大切なのはイメージすること。

2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/05/09 PL


ブースターパック「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!」収録。
ダイレクトアタック時に相手の前列のレベル0以下のキャラを1枚まで選び、そのキャラのスタンドを封じる能力と、相手のアタックフェイズの始めに任意で自分の山札の上から1枚を控え室に置き、そのカードが《宝石》のキャラならこのカードを前列のキャラのいない枠に移動することができる能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《宝石》・《令嬢》。

免許皆伝 わかば」も持っている移動メタともいえる能力と、移動能力を併せ持つなんとも面白いキャラです。この移動能力だけでも優秀なのは間違いありません。まぁ、《宝石》という特徴に心配を覚えますが、今弾で強くなると信じましょう。逆に言えば《宝石》デッキならば是非とも採用したいキャラです。

ダイレクトアタック時の能力については「免許皆伝 わかば」と違ってパワーが1000も低いです。そのためこのままではこのカードの前にキャラを移動されてしまうと移動メタの意味がなくなってしまうので注意です。パワーパンプでサポートしましょう。対移動キャラ以外にもどうしても倒せないレベル0キャラのスタンドを封じるなど有効に使える場面は多いです。



1605097.png
ブースターパック「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!」収録。
自分の《宝石》のキャラが2枚以下なら手札からプレイできない能力と、自分のレベル置場のカードのレベルの合計が4以上ならパワーパンプする経験を持つ、赤/2/2/8500のキャラです。特徴は《宝石》。

登場時条件と経験、ふたつを満たす必要がありますが、2/2/11000のキャラになります。
このパワーならレベル3キャラと互角に戦えますし、採用が検討できそうです。



1605098.png
ブースターパック「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!」収録。
自分のキャラ1枚を自分の《宝石》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする、赤/2/1のカウンターイベントです。

グリーフシード」の《宝石》版。
最高5000カウンターは、かなり意表を突くことができます。自ターン中に使ってドローフェイズ超パワーパンプ持ちなどの一見超えられそうな相手のキャラを無理やり突破するのにも使えます。枠に余裕があれば1,2枚採用したいです。


スポンサーサイト



| プリヤ | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/05/09 MK


エクストラブースター「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~」収録。
自ターン中、パワーパンプし、アンタッチャブルを得る能力と、バトル相手リバース時にこのカードを任意で思い出にし、次の自分のドローフェイズの始めに自分の思い出置場の「ラ・・・・・・?」(このカード)を1枚舞台の好きな枠に置く能力を持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《怪盗》・《炎》。

“いつも”のハルヒ」(通称「いつハル」)の亜種といったところです。
自ターン中のパワーは「いつハル」を変わらないため使い勝手は似たようなものでしょう。
思い出避難能力を使うとダイレクト枠はできてしまいますが、キャラを残したり、一方的に相討ちを倒せたりするのは大変便利です。優秀なキャラといえるでしょう。

しかし、あれですね。自ターン中にアンタッチャブルを持つ意味ってあまりないような気がするので、それだったら単純にパワー+1000にして欲しかったです。



1605092.png
エクストラブースター「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~」収録。
自ターン中、他の自分の《怪盗》のキャラをパワー+1000する能力と、手札から登場時にコストを払うことで「消えた探偵服」を1枚回収する能力、コストを払うことで2枚までドローし、手札を1枚控え室に置く起動能力を持つ、黄/1/0/1500のキャラです。特徴は《怪盗》・《武器》。

自ターン限定特徴パワー+1000は、いるだけでかなり戦いやすくなります。1/0キャラですし、使いやすいと思います。起動能力もコストは重いですが、2ドロー1ディスできるのは緊急時に重宝しそうです。

気になるのは2つ目の能力、回収先である「消えた探偵服」ですね。次のカードで書きますが、残念なことに《探偵》関係のカードです。素で《探偵》持ちで舞台にいる時に《怪盗》を得るようなキャラが何枚か存在するのでそれらと組み合わせるのが無難ですね。しかし、この問題をクリアしても続いて色という問題が待っています。このイベントは緑なのですが、現状、緑の単純な《怪盗》は1枚もありません。唯一例外として、《探偵》持ちで舞台上で《怪盗》になる「姫百合&ジョセフィーヌ」のみです。特徴より色の方が悩みどころになりそうです。単純に考えれば、緑を濃くする=《怪盗》以外のキャラが増えてこのカードの特徴パワーパンプが活かしにくくなることになりますからね。構築が難しくなりそうです。



1605093.png
エクストラブースター「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~」収録。
このカードを思い出にする効果と、自分がレベルアップした時に思い出置場にこのカードがあるなら自分の控え室の《探偵》のキャラを2枚までストック置場に置き、このカードをストック置場に置く、緑/1/1のイベントです。

「真の変態 ストーンリバー」で回収できるイベントです。
1コスト消費してしまいますが、レベルアップ時にこのカードもストックに置かれるため実質2枚ストブといえます。レベル3時に使った場合、1コストで思い出にいくだけのイベントとなります。上でも書きましたが「真の変態 ストーンリバー」を採用した《怪盗》メインの構築で使うのは、結構難易度が高いです。ストック消費が激しそうな《探偵》デッキ採用する方が明らかに使いやすいと思います。



1605094.png
エクストラブースター「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~」収録。
他の自分の《怪盗》のキャラが4枚以上なら早出しメタ相討ちを得る能力を持つ、黄/2/1/8000のキャラです。特徴は《怪盗》・《ナルシスト》。

イラストが頭おかしいのはひとまず置いておきましょう。
条件付きになった「八九寺真宵さん」といえます。条件が付いたため素のパワーが1000増えました。しかし、他の自分の《怪盗》のキャラ4枚以上というのは地味にキツイですね。互換の方が明らかに扱いやすかったです。それでも《怪盗》デッキならば採用確率は高いと思います。



1605095.png
エクストラブースター「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~」収録。
正面のキャラに手札アンコールを与える能力と、リバース時に相手はこちらの控え室のキャラを1枚山札の上に置くことができる能力を持つ、青/1/0/6500のキャラです。特徴は《怪盗》・《仮面》。

1/0/6500のスペックは魅力的ですが、デメ2つが重いですね。せっかく倒しても手札アンコされてしまったら台無し感があります。さすがに採用は厳しいと思います。「アルセーヌ」大好きな人がピン挿しとかですかね。

| ミルキィ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |