにつき1回まで手札から登場したターン中、アタック時にコストを払うことで控え室の「“お風呂場ハプニング”春菜」を1枚部隊の好きな枠能力を持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《スポーツ》・《動物》。

疑似的な再スタンド能力です。「アナスタシア」や「賢宮 ほたる」が持っている能力に近いですね。
バトル相手をリバースさせる必要がなくなりましたが、コストが重くなりました。
ストック0枚からでは発動できないのは残念ですね。アタック時に4コスト要求なのでアタックフェイズに入る前にストックが2枚ないと使うことはできません。

しかし、例に挙げたカードもそうですが、必要なカードがこのカードと上で書いたガウル互換である「“お風呂場ハプニング”春菜」だけというのは、優秀です。そういった意味では非常に扱いやすい、採用しやすいといえます。「“お風呂場ハプニング”春菜」を3,4枚採用しているデッキならば少なくても1枚は採用して損はないと思います。



1603045.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
自分のクロック置場に「“料理を作ると吉”春菜」があるなら早出しできる能力と、対応クライマックスが置かれた時に他の自分の前列のキャラが1枚以下なら2枚までドローし、次の相手のターンの終わりまでパワーパンプするクライマックスシナジーを持つ、青/32/1/7500のキャラです。特徴は《スポーツ》・《動物》。

対応クライマックスは、青/新ストブ。
まぁ、使わないでしょうね(直球)。序盤を除いてアタック回数を2回に減らすなんて考えられないに等しいです。早出し条件の対象となるカードも4枚積むようなカードではないですし。



1603046.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
「“ネコネコハプニング”春菜」対応の青/2/1/7500のキャラです。特徴は《スポーツ》・《動物》。



1603047.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
バトル相手がリバースした時に「“料理を作ると吉”春菜」の公開を含むコストを払うことで1ドローする共鳴を持つ、青/0/0/2500のキャラです。特徴は《霊》・《超能力》。

《霊》のキャラは対象外の《動物》キャラも少なくないため採用するのはちょっと怖いですし、共鳴先であるカードも上でも書いたように4枚積みたいようなキャラではないため、採用は厳しそうです。

| To LOVEる | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT