大切なのはイメージすること。

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/02/01 SGS


ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
レベル比例応援と、対応クライマックスが置かれた時にコストを払うことで《ストライカー》のキャラを2枚まで回収し、手札を1枚控え室に置くクライマックスシナジー、相手がイベントをプレイした時にこのカードがスタンドしているならコストを払うことで相手に1ダメージを与える能力を持つ、赤/2/1/4000のキャラです。特徴は《ストライカー》・《令嬢》。

対応クライマックスは、赤/新ストブ。
レベル比例応援なので普通に働き、クライマックスシナジーで回収ができ、おまけに相手のイベントの使用まで牽制できちゃう優れものです。イベントメタ能力のコストが手札の《ストライカー》のキャラ1枚切りというのも自身のシナジーと噛み合っています。優秀な後列キャラだと思います。



1602017.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
「桃川 紗々」対応の赤/新ストブです。



1602018.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
自分の赤のキャラが4枚以上なら早出しできる能力と、リバースした時に自分のレベル置場のカードのレベルの合計が3以上ならレベル2以下相討ちとなる経験を持つ、赤/2/1/6000のキャラです。特徴は《ストライカー》・《スポーツ》。

要は、早出しできるレベル2以下相討ちです。どちらも条件がありますけどね。
赤がメインのデッキならピンで挿してみても良さそうです。



1602019.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
自分のレベル置場のカードのレベルの合計が2以上ならパワーパンプする経験と、手札アンコールを持つ、赤/1/0/4500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《動物》。

経験2で1/0バニラサイズになる手札アンコ持ち。
これだけだと微妙でしかないですが・・・・・・(次のカードに続きます)



16020110.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
他の自分の「“ココロ許せる仲間と”天音」をパワーパンプする能力と、「“ココロ許せる仲間と”天音」への絆を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《カードゲーム》。

似たような絆の組み合わせが他タイトルにありますね。
そうです。まどマギの「見滝原中学二年生 さやか」と「林檎のおすそわけ 杏子」の組み合わせです。
この組み合わせ、使ったことのある方なら分かると思いますが、割と便利、かつ強いんですよね。
経験さえ満たしてしまえば、手札アンコがある分、より強いです。実質、上位互換といっていいでしょう。
レアリティの低いカードの組み合わせですが、十分採用される可能性があります。



16020111.png
ブースターパック「スクールガールストライカーズ」収録。
自分のクロックが1枚以下ならアタックできない能力を持つ、赤/1/0/6500のキャラです。特徴は《ストライカー》・《火事》、

港湾棲姫」の互換。1/0/6500は高スペックですが、中々怖いデメリットを持ちます。
艦これの「空母ヲ級」のような存在があれば、ある程度使いやすくなりますね。
スポンサーサイト



| スクスト | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/02/01 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《ぷよ》のキャラなら手札に加え、手札を1枚控え室に置く能力と、2/1/2500助太刀を持つ、赤/2/1/2000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《帽子》。

MEIKO“大正浪漫”」などの《ぷよ》版。
手札交換とキャンセル率の向上が一度に行えます。



1602012.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
他の自分の《ぷよ》のキャラがアタックした時にパワーパンプする能力を持つ、青/1/0/5000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《天使》。

よく見かける能力ですね。条件を満たしつつ最後にアタックすればパワー7000になります。



1602013.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
1ターンにつき2回まで他の自分の《ぶよ》のキャラが登場した時にパワーパンプする能力と、手札のクライマックスを1枚控え室に置くことでパワーパンプし、バトル相手リバース時に1ドローできる能力を得る起動能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《人魚》。

このキャラを出した後に《ぷよ》のキャラを2枚出すことができればパワー4000になります。
もうひとつの能力は、「“完全無敵少女”沙耶」と同様のものです。
その利用価値についてはwikiを見ることおすすめします。
※クリックでwikiの該当ページが開きます
こちらはレベル0キャラなので序盤から使えるようになったのは大きな長所だと思います。
一見パワーは物凄く下がったように見えますが、実質4000まで上がるためそこまで変わりません。



1602014.png
トライアルデッキ「ぷよぷよ」収録。
アタック時にコストを払うことで相手のレベル0以下のキャラを1枚控え室に置き、パワーパンプするクライマックスシナジーを持つ、赤/1/0/5000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《本》。

対応は、赤/扉。後列のレベル0キャラを除去できるのは、強力だと思います。パワーパンプも付いているため、アタッカーの役割も十分こなせます。

しかし、クライマックスがなければバニラ以下の存在になってしまったり、相手によっては除去効果がいまいち有効に働かなかったり、弱い部分もあります。クライマックスを使っている分、手札も減っているのでそこもフォローしたいですね。



1602015.png
トライアルデッキ「ぷよぷよ」収録。
「プリンプ魔法学校の生徒 クルーク」対応の赤/扉のクライマックスです。

| ぷよぷよ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |