大切なのはイメージすること。

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【Z/X】カード考察 巨神の咆哮/黒の世界

今回は黒の世界のカード考察です。チャージを増やすイベント、カードが増えてズィーガーやバルバルスの喜んでいる姿が目に見えます。「宵の魔人クレプス」は扱い難いものの可能性を秘めたカードだと思います。なによりあのイラスト、ちょっとむっちりした感がいいですb

1212134.jpg

C 罰の魔人ポエナ ゼクス - IG
2/黒/ディアボロス/3500
[自]ヴォイドブリンガー(このカードがライフから登場する際、あなたのライフが相手のライフ以下ならば、スクエアにあるゼクスを1枚選び、トラッシュに置いてよい。)
黒で2枚目のヴォイドブリンガーを持つゼクスです。同じく黒でヴォイドブリンガーを持つゼクスとして「漂うヘッドクラッシャー」が存在します。あちらは[トーチャーズ]で、こちらは[ディアボロス]、入れているサポートによってどちらにするか決めるのがいいでしょう。どちらのサポートも入れていない場合は適当で構わないのですが、ブラフ=牽制力はこちらが上です。


R 必倒の槍シュペーア ゼクス - IG
2/黒/プレデター/1000
[自]このカードがイグニッションフェイズに登場したとき、ノーマルスクエアにある相手のコスト4以下のゼクスを1枚選び、破壊する。
IGアイコンを持つゼクスです。イグニッションフェイズに登場することで4コスト以下の相手のゼクス破壊することができます。ライフから出ても効果は発動しないので注意です。4コスト以下のゼクスをノーコストで破壊できるのは非常に強力だと思います。しかし、単体で見ればパワー1000の種族サポートもないとても非力なゼクスです。そのため採用枚数は要検討です。


C 三頭の傭兵ドライゼルトナー 3/黒/プレデター/5000
[常]ライフリカバリー(このカードがライフから登場する際、あなたのライフが相手のライフ以下ならば、1点回復する。)
黒で2枚目のライフリカバリーを持つゼクスです。同じく黒でライフリカバリーを持つ「名馬メリーゴーランド」は[トーチャーズ]であるため、「ぽかぽかするブレイゼンブル」のサポートを受けることができます。[プレデター]のサポートが登場するまで優先度はあちらが上です。まぁ、サポートが関係ないようならどちらでも構わないんですけどね。


UC 深淵の凶刃フレイムコープス ゼクス
3/黒/ノスフェラトゥ/1500
[自]このカードが攻撃して相手のコスト4以下のゼクスにダメージを与えた時、そのゼクスを破壊する。
「駿足の電気石トルマリンホーク」と同様に3コストで4コストのゼクスを倒すことができる。また、こちらは相手が4コスト以下ならパワーがいくつでも関係ありません。無条件というのも利点と言えます。しかし、その代わりにダメージを与える効果やパワーをマイナスする効果に極端に弱いです。


C 張り切るエレクトリックチェア ゼクス
3/黒/トーチャーズ/5000
[常]スタートカード(このカードをプレイヤースクエアに置いてゲームを開始できる。)
同色でバニラのスタートカードとして「死の鎖ケッテ」があります。あちらは[プレデター]のため現在サポートはありませんが、こちらは[トーチャーズ]なので「ぽかぽかするブレイゼンブル」のサポートを受けることができます。スタートカードとしてより[トーチャーズ]の3コストバニラのゼクスとして使う機会の方が多いでしょう。


R 復讐の魔人ウルティオー ゼクス
3/黒/ディアボロス/4500
[常]スタートカード(このカードをプレイヤースクエアに置いてゲームを開始できる。)
[起]<黒2 チャージにあるこのカードをトラッシュに置く>あなたのトラッシュにあるゼクスを1枚選び、手札に戻す。
能力持ちのスタートカードです。チャージにあるこのカードをトラッシュに送りコストを払うことで「魔人の目覚め」と同じ効果を使用できます。このカードがチャージに置かれるのは序盤でしょうが、効果を活かすことを考えると中盤から終盤までチャージに残すことになります。イグニッションに頼らない構築にするか、効果は使えたら使うぐらいの気持ちで扱うのがいいでしょう。また、[ディアボロス]なので違う意味で役立つこともありそうです。「残忍の魔人サエウム」や「狂気の魔人ルナティクス」の生贄となるゼクスにはスクエアの指定がありません。まぁ、そんな機会はほとんどないでしょうが、リフレッシュ後にノーマルスクエアに出してからの流れではあると思います。


R 骨騎士スケルタルナイト ゼクス - IG
3/黒/ノスフェラトゥ/5000
IGアイコンを持つ3コストバニラのゼクスです。このカード自身に特別な効果はないが「不滅王イモータルキング」によってトラッシュから場に出すことができます。


C 支配の魔人イムペリウム ゼクス
4/黒/ディアボロス/6500
黒で2枚目の4コストバニラです。
種族サポートが現状で2種類ある[ディアボロス]であるためこちらが優先されるでしょう。もう一方の「強振するスティングビート」は[ノスフェラトゥ]のため現状サポートはありません。


R 突撃騎兵カヴァレリスト ゼクス
4/黒/プレデター/5000
[自]このカードが破壊された時、あなたのデッキの1番上のカードをチャージに置く。
「のんびり屋のルリジッサ」のチャージ版と言えます。
確実性ではあちらに軍配が上がりますが、「四足の勝利者ズィーガー」、「野蛮の魔人バルバルス」などのチャージをコストにできるカードと組ませる場合はこちらも負けてはいません。このカードが破壊されると自身がチャージに行くことも合わせてチャージが2枚増えることになります。「狂気の魔人ルナティクス」で自分の[ディアボロス]を破壊した後にこのカードを破壊するとチャージが3枚増えます。「悲嘆の堕天使ルシファー」の効果もこれでちょっと狙いやすくなりました。


UC 幽鬼ブラックアーツ ゼクス
4/黒/ノスフェラトゥ/5500
[起]<スリープ>あなたのトラッシュにあるコスト2以下のゼクスを1枚選び、手札に戻す。
トラッシュにあるコスト2以下のゼクスを手札に戻すことができます。2コスト以下で軸となるゼクスがある場合、そのゼクスが手札に来る確率を上げるのに役立ちます。2コスト以下のゼクスで軸というと中々思いつきませんが、[マイスター]、[ディアボロス]などの種族サポートのあるゼクスを回収すればそれだけで戦力になってくれることでしょう。また、単純に手札を増やすことができるため「γ-S02アリオト」のように手札を消費するカードとも相性が良いと言えます。レストしないと効果を発動できないので配置も重要になってくるでしょう。


UC 傲慢の魔人アロガンス ゼクス
5/黒/ディアボロス/7000
[自]このカードが登場した時、黒2を支払ってよい。黒2を支払ったならば、ノーマルスクエアにある相手のコスト4以下のゼクスを1枚選び、破壊する。
登場時に追加コストを払うことで相手のコスト4以下のゼクスを破壊することができます。コストだけを見るならば「カーズディフュージョン」よりもこちらの効果の方が強力です。似た能力を持つ「陽気な太陽の神アポロン・アガナ・ベレア」と比べるとパワー査定が少し厳しいですが、それでも状況に合わせた動きができる使いやすいカードと言えます。


SR 黒剣カースドソウル ゼクス
5/黒/ノスフェラトゥ/7500
[常]あなたのトラッシュにカードが20枚以上ある場合、このカードのパワー+3000する。
イグニッションすればある程度トラッシュは増えるため、中盤以降にこのカードの効果を発動させるのは容易でしょう。むしろ終盤にデッキを0枚にしないようにするプレイングの方が大事になるでしょう。「四足の勝利者ズィーガー」「・野蛮の魔人バルバルス」といったチャージをコストにするカードも使って上手く調整したいです。パワーアップすればパワー10500となり、「誇りのフィエリテ」をも倒せる頼もしい値になります。


UC 羽ばたくギロチン ゼクス
5/黒/トーチャーズ/8000
黒で2枚目の5コストバニラです。[トーチャーズ]であるため「ぽかぽかするブレイゼンブル」を使っているデッキならこちらが優先されるでしょう。


UC ぽかぽかするブレイゼンブル ゼクス
6/黒/トーチャーズ/7000
[自]あなたの[トーチャーズ]がバトルで相手のゼクスを破壊した時、相手の手札にカードが3枚以上あるならば、
相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。
このカードも[トーチャーズ]であるため単体で効果の発動を狙うことができます。相手の手札の枚数に制限があるため、効果が狙えそうにないときはリソースに置いてしまってもいいでしょう。バウンス効果を持つカードを合わせることで効果発動の機会を増やすことができるかもしれません。


SR 宵の魔人クレプス ゼクス
6/黒/ディアボロス/7500
[起]<チャージにあるカードを4枚トラッシュに置く。>あなたのプレイヤーが「天王寺大和」の場合、「宵の魔人クレプス」以外のあなたのトラッシュにあるコスト7以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる。
こちらの記事を参考にして下さい。この効果による登場は色条件が関係がありませんのでその辺を考えてデッキを組むのも面白いかもしれません。


R 不滅王イモータルキング ゼクス
7/黒/ノスフェラトゥ/7500
[自]このカードが登場した時、あなたのトラッシュにある「骨騎士スケルタルナイト」を1枚選び、リブートでこのカードがあるスクエアの隣のゼクスのないノーマルスクエアに登場させてよい。
登場時に「骨騎士スケルタルナイト」をトラッシュから出すことができます。効果を使えないとコストの割にパワーの低いゼクスになってしまうので注意です。「宵の魔人クレプス」の効果で出すと中々に強力です。


C ブラックユニオン イベント
1/黒
[☆]ノーマルスクエアにあるこのターン登場したコスト3以下のゼクスを1枚選び、破壊する。
「カーズディフュージョン」涙目と言っても過言ではないでしょう。タイミングが登場時限定とは言え、使う機会が見事にそのタイミングであることが多いですから。攻守ともに使える優れたイベントです。


C ファングクラッシュ イベント
3/黒
[☆]ノーマルスクエアにある相手のゼクスの中でパワーが1番高いゼクスを1枚選び、破壊する。
対象は不確定ですが「月影葬送牙」よりも低いコストで相手のゼクスを破壊できます。相手のパワーが一番高いゼクスを除去できるため、ほとんどの場合こちらの方が使い勝手が良いでしょう。
しかし、「制覇の黒馬ブケファロス」、「ソードスナイパー リゲル」、「変色蜥蜴アップルカメレオン」などのパワーは高くないものの厄介なゼクスを除去することができないのが短所です。
IGアイコンの有無は一長一短です。


R 抱擁の誘い イベント
3/黒
[☆]あなたのデッキの上から2枚のカードをチャージに置く。
コストは少々重いもののチャージを2枚も増やせる貴重なイベントです。このカードにより「四足の勝利者ズィーガー」、「野蛮の魔人バルバルス」の効果を同一ターンに複数回使用しやすくなりました。「悲嘆の堕天使ルシファー」の効果発動も狙いやすくなりました。


UC コラプテッドオーラ イベント - IG
4/黒
[☆]ノーマルスクエアにある相手のコスト3以下のゼクスを2枚まで選び、破壊する。
場から相手のコスト3以下のゼクスを除去するという観点では「ミリオンレイン」と同じと言えます。あちらと比べるとコストが重く、気軽に手札から使用することは難しいです。基本的にはイグニッションで相手のコスト3以下のゼクスを複数破壊できるカードとしての運用になるでしょう。相手の場にコスト3以下のゼクスがいない状況でめくれると完全に腐るので安定性には少々欠けます。
スポンサーサイト



| 考察 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【Z/X】今日のカード 2012/12/13


UC 寡黙の魔人タキトゥス ゼクス
5/黒/ディアボロス/7000
[自]このカードがリソースに置かれた時、あなたのリソースにカードが5枚以上あり、その中に「剛角グレートヘラクレス」があるならば、あなたのデッキの1番上のカードをチャージに置く。

第3弾「五帝竜降臨」収録。このカードがリソースに置かれた時、「剛角グレートヘラクレス」がいることで効果が発動します。公式の解説に「新しいイラスト合体カードは今までと違う色同士の組み合わせになりました。」とありますが、「剛角グレートヘラクレス」は一体何色でしょうね。名前とリソースに関する効果ということで緑で[プラセクト]が有力だと思われます。1枚増やしたチャージを活かせるかどうかですね。この能力ならパワー7500でも良さそうと思ったのは秘密です。

| 【Z/X】今日のカード | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【VG】今日のカード 2012/12/13


カード名:始原の魔道士 イルドーナ
グレード:3 クラン:シャドウパラディン 種族:エルフ
パワー:10000 クリティカル:1 シールド:×

自【V】LB(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[CB(2),あなたの《シャドウパラディン》のリアガードを2枚選び、退却させる] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、2枚引き、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。
自【V】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。


【ユニット設定】
大陸に国家が生まれる以前から存在していたエルフの大魔道士。 かつては心優しき青年であり、何時かの時代では守護竜と言葉を交わして世界の行く末を静かに見守っていたのだという。 しかし、国家が誕生し、文明の発達が進むと、人々は度々争いを始めるようになり、古き時代の道士と崇められていた彼の言葉も次第に聞き入れなくなっていった。 そして、幾多の時を経て再び歴史の表舞台に現れた彼の姿は、以前の面影が欠片も残らない程に禍々しくなっていたという。 闇に染まりし始原の魔道士――その無数の瞳孔で何を見、黒に染まった両の腕で何を掴むつもりなのだろうか。

エクストラブースター第3弾「黒鋼の戦騎」収録。《シャドウパラディン》のグレード3ユニットです。
アタック時に《シャドウパラディン:のリアガードを2枚退却させることで、2ドローし、パワーアップするリミットブレイクとヴァンガードにアタックした時にパワーアップする能力を持ちます。

リミットブレイクは、フィールドの調整とアタックの強化に加えてリアガードを手札に変換することで相手のターンに備えることができます。退却させたユニットとドローしてくるカードによっては損になる可能性もありますが、その辺は運とプレイング次第です。登場時に山札の上からユニットをコールできる「暗黒魔道士 バイヴ・カー」との相性は言わずもがなです。

「ペヤング 濃口ソースやきそばヴァンガード」付属のプロモカードで「クリーピングダーク・ゴート」=「バミューダ△候補生 シズク」互換のファーストヴァンガードが登場したことで、やっと日の目が見られそうです。

| 【VG】今日のカード | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2012/12/13


MK2/S19-037
カード名:対怪盗事件捜査チーム 平乃 カテゴリ:キャラクター
色:緑 レベル:2 コスト:2 トリガー:1
パワー:8000 ソウル:2
特徴:《警察》・《武器》

【永】他のあなたのカード名に「対怪盗事件捜査チーム」を含むキャラがいるなら、このカードのパワーを+1500。

ブースターパック「探偵オペラ ミルキィホームズ2」収録。
他の「対怪盗事件捜査チーム」ネームを含むキャラがいるならパワーパンプする能力を持つ、緑2/2/8000のキャラです。特徴は《警察》・《武器》。

これで「対怪盗事件捜査チーム」ネームを含むキャラが4枚になりました。「対怪盗事件捜査チーム 小衣」で回収可能ですし、後列要員である「対怪盗事件捜査チーム 咲」もいるため条件を満たすのは難しくないでしょう。2/2/9500をどう見るかはあなた次第です。

「対怪盗事件捜査チーム」ネームを含むキャラは「対怪盗事件捜査チーム 咲」を除いてレアリティがU以下と集めやすいのは好印象です。それゆえに強さも(ry



1212133.png
SAO/S20-T08
カード名:ふたりの子供 ユイ カテゴリ:キャラクター
色:青 レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:500 ソウル:1
特徴:《ネット》

【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【起】[このカードをレストする]あなたは自分のカード名に「キリト」か「アスナ」を含むキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+500。

トライアルデッキ「ソードアート・オンライン」 収録。
応援と自レストすることで「キリト」か「アスナ」ネームを含むキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《ネット》。

「キリト」と「アスナ」はSAOの主人公ですから期待できるネーム指定のパワーパンプ能力だと思います。応援も持っていますし、非常に扱いやすい1枚だと思います。



1212134.png
LB/W21-T01
カード名:“始まりの時”恭介 カテゴリ:キャラクター
色:黄 レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:3000 ソウル:1
特徴:《特徴なし》

トライアルデッキ「アニメ「リトルバスターズ!」収録。
黄/0/0/3000のバニラキャラです。特徴はありません。

恭介の一問一答コーナーに「どう使えばいいのでしょうか?」と質問を送りたいです(ぁ

| Weiβ Schwarz .今日のカード | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |