大切なのはイメージすること。

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/29 SGS


ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
自分の控え室のクライマックスが6枚以上なら早出しできる能力と、自分のレベル置場のカードのレベルの合計が5以上ならこのカードの正面のキャラのレベルに応じてパワーパンプする経験、CIPクロック1点回復能力を持つ、青/3/2/9500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《厨二病》。

悪くないですね。しかし、最近のRRのレベル3にしては控えめな性能かもしれません。
経験5で正面のキャラのレベルに応じてパワーパンプするようになります。
レベル1でパワー10000、レベル2でパワー10500、レベル3でパワー11000。



1601297.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
相手のターン中、前列の中央の枠のキャラをパワーパンプする能力と、成功時に《ストライカー》のキャラを1枚までサーチする1コスト2枚レスト4枚集中を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《巫女》。

多田 李衣菜」の《ストライカー》版。つまり、優秀。
これで集中は一安心ですね。島風互換もありますし、次は4ルックか、オカ研互換かな(ぇ



1601298.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
他の自分の《ストライカー》のキャラが2枚以上ならレベル&パワーパンプする能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《ストライカー》・《漫画》。

条件を満たせば、レベル1のパワー3500になります。悪くないですね。
2枚以上なら後列埋めておくだけでも満たせますし。



1601299.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
相手のターン中、相手のキャラが3枚以下ならレベル&パワーパンプする能力を持つ、青/0/0/2500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《剣術》。

ソウジロウ」の互換。相手依存ではありますが、使ったことがある、もしくは相手にしたことがある人ならその強さがわかる筈です。



16012910.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
手札から登場時に相手の控え室にクライマックスがないなら1ドロー1ディスする能力と、舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことで経験を持つキャラをサーチする能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《ストライカー》・《厨二病》。

相手の控え室にクライマックスがないなら・・・・・・ディスガイアかな?
相手の控え室のクライマックスを山札に戻す能力を持つキャラとかも収録されるんですかね?まぁ、最序盤、もしくはリフ直後ならワンチャン使える可能性がある程度に考えておいた方が良さそうです。

もうひとつの能力は、手札切りの経験サーチ。舞台から控え室に送られた時なので間違えないように注意です。個人的には、登場時の方が使いやすいので登場時にして欲しかったです。

まぁ、1,2枚の採用なら十分考えらると思います。



16012911.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
相手のターン中、他の自分の《ストライカー》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、自分のレベル置場のカードのレベル合計が2以上ならコストを払うことでサイドアタックしてもソウル減少しない起動能力を得る経験を持つ、青/1/0/4500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《花火》。

相手ターン中のガウル互換ですね。自ターンのパワーは何らかの手段で補いたいです。
もうひとつの能力は経験2でサイドアタックしてもソウルが減少しない起動能力を得るというのも。一応、この能力があるので、ストックさえあれば安全にアタックを通すことは可能です。
この起動能力は、そこまで活躍するわけではないですが、たまにかなり有効に働く時があります。
有効に働く例を挙げるならば、相手の場に被フロントアタック時デッキトップ操作能力持ちのキャラがいる時や相手が回復のイベントカウンター持ちのタイトルであった場合などですね。

面白いから1,2枚採用ありだと思います。



16012912.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《ストライカー》のキャラなら3ドロー2ディス、そうでないなら1ドロー1ディスする、青/2/0のイベントです。

デッキトップが《ストライカー》のキャラなら単純な手札交換となります。そうでない場合は、このイベントを使っている1枚分手札アドを失うことになります。悪くない効果ですが、そこまで必要とは思えません。このカードも仮に採用したとしてもピンとかでしょうか。複数枚採用するとデッキトップでこのカードが捲れる可能性があるわけですから。

| スクスト | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/29 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
紫/0/0/3000のバニラキャラです。特徴は《ぷよ》。
※このカードはスタンダード構築/サイド限定構築では使用できません。

まさかの紫の登場。しかし、それだけです。



1601292.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時にコストを払うことでキャラを1枚回収する能力と、対応クライマックスが置かれた時にコストを払うことで自分の山札からレベル0以下の《ぷよ》のキャラを1枚までこのカードがいた枠に登場させるクライマックスシナジーを持つ、赤/0/0/1000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《令嬢》。

対応クライマックスは、赤/新ストブ。
このカードはコストで手札に戻るため、1クロックでレベル0キャラ1枚分得したところになります。複数枚発動すればその分得も増えますが、クロックコストが馬鹿になりません。恐らくそれで次のターンにこのカードを再び登場させ、回収能力を使用するというのが想定された動きでしょう。
1クロック、そしてクライマックスシナジーを使ってまでやることなのか疑問です。



1601293.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
「プリンプ魔導学校の生徒 ラフィーナ」対応の赤/新ストブです。



1601294.png
トライアルデッキ「ぷよぷよ」収録。
レベル比例応援と、コストを払うことで自分の《ぷよ》のキャラ1枚をソウルパンプし、そのキャラ以外の自分のそのキャラと同じカード名のキャラをソウルパンプする起動能力を持つ、黄/2/1/4500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《魔法》。

自キャラへのソウルパンプ手段を持ったレベル比例応援と、優秀な後列だと思います。
しかも、同名カードがあればそのカードのソウルもパンプできます。単純なソウルパンプでも十分なのに、2面ソウルパンプも狙えるとか強いです。



1601295.png
トライアルデッキ「ぷよぷよ」収録。
CIPクロック1点回復能力と、手札から登場時に自分の《ぷよ》のキャラの枚数分パワーパンプする能力を持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《謎》。

トライアルデッキ収録らしいシンプルなレベル3キャラです。
瞬間的に最高パワー12500が単純に出せるのは、悪くないと思います。

| ぷよぷよ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/28 SGS


ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
自分の控え室のクライマックスが2枚以下なら早出し可能な能力と、対応クライマックスが置かれた時に前列にいるなら《ストライカー》のキャラ1枚までサーチし、次の相手のターンの終わりまでパワーパンプするクライマックスシナジーと、アタック時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、黄/3/2/9000のキャラです。特徴は《ストライカー》・《セクシー》。

対応クライマックスは、黄/風・1。
意見が分かれそうな1枚ですね。早出しして、クライマックスシナジーを使うことができれば間違いなく強いです。《ストライカー》を1枚サーチして、アタック時パワーパンプも自身を対象にすれば最低でもパワー17000でアタックでき、相手ターン中は最低でもパワー12000のキャラが残ることになります。応援などのパワーパンプやサーチで助太刀を手札に加えたことを考えるとこれを超えるのは、かなり厳しいでしょう。

しかし、それができないと微妙と言わざるを得ません。ただのパワー馬鹿になりえますからね。

上手く山札を削る方法、それこそ4ルックキャラとかが収録されれば、扱いやすくなるのですが、果たして。



1601287.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
「不知火 ハヅキ」対応の黄/風・1のクライマックスです。

スクストには風が2種類収録されるんですね。
こちらがもう1種類です。島風互換の対応です。



1601288.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
自分のレベル置場のカードのレベルの合計が2以上ならパワーパンプし、手札アンコールを得る経験と、自分の黄色のキャラを2枚レストすることでパワーパンプする起動能力を持つ、黄/1/1/6000のトリガーなしのキャラです。特徴は《ストライカー》・《セクシー》。

手札アンコールではなく、クロックアンコールだったら・・・・・・。
どうしても「阿賀野型軽巡3番艦 矢矧」の劣化に見えてしまいます。
まぁ、素のパワーは500高くなりますし、スクストが手札を稼ぐのに長けたタイトルならば手札アンコールも悪くないので、1.2枚の採用は十分に考えられるのではないでしょうか。後列に「“お正月”沙島 悠水」が2枚並んでいる状態で起動能力を使えばパワー11000でアタックできますね。



1601289.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
他の自分の《ストライカー》のキャラの被フトントアタック時にコストを払うことで自分のバトル中のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、「クール決めて マリ」への絆を持つ、黄/1/0/3000のキャラです。特徴は《ストライカー》・《空手》。

すべては絆先次第。



16012810.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
他の自分の《ストライカー》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力を持つ、黄/1/0/5000のキャラです。特徴は《ストライカー》・《クール》。

「慣れない水着 イミナ」の絆先。条件を満たせばパワー6000になります。
UとCの組み合わせにしては、優秀だと思います。パワー6000のキャラを1コストで回収して、1/0/1500疑似助太刀を構える動きですからね。悪くないです。

| スクスト | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/28 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《ぷよ》のキャラなら手札に加え、手札を1枚控え室に置く能力と、成功時に《ぷよ》のキャラを1枚までサーチし、手札を1枚控え室に置く1コスト4枚集中を持つ、緑/0/0/1000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《お菓子》。

俗に言うコンソール能力と手札交換集中を併せ持ったキャラです。どちらも優秀な能力ですね。今までの公開カードに手札のクライマックスを切る手段を持つキャラがほとんどなかったので、とりあえずこれで一安心。



1601282.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
アタック時に自分の山札の上から3枚を控え室に置き、それらのカードに「きいろぷよ」があるなら自分のキャラすべてをソウルパンプする能力を持つ、黄/2/1/7000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《八重歯》。

「きいろぷよ」デッキならば、アタックするだけでかなりの高確率で全体ソウルパンプできます。ソウルゲーは、相手にしてみると本当に怖いです。しかし、最近は質の良い集中や俗に言う4ルック能力を持つキャラのおかげで早期に、かつ高い圧縮率でリフができるようになってきました。ですから、ソウルゲーは少々厳しいものがあります。まぁ、いくら上手く圧縮していようとダメージ通る時は通るんですけどねw



1601283.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時にパワーパンプし、相手の助太刀を封じる能力と、被フロントアタック時にコストを払うことでパワーパンプする能力を持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《ツノ》。

緑ばりのパワー馬鹿ですね。「きいろぷよ」デッキならば相当頼もしい存在になってくれるでしょう。「きいろぷよ」がこのカード専用の4000助太刀に変わるわけですからね。「きいろぷよ」デッキの主力といったところでしょうか。



1601284.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
対応クライマックスが置かれた時に自分のストックが5枚以下ならコストを払うことで、手札の「ぷよ地獄を創造!? サタン」を1枚までこのカードがいた枠に置くか、もしくは自分の控え室のコスト0以下のキャラを3枚まで舞台に登場させるクライマックスシナジーを持つ、黄/2/1/8000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《ツノ》。

対応クライマックスは、黄/炎・1。状況に応じて使い分けられるシナジーです。盤面取りに行くか、ソウルゲーするかの選択って感じですね。
ネームに「アルル」を含んでいるのが地味ながら役立つかもしれません。



1601285.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
「アルルがフィアンセ!? サタン」対応の黄/炎・1のクライマックスです。

| ぷよぷよ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/27 SGS


ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
他の自分の「悠水」を含むキャラがいるならパワーパンプする能力と、アタック時にパワーパンプし、バトル相手リバース時に任意で思い出送りにする能力を得るクライマックスシナジーを持つ、黄/1/1/5500のトリガーなしのキャラです。特徴は《ストライカー》。

条件を満たせばパワー7000になります。先日公開された「“お正月”沙島 悠水」が条件を満たすのに最高の相方といえるでしょう。
対応クライマックスは、黄/キャントリ。
クライマックス分も含めればパワー11500になります。ここに「“お正月”沙島 悠水」のパワーパンプも加わればパワー12500以上になりますね。レベル3キャラも倒せそうなパワーですね。そして、思い出送り=アンコール封じ。噛み合っています。

しかし、あくまで相手を倒しにいくだけのキャラな上に1/1。黄色のレベル1帯に島風互換である「澄原サトカ」があるのも辛いです。



1601272.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
「“ココナッツ・ベガ”東雲 リョウコ」対応の黄/キャントリのクライマックスです。



1601273.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
自分のレベル置場のカードのレベルの合計が2以上なら他の自分の「悠水」を含むキャラがいるならパワーパンプする能力を得る経験と、自分のキャラを2枚レストすることで自分のキャラ1枚にバトル相手でレベル1以上のキャラがリバースした時に《ストライカー》のキャラを1枚までサーチし、手札を1枚控え室に置く能力を与える起動能力を持つ、黄/1/0/4000のキャラです。特徴は《ストライカー》。

経験を満たし、かつ条件を満たせばパワー5500になります。
これまた先日公開された「“お正月”沙島 悠水」が活躍しますね。
起動能力は、2枚レストでバトル相手でレベル1のキャラリバース時にサーチ(手札交換)を行う能力を自分のキャラ1枚に与えるというものです。起動コストを考えますと採用して1,2枚でしょうか。



1601274.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
応援と、このカードをレストすることで自分のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《ストライカー》。

黄色が多いデッキでなければ採用が考えられるかもしれません。黄色メインのデッキですと先ほどから名前を挙げている「“お正月”沙島 悠水」がありますので、さすがに厳しいです。



1601275.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
手札から登場時に他の自分の「リョウコ」を含むキャラがいるならパワーパンプする能力を持つ、黄/1/0/5000のキャラです。特徴は《ストライカー》・《料理》。

登場ターン中、条件を満たしていればパワー7000になります。
しかし、指定キャラが「リョウコ」というのが現状ですと微妙です。
自分自身=「悠水」に変えてくれませんかね?(オイ
後列に上で書きました「“花火”リョウコ」を置く構築なら扱いでしょう。

| スクスト | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/27 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
他の自分の《ぷよ》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、緑/1/0/4500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《オカルト》。

俗に言うガウル互換。つまり性能は約束されています。
後は、色自体がどうかという話ですね。



1601277.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分の《ぷよ》のキャラが4枚以上ならコストを払うことで相手のレベルより高いレベルのキャラを1枚控え室に置く能力と、1/1/1500助太刀を持つ、緑/1/1/2000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《謎》。

早出しメタ助太刀。《ぷよ》のキャラが4枚以上という条件があるので、早出しメタのコストが軽くなっています。しかし、1/1助太刀なので使っているコストは変わらないんですけどね。
まぁ、この助太刀系統は存在するだけでも意味がありますし、上手くいけば相手の強力なキャラを除去しつつ、アタック回数も1回減らせるのはやはり強いです。



1601278.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
デッキに無制限に入れられる能力と、他の自分の前列の「きいろぷよ」の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《ぷよ》。

これですべての色の「ぷよ」が出そろいました。果たして何色が強いのか。



1601279.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
自ターン中、他の自分のキャラをパワーパンプする能力と、「きいろぷよ」があるなら自分の山札からコスト0以下のキャラを1枚まで舞台に登場させる1コスト2枚レスト集中を持つ、黄/0/0/1000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《魔法》。

集中ですが、クライマックスではなく「きいろぷよ」が捲れるとコスト0以下のキャラを山札から1枚舞台に登場させることができます。「きいろぷよ」が何枚捲れようと登場させることができるキャラは1枚のみなのでお間違えの無いように。「きいろぷよ」を8枚より多く採用しているならば通常の集中より成功確率は上といえます。

後列向け能力も持っていますし、「きいろぷよ」デッキならば間違いなく採用されるでしょう。



16012710.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
アタック時に自分の《ぷよ》のキャラ1枚をパワーパンプし、自分のクロック置場に「きいろぷよ」があるなら自分の《ぷよ》のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、リバース時に山札の下に置く能力を持つ、黄/1/0/5000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《武器》。

パワーパンプは自身も対象に選べます。クロックに「きいろぷよ」があれば、1/0/7000のキャラとして扱えます。もちろん、他のキャラ1枚に2000パンプしてもいいですし、2枚に各1000パンプしてもいいわけです。

リバース時ボトム送り能力は、ボトムクライマックスを防いでくれるので個人的に割と好きなデメリットのひとつです

しかし、これだけではまだ「きいろぷよ」デッキ、微妙過ぎますね。「あおぷよ」や「みどりぷよ」に比べると派手さがありません。「あかぷよ」もまだ地味ですね。

| ぷよぷよ | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/26 SGS


ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
自分のレベル置場のカードのレベルの合計が5以上ならパワーパンプする経験と、アタック時にパワーパンプし、バトル相手リバース時に「あから」か「陽奈」か「小織」を含むキャラを1枚までサーチする能力を得るクライマックスシナジーを持つ、青/2/1/7500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《熱血》。

経験5を満たせば、パワー9000になります。
対応クライマックスは、青/キャントリ。クライマックス分も含めればパワー13000でアタックできますね。レベル3キャラのリバースも狙っていけそうです。しかし、助太刀やイベントカウンターを考えると返り討ちにあう可能性もあるので、サーチを発動させたい場合はもっと安全な相手を選んだ方がいいでしょう。

悪くないと思いますが、2/1のクライマックスシナジー持ちというだけである程度察しです。



1601267.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
「“アザーズ”降神 あから」対応の青/キャントリのクライマックスです。



1601268.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
他の自分のキャラすべてが「あから」か「陽奈」か「小織」を含むキャラならパワーパンプする能力を持つ、青/1/0/4500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《熱血》。

条件を満たせばパワー6500になります。しかし、その条件が厳しいです。盤面をすべて「あから」か「陽奈」か「小織」を含むキャラで固める必要がありますからね。かなり構築が縛られます。



1601269.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
他の自分の「あから」か「陽奈」か「小織」を含むキャラをパワーパンプする能力と、コストを払うことで「あから」か「陽奈」か「小織」を含むキャラを1枚までサーチする起動能力を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《ストライカー》・《ギャル》。

ネーム指定パワーパンプを持つ、ネーム指定サーチ版の「“アイテム”滝壺」といったところです。こう書くとむちゃくちゃ強く感じますね。対象となるカード群が強くなることに期待したいです。しかし、レアリティを見る限り、そこまで期待できないような(ぁ



16012610.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
他の自分のキャラすべてが「あから」か「陽奈」か「小織」を含むキャラならパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《ストライカー》・《動物》。

条件を満たせばパワー4000になります。上で書きました「元気いっぱい あから」のレベル0版ですね。ですから、言えることも同じです。



16012611.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
青/1/1/7000のトリガーなしのキャラです。特徴は《ストライカー》・《ギャル》。

「陽奈」を含んでいるため、降神三姉妹でデッキを組む際に採用が考えられます。しかし、本音を言えば採用したくないです。もっと強いレベル1の降神三姉妹の誰かが欲しいですね。

| スクスト | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/26 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
他の自分の前列の「無口なゆうレイ レイくん」の枚数に応じてソウル&パワーパンプする能力を持つ、緑/1/0/5000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《だじゃれ》。

「無口なゆうレイ レイくん」はこのカードを対象にした同様の能力を持ちます。
1/0/6000のソウル2、もしくは1/0/7000のソウル3でアタックできるのは、強いと思います。



1601263.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
他の自分の前列の「明るいゆうレイ ユウちゃん」の枚数に応じてソウル&パワーパンプする能力を持つ、緑/1/0/5000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《だじゃれ》。

今日、これから書くカードは、この2枚に関連したものです。
そういった意味でも強いといえます。



1601264.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
応援と、対応クライマックスが置かれた時にコストを払うことで「明るいゆうレイ ユウちゃん」か「無口なゆうレイ レイくん」を1枚までサーチするクライマックスシナジーを持つ、緑/0/0/500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《だじゃれ》。

対応クライマックスは、緑/宝。特定カードのサーチという単純ながら強いシナジーです。
応援持ちなので扱いやすいと思います。レアリティがCというのも素晴らしいです。



1601265.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
「自由きまま ユウちゃん&レイくん」対応の緑/宝のクライマックスです。



1601261.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
アタック時に自分のストックの枚数分パワーパンプする能力と、手札から登場ターン中にこのカードのバトル相手がリバースした時にコストを払うことで自分の手札の「明るいゆうレイ ユウちゃん」を1枚までと「無口なゆうレイ レイくん」を1枚まで舞台の別々の枠に置く能力を持つ、緑/3/2/9500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《だじゃれ》。

本日の主役。コストは重いですが、実質2面再スタンドです。しかも、ソウル2のキャラを2枚再スタンドしているのと同じです。コストに見合った、いや、それ以上の効果といえます。コストもそうですが、登場させるキャラも手札からになるので、構築、プレイングともによく考える必要があるでしょう。

今日公開されたカードは、このカードがRで、後はU以下です。お財布にも優しいですね。

| ぷよぷよ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/25 SGS

1601256.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
自分のキャラすべてが《ストライカー》ならパワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に《ストライカー》のキャラを1枚までサーチするクライマックスシナジーを持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《探偵》。

対応クライマックスは、黄/風・1。俗に言う島風互換。
つまり、強い。そして、高い。



1601257.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
「澄原サトカ」対応の黄/風・1。



1601259.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
手札から登場時に任意で自分の山札の上から3枚を控え室に置く能力と、手札から登場時に自分のレベル置場のカードのレベルの合計が4以上ならコストを払うことで《ストライカー》のキャラを1枚までサーチする経験を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《謎》。

物語シリーズに収録されている経験ですね。
序盤は単純に山札削り要員として、経験を満たしたレベル2帯以降はサーチ要員としても扱う感じになるでしょう。ノーコストで手札切りサーチが行えるのは、大きな魅力だと思います。
十分採用される可能性を秘めたレベル0キャラだと思います。



16012510.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
他の自分の黄のキャラをパワーパンプする能力と、自分のレベル置場のカードのレベルの合計が3以上なら自ターン中、他の自分の黄のキャラをパワーパンプする能力を得る経験を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《料理》。

これまた物語シリーズに収録されてもおかしくないようなカードですね。
能力自体は、とても強いと思います。あとは、黄色全体がどうなるかという話ですね。



1601258.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
他の自分の「悠水」を含むキャラがいるならパワーパンプし、他の自分の「悠水」を含むキャラに《神》を与える能力を持つ、黄/0/0/1000のキャラです。特徴は《ストライカー》・《探偵》。

条件を満たせばパワー4000になります。上で書いた「“お正月”沙島 悠水」は最高の相方といえるでしょう。「“お正月”沙島 悠水」が経験を満たした状態で後列に2枚置いてあればパワー6000になります。レベル1帯でも通用するパワーですね。しかし、現状は、あくまでパワーだけのキャラですから、そういった意味では微妙ともいえます。
《神》を与えることで発揮される効果とかあるんですかね?



16012511.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
黄/2/2/9000のバニラキャラです。特徴は《ストライカー》。

| スクスト | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/25 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時にコストを払うことで「アルル」を含むキャラを1枚までサーチする能力と、リバース時にバトル相手のレベルが相手のレベルより高いなら疑似相討ちする能力を持つ、黄/2/1/5500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《武器》。

早出しメタ相討ちとして使えない状況でも、登場時サーチ能力も持つため無駄になり難いです。ストックは大分消費してしまいますけど。1,2枚挿すのに非常に良さそうな性能ですね。



1601252.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
レベル3以上のキャラへの2000応援と、手札から登場時にコストを払うことで自分の「頭脳明晰 りんご」1枚に自分の山札の上から1枚をマーカーとして置く能力、コストを払うことで2ドロー1ディスする起動能力を持つ、青/2/1/3000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《科学》。

普通のデッキでも採用は考えられなくはないですが、やはり「頭脳明晰 りんご」を採用している=あおぷよデッキっで使ってこそののカードといえます。当たり前ですが、「頭脳明晰 りんご」とはよく噛み合っています。マーカーの数に応じてレベル&パワーパンプするキャラなので、元はレベル1のキャラですがレベル3応援の恩恵を受けることができます。

2ドロー1ディスの起動能力も悪くないですね。コストは重いですが、手札を増やしたり、手札を切ったりすることのできる能力が場にあると安心感があります。



1601253.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
アタック時に自分の手札が4枚以上なら自分の山札の上から4枚まで見て、《ぷよ》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置くクライマックスシナジーを持つ、青/1/0/5000のキャラです。

対応クライマックスは、青/新ストブ。
ノーコストで山札削りつつ、手札を1枚増やせるのは強いです。しかし、条件が少し厄介ですね。手札が4枚以上ないと使うことができません。手札が少ない状況でこそ使いたいのに・・・・・・。まぁ、4枚以上なら構築とプレイングをある程度意識すればクリアできるでしょう。オカ研互換もありましたし。



1601254.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
「実にオサレだが実にへん まぐろ」対応の青/新ストブです。



1601255.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
自分の《ぷよ》のキャラ2枚までに疑似アンコール能力を与える、赤/1/2のカウンターイベントです。

ケモノダマ」の《ぷよ》版。
1枚で2面守ることができるのは、やはり魅力的です。しかし、ストックは消費しますからね。私だったら助太刀を優先して採用します。1面しか守ることできませんが、返り討ちにして、ダイレクト枠を作ることを優先したいって考えですね。

| ぷよぷよ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/22 PY


トライアルデッキ「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚を見て、上か控え室に置く能力と、レベル0以下相討ち能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《帽子》。

レベル0相討ちという無難なアタッカーにデッキトップ操作のおまけが付きました。
つまり、優秀です。



1601228.png
トライアルデッキ「ぷよぷよ」収録。
リバースした時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがレベル1以上ならこのカードをストック置場に置くことができる能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《虫》。

アタッカーとしては単純にパワー1500のキャラですから、非力ですね。しかし、リバース時に基本的な構築であれば50%くらいの確率でストブできるのは、中々魅力的です。



1601229.png
トライアルデッキ「ぷよぷよ」収録。
キャラを1枚回収し、自分の山札の上から3枚をめくり、それらのカードにクライマックスがあるならキャラを1枚回収する集中効果を持つ、赤/2/1/のイベントです。

人質救出作戦」互換。
人によって好みが別れますね。
タイミングが噛み合えば非常にうまみの強いイベントです。



16012210.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時に自分の《ぷよ》のキャラの枚数分パワーパンプする能力と、アタック時にデッキトップを公開し、そのカードが《ぷよ》のキャラなら手札に加えるクライマックスシナジーを持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《魔法》。

対応クライマックスは、黄/新ストブ。
体操着のさら」などの《ぷよ》版ですね。ノーコストで手札を増やせるのは強いです。

アタッカーとしても単純に優秀ですし、扱いやすいと思います。



16012211.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
「魔法薬作りを勉強中 ウィッチ」対応の黄/新ストブです。

| ぷよぷよ | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/21 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
舞台にこのカードがいるなら「あかぷよ」としても扱う能力と、相手がレベルアップした時に対応クライマックスがあり、前列にこのカードがいるならキャラを1枚回収できるクライマックスシナジー、レベル1以下相討ち能力を持つ、赤/1/0/3000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《帽子》。

対応クライマックスは、赤/ソウル+2、黄/風・1。
タイミングと運が噛み合わないとシナジーが発動しないのは、ちょっと扱い難そうです。
しかし、レベル1相討ちですからアタッカーとしての性能は十分ですし、「“ばよえ~ん”アルル」と同様の対応クライマックスですから、そういった意味では採用はし易そうです。



1601215.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
「“ばよえ~ん”アミティ」と「“ばよえ~ん”アルル」対応の赤/ソウル+2のクライマックスです。
同名のクライマックス=黄/風・1が存在します。



1601216.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
デッキに無制限に入れられる能力と、他の自分の前列の「あかぷよ」の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《ぷよ》。

あおぷよ」、「みどりぷよ」の赤版。
「“ばよえ~ん”アミティ」という舞台で「あかぷよ」として扱うキャラがいるため、他のぷよよりレベル1帯でも戦力として多少扱いやすいといえます。後は、関連カードですね。むしろ、これ次第。



1601217.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
自分のクライマックスが置かれた時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、「あかぷよ」があるなら《ぷよ》のキャラを1枚回収する1コスト2枚レスト集中を持つ、赤/0/0/2000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《帽子》。

集中ですが、クライマックスではなく「あかぷよ」が捲れると回収できます。何枚あろうと1枚しか回収できません。「あかぷよ」を8枚より多く採用しているならば通常の集中より成功確率は上といえます。
新婚生活 アスナ」と同様のパワーパンプ能力も持っているため、後列にも置きやすいですね。

「あかぷよ」デッキであるならば間違いなく採用されるでしょう。



1601218.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から3枚を控え室に置き、それらのカードに「あかぷよ」があるなら、相手の前列のレベル3以下のキャラ1枚を控え室に置く能力を持つ、赤/2/1/2500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《虫》。

2/1なのにパワー2500とかなりの弱さですが、「あかぷよ」を多く採用したデッキであるなら除去が高確率で発動します。前列限定ですが、レベル3以下なのは強いですね。

各種ぷよデッキ、中々面白そうです。これは各種ぷよも地味に値段しそうです。組みたい方は、安いうち、早いうちに集めた方が良さそうです。

| ぷよぷよ | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/21 MG


ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがレベル0以下のキャラならこのカードをストック置場に置く能力を持つ、黄/0/0/4000のキャラです。特徴は《怪異》・《血》。

既に公開されているカードです。



1601212.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
他の自分の《怪異》のキャラをパワーパンプする能力と、手札から登場時に自分のレベル置場のカードのレベルの合計が4以上ならコストを払うことで《怪異》のキャラを1枚までサーチする経験を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《怪異》・《血》。

「交わす約束 八九寺真宵」のサーチ版経験ですね。使えるのはレベル2からになります。「交わす約束 八九寺真宵」と違って、特徴パワーパンプを持っているため、経験を使えない序盤でもそれなりに仕事をしてくれます。中々優秀だと思います。



1601213.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
このカードの助太刀を使った時にコストを払うことで自分のレベル1以下の「暦」か「真宵」を含むキャラ1枚を思い出にし、次のドローフェイズの始めに自分の思い出置場のそのキャラを舞台に登場させる能力と、1/0/1000助太刀を持つ、青/1/0/1000のキャラです。特徴は《怪異》・《人形》。

新しい追加効果ですね。上手くいけば2面守ることができます。強いですね。
しかし、大将となるキャラの範囲が狭いのが難点です。これが他のネーム指定だったらもっと強かったですね。後、同レベル帯の助太刀に「内なる気持ち 羽川翼」という優秀なキャラがいるのも辛いところです。

| 〈物語〉シリーズ | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/20 MG

1601202.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
自分のレベル置場に「神様 千石撫子」と「“前髪娘”戦国撫子」があるなら早出しできる経験と、このカードの下にマーカーがあるなら舞台から控え室に置かれた時に自分の控え室の「“前髪娘”千石撫子」を1枚このカードがいた枠にレストして置くことができ、そうしないなら自分の山札から「“前髪娘”千石撫子」を1枚までこのカードがいた枠にレストして置く自動能力を得る能力と、手札から登場時に自分の控え室の「クチナワ」を1枚マーカーとして置くことができる能力を持つ、青/3/2/9500のキャラです。特徴は《怪異》・《神》。

1月4日に既に公開されています。
今日はやっとテキストで名前が出ていた「“前髪娘”千石撫子」のお目見えです。




ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
手札から登場時か「北白蛇神社の神様 千石撫子」の自動能力の効果によって舞台に置かれた時に自分の山札の上から3枚まで見てカードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力と、アタック時に自分の山札の上から5枚を控え室に置き、相手にそれらのカードのクライマックスの枚数に等しいダメージを与え、パワーパンプするクライマックスシナジーを持つ、青/3/2/9500のキャラです。特徴は《怪異》。

対応クライマックスは、青/門・1。
神崎 蘭子」の亜種といったところでしょうか。
CIP能力が手札を1枚増やす能力、そして対応クライマックスが門になったことでよりクライマックスシナジーが狙いやすくなったといえます。しかもパワーパンプの値が圧倒的に増えているんですよね。上位互換な気がします。まぁ、その分、素のパワーが500下がっていますが。

単純に優秀なキャラですので、「北白蛇神社の神様 千石撫子」関係なしに採用も十分考えられます。全力で使いたい、撫子愛を見せたい場合は「北白蛇神社の神様 千石撫子」と共に採用すべきでしょう。経験として参照するキャラも複数あるので、そういった意味でも非常に必要度の高いカードです。



1601204.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
「“前髪娘”千石撫子」対応の青/門・1のクライマックスです。



1601203.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
相手のターン中、このカードが前列の中央の枠にあるならパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/2500のキャラです。特徴は《怪異》・《神》。

条件をクリアすればパワー4500になります。私は前列中央限定能力はピン挿しするのが好きです。
フレーバーテキストがいい感じに病んでいますね。

| 〈物語〉シリーズ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/19 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時にコストを払うことでレベル1以下のキャラを1枚までサーチする能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《科学》。

俗に言うオカ研互換。R収録だ、やったね!



1601197.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
デッキに無制限に入れられる能力と、他の自分の前列の「みどりぷよ」の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《ぷよ》。

あおぷよ」の緑版。関連カード次第。



1601199.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
自分の山札を上から7枚をめくり、控え室に置き、その中の「みどりぷよ」の枚数に等しいダメージを相手に与える、緑/2/2のイベントです。

「みどりぷよ」を多く採用したデッキであれば、高確率、高打点のダメージが期待できます。
面白いし、強いイベントですね。どれくらい「みどりぷよ」を採用するか悩みそうです。多いに越したことはないですが、高打点過ぎるとキャンセル率も上がりますからね。難しいところです。


1601198.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時にコストを払うことで「フィーバーモード」を1枚回収し、パワーパンプする能力を持つ、緑/1/0/5000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《王族》。

「みどりぷよ」デッキにおいて「フィーバーモード」はキーとなるカードですから、それを回収できる手段があるというのはとても重要だと思います。運が良ければかなりのダメージが期待できそうです。

| ぷよぷよ | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/19 MG


ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
自分の控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しできる能力と、手札から登場時に次の相手のターンの終わりまでパワーパンプし、このカードのバトル中、すべてのプレイヤーは助太刀を手札からプレイできない永続能力を得る能力を持つ、緑/3/2/10000のキャラです。特徴は《怪異》・《スポーツ》。

Twitterも含めれば公開3回目。



1601191.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
自分のレベル置場に「『やって後悔しない』神原駿河」があるならパワーパンプする経験と、このカードがリバースした時に自分のアンコールを封じる能力を持つ、緑/1/0/5500のキャラです。特徴は《怪異》・《スポーツ》。

1/0で常時パワー7000は魅力的です。しかし、アンコール封じのデメリットはちょっと怖いものがあるのも確かです。事故をより大事故にする可能性がありますからね。
レベル1帯は優秀なキャラが多そうですし、経験先も採用しないといけないことも含め、神原好きでない限り採用は厳しそうです。



1601193.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
このカードのアタック時か被フロントアタック時に任意で自分の山札の上から1枚を控え室に置き、そのカードが《怪異》のキャラならパワーパンプする能力と、アタック時に自分の手札をすべて控え室に置き、同じ枚数ドローするクライマックスシナジーを持つ、緑/2/1/7000のキャラです。特徴は《怪異》・《スポーツ》。

結構な確率でパワー9500になります。しかし、失敗する時は失敗します。しかも、被フロントアタック時に使ってクライマックスが落ちた時のダメージは計り知れません。まぁ、この山札1枚削りのおかげでキャンセルになる可能性もあるんですけどね。

対応クライマックスは、緑/新ストブ。せめて任意にして欲しかったです。手札にいらないカードが多い時は便利な効果だと思います。しかし、レベル2帯でやることでしょうか?レベル2帯では既にある程度戦える手札にしておかないといけません。それが通常のプレイングだと思います。ですから、このシナジーを採用すること自体にちょっとよく分からない部分があります。



1601194.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
「真剣勝負 神原駿河」対応の緑/新ストブのクライマックスです。



1601195.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
手札から登場時に他の自分のキャラ1枚を次の相手のターンの終わりまでパワーパンプし、このカードのバトル中助太刀使用不可能力とサイドアタック不可能力とこのカードがリバースした時に自分はアンコールを使えない能力の計3つの能力を与える能力を持つ、赤/0/0/2000のキャラです。特徴は《怪異》・《ヘッドフォン》。

次の相手のターンの終わりまで他の自分のキャラ1枚のパワーを+1500できるのは頼もしいですが、ついでにデメリットを3つもプレゼントしてくれます。これをどう見るかですね。
私としては、次の相手のターンの終わりまで1枚パワー+1500したところで意味がある場面ってそんなに多くないんじゃないかな、と思っています。自ターンのみパワー+1000くらいでならもっと扱いやすいキャラもありますしね。

| 〈物語〉シリーズ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/18 MG


ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
登場時にコストを払うことでレベル1以下のキャラを1枚までサーチする能力と、サイドアタックした時に他の自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《怪異》・《霊》。

既に公開されているので省略。



1601182.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
他の自分の《怪異》のキャラをパワーパンプする能力と、コストを払うことで《怪異》のキャラを1枚までサーチする起動能力を持つ、黄/1/0/4000のキャラです。特徴は《怪異》・《霊》。

新造工作艦 明石」などの《怪異》版。
この手の起動能力持ちの後列キャラが場にあるとデッキがとても回しやすいです。ストック2枚を好きなカード1枚に変えられるわけですからね。ストック消費役が常に置いてあるというのも心強いものです。

しかし、「感謝の言葉 戦場ヶ原ひたぎ」とはレストコストが競合してしまうのが気になるところです。



1601183.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
CIPクロック1点回復能力と、登場時に自分の《怪異》のキャラ1枚をソウルパンプし、ショット能力を与え、このカードを自分のアンコールステップの始めに思い出にする能力を持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《怪異》・《霊》。

これまた既に公開されています。
今までは商品の発売日くらいしか同じカードを公開することはなかったんですけどね。
年跨いでいるからでしょうか?

| 〈物語〉シリーズ | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/18 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
相手の控え室のクライマックスが3枚以下なら早出しできる能力と、手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがクライマックスならこのカードを思い出にし、次の自分のドローフェイズの始めに自分の思い出置場に「るすくませんぱい:を1枚部隊に置く能力、CIPクロック1点回復能力(思い出から登場時も発動)を持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《科学》。

新たな早出し条件ですね。相手に依存しています。一応、これから書くカードにお互いを強制疑似リフレッシュさせるカードがあるのでそれを使えば、自分の力で早出し条件を満たすことができます。

登場時能力もこれまた変わっています。運が良ければ2回回復能力が使えます。しかし、これを運が良いと言っていいのかは、微妙なところです。単純にアタッカーが欲しい時に発動したら痛いです。むしろ、運が悪いといえます。

面白いカードだと思いますが、扱い難そうです。



1601185.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
自分のクロック置場に「りすくませんぱい」があるなら早出しできる能力と、対応クライマックスが置かれた時に前列にこのカードがいるなら《ぷよ》のキャラを1枚までサーチするクライマックスシナジーを持つ、青/2/1/7500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《科学》。

対応クライマックスは、青/本。
早出しして使ってこそですね。レベル1帯で並べてクライマックスシナジーを使って、助太刀などをサーチし、次の相手のターンに備えることができればかなり強力だと思います。どちらも4枚積みして「りすくませんぱい」デッキを確立したいです。



1601186.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
「実験開始 りすくま先輩」対応の青/本のクライマックスです。



1601187.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
応援と、コストを払うことで自分の山札の上から4枚まで見て《ぷよ》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く起動能力を持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《科学》。

怒り爆発 しんのすけ」と同じ起動能力ですね。こちらは応援でもあるので、かなり使いやすくなったと思います。基本は単純に応援として扱って、状況に応じて起動能力を使う感じですね。



1601188.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時にコストを払うことでお互いに疑似リフレッシュをする能力を持つ、青/1/0/4500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《科学》。

「りすくませんぱい」でチラッと書いたのは、このカードのことです。手札1枚のコストは中々厄介ですが、クライマックスを落として疑似リフできると考えれば悪くないです。お互いに疑似リフ効果は「りすくませんぱい」など関係なしにタイミングさえ噛み合えば非常に強い効果なので他のデッキでも採用は十分に考えられます。



1601189.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時に相手は0か1か2か3を宣言し、自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがそのレベルのキャラなら舞台に置く能力と、相手がクライマックスを置いたなら任意でこのカードをストック置場に置く能力を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《ダンス》。

相手に使われた場合、とりあえずレベル0と言っておくのが一番無難でしょう。確率的にレベル0キャラは当たりやすいですが、仮に出てきたとしても処理しやすいです。アドは稼がれてしまいますけどね。
自分の手札がレベル1、2のキャラが出てきても処理できるようならそのレベルを宣言した方が良いでしょう。普通のデッキならレベル2が一番少ないと思います。レベル3を宣言するのは危険です。
後は、クロックや控え室も参考にして宣言するレベルを決めるといいでしょう。

使う側からしてみれば完全な運任せキャラです。それゆえに面白いですね。こういうカードは対戦を盛り上げてくれます。

相手のクライマックスが置かれた時のストブ能力は、相手のリバース時能力の回避に使えます。といっても相手がこのキャラを避けたら意味がないんですけどね。しかし、そもそもがパワー500しかないキャラなので、相手がどんなキャラであろうと倒されてしまうといっていいです。単純にやられるくらいならストブした方が得ですね。ただし、その面はダイレクト枠になるので考えて使いましょう。

| ぷよぷよ | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/15 MG


ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
他の自分の《怪異》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力と、手札から登場時に自分の山札を上から1枚見て上か下に置く能力と、手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《怪異》のキャラならバトル相手リバース時クリック送り能力を得る能力を持つ、緑/3/2/10000のキャラです。特徴は《怪異》・《動物》。

パワー11000の登場ターン中クロックシューターと考えていいでしょう。自身の登場時能力でデッキトップを操作できるため、よっぽど運が悪くなければ大丈夫な筈です。シンプルながら優秀なレベル3キャラだと思います。



16011511.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
レベル3以上への応援と、「虎に睨まれた少女 羽川翼」への絆を持つ、青/2/1/4500のキャラです。特徴は《怪異》・《動物》。

「虎に睨まれた少女 羽川翼」を絆で引っ張りつつ、レベル3を相手にする場合は少々不安が残るパワーを2000応援という補正で補えるのは悪くないと思います。



16011512.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
手札から登場時かリバース時に自分の山札の上から1枚を見て上か下に置く能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《怪異》・《動物》。

誘発タイミングが2回あるのが面白いですね。悪くない能力なのですが、他の優先度の高いレベル0キャラを採用しているうちに枠がなくなってそうなイメージ(ぁ

| 〈物語〉シリーズ | 17:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/14 PY

1601148.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
相手のアタックフェイズの始めに自分の山札の上から1枚を任意で控え室に置き、そのカードが《ぷよ》のキャラならこのカードを前列のキャラのいない枠に動かすことができる能力を持つ、青/0/0/2500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《科学》。

全力の拳 響」などの《ぷよ》版。その強さは既に証明済みです。



1601149.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
このカードの下のマーカーが2枚以上なら1000応援になる能力と、手札から登場時に任意で自分の山札の上から3枚を控え室に置く能力、このカードをレストすることで自分の控え室の「あおぷよ」を1枚このカードの下にマーカーとして置く能力を持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《けん玉》。

「あおぷよ」デッキの後列の最有力候補といえるでしょう。登場時に山札を3枚削れるのが素晴らしいです。序盤の山札削りは単純に強いですし、控え室にある「あおぷよ」をマーカーとして置く性質とよく噛み合っています。早い段階から1000応援を置くことができれば、頼もしいです。



16011410.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
このカードの下のマーカーの枚数に応じてパワーパンプする能力と、このカードのバトル相手がリバースした時にこのカードの下のマーカーが4枚以上ならマーカーすべてを控え室に置き、バトル相手をクロック置場に置く能力、他の自分の舞台の「あおぷよ」を1枚このカードの下にマーカーとして置くことでソウルパンプする起動能力を持つ、青/2/1/8000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《謎》。

控え室からではなく、舞台から「あおぷよ」をマーカーとして置く能力なので些か厳しいものがあります。しかし、手軽にソウルパンプできるのは便利なので、「あおぷよ」デッキであるならば何枚か採用しても損はないと思います。クロックシュートはおまけ程度に考えましょう。相当有利な状況なら使えなくもないですし。



16011411.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
自分の手札の「あおぷよ」を4枚控え室に置くことで相手の山札の上から2枚を控え室に置き、相手の控え室のカードを8枚まで山札に戻し、シャッフルする、青/3/0のイベントです。

上手くいけば相手のクライマックスを控え室に落として、さらにそこから山札にクライマックス以外のカードを8枚戻すことでキャンセル率を大幅に下げることができます。強い効果なのは言うまでもありません。
しかし、コストがものすごく重いです。手札から「あおぷよ」4枚、このカードも手札から使っていることを考えると5枚一気に失うことになります。さすがに「あおぷよ」を稼ぐ手段がないと厳しいでしょう。まぁ、何かしらありそうな気はします。



1601146.png
トライアルデッキ「ぷよぷよ」収録。
他の自分の「サタン」のキャラをパワーパンプする能力と、応援を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《愛》。

「サタン」を含むではなく、「サタン」というキャラ限定のパワーパンプです。
お間違えの無いようにご注意を。



1601147.png
トライアルデッキ「ぷよぷよ」収録。
他の自分の《ぷよ》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力と、手札アンコールを持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《ツノ》。

条件を満たせば1/0バニラサイズになります。「ルルー」のパワーパンプ先。「ルルー」1枚応援込みでパワー7000、2枚応援込みでパワー8500になります。トライアル下で見れば比較的強い組み合わせなんじゃないでしょうか。トライアル下で見れば・・・・・・。

| ぷよぷよ | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/14 MG


ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
自分のレベル置場のカードのレベルの合計が6以上ならパワーパンプし、アンタッチャブル能力を得る経験と、相手のターン中、自分が受けたダメージがキャンセルされなかった時に前列にいるなら自分の山札を上から1枚見て、上か控え室に置く能力を持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《怪異》・《血》。

2015年12月29日に既に公開されています。
今日のカードはこのカードが関係したものが主です。



1601142.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
手札から登場時に《怪異》のキャラを1枚までサーチする能力と、他の自分の《怪異》のキャラを2枚レストし、このカードをマーカーを持たない「昔話 忍野忍」の下にマーカーとして置くことで相手の山札をすべて控え室に置き、自分は疑似リフする能力を持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《怪異》・《血》。

面白いカードですね。CIP能力でサーチができるため起動能力の発動は比較的容易といえます。
起動能力は相手に強制リフレッシュ、自分は疑似リフというもの。
強制リフレッシュは言うなれば確定1点ダメージです。また、タイミング次第では相手のキャンセル率を下げ、自分のキャンセル率を向上させることになります。強力な効果だと思います。



1601143.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
「昔話 忍野忍」へのチェンジを持つ、黄/2/2/8000のキャラです。特徴は《怪異》・《血》。

「昔話 忍野忍」が早出しできれば強いキャラであるのは、間違いないので、採用は十分に検討できるでしょう。このチェンジ方式、私は嫌いじゃないです。登場するキャラが相手ターン中に有効に働くものなので、噛み合っているといえるのではないでしょうか。気になる部分を挙げるのならば、アンコールステップチェンジを持つすべてのキャラに言えることですが、このキャラのアタックをどうやって安全に通すかですね。



1601144.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
対応クライマックスが置かれた時にこのカードが前列にいるならコストを払うことで「忍」を含むキャラと「真宵」を含むキャラをぞれぞれ1枚までサーチし、パワーパンプするクライマックスシナジーと、他の自分の《怪異》のキャラの被フロントアタック時にコストを払うことで自分のバトル中のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、青/2/2/8000のキャラです。特徴は《怪異》・《人形》。

対応クライマックスは、青/新ストブ。コストと使っているクライマックスを考えれば、単体では実質手札交換になります。後、おまけのパワーパンプ。

2/2のキャラで疑似助太刀能力持ちというのも組み合わせとしては微妙です。むしろソウル2のキャラは場に残したいですからね。まぁ、パワーパンプの値がちょっとだけ高いんですけどね。

あくまでファン向けのカードといえるでしょう。ロリコンの方はどうぞ(オイ



1601145.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
「されるがまま斧乃木余接」対応の青/新ストブです。

| 〈物語〉シリーズ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/13 PY

16011310.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
サイドアタックできない能力と、クロックアンコールを持つ、赤/1/1/7000のトリガーなしのキャラです。特徴は《ぷよ》・《動物》。

単体で見るとちょっと微妙なスペックですね。
しかし、次に書くカードとシナジーがあるため・・・・・・(次のカードに続きます



16011316.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
相手のアタックフェイズの始めにコストを払うことで自分の手札の「ポポイ」を1枚まで登場させる能力と、レベル0以下相討ち能力を持つ、赤/0/0/1000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《先生》。

レベル0帯から「ポポイ」=1/1/7000のクロックアンコを出すことができれば強いですね。
先行1ターン目に使うのが理想ですかね。しかし、手札から出すため使える確率はそう高くありません。確率を上げるためには「ポポイ」を4枚積むべきでしょうが、単体だと微妙なスペックですから、ちょっと考えものです。後は、相手のアタックフェイズの始めに使える効果ですからこのカードを残さないといけないというのもちょっとネックです。レベル0相討ちではありますが、パワーは低いですからね。先行1ターン目に出して一連の流れをするのが理想ですかね。まぁ、とにかく面白い動きであることは確かだと思います。



16011311.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
《ぷよ》のキャラへのレベル比例応援と、手札から登場時にコストを払うことで自分の山札の上から4枚まで見て《ぷよ》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、赤/1/1/4000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《令嬢》。

後列キャラとして十分働いてくれる性能のキャラを出しつつ、4ルック効果を使えるのは悪くないと思います。レベル1帯ではレベル比例応援は活かしにくいですが、レベルパンプ効果と合わせて使うことができればより有効に利用できます。「カーバンクル」が働いてくれますね。



16011312.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるならレストする能力を持つ、黄/0/0/4000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《魔法》。

非常招集の綾波」などの互換。その強さは、歴代の互換カード達が既に証明してくれています。
「<物語>シリーズ セカンドシーズン」ではR収録ですが、「ぷよぷよ」ではRR収録なんですね。代わりに前列中央のキャラパワーパンプ能力と2枚レスト集中を持つキャラが 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」ではRR収録、「ぷよぷよ」ではR収録なので、どっこいどっこいということで。



16011313.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分の《ぷよ》のキャラがいるなら自分のバトル中のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、1/0/1000助太刀を持つ、黄/1/0/2000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《八重歯》。

ネオスタ構築なら極自然に1/0/2000助太刀として使えますね。普通に優秀です。



16011314.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
デッキに無制限に入れられる能力と、他の自分の前列の「あおぷよ」の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《ぷよ》。

前列に2枚でそれぞれパワー3500、3枚で各パワー5500です。レベル0キャラが1/0バニラサイズになるのは、頼りになりますね。デッキに無制限で入れられるので、揃えるのは比較的容易でしょう。後は何度も回して枚数調整する感じですね。もちろん、これだけではなく関連カードが存在します。詳しくは、次のカードで。



16011315.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
このカードの下のマーカーの枚数に応じてレベル&パワーパンプする能力と、このカードのバトル相手がリバースした時に自分の控え室の「あおぷよ」を1枚マーカーとして置く能力、このカードの下にマーカーが置かれた時にマーカーが4枚以上なら、このカードをストック置場に置き、自分の手札の《ぷよ》のキャラを1枚までレストして舞台の好きな枠に登場させる能力を持つ、青/1/1/6500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《科学》。

「ぷよぷよ」を上手く表現した能力だと思います。
マーカー1枚でレベル2のパワー7500、2枚でレベル3のパワー8500、3枚でレベル4のパワー9500、4枚でレベル5のパワー10500。4枚になったら強制効果でストックに送られてしまうんですけどね。この補正ならマーカーを4枚貯めるのも十分可能だと思います。マーカーが4枚貯まった時の効果は、レベルによっては早出し、ストック節約になります。レスト状態での登場なので再スタンドとしては、使うことができません。

面白くてある程度実用的ないいカードだと思います。「あおぷよ」の採用枚数は悩みそうですがw

| ぷよぷよ | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/13 MG

1601133.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
レベル比例応援と、対応クライマックスが置かれた時に自分のキャラ1枚にバトル相手リバースに相手のキャラ1枚を手札に戻すことができる能力を与えるクライマックスシナジーを持つ、黄/2/1/5000のキャラです。特徴は《怪異》・《神》。

対応クライマックスは、黄/風・1。
バトル相手をリバースさせる必要はありますが、適当に勝てそうなところを1面でも選べばいいわけですから、簡単に満たせるでしょう。ノーコストでバウンスを行えるのは、強力だと思います。

レベル比例応援なので後列としても最低限は働いてくれます。



1601134.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
「ウロボロスのあやとり 千石撫子」対応の黄/風・1のクライマックスです。



1601135.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
手札から登場時に自分の《怪異》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に自分のレベル置場のカードと控え室のカードをそれぞれ1枚ずつ入れ替えることができる能力を持つ、青/1/0/4500のキャラです。特徴は《怪異》・《神》。

経験の事故回避、どちらかというとケア要員ですね。レベル参照の経験なら事故することは稀ですが、ネーム指定経験の場合は十分にありえます。それをケアできるのは、ありがたいです。デッキに入っていれば、安心感をもたらしてくれると思います。登場時パワーパンプ能力のおかげで1/0アタッカーとしても優秀といえるため、気軽に採用できそうです。



1601136.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
自分のレベル置場に「“前髪娘”千石撫子」があるならレベル&パワーパンプする経験を持つ、青/1/1/6500のトリガーなしのキャラです。特徴は《怪異》。

「“前髪娘”千石撫子」は他にも経験参照するキャラがいます。
ですから、そういったデッキ、要は撫子デッキを組む場合は必然的に経験を満たす必要があるため、このカードも自然に採用できます。レベル1帯の2/1/7500のキャラは、今でも十分強いと思います。相手がレベル1以下相討ちを採用しているタイトルだとニヤニヤが止まりませんw



1601137.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
アタック時のこのカードの正面のキャラがレベル3以上ならパワーパンプする能力を持つ、青/2/1/7500のキャラです。特徴は《怪異》。

シンプルなら早出しメタですね。それゆえに強いともいえます。
バトル相手がレベル3以上ならそれでけでパワー13500になりますからね。
これだけで十分レベル3を超えていける値といえます。



1601138.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
他の自分の《怪異》のキャラがアタックした時にパワーパンプする能力と、「不死の怪異 阿良々木月火」へのチェンジを持つ、赤/2/2/7000のキャラです。特徴は《怪異》・《和服》。

「不死の怪異 阿良々木月火」は「偽物語」に収録されていたキャラです。
レベル2帯からソウル3の不死に近いキャラを登場させることができれば、確かに強いです。
しかし、アンコールステップの始めのチェンジですからね。あくまで不死に近いだけでデッキトップ、ボトム送りやバウンスなど倒す手段も少なからずあります。

先日公開された「“秘策”阿良々木火憐」の代替えコスト効果を利用できないのも、地味ながら痛いです。「ファイヤーシスターズ」のファンデッキで組むのならば、使いたいカードですからね。「朝の光景 阿良々木火憐」のチェンジの方が安定すると思います。「ファイヤーシスターズ」としてではなく、「月火」のキャラ単デッキを組みたい人にとっては、嬉しい追加かもしれません。

| 〈物語〉シリーズ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/13 LL

1601131.png
エクストラブースター「ラブライブ!The School Idol Movie」収録。
レベル1以下相討ち能力と、コストを払うことでキャラを1枚回収する起動能力を持つ、赤/1/0/2500のキャラです。特徴は《音楽》。

クライマックス切り回収の起動能力付き1/0相討ちということで、悪くないと思います。



1601132.png
エクストラブースター「ラブライブ!The School Idol Movie」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分の《音楽》のキャラがいるならコストを払うことで疑似リフレッシュを行う能力と、2/1/2500助太刀を持つ、赤/2/1/2500のキャラです。特徴は《音楽》。

百人力の手練 椎名」などのコストが変わった版ですね。
疑似リフを行いたい時に1クロックコストというのは、ちょっと怖さがありますね。しかし、ストック消費は抑えられるわけですから、よっぽどのことがない限りは使え、またターンが返ったきたときのことを考えますと、これはメリットともいえます。ラブラでは初の疑似リフですし、少なからず採用されると思います。

| ラブライブ | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/12 MG

WS公式サイトが更新されました。
●WS「カードの使用制限に関するルール」更新予定のお知らせ(更新日 2016/1/12)
「2016年度前期」のカードの使用制限に関するルールの更新につきましては、
2/2(月)~2/3(火)に告知を行わせて頂く予定です。

だそうです。現状、割と良い環境なので正直読めないです。逆に言えばある程度の数結果を残しているタイトルであれば、何が規制されてもおかしくないといえるかもしれません。

一番有力そうなのは「To Loveる」でしょうか。3月に追加もありますからね。
「ガールフレンド(仮)」もちょっと怪しいですね。2015年度後期の制限で「WGP2015での上位率など今後の動向に注目します。」と書かれていましたから。後は、時間の問題で「とある魔術の禁書目録/とある科学の超電磁砲」の「回復魔術」などもなくはないかもしれません。

期待と不安を織り交ぜながら更新を待ちたいと思います。




ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
他の自分の《怪異》のキャラが2枚以上ならレベル1以下相討ち能力を得る能力と、バトル中のこのカードがリバースした時、自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードのレベルが2以上ならこのカードを手札に戻す能力を持つ、赤/1/0/3500のキャラです。特徴は《怪異》・《スポーツ》。

レベル1以下相討ちのなるというだけで、それなりの働きは約束されています。
そこに「紫条 悠里」と同じ能力が加わったわけですから、弱いわけがない。運任せとはいえ、やられても手札を失わない、レベル1以下相討ちを再利用できるわけですからね。物語シリーズは経験タイトルであるためレベル2以上のキャラが多い構築になりやすいです。そういった意味でも相性の良い能力といえます。
RRに相応しい優秀さだと思います。



1601122.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるならレストする能力を持つ、赤/0/0/4000のキャラです。特徴は《怪異》。

非常招集の綾波」などの互換。その強さは、歴代の互換カード達が既に証明してくれています。



1601123.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
他の自分の「新学期 神原駿河」をパワーパンプする能力と、「新学期 神原駿河」への絆を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《怪異》・《血》。

「新学期 神原駿河」、単体で優秀なだけでなく、絆まで存在するとは・・・・・・。しかも、指定パワーパンプ付きですか。絆先が優秀なので、絆元であるこのカードも優秀といえます。

| 〈物語〉シリーズ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/12 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
他の自分の「天才魔導士 レムレス」のキャラをパワーパンプする能力と、「天才魔導士 レムレス」への絆を持つ、緑/0/0/500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《オカルト》。

絆元はね、すべて絆先のスペック次第なんだよ。 by.966(ぇ



1601125.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
このカードのバトル相手がリバースした時に対応クライマックスがあるなら、自分の控え室の《ぷよ》のキャラを2枚までストック置場に置くクライマックスシナジーを持つ、緑/1/0/5000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《お菓子》。

上で書きました「レムレスへの想い フェーリ」の絆先。
対応クライマックスは、緑/新ストブ。バトル相手をリバースさせる必要はありますが、控え室から2枚ストブできるのは強いと思います。しかもレベル1帯ですからね。絆元が指定パワーパンプも持つため、比較的シナジーは狙いやすそうです。そうは言ってもそこまでパワーが伸びるわけじゃないので、先上がりすることでバトル相手をリバースさせやすい状況を作りたいですね。



1601126.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
「天才魔導士 レムレス」対応の緑/新ストブです。



1601127.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時にコストを払うことで「アルル」か「カーバンクル」を含むキャラを1枚までサーチする能力を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《ツノ》。

パワーは500しかないですし、サーチ範囲もネーム指定ですが、ノーコストで手札切りサーチを行えるのは便利だと思います。「アルル」か「カーバンクル」がある程度採用されたデッキであるならば、1,2枚採用したいと思えるのではないでしょうか。



1601128.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
他の自分のレベル0以下のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、黄/1/1/6500のトリガーなしのキャラです。特徴は《ぷよ》・《魔法》。

レベルパンプ能力や相討ち無効能力があれば、採用を少しは考えられんですけどね。後は、クロックアンコールとか。さすがにパワーパンプ能力しかないのでは、今の環境ですと、ただストックを消費するだけの存在になってしまいそうです。



1601129.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
このカードが前列の中央にある時にソウルパンプする能力と、クロックアンコールを持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《謎》。

前列中央限定とはいえ、1/0のキャラがソウル2になるのは、悪くないと思います。
おまけにクロックアンコールも持っていますし。1,2枚採用が検討できそうです。
Cの中では、優秀な部類だと思います。

| ぷよぷよ | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/08 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
CIP2ドロー1ディス能力と、他の自分の《ぷよ》のキャラがアタックした時にパワーパンプする能力、アタックしているこのカードの与えたダメージがキャンセルされた時にコストを払うことで自分の控え室のキャラを1枚、このカードがいた枠に置くクライマックスシナジーを持つ、青/3/2/9500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《科学》。

対応クライマックスは、青/門・1。
実質、再スタンド能力です。ダメージキャンセル時にしか使えないので詰め要員ですね。現在公開されている範囲ではいませんが、「ミルヒオーレ・フィリアンノ・ビスコッティ」や「アイドルオタク にこ」などといったCIPやクライマックス関係なく働いてくれる能力を持ったレベル3キャラが収録されれば、より強力になりそうです。

2ドロー1ディスで後続や助太刀、対応クライマックスの確保も期待でき、パワーパンプ能力でパワー11500でアタックできる点も優秀だと思います。RRでもおかしくない性能のレベル3キャラですね。



1601084.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
「好奇心旺盛 りんご」対応の青/門・1のクライマックスです。



1601083.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
自分の控え室のクライマックスが1枚以下なら手札からプレイできず、自分の手札のクライマックスを1枚控え室に置くことで、バトル中のキャラ1枚にプレイヤーにダメージを与えることはできない能力を与える、青/2/1のカウンターイベントです。

ホラーは苦手」などの亜種ですね。
ストック消費は軽くなりましたが、手札のクライマックスを1枚要求するようになりました。基本的には安定して扱い難くなったといえるでしょう。しかし、門や宝のクライマックスを採用したデッキであるなら話はまた少し違ってきます。あれ?ぷよぷよって緑あるのか?トリガーで手札にクライマックスを握る可能性があるわけで、その終盤だと無駄になりがちなクライマックスを有効活用することができます。リフが近いならクライマックスを落とせるという意味でも優秀です。

また、「好奇心旺盛 りんご」や「ばっちぐー! アミティ」などのCIPで手札を増やすレベル3キャラとの組み合わせも良好です。これはこれで十分優秀なイベントだと思います。



1601085.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
《ぷよ》のキャラを1000パンプし、アンタッチャブル能力を与える応援を持つ、黄/2/1/6500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《謎》。

アンタッチャブル付与=除去耐性ができるので頼りになります。しかし、相手がそもそも除去を全く使用しないデッキの可能性も十分にあるので、無駄にもなりがちなんですよね。また、このカード自体がバウンスされるというのも弱点といえるでしょう。周りの環境次第といったところでしょうか。「『くらやみ』」怖い(ぁ



1601086.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
自分の《ぷよ》のキャラがいないなら手札からプレイできず、自分のキャラすべてをパワーパンプし、すべてのプレイヤーは山札の上から1枚を控え室に置き、この効果で控え室に送られたカードのレベルが相手のこの効果で控え室に送られたカードのレベルより高いなら、自分のキャラすべてをパワーパンプする、黄/3/0のイベントです。

確定全体2500パンプ、運が良ければ全体5000パンプです。
そんなにパワーを上げる意味があるのでしょうか?

| ぷよぷよ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/08 LL


エクストラブースター「ラブライブ!The School Idol Movie」収録。
このカードの正面のキャラのコストが0以下ならレベル&パワーパンプする能力と、クロックアンコールを持つ、青/1/1/4500のトリガーなしのキャラです。特徴は《音楽》。

正面のキャラが0/0、1/0のキャラであればレベル2のパワー8000のキャラになります。1/0が主流の昨今ですから悪くないと思います。このパワーなら俗に言う島風互換ガウル互換、「“晴れ着”星空 凛」互換なども倒すのには、一苦労するでしょう。レベル1相討ち回避、サイドアタック防止ができるのも優秀。クロックアンコールという保険があるのも良いですね。

しかし、1/1キャラですから複数枚展開する場合、ストック消費が気になるのと、相手が1/1を採用しているデッキであった場合は、普通に負けてしまうのが、難点です。

| ラブライブ | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/08 MG


ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
自分のレベル置場のカードのレベルの合計が2以上ならパワーパンプする経験と、バトル相手リバース時に《怪異》のキャラを1枚までサーチするクライマックスシナジーを持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《怪異》・《血》。

対応クライマックスは、黄/炎・1。
俗に言う島風互換の亜種。つまり、弱いわけがないです。経験を満たすのは簡単なので、ほぼ上位互換と見てもいいでしょう。対応クライマックスの違いは、その人の好みだと思います。



1601088.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
「“怪異殺し”忍野忍」対応の黄/炎・1のクライマックスです。



1601089.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
1/0/1500助太刀を持つ、黄/1/0/1500のキャラです。特徴は《怪異》・《血》。

このカードを採用する余裕があるなら「内なる気持ち 羽川翼」すべきだと思います。
《血》、もしくは「忍」指定のサーチ、回収などが登場しない限りは、このカードを採用するメリットは薄いでしょう。
「忍」単で組みたい場合にお呼びがかかるくらいでしょうか。



16010810.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
サイドアタックできない能力と、他の自分の《怪異》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする、赤/1/0/5500のキャラです。特徴は《怪異》・《霊》。

サイドアタックできないとはいえ、簡単に1/0/6500のキャラが作れるのは悪くないと思います。

| 〈物語〉シリーズ | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/07 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
このカードの与えたダメージがキャンセルされた時にコストを払うことで1ドローする能力と、ストック送り版疑似レベル0以下相討ち能力を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《武器》。

ストック送り版疑似レベル0以下相討ち能力ってだけでアタッカーとしての最低限の性能はあるといえます。ただし、パワーは500しかないのでほとんどのキャラに対して疑似相討ち能力を使うことになりそうです。相手のパワーマイナス能力でも簡単に飛んでしまいますね。

手札を増やしたいようなら相手キャラを避けてダイレクトアタックをする手段も考えられます。ダイレクトアタックして、返しのターンに疑似相討ちの壁を残す感じですね。こう書くと単純に強いですが、レベルパンプや除去で壁の意味がなくなる可能性も十分にあります。過信は禁物です。



1601073.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
他の自分の前列の中央のキャラをパワーパンプする能力と、成功時に《ぷよ》のキャラを1枚までサーチする1コスト2枚レスト4枚集中を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《八重歯》。

強い集中の典型ですね。これからはこれが基本になりそうですが。
レアリティがRというのは、嬉しいです。下手なRRよりはシングル価格が高いでしょうね。



1601074.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
手札から登場時にコストを払うことで自分の山札の上から3枚まで見て「ミノタウロス」を1枚まで舞台にレストして置き、残りを控え室に置く能力と、アタック時に自分の山札の上から1枚を控え室に置き、そのカードがクライマックスなら自分のキャラすべてをソウルパンプする能力を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《愛》。

1つ目の能力に着目すると雰囲気としては「マスター桜」に近いです。
「ミノタウロス」は次のカードで書きますが、自分のレベル0以下のキャラ1枚につきパワー+1000能力を持つ、青/2/1/7500のキャラです。レベル0帯から早出しできれば相当頼もしい存在です。しかし、手札から登場時しか使えず、1クロック払って只の山札3枚削りに終わってしまう(むしろその可能性の方が高い)、レストしての登場なのでそのターン中はアタックできないなど気になる点は、かなり多いです。まぁ、そりゃあそうですよね。レベル1帯で成功しても十分強いと言えますし。

デッキトップ操作があれば成功確率を上げられるのですが、果たして・・・・・・。
浪漫のある、面白いカードだと思います。



1601075.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
他の自分のレベル0以下キャラの枚数に応じてパワーパンプする、青/2/1/7500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《動物》。

「燃える一途な恋 ルル」の能力で登場可能なキャラです。
能力と噛み合って、レベル0帯で登場したら相当強いです。バウンス?早出しメタ?なにそれ?
レベル2帯以降の性能は、後列にレベル0キャラを置いておくかどうかによって大分変りそうです。
1枚でバニラサイズ、2枚並んでいればパワー9500です。しかし、後列に上位応援がないということは、その分、他の前列のキャラのパワーが下がるということなので、考えものです。

もとより「燃える一途な恋 ルル」とセットでの採用が望ましいので、ファンデッキ向けのカードっぽいです。

| ぷよぷよ | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT