大切なのはイメージすること。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/18 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
自分の後列のキャラが1枚以下ならアタックできない能力と、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで他の自分のキャラ1枚とこのカードにバトル相手リバース時にキャラを1枚回収することができる能力を与えるクライマックスコンボを持つ、赤/1/0/5500のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

自分の後列が埋まっていないとアタックできないデメリットは、構築によってはかなり厳しいものになります。また、事故っている時も辛いです。

対応クライマックスは、赤/扉。
世話焼き系妹キャラ 乃絵里」と同様のクライマックスコンボです。リバース要求ですが両方成功すれば1コストで2枚回収したことになります。このキャラ自体はクライマックス分足してパワー6500、後列もいることを考えるともう少し伸びそうです。

悪くはないのですが「世話焼き系妹キャラ 乃絵里」よりは扱い難い気がします。やはり、デメリットが気になりますね。今弾で【SAO】にも思い出に飛ぶキャラが収録されましたから互換でも別に良かったんですよ。



20171018_3.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
「折れない意思 リズベット」対応の赤/扉のクライマックスです。



20171018_2.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
応援と、コストを払うことで自分の《アバター》か《ネット》のキャラ1枚にバトル相手リバース時にキャラを1枚回収することができる能力を与える起動能力を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

悪くない後列キャラですね。起動能力が非常に便利だと思います。ストックは消費するのでその辺は上手いことプレイングしたいです。

| SAO | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/17 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時に自分の《アバター》か《ネット》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力、手札から登場時にコストを払うことで相手のストックすべてを控え室に置き、相手は山札の上から同じ枚数をストック置場に置く能力、相手のターン中、こちらの受けたダメージがキャンセルされなかった時に前列にいるなら自分の山札の上から1枚を見て上か控え室に置く能力を持つ、青/3/2/9500のキャラです。特徴は《ネット》。

1つ目は、邂逅能力。《アバター》か《ネット》のキャラ参照で最高でパワー12000になります。

2つ目は、「いつもの光景」内蔵能力。
圧縮メタ的な能力です。相手のストックが多く、相手のデッキの残りクライマックスの比率が高いほど刺さります。リフダメ目的で使うことも考えられます。
能力を使える=登場できるタイミングがレベル3であるため相手に先にストックを使い切られてしまう可能性が上がったのと、手札コスト2枚になったのが辛いところでしょうか。それでもぶっ刺さる時にはぶっ刺さる能力ですから、これだけを目当てにピン挿しでいいので採用して損はないと思います。

3つ目は、俗に言う楓テキスト。キャンセル率の上昇に貢献してくれる能力です。
しかし、相手ターン中のパワーは高くないため、盤面に維持して耐久するのは難しそうです。

なんていうかどの能力も優秀なのですが、いかんせん噛み合ってないんですよね。
まぁ、登場ターン中は優秀なアタッカー、相手のストックがたくさんある状況ならぶっ刺さり、返しのターンはキャンセル率の上昇に貢献してくれると考えれば、全然良いのかもしれません。楓テキストがあるため場に残したくなりますが、実際は瞬間的に活躍してくれるキャラな気がします。



20171017_2.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
波状攻撃 アスナ」への絆と、コストを払うことで自分の山札の上から4枚まで《アバター》か《ネット》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《ネット》。

「波状攻撃 アスナ」の絆ってだけで有用ですね。
4ルック起動能力も悪くありません。

| SAO | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/16 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時に相手の思い出置場の表向きのカードを1枚裏向きにすることができ、そうしたら自分のターン終了時にそのカードを表向きにする能力と、手札から登場時にコストを払うことで相手のキャラ1枚を相手の舞台のキャラのいない枠に動かす能力を持つ、緑/1/0/4000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

1つ目の能力は、手札から登場ターン中、相手の思い出置場のカードを1枚裏向きにしておくことができるものです。単純に思い出のカードの枚数を参照する記憶は影響ありませんが、キャラ指定だったり特徴指定だったり対象が指定されている記憶に影響を及ぼします。これを使うことで一時的に相手キャラの記憶条件を満たせなくすることが可能なわけです。また、思い出にある時に効果を発揮する記憶も一時的に封じることができます。意味不明な能力に見えますが、実は結構な嫌らしさを秘めています。

2つ目の能力は、手札から登場時に2コストで相手キャラ1枚移動。
こちらも嫌らしい能力ですね。前列が空いていないといけませんが、後列を狩れるのは優秀です。相手の盤面をかき乱してやりましょう。しかし、ストック消費が少し気になりますね。

どちらの能力も悪くありませんが、活躍するタイミングが限定されるのと、能力抜きだと1/0/4000のキャラでしかないのが残念なところです。採用するならば枚数を抑えた方が吉な気がします。



20171016_4.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことで自分のクロックを1枚手札に戻し、自分のクロックを1枚クロック置場に置く能力を持つ、緑/0/0/2000のキャラです。特徴は《ネット》・《音楽》。

“恋心”唯」に近いです。
山札の上から1枚をクロックに置くのではなく、ストックを1枚クロック置場に置くコストになったのは良いように思えます。自分で確認しているカードですからね。色々と使い難さはありますが、手札が1枚増えるのは優秀です。

流星の約束 アスナ」という強力なライバルがいますが、こちらは手札に加えることのできる対象に指定はないですし、レアリティもCなので、こちらはこちらで良さがあると思います。また、関連カードも存在します。



20171016_2.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
《アバター》か《ネット》のキャラへのレベル比例応援と、このカードをレストすることで自分の控え室の「大歓声の中 ユイ」を1枚思い出置き場に置く起動能力と、コストを払うこと自分の思い出置場の「大歓声の中 ユナ」の枚数分以下のレベルの「ユナ」を含むキャラを2枚までサーチする起動能力を持つ、緑/1/1/500のキャラです。特徴は《ネット》・《科学》。

2つの起動能力を持つ、レベル比例応援です。

まず、自身をレストすることで自分の控え室の「大歓声の中 ユイ」を1枚思い出置き場に置く起動能力。単純ながらノーコストで思い出を肥やせるのは優秀です。安定性向上のためには「大歓声の中 ユイ」をしっかり採用しないといけないのが気になる部分でしょうか。

もう一つは、2コストと自分の舞台の「自身に満ちた横顔 エイジ」を1枚思い出に置くことで自分の思い出置場の「大歓声の中 ユナ」の枚数分以下のレベルの「ユナ」を含むキャラを2枚までサーチする起動能力。二重で使い難さがありますね。

ストック消費には目をつむるとして「自身に満ちた横顔 エイジ」をコストにしないといけないのがまず使い難いです。「自身に満ちた横顔 エイジ」のところで書いたように「自身に満ちた横顔 エイジ」単体で見た場合、4枚積みたいキャラではありません。

そして、もう一つの使い難さがサーチできる範囲の指定です。自分の思い出置場の「大歓声の中 ユナ」の枚数分以下のレベルの「ユナ」を含むキャラと、かなり限定されています。何もない状況ですとレベル0以下しかサーチできません。起動能力を1回使用でレベル1以下、それ以上になってくるとこのキャラを複数枚出して起動能力を使わない限りはターンを跨がないといけません。

ちょっと微妙な気のする上位後列キャラです。
「大歓声の中 ユナ」関係の記憶が他にもあればそれを使ったデッキには必須クラスになる可能性はあります。



20171016_3.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時に2枚までドローし、手札を1枚控え室に置く能力と、自分のアンコールステップの始めに前列にいるならコストを払うことで自分のクロックをすべて回復するクライマックスコンボ、相手のアンコールステップの始めにコストを払うことで相手に3ダメージを与える行為を2回行うクライマックスコンボを持つ、緑/3/2/10000のキャラです。特徴は《エネミー》・《武器》。

ロマンを秘めたレベル3キャラ。ロマンであってネタではないです(ぇ。

CIP能力は、2ドロー1ディス。
このキャラが手札を消費するクライマックスコンボ持ちであるため大変助かります。

対応クライマックスは、不明。
1つ目のクライマックスコンボは、全回復。自分のアンコールステップの始めに前列にいるなら2コストと手札を4枚控え室に置き、対応クライマックスをこのカードの下にマーカーとして置くことで使うことができます。手札消費が非常に重たいですが、初めから狙っていれば十分実用範囲だと思います。

2つ目のクライマックスコンボは、3点バーン×2回。相手のアンコールステップの始めに6コストと手札を3枚控え室に置き、このカードの下のマーカーを控え室に置くことで使うことができます。こちらが問題。本当に使うことができるのでしょうか。

こちらのクライマックスコンボを使うためには1つ目のクライマックスコンボを使っていないといけません。返しのターンで使いたい場合、合計8コストと手札7枚、対応クライマックス1枚必要です。このキャラの登場コストを考えると10コストですね。仮にストックは用意できたとして、今度は手札です。とりあえず、対応クライマックスがキャントリであって欲しいです。それすらもクリアしてもバウンスやクロックシュート、思い出送り、ストック送りなどで相手のアンコールステップの始めまでにキャラがいなくなってしまっては意味がありません。何という恐怖。

返しのターン生き残ることに賭け、1ターン跨いでの使用を狙うのもありかもしれません。まず、やられるでしょうけど、可能性はなくはないです。

特徴に《アバター》や《ネット》がないのも辛いです。さすがにCXコンボって書かれているのですから、他にマーカーを置く手段もなさそうです。何か相性の良いカード収録されるんですかね。今のところストック稼ぎという面だけで見れば良さそうなのは「誘いの挑発 エイジ」でしょうか。「安らぎのひと時 アスナ」は必須な気がします。

| SAO | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/13 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力と、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで自分の山札の上から11枚を控え室に置き、それらのカードのトリガーアイコンのソウルアイコンの数に等しいダメージを与え、パワーパンプするクライマックスコンボを持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

対応クライマックスは、黄/新ストブと、緑/宝
ワンチャン力ありますし、詰めとしても使えなくもないのですが、如何せんダメージの振れ幅が大きすぎるんですよね。正直、これ単体で見るとかなり微妙です。しかし、対応が「《マザーズ・ロザリオ》」となると話が変わってきます。「《マザーズ・ロザリオ》」は「《絶剣》ユウキ」の対応クライマックスです。「《絶剣》ユウキ」の優秀さは戦ったことのある人、使ったことのある人なら分かると思います。採用率も高いです。つまり、そのついでに採用できるわけですね。ピン挿し、良いんじゃないでしょうか。

対応クライマックスをどちらにするか好みが別れそうなところですが、私だったら緑/宝を選ぶと思います。握れるというのと手札が増えるというのを優先してです。



20171013_7.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
「恐怖の克服 アスナ」と「《絶剣》ユウキ」対応の黄/新ストブのクライマックスです。

緑/宝ではなく、こちらを採用する場合の強みは「《絶剣》ユウキ」のクライマックスコンボを使う上で実質ストックを消費しないのと、ニコタマであるための打点向上ですかね。「恐怖の克服 アスナ」で大ダメージを狙えます。過剰になる可能性も高いですが・・・・・・。

| SAO | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/12 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
自分の思い出置場の《アバター》か《ネット》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする記憶と、手札の《アバター》か《ネット》のキャラアンコールを持つ、緑/2/1/6000のキャラです。特徴は《ネット》・《音楽》。

条件を満たせばパワー10000になります。【SAO】にも普通の記憶らしい記憶が来ました。「流星の約束 アスナ」が思い出に飛ぶ意味が出てきましたね。

レベル3キャラを相手にすることを考えますとあと少しパワーが足りない感がありますが、2/1/10000の手札アンコ持ちですから、十分優秀な2/1アタッカーだと思います。



20171012_8.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
アタック時にコストを払うことで自分の控え室の《アバター》か《ネット》のキャラを4枚までストック置場に好きな順番で置き、ソウルパンプするクライマックスコンボと、リバース時に思い出に置く能力を持つ、緑/2/1/8000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

対応クライマックスは、緑/自キャラ2枚パワー+2000、ソウル+1。
対応クライマックスをクロックに置かないといけませんが、ストックを一気に4枚増やせるのはかなり強力だと思います。ソウルパンプのおまけもあります。クライマックスをクロックに置くとなると単純にクロックが増えるのも痛いですが、リフレッシュタイミングも注意しないとクライマックスが山札に戻らないままになってしまいます。後は、同一ターンに2回以上の発動は不可能なので複数枚引いても意味が薄いというのも欠点ですね。実際に使ってどんな感じなのか確かめたいです。

リバース時に思い出に置かれる能力はアンコール不可なのでデメリットと言えばデメリットですが、リフレッシュ挟めばデッキ圧縮になりますし、記憶を採用していればより有効に働いてくれます。



20171012_9.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
「誘いの挑発 エイジ」対応の緑/自キャラ2枚パワー+2000、ソウル+1。

| SAO | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT