大切なのはイメージすること。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/12/15 RG

16121513.png
パワーアップセット「とある科学の超電磁砲S」収録。
他の自分の《超能力》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力と、対応クライマックスが置かれた時に前列にいて自分のストックが5枚以下なら自分の控え室のコスト0以下の特徴を持たないか《超能力》のキャラを1枚舞台の好きな枠に置くことができるクライマックスシナジーを持つ、赤/1/0/4500のキャラです。特徴は《超能力》・《カエル》。

実質パワー5500のようなものです。

対応クライマックスは、赤/新ストブ。
効果は、特徴なしか《超能力》でコスト0以下のキャラのリアニメイト。強いですね。
候補として挙がるのは後列向けのキャラですと「息の合った二人美琴&黒子」、「放課後の初春」、「“アイテム”滝壺」などですね。アタッカーですと「運動神経抜群 美琴」、「素直になれない美琴」(パワーアップセット収録)などでしょうか。「春上 衿衣」で手札交換と思い出肥やし狙ったり、「初春 飾利」でレベル1相討ち回避を狙ったりなども十分考えられそうです。結構色々できそうです。

また、「夏の楽しみ 黒子」とも相性が良いですね。「夏の楽しみ 黒子」の能力を処理して、空いた枠にこのキャラのクライマックスシナジーでリアニメイトする動きです。これならば前列に「夏の楽しみ 黒子」が出ていてもアタック回数を減らすことがないです。



16121514.png
パワーアップセット「とある科学の超電磁砲S」収録。
「夏の楽しみ 美琴」対応の赤/新ストブです。

| とある | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/12/14 RG

16121410.png
パワーアップセット「とある科学の超電磁砲S」収録。
他の自分のキャラがリバースした時に自分の《超能力》か「佐天」を含むキャラ1枚をパワーパンプする能力と、コストを払うことで《超能力》か「佐天」を含むキャラを1枚回収する起動能力を持つ、赤/1/0/3500のキャラです。特徴は《超能力》・《風紀委員》。

『調律師』カムシン・ネブハーウ」式のパワーパンプによく似ています。一時流行りましたね。
1ターンにつき1回の制限がなくなったのと、1/0のキャラになったのは大きいと思います。
応援はなくなりましたが、2コスト起動の回収もこれはこれで強いと思います。

それにしても「放課後の初春」の記事でも書きましたが、後列どうすればいいか更に分からなくなってきました。



16121411.png
パワーアップセット「とある科学の超電磁砲S」収録。
相手の後列のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、リバース時に自分のアンコールを封じる能力を持つ、赤/1/0/5500のキャラです。特徴は《超能力》・《カエル》。

相手の後列キャラ1枚でパワー6000、2枚でパワー6500になります。
ガウル互換並のパワーになると考えれば悪くないと思います。
しかし、デメリットがちょっと気になりますね。「“冥土帰し”」との相性は最悪です。

「禁書目録II&超電磁砲」のトライアルデッキにも「素直になれない美琴」が存在します。
ですから同名異能力カードです。

| とある | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/12/13 RG


パワーアップセット「とある科学の超電磁砲S」収録。
1ターンにつき1回まで手札から登場ターン中、自分の前列の中央のキャラがアタックした時にコストを払うことで再スタンドする能力と、アタック時に他の自分の特徴を持たないか《超能力》のキャラを1枚パワーパンプする能力を持つ、緑/3/2/9500のキャラです。特徴はありません。

逆襲のエリー」式の再スタンド能力ですね。
クライマックスシナジーでない上に前列の中央のキャラがアタックすればいいだけですから非常に発動し易いです。コストさえ確保できればほぼ間違いなく発動できます。
再スタンドを使えばアタック時パワーパンプ能力を2回使うことができます。

パワーアップセット収録のカードは特徴を持たないキャラも対象にしていますが、その以前の「とある」の《超能力》のキャラですと《超能力》のみ対象のカードが基本となります。その辺の相性が少々気になりますね。1,2枚の採用が無難だと思います。

| とある | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/12/09 RG


パワーアップセット「とある科学の超電磁砲S」収録。
自分のクライマックスが置かれた時に自分のキャラ1枚をレベル&パワーパンプする能力と、クライマックス1枚につき特徴を持たないか《超能力》のキャラを1枚までサーチする1コスト自レスト4枚集中を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《超能力》・《風紀委員》。

後列に置いといて腐り難い集中が弱いわけがない。
クライマックスを置かないと使えないため置物になっている時も少なくなさそうですが、《超能力》にアド集中が来たというのが何より大きいと思います。

贅沢な悩みですが「とある」は優秀な後列向けキャラ多くて、何を採用すればいいか分からなくなりそうです。レベル1以下ですと「“アイテム”滝壺」、「“冥土帰し”」、「月詠 小萌」、「もぐもぐ春上」。レベル2以上ですと「“多才能力者”木山」、「“パッションパープル”黒子」。いや~、色々ありますね。

| とある | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/12/08 RG

16120810.png
パワーアップセット「とある科学の超電磁砲S」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《超能力》か「佐天」を含むキャラなら手札に加え、自分の手札を1枚控え室に置く能力と、自分のクライマックスが置かれた時にコストを払うことで自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《超能力》・《風紀委員》。

「“ただそれだけ”美琴」の早出し条件に指定されているキャラです。
これだけでも採用の価値がありますね。

1つ目の能力は、コンソール能力。
《超能力》では貴重、というか恐らく初のノーコストでの手札交換手段になります。
ありがたい収録ですね。この時点で採用確率高と言えそうです。

2つ目の能力は、「少女型人工知能 天」と同じものですね。自キャラ単体のパワーパンプです。
疑似的なクライマックスシナジーと言えますね。コストとしてセルフバウンスしているため登場時能力の再利用が可能です。クライマックスが続く限りループしますね。
しかし、従来の結果を残している「とある」の構築ですとクライマックスシナジーに依存しないデッキ=クライマックスを使う機会が少ないデッキが比較的多かったような気がするので、発動機会に恵まれているかどうかはまた別問題ですね。後、この効果を使うということはアタック回数を1回減らすか、後列が1枠空くことになるのも悩む点のひとつと言えそうです。「とある」には優秀な後列キャラ多いですからね。

| とある | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT