大切なのはイメージすること。

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【Z/X】今日のカード「燎原の紅玉ルビーコンドル」


R  燎原の紅玉ルビーコンドル ゼクス
7/赤/ギガンティック/8000
[自]このカードが登場した時、あなたのリソースに黒のカードが2枚以上あるならば、あなたの手札のカードを1枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば、あなたのトラッシュにあるコスト4以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのない◎のスクエアに登場させる。
第12弾「魔蠱の人形姫」収録。
手札から登場時に自分のリソースに黒のカードが2枚以上なら手札のカードを1枚トラッシュに置くことでトラッシュにある4コスト以下のゼクスを1枚リブートで登場させる能力を持ちます。

第8弾「神祖の胎動」に収録されていたサイクルですね。
コストを支払わずにゼクスを登場させることができるのは、やはり魅力的です。しかし、登場させることができるのは4コスト以下限定。ですから4コスト以下で軸となるような、もしくは強いゼクスを採用したデッキで使いたいです。悪くはないと思います。もう一度書きますが、あくまで悪くはないです(汗

組み合わせるなら「孤影の幽囚ソリトゥス」や「じゅーじゅーするベッキー」、「造船技師ジェーミナ」辺りでしょうか。
スポンサーサイト



| 【Z/X】今日のカード | 22:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2015/03/19

1503192.png
ブースターパック 「ミルキィホームズ セカンドステージ エディション」収録。このカードの下のマーカーの枚数に応じてレベル&パワーパンプする能力と、バトル相手がリバースした時に自分の控え室の「メロディア」を1枚このカードの下にマーカーとして置ける能力を持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴はなし。

「雨宿りアスナ」や「凸凹コンビ 涼&夢子」の亜種。
控え室から特定のカードをマーカーとして置くという意味では「私服のわかば」に近いです。

下のカードがマーカー対象の「メロディア」なので、続きはそちらで。




ブースターパック 「ミルキィホームズ セカンドステージ エディション」収録。このカードと同じカード名のカードはデッキに好きな枚数入れることができる能力と、他の自分の「メロディア」と「“歌だけじゃない”茉莉音」をパワーパンプする能力を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《エレメント》・《音楽》。

上でも書いたように「“歌だけじゃない”茉莉音」のマーカー対象です。
明らかにファンデッキ、否、ネタデッキ向けのカードですね。そして、恐らくですが割り切った構築にしてしまった方が強いでしょう。むしろ、それくらいの構築にしないとまともに使えないかもしれません。どれくらい割り切るかが難しいところですが、少なくとも一般的なデッキのレベル0のキャラの枚数分は「メロディア」にしてしまうくらいのノリでも問題ないと思います。

舞台に「メロディア」が5枚いればパワー5500になります。レベル0でこのパワーはやばいですね。3枚でもそれらすべてがパワー3500になるため悪くありません。

また、「“歌だけじゃない”茉莉音」もパワーパンプされます。こちらがメインと言ってもいいかもしれません。後列に2枚「メロデディア」がいればパワー+2000、そこにマーカーのパンプも加わるので強固な壁ができあがるでしょう。早出しメタ?なにそれ?おいしいの?



1503193.png
ブースターパック 「ミルキィホームズ セカンドステージ エディション」収録。自ターン中、このカードが《音楽》を持つなら他の自分のキャラすべてをパワーパンプする能力と、他の自分のキャラのバトル相手がリバースした時に自分のキャラすべてに《音楽》を与える能力を持つ、黄/1/1/2000のキャラです。特徴はなし。

これまた変わった能力のカードが来ましたね。
自ターンのみですが、このカードが《音楽》を得たら、他の自分のキャラすべてをパワー+2000します。また、《音楽》を得る能力もこのカードが持っています。他の自分のキャラがバトルに勝ったら得ることができます。自己完結しているという意味では評価してもいいのですが、最初のアタック時には発動しないのが辛いですね。他に《音楽》を得る方法としては現状ですと「天城 茉莉音」があります。こちらを使えば最初のアタックから条件を満たすことができます。

しかし、どちらにせよ癖の強いカードであることに変わりはないので一般的なミルキィのデッキで使われることは少ないでしょう。



1503194.png
ブースターパック 「ミルキィホームズ セカンドステージ エディション」収録。自分のキャラ1枚を自分の《探偵》のキャラの枚数分パワーパンプする、赤/2/1のカウンターイベントです。

「グリーフシード」の《探偵》版。
最大でパワー+5000は魅力的ですが、助太刀と違い回収やサーチはし難いですし、舞台にキャラを並べられなかったり、何らかの手段で除去されたりするとパンプ値が下がってしまうなど欠点も目立ちます。

| Weiβ Schwarz .今日のカード | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |