大切なのはイメージすること。

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/31 SAO

1701313.png
ブースターパック「ソードアート・オンライン Re: Edit」収録。
正面のキャラのレベルがこのカードのレベルより高いならフロントアタックできない能力を持つ、黄/1/1/8000のトリガーなしのキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

新規カードです。

“一緒にご飯”友利 奈緒」などの1/1トリガーなし版って感じです。いそうでいなかったですね。
ちなみにこのデメリット能力に手札アンコ付きで1/1/7500のトリガーなしのキャラならばいました。(「妙高型重巡2番艦 那智改二」)

レベル1キャラでパワー8000は強烈ですね。「《スリーピング・ナイツ》タルケン&ノリ&ジュン」との相性が特に良いですね。中央限定とはいえ、レベル2のパワー9000になります。レベル1相討ちを無効化できますし、自身の持つデメリットも少し軽くなります。1/1のキャラの採用を考える場合、候補に挙がってくると思います。ライバルは「優しい佇まい アスナ」辺りでしょうか。



1701314.png
ブースターパック「ソードアート・オンライン Re: Edit」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分の《アバター》か《ネット》のキャラが2枚以上ならば自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、1/0/1000助太刀を持つ、黄/1/0/2000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

再録カードです。ブースターパック「ソードアート・オンライン」収録。
「SAO」の1/0助太刀と言えばこれです。
実質1/0/2000助太刀です。パワーパンプを1000ずつ別のキャラに振り分けることができるのもポイントですね。 地味ながら良い再録と言えそうです。



1701315.png
ブースターパック「ソードアート・オンライン Re: Edit」収録。
他の自分のキャラが舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことでそのキャラをレストとして置く能力と、このカードをレストすることで自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、黄/0/0/1000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

再録カードです。エクストラブースター「ソードアート・オンラインII Extra Vol.2」収録。
正直な話、あまりというかほとんど使われていません。レアリティがRからUに下がったことからも何となく察せそうです。身代わり能力が自キャラのリバース時発動だったらマーカーを守ることができて可能性あったのですが・・・・・・。

| SAO | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/31 BD


1701312.png
トライアルデッキ+「BanG Dream!」収録。
手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力と、自分のクライマックスが置かれた時にパワーパンプするクライマックスコンボを持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《音楽》・《うさぎ》。

放課後 椎名心実」などの互換。
トライアルデッキ収録らしいシンプルなレベル3キャラの代表みたいなものですね。
My Favorite item」の発動条件に指定されているキャラの1枚です。



1701316.png
トライアルデッキ+「BanG Dream!」収録。
自分のキャラ1枚にアタック時に自分の「“Poppn'Party”戸山香澄」と「“Poppn'Party”花園たえ」と「“Poppn'Party”牛込りみ」と「“Poppn'Party”山吹沙綾」と「“Poppn'Party”市ヶ谷有咲」がいるなら相手に5ダメージを与え、パワーパンプする能力を与える効果と、デッキにこのカードと同じ名前のカードを5枚まで入れられる効果の赤/3/2のイベントです。

昨日も公開されていますね。描かれているイラストが違います。
各キャラの楽器が描かれた5種類収録になりそうですね。

| バンドリ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/30 SAO

ブースターパック「ソードアート・オンライン Re: Edit」の公開が始まりました。
発売日は2月24日金曜日です。
カード種類数が「再録100種+新規19種+パラレル23種」となっているので再録ブースターです。レアリティ別の再録、新規の数も公式で公開されています。新規カードは1パックに最低1枚は封入されているとのことです。詳しくは公式ホームページをご覧下さい。こちらから飛びます。




ブースターパック「ソードアート・オンライン Re: Edit」収録。
自分の控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しすることができる能力と、他の自分の《アバター》か《ネット》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力、手札から登場時にコストを払うことで自分のクロックの上から1枚をストック置場に置く能力を持つ、赤/3/2/9000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

新規カードです。

早出し条件、パワーパンプ能力、どちらもよく見る感じですね。
珍しいのがCIP能力。手札を1枚切ってクロックの上から1枚をストック置場に置きます。
自信喪失 千鳥」が持っていましたね。回復メタをすり抜けることができるのは間違いなくメリットです。問題は、手札1枚=ストック1枚分の価値があるかどうかですね。なるべく手札を増やせる構築にしてコストに困らないようにしたいです。
ちょっと癖があるかもしれませんが、優秀なレベル3キャラだと思います。



1701305.gif
ブースターパック「ソードアート・オンライン Re: Edit」収録。
アタック時に他の自分の「シノン」を含むキャラをパワーパンプする能力と、相手のアタックフェイズの始めに自分の山札の上から1枚を置き、そのカードが《アバター》か《ネット》のキャラなら前列のキャラのいない枠に移動できる能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

再録カードです。エクストラブースター「ソードアート・オンラインⅡ」収録でした。
バリバリ活躍しているキャラですね。ありがたい再録だと思います。
新規で「シノン」が収録されればこのカードも強化されたことになります。



1701306.gif
ブースターパック「ソードアート・オンライン Re: Edit」収録。
他の自分の《アバター》か《ネット》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、クロックアンコールを持つ、青/1/0/4000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

再録カードです。エクストラブースター「ソードアート・オンラインⅡ」収録でした。
最高でパワー6000のクロックアンコ、こちらも優秀なキャラですね。
これまたありがたい再録です。

| SAO | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/30 BD

トライアルデッキ+「BanG Dream!」の公開が始まりました。
発売日は2月15日水曜日です。初のトライアルデッキ+ということで中身が楽しみです。



1701302.png
トライアルデッキ+「BanG Dream!」収録。
自ターン中、他の自分の《音楽》のキャラが4枚以上ならパワーパンプしこのカードのバトル中相手はイベントと助太刀を手札からプレイできない能力を得る能力と、手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《音楽》のキャラなら相手に1ダメージを与えることができる能力を持つ、赤/3/2/10000のキャラです。特徴は《音楽》・《星》。

なんとも豪快な能力ですね。
条件を満たせば自ターン中のみですがパワー15000のイベント、助太刀封じになります。自ターンならば条件もそこまで難しないでしょう。普通に回っていれば5面展開できる筈です。倒せないキャラはほとんどいないと言っても過言ではないでしょう。応援やクライマックスなど他のパワーパンプ手段も使えば「剣聖 ラインハルト」にも手が届くかもしれません。

CIP能力は、榛名式バーン。単純ながら強力な効果です。

単体で能力が完結していますし、ピン挿しから4枚採用まで熟せる優秀なキャラだと思います。



1701303.png
トライアルデッキ+「BanG Dream!」収録。
自分のキャラ1枚にアタック時に自分の「“Poppn'Party”戸山香澄」と「“Poppn'Party”花園たえ」と「“Poppn'Party”牛込りみ」と「“Poppn'Party”山吹沙綾」と「“Poppn'Party”市ヶ谷有咲」がいるなら相手に5ダメージを与え、パワーパンプする能力を与える効果と、デッキにこのカードと同じ名前のカードを5枚まで入れられる効果の赤/3/2のイベントです。

「“Poppn'Party”戸山香澄」以外のキャラのスペックが未判明ですが、特定キャラを5枚揃えるのが大変であることには間違いないです。その辺を補ってくれる能力持ちではありそうですけどね。
「“Poppn'Party”戸山香澄」の榛名式バーンのノイズにもなりますし、ファン要素、ロマン要素の強いカードだと思います。

| バンドリ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/26 CC

今日のカードではありませんが、トライアルデッキ+(プラス)「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」収録のカードが先行公開されていたので書きます。
トライアルデッキ+の仕様が知りたい方はこちら(WS公式サイトへ飛びます)。
全てのカードが2枚以上収録されるようになり、デッキ内容自体も強力に、ついでに光っているカードも増えるそうです。2月15日金曜日発売の「BanG Dream!」もこちらの仕様になっています。

「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」はトライアルデッキ+が3月10日金曜日発売、ブースターパックは2017年春発売予定となっています。



1701269.png
トライアルデッキ+「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」収録。
前列にいるなら自分の《マナ》のキャラすべてをパワーパンプする能力と、アタック時にコストを払うことでパワーパンプし、自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがレベル1以下なら相手に1ダメージを与え、そうでないなら相手に2ダメージを与えるクライマックスシナジーを持つ、赤/3/2/10000のキャラです。特徴は《マナ》・《武器》。

トライアルデッキ+への進化を見せつけるような強力なレベル3キャラだと思います。
ブースターパック発売後も普通に軸として活躍してくれそうです。

前列にいるなら自分の《マナ》のキャラすべてをパワーパンプする能力には自身も含まれるため実質パワー11500です。これが3枚並んでいたら各パワー14500です。後列含まずこのパワーは凄まじいですね。

対応クライマックスは、不明。
1コストで1点バーン、もしくは2点バーン。どちらにせよ強力ですね。パワーパンプのおまけ付。

テキストに今まで見たことないようなアイコンがありますね。
「CXコンボ」とあります。新要素でなければ単純にクライマックスシナジー能力を表しているアイコンだと思います。パッと見て分かりやすくなったのは良いと思います。



17012610.png
トライアルデッキ+「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」収録。
相手のアタックフェイズの始めに前列のキャラのいない枠に動かすことができる能力を持つ、赤/0/0/2000のキャラです。特徴は《マナ》・《武器》。

移動キャラ。その強さは言わずもがな。

先行公開のこの2枚だけでも十分買う価値がありそうです。在庫切れが心配になるレベルです。

| チェンクロ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/26 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自分のイベントのコストを払う時にこのカードの下のマーカー1枚のみをストック1枚のかわりに控え室に置くことができる能力と、手札から登場時か対応クライマックスが置かれた時に自分の山札を上から1枚を任意で見て、そうしたらそのカードをマーカーとして置き、レストする能力、1ターンにつき1回まで自分がイベントをプレイした時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《超能力》・《オカルト》。

イベントコスト軽減のマーカー能力を持っています。
対応クライマックスは、黄/新ストブ。マーカーを1枚増やすことができます。
そこまでストックを消費するイベントを使う機会が果たしてあるのかって感じですが、本日一緒に公開されているカードを軸にするのであれば採用が考えられるかもしれません。



1701267.png
1701268.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
「“怪奇現象体験者”瑚太朗」対応の黄/新ストブ。



1701262.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
応援と、自分の思い出置場のイベントが2枚以上ならばコストを払うことで自分の「瑚太朗」を含むキャラをパワーパンプし、バトル相手リバース時クロック1点回復能力を与える、黄/1/0/3000のキャラです。特徴は《魔法》・《オカルト》。

回復は強力ですが、条件が地味に厄介です。まず、思い出にイベントが2枚ないといけませんし、付与できるのは「瑚太朗」限定、バトル相手をリバースさせないといけません。しかも、ストック消費も普通の回復起動能力と変わりありません。

1/0で通常応援というのも微妙ですね。



1701263.png
1701264.png
1701265.png
1701266.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
「朱音」か「瑚太朗」を含むキャラがいないなら手札からプレイできない効果と、自分の控え室のコスト0以下のキャラを1枚舞台の好きな枠に置き、自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがレベル1以上なら手札に加える効果、思い出に置かれる効果の黄/1/1のイベントです。

ストックは1枚消費しますが、手札消費なし、あるいは手札1枚増やして思い出を肥やすことができます。先ほど書きました「“怪奇現象体験者”瑚太朗」や「約束の時 朱音」とは相性が良いです。「瑚太朗」軸、あるいはイベント軸みたいな構築ができるのであればそこで使われそうです。






| Rewrite | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/25 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時に2枚までドローし、手札を1枚控え室に置く能力と、手札から登場時にコストを払うことでパワーパンプする能力、1ターンにつき1回までアタック時に自分のレベルが3以上でクロックが6枚ならコストを払うことでスタンドする能力を持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《魔法》。

CIP能力は、2ドロー1ディス。再スタンドのコストに手札を消費するためそういった意味でもありがたいです。

もう一つのCIP能力は、1クロックによるパワーパンプ。
レベル3帯での1クロックはかなり危険ですが、パワー15000になれば大概のキャラを倒すことができます。クロックが0の時、手札にCIPクロック1点回復持ちも握っている時など実質クロックコストなしで使うことができますね。また再スタンドの発動条件がクロック6枚の時なのでそれを満たすのにも役立ってくれます。

最後の能力は、再スタンド。
発動条件がレベル3のクロック6枚の時というのが些かネックですが、それでも優秀だと思います。自身が1クロック増やす能力を持っていますしね。アタック時再スタンドなので返り討ちにあわないように注意です。

これ1枚で完結しているため優秀なキャラだと思います。
ただ、4枚採用したいキャラかと問われると、そうでもないですね。「鳳 ちはや」との相性もあまり良くないです。1面ならば再スタンドできますが、複数面はストックが足りないため無理です。



1701252.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時にコストを払うことで自分の控え室のレベル1以下のキャラを1枚舞台の好きな枠に置く能力と、被フロントアタック時に控え室に置く能力を持つ、赤/1/0/6500のキャラです。特徴は《影》・《炎》。

登場時能力は、手札の不要なキャラをレベル1以下のキャラと交換するようなものです。
クロックが増えるのは痛いですが、リアニメイト能力であるためリアニメイト先がストック1以上のキャラであればストックの節約にもなります。手札から登場時デメリット持ちであればそれの回避にも使えますね。

被フロントアタック時に控え室に置く能力は、デメリットですね。
ただ、バトル相手リバース時能力を回避できるという意味ではメリットと言えなくもないです。

そして、ネームが「朱音」、「ちはや」、「咲夜」でないのは残念です。



1701253.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分のバトル中のキャラ1枚を自分の「朱音」か「ちはや」か「咲夜」を含むキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、1/1/500助太刀を持つ、赤/1/1/1500のキャラです。特徴は《執事》・《メガネ》。

「メイド服の美遊」などの「朱音」、「ちはや」、「咲夜」指定版。
1/1助太刀でありながら最高3000助太刀になるのが魅力です。
しかし、値が不安定なのは不安でもあります。盤面上手く展開できていない時は劣化になりえます。

レベル1帯でどうしても守りたいキャラや意表を突きたい時には採用を検討してみてもいいかもしれません。

| Rewrite | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/24 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自ターン中、他の自分のキャラすべてをパワーパンプする能力と、コストを払うことで「小鳥」か「篝」か「瑚太朗」を含むキャラを1枚までサーチする起動能力を持つ、黄/0/0/1000のキャラです。特徴は《鍵》・《時間》。

監督生 リッカ」や「空母ヲ級」系ですね。
自ターン中全体パワーパンプとして後列キャラとして働きつつ、サーチ効果を毎ターン狙っていけるのはかなり強力です。これがあるだけで手札の心配がほとんどなくなると言っても過言ではありません。
ただし、ストックは消費しますし、クロックコストもあるので使い過ぎには要注意です。



1701242.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
他の自分の「篝」を含むキャラがいるなら他の自分のキャラすべてに手札アンコールを与える能力と、手札から登場時にコストを払うことで自分の控え室のコスト0以下のキャラを2枚まで舞台の別々の枠に置く能力を持つ、青/1/0/1500のキャラです。特徴は《植物》・《オカルト》。

全体手札アンコール付与は、頼りになると思います。
条件も緩いです。特に上で書きました「篝ちゃん改め”鍵ちゃん”」とは相性が良いですね。

もう一つの能力は、手札から登場時に1コストと「パワースポット」を切ることでコスト0以下のキャラを2枚までリアニメイトできます。効果自体は優秀だと思います。問題は「パワースポット」なんですよね。ちょっと微妙なイベントです。「小鳥」「篝」「瑚太朗」デッキには「ヒーコー」という4ルックイベントを採用できるので、そこも気になるところです。



1701244.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自分の「小鳥」を含むキャラがいないなら手札からプレイできない効果と、自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがレベル1以上なら手札に加える効果、自分の控え室の「使い魔」か「小鳥」か「篝」か「瑚太朗」を含むキャラを1枚ストック置場に置くことができる効果の青/1/0のイベントです。

先ほど書きました「“鍵の守護”小鳥」のコストになっているイベントです。
デッキトップを公開して、レベル1以上なら手札に加えることができます。そして、控え室からの1枚ストブ。成功すれば手札消費なしで1枚ストブを行っているため、中々おいしいです。しかし、失敗した場合は手札を1枚消費しての1枚ストブです。これはおいしくないですね。

あえて「“鍵の守護”小鳥」のコスト用のカードと割り切って考えてしまうのもありかもしれません。



1701243.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時に自分の山札を上から1枚見て上か下に置く能力と、手札から登場時にコストを払うことで「パワースポット」を1枚回収する能力を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《植物》・《オカルト》。

「パワースポット」回収キャラ。
登場時にデッキトップの操作もできるため、そういった意味でも「パワースポット」と非常に噛み合っています。
「パワースポット」を採用するなら基本こちらも採用されるのではないでしょうか。

| Rewrite | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/23 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自分のストックが5枚以上ならパワーパンプする能力と、アタック時に自分の控え室の「ルチア」か「静流」を含むキャラを1枚ストック置場に置くことができるクライマックスシナジーを持つ、緑/1/0/4000のキャラです。特徴は《風紀委員》・《オカルト》。

条件を満たせばパワー6000になります。

対応クライマックスは、緑/新ストブ。
控え室からの1枚ストブです。対応もストブですからこの1セットでストックが2枚増えます。自身のパワーパンプ条件もシナジーを発動できれば満たせると思います。

優秀なキャラだと思いますが、「『M@STERS OF IDOL WORLD!! 秋月律子』互換で良かったのに」感がないわけではないです。



1701232.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
「“明日の備えて”静流」対応の緑/新ストブのクライマックスです。



1701233.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
相手の後列のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、手札の緑のカードアンコールを持つ、緑/1/0/4000のキャラです。特徴は《武器》・《メガネ》。

相手の後列1枚でパワー5000、2枚でパワー6000になります。
色アンコールはクライマックスやイベントも切れるのでその色をメインとしたデッキでは中々便利な能力です。これが「静流」か「ルチア」ならもっと良かったんですけどね。

| Rewrite | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/20 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自分のクロック置場に「授業中 小鳥」があるなら早出しできる能力と、マーカーの枚数に応じてパワーパンプする能力、手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、相手にそれらのカードのトリガーのソウルアイコンの数だけダメージを与える能力、アタック時に他の自分の「瑚太朗」を含むキャラを1枚マーカーとして置くことができる能力を持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《超能力》・《オカルト》。

CIP能力は「“不満の麩まんじゅう”園崎」と同じものです。
構築、プレイングで期待値は変わってきそうです。どちらにせよ運が絡んできます。
強いか弱いか判断に迷う能力です。個人的には強い部類だと思っています。

マーカー1枚につきパワー+2000。
マーカーとして置くキャラは既にアタックを終えたキャラ、チャンプアタックしたキャラならば失うものがないという意味でより良いです。しかし、現状そこまで「瑚太朗」ネームの使いやすいキャラがいるわけではないんですよね。「瑚太朗」ネームは今弾では「小鳥」「篝」のキャラと共にテキストに書かれていることが多いです。そうなると黄青構築になりますね。その範囲で使いやすそうな、あるいは採用できそうな「瑚太朗」を含むキャラの候補を挙げますと「“月明かりの下で”瑚太朗&篝」、「“オーロラ発現”瑚太朗」、「“スピード勝負!”瑚太朗」、「缶コーヒーを買いに 瑚太朗」くらいでしょうか。今弾の収録にも期待したいです。

マーカー1枚につきパワー+2000は確かに魅力的ですが無理に「瑚太朗」を採用して、デッキが回し難くなってしまったら本末転倒です。そのためマーカー能力は発動できたらラッキー、CIP能力目当てでの採用も考えられるではないのでしょうか。それならば早出しも考えなくて良さそうです。

早出しできるのは確かに優秀なのですが、「瑚太朗」「小鳥」「篝」構築ですと「“結界の主”小鳥」という非常に強力なライバルが存在します。辛いですね。



1701202.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
応援と、他の自分のマーカーを持つ「瑚太朗」を含むキャラがリバースした時にコストを払うことでそのキャラをレストする能力を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《魔法》・《使い魔》。

応援ですから最低限後列キャラとして働いてくれます。
もう一つの能力はマーカーを持つ「瑚太朗」を含むキャラへの身代わり能力。このカードがそのキャラのマーカーとして置かれるためマーカーが増えるのがポイントですね。上で書きました「“リライト能力”瑚太朗」と非常に相性が良いです。「“リライト能力”瑚太朗」をフルに活かしたいならば必須だっと思います。

一応、「“書換能力者”瑚太朗」に対しても有効です。色が緑なのがあれですが。



1701203.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
他の自分のキャラが1枚以下ならレベル&パワーパンプする能力と、リバース時に自分の山札の上から1枚を公開しそのカードがレベル2以上ならこのカードを手札に戻すことができる能力を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《植物》・《オカルト》。

「“リライト能力”瑚太朗」の早出し条件になっているキャラです。
紫条 悠里」などと同じ能力を持っているため運が良ければ手札の温存になります。

レベル&パワーパンプ能力は、レベルパンプは相討ち回避で意味がありそうですが、パワーパンプはしたところで2500ですから普通に倒されてしまいそうです。

| Rewrite | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/19 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自分のクライマックスが置かれた時にコストを払うことで自分山札を上から4枚まで見て「ルチア」か「静流」を含むキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力と、このカードをレストすることで自分のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《委員長》・《オカルト》。

雲龍型正規空母2番艦 天城」式の4ルック。積極的にクライマックスを使って山札削りつつ、手札も増やしていきたいです。ただし、ストックは消費するため注意。

レストパワーパンプも単純ながら使いやすい良い後列能力だと思います。



1701194.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
他の自分の「ルチア」か「静流」がいるならパワーパンプする能力と、アタック時にパワーパンプし、バトル相手リバース時任意デッキボトム送り能力を得るクライマックスシナジーを持つ、青/1/0/3000のキャラです。特徴は《委員長》・《オカルト》。

非常に緩い条件でパワー6000になります。実質パワー6000と言っても問題ないくらいです。

対応クライマックスは、青/門・1。
“二人で一緒に”静流」と同じクライマックスシナジーです。
自ターンでも元々のパワーが6000、対応クライマックスでもパワーが+1000されますから、大分使いやすくなりました。デッキボトム送り能力は控え室誘発能力やアンコール封じとして活躍してくれるでしょう。

シナジーでストックを消費しませんし、門でクライマックスを握りやすいため、上で書きました「“調子に乗るなぁ~!”ルチア」とも相性が良いです。



1701195.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
「“クラス委員長”ルチア」対応の青/門・1のクライマックスです。

| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/19 RZ


ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
自分のキャラすべてが「ロズワール」か「ラム」か「レム」を含むキャラならパワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に自分のキャラすべてが「ロズワール」か「ラム」か「レム」を含むキャラならコストを払うことで「ロズワール」か「ラム」か「レム」を含むキャラを2枚まで回収するクライマックスシナジーを持つ、赤/1/0/4500のキャラです。特徴は《魔法)・《メイド》。

パワーパンプ、クライマックスシナジーともに条件があるため必然的に「ラム」「レム」「ロズワール」デッキでの採用になるでしょう。

対応クライマックスは、赤/キャントリ。
バトル相手リバース要求ですがストックも1枚要求してきます。その分、2枚回収できるのが強みです。対応クライマックスがキャントリですから1面を重点的にパワーパンプしやすく、噛み合っていると思います。

これがあるだけで大分手札は楽になりそうです。



1701192.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
「ロズワール邸のメイド ラム」対応の赤/キャントリのクライマックスです。

| リゼロ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/18 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時に自分の山札を上から自分の「小鳥」か「篝」か「瑚太朗」を含むキャラの枚数に等しい数まで見て、カードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力と、アタック時にコストを払うことでパワーパンプし、バトル相手リバース時に相手に1ダメージを与えることができる能力を持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《鍵》・《時間》。

CIP能力が回復から手札補充になった「一つ屋根の下 美琴&黒子」って感じです。
能力を読み終えた後、「何で黄色でしかもレアリティRのキャラが屋根下能力持ってるんだよ!?」と心の中で思わず叫んでしまいました。普通に強いのは言うまでもないでしょう。



1701185.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
アタック時に自分の山札の上から1枚までをストック置場に置き、自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがレベル1以上なら手札に加えるクライマックスシナジーと、リバース時にバトル相手のレベルが相手のレベルより高いならそのキャラを任意でストック置場に置き、そうしたら相手のストックの下から1枚を控え室に置く能力を持つ、黄/2/1/6500のキャラです。特徴は《植物》・《オカルト》。

ストック送り式の早出しメタ相討ちですね。これだけで採用価値はあると思います。

対応クライマックスは、黄/新ストブ。
山札の上から1枚ストブして、その後、デッキトップを公開し、レベル1以上のキャラなら手札に加えることができます。ストブは確定(0枚も可能)、手札補充は不確定です。単純に考えればそこそこの確率でキャラを手札に加えることができそうです。レベル3キャラなどを加えることができたら相当おいしいですね。

早出しメタ相討ちは現環境では非常に有効ですが、腐る時がないわけではないです。このキャラの場合、単純なスペックはレベル1キャラ相当です。4枚積みも基本ないので、クライマックスシナジーはクライマックス枠が空いているようなら採用する感じでいいと思います。



1701186.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
「ビッグドリーム 小鳥」対応の黄/新ストブです。

| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/18 RZ


ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
他の自分の《魔法》か《武器》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、アタック時に他の自分の《魔法》か《武器》のキャラが3枚以上ならコストを払うことで相手に1ダメージを与え、バトル相手リバース時任意デッキトップ送り能力を得るクライマックスシナジーを持つ、赤/2/1/6000のキャラです。特徴は《魔法》・《本》。

最高でパワー10000になります。

対応クライマックスは、赤/新ストブ。
1点バーンとデッキトップ送りの強力な組み合わせです。しかし、レベル2キャラのシナジー1点バーンってあまり使われていないと言いますか、評価されていないんですよね。デッキトップ送りも強力な効果ですが、パワーがレベル3キャラを相手にするには足りないのでそういった意味で微妙です。



1701183.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
「パックと一緒 ベアトリクス」対応の赤/新ストブのクライマックスです。



1701182.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
手札から登場時に自分の山札を上から2枚控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるなら《魔法》か《武器》のキャラを1枚回収することができる能力を持つ、赤/0/0/1000のキャラです。特徴は《魔法》・《本》。

失敗してもタダで山札を2枚削れておいしい。成功したら回収できてもっとおいしい。
しかし、パワーは1000しかありません。



| リゼロ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/17 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
他の自分の「朱音」か「ちはや」か「咲夜」を含むキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力を持つ、黄/1/1/6000のトリガーなしのキャラです。特徴は《超能力》・《使い魔》。

条件を満たせばパワー8000になります。これはこれで強いですが、個人的にはパワーパンプの値を500下げて、レベルパンプ付いている方が好きです。



1701174.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
対応クライマックスが置かれた時に前列にいるならコストを払うことで山札から「“従者”咲夜」を1枚までこのカードがいた枠に置くクライマックスシナジーと、他の自分のキャラのバトル相手リバース時に自分の「朱音」か「ちはや」か「咲夜」を含むキャラをパワーパンプする能力を持つ、黄/1/0/3500のキャラです。特徴は《お菓子》・《オカルト》。

対応クライマックスは、黄/風・1。
「このカードを後列のキャラのいない枠に動かす」というのは変わったコストですね。恐らく初です。
山札から1/1/6000、実質8000のキャラを出せるのは中々強力です。手札も温存できますね。

もう1つの能力は「『調律師』カムシン・ネブハーウ」や「息の合った二人 美琴&黒子」の逆版って感じです。「私服の雪歩」のネーム指定強化版とも言えますね。1回相手のキャラをリバースさせられれば連鎖的にパワーパンプできます。ただし、1回目のアタックには関与しないため、如何に1回相手キャラをリバースさせるかが重要になります。もちろん助太刀やイベントカウンターで相手を返り討ちした場合にも発動します。基本後列キャラですが、前列に出ても能力は発動するので状況次第で前列に出すことも考えられます。



1701176.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
「ガイアの一員 ちはや」対応の黄/風・1のクライマックスです。



1701177.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時にコストを払うことでレベル1以下のキャラを1枚回収する能力を持つ、赤//0/0/2500のキャラです。特徴は《お菓子》・《オカルト》。

“第104期訓練兵団”クリスタ」互換。つまり、強い。
「オカ研もあるんだから他のタイトルによこせよ!」と思ったのは秘密です。
4ルックキャラである「日沈むひととき 朱音」もありますし、かなり安定しそうです。

| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/17 RZ


ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
舞台にいるなら《怠惰》と《勤勉》を得て、正面のキャラに《怠惰》を与える能力と、ダイレクトアタックできない能力、マーカーの枚数に応じてパワーパンプする能力、リバースした時にマーカーが10枚以下なら自分のストックの上から1枚をマーカーとして置き、そうしたらレストする能力を持つ、黄/0/0/2500のキャラです。特徴は《魔女教》・《魔法》。

非常にユニークな能力だとは思いますが、とても使い難そうです。
やられないとマーカーを増やすことができません。その上、ストックからマーカーを置くためストックを消費します。ダイレクトアタックできないデメリットも持っているため大きくなるまでは自分のターンに1枚、相手ターンに1枚の計2枚ストックを消費する可能性が十分にありえます。疑似アンコールで盤面維持に役立っているとはいえさすがに痛いです。

パワーは上がってもレベルは上がるわけでもありません。ソウルも1ですし、除去耐性もないです。
なんだかただただストックを消費するだけのキャラで終わってしまいそうな気がします。



1701172.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
手札から登場時に自分の山札を上から3枚まで見てカードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力と、対応クライマックスが置かれた時に前列にいるなら相手の控え室のカードを2枚まで山札に戻し、パワーパンプするクライマックスシナジー、アタック時にコストを払うことで相手に1ダメージを与える能力を持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

CIP能力は、3ルック。展開補助になりますし、対応クライマックスの引き込み、アタック時バーン能力のコストの確保など自身の他の能力とも噛み合っています。

対応クライマックスは、赤/扉。
“雷光”フェイト」と同じクライマックスシナジーです。たかが2枚、されど2枚です。相手のキャンセル確率を下げることになります。複数枚展開して発動すればその分、キャンセル確率も下がります。自身のバーンも通しやすくなりますね。クライマックス分と合わせて+4000のパワーパンプも強力です。

バーンは「直感的なタイプ 杏子」式です。
ストック消費は「一つ屋根の下 美琴&黒子」式のバーンと比べれば1コスト多いですが、キャラのリバースが必要なくなったのが利点です。また、発動タイミングがアタック時=カウンターステップの前であるため「ホラーは苦手 」などのイベントカウンターの影響を受けないのも利点と言えます。

ネーム、特徴面でも優秀なのは間違いなく、RRに相応しいレベル3だと思います。



1701173.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
「桃色髪のメイド ラム」対応の赤/扉のクライマックスです。

| リゼロ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/16 RW

1701166.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
デッキに無制限に入れられる能力と、他の自分の前列の「“小鳥さん謹製”魔物」の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《植物》・《使い魔》。

各色ぷよや「“ぬいぐるみ部隊”だまし神」などの互換。
レベル0帯でパワー5500が誕生するのは強いです。「だまし神」デッキが結果を残しましたし、「“小鳥さん謹製”魔物」デッキも可能性を秘めていると思います。



1701167.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
デッキに無制限に入れられる能力と、他の自分の前列の「“小鳥さん謹製”魔物」の枚数に応じてレベル&パワーパンプする能力、シフト1を持つ、青/1/0/3500のキャラです。特徴は《植物》・《使い魔》。

上のカード=レベル0キャラと同名なのが良いですね。
2枚で各レベル2のパワー5000、3枚でレベル3の各パワー6500になります。
シフトで手札に加えやすいのも評価できます。



1701165.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
マーカーの枚数に応じてパワーパンプする能力と、手札から登場時に自分の控え室の「“小鳥さん謹製”魔物」を3枚までマーカーとして置く能力を持つ、青/2/1/4500のキャラです。特徴は《植物》・《使い魔》。

このカードは「“小鳥さん謹製”魔物」ではありません。
「“小鳥さん謹製”『巨大』魔物」です。間違えないように注意です。

最高でパワー10500になります。2/1にしては高いですね。
上手くリフレッシュを挟めばマーカー圧縮にもなります。



1701164.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
相手のターン中、他の自分のキャラすべてをパワーパンプする能力と、コストを払うことで自分の控え室の自分のレベル以下のレベルの「“小鳥さん謹製”魔物」を1枚舞台の好きな枠に置く起動能力を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《植物》・《ドルイド》。

2つ目の能力が特に強いですね。ノーコストで手札交換しつつ「“小鳥さん謹製”魔物」を1枚リアニメイトできます。キャラしか切ることはできませんが、それでもありがたい能力です。
「“小鳥さん謹製”魔物」軸には欠かせないキャラだと思います。

| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/16 RZ


ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
手札から登場時にコストを払うことでレベル1以下のキャラを1枚までサーチする能力、アタック時に自分に山札の上から1枚を任意で控え室に置き、そのカードがクライマックスなら1ドローして、手札を1枚控え室に置く能力を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

オカ研能力ですね。つまり、強い。
アタック時能力は、山札1枚削りと考えれば悪くありません。成功したら手札交換も行えてラッキー。



1701161.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
他の自分の「両手に花 レム」をパワーパンプする能力と、手札から登場時に自分の山札の上から2枚まで見て「両手に花 レム」を1枚まで舞台の好きな枠に置き、残りを控え室に置く能力、アタック時に他の自分の「両手に花 レム」がいるならパワーパンプする能力を持つ、赤/1/0/4000のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

次のカード=「両手に花 レム」でまとめて書きます。



1701163.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
相手のターン中、他の自分の「両手に花 ラム」がいるならパワーパンプする能力、他の自分の「両手に花 ラム」をパワーパンプする能力、相手のアタックフェイズの始めに自分の「両手に花 ラム」とこのカードをそれぞれスタンドして入れ替えることができる能力を持つ、青/1/0/4000のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

「両手に花 ラム」は登場時能力が条件を満たすのに一役買ってくれます。運任せな上に確率は低いですが、成功すれば相当おいしいです。「両手に花 レム」が1枚いればパワー5000、アタック時はパワー7000になります。

「両手に花 レム」は「両手に花 ラム」がいればパワー5000、相手ターン中はパワー7000になります。「両手に花 ラム」との入れ替え能力は中々強いと思います。相手にしてみればパワー7000以上になるキャラを2面展開しないと両方倒せないわけですからね。

お互いが揃えば強いですね。しかし、揃わないと1/0/4000の残念なスペックになってしまいます。それがやはり怖いですね。使うのであれば各4枚採用、サーチや回収手段をしっかりと用意したいです。

| リゼロ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/13 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自分の山札を上から4枚まで見て「小鳥」か「篝」か「瑚太朗」を含むキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置き、キャラ1枚に《ヒーコー》を与える、黄/1/0のイベントです。

4ルックイベント。先に書いてしまいますと回収手段があります。普通に優秀ですね。
BとLと 小鳥」の持つイベント誘発パワーパンプ能力の引き金にも使えます。

おまけの《ヒーコー》付与はゲーム的には意味がなさそうです。ちなみに相手キャラにも付与できます。



1701135.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時に自分の控え室に「ヒーコー」がないならレストする能力を持つ、黄/1/0/6500のキャラです。特徴は《鍵》・《時間》。

1/0/6500が強いのはガウル互換や「“一緒にご飯”友利 奈緒」互換が証明してくれています。
気になるデメリットですが、そこまで厳しくないと思います。「ヒーコー」を4枚採用したデッキならばレベル1に上がった時にそれなりの確率で控え室に落ちていそうです。しかし、あくまでそれなりの確率です。万が一を考えると怖いものがあります。リフにも注意しないといけませんね。



1701136.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自ターン中、パワーパンプする能力と、手札から登場時にコストを払うことで「ヒーコー」を1枚回収する能力を持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《超能力》・《オカルト》。

自ターン中は1/0バニラサイズになるのでアタッカーとして使える範囲だと思います。
「ヒーコー」を回収できるのはありがたいですね。



1701134.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
1ターンにつき1回までイベントをプレイした時にソウルパンプする能力と、「缶コーヒーを買いに 瑚太朗」への絆を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《鍵》・《時間》。

「ヒーコー」を回収できるキャラを回収できるキャラですw
こちらは1コスト絆なので手札を増やしています。絆で「缶コーヒーを買いに 瑚太朗」を回収、「缶コーヒーを買いに 瑚太朗」で手札交換しつつ「ヒーコー」を手札に加え、「ヒーコー」を使って4ルック、このキャラのイベント誘発ソウルパンプ発動という非常に綺麗な動きができます。

| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/13 RZ

1701132.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
手札から登場時に他の自分の「レム」を含むキャラ1枚をパワーパンプする能力と、他の自分の「レム」を含むキャラの被フロントアタック時にコストを払うことでそのキャラを手札に戻す能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《死》・《魔法》。

「レム」へのサポートに特化したキャラですね。
どちらの能力も悪くないため「レム」が多く採用されたデッキなら採用する価値は十分にあると思います。




ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
他の自分の「笑いながら未来の話をしよう スバル」があるならパワーパンプする能力と、アタック時にコストを払うことで自分の山札を5枚まで見て《魔法》か《武器》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

「笑いながら未来の話をしよう スバル」がいればパワー4000になります。
上で書いたように「レム」が多く採用されたデッキならば「笑いながら未来の話をしよう スバル」の使い勝手は良いです。しかし、レベル0帯で両方のカードを上手く揃えることができるかどうかはまた別問題。

対応クライマックスは、青/本。
恋人同士 阿良々木暦&戦場ヶ原ひたぎ」や「大切なこと さくら」などのクライマックスシナジーの《魔法》、《武器》版。山札の上から5枚というそこそこの範囲からサーチでき、そのまま山札を5枚削ることができるのが強みです。個人的には結構好きなクライマックスシナジーです。




1701133.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
「笑いながら未来の話をしよう レム」対応の青/本のクライマックスです。

| リゼロ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/12 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
相手のアタックフェイズの始めに前列のキャラのいない枠に移動することができる能力を持つ、緑/0/0/2000のキャラです。特徴は《風紀委員》・《オカルト》。

シンプルな移動キャラ。レアリティがUなのが嬉しいですね。
“月明かりの下で”瑚太朗&篝」という移動もあるため、ネームや色でどちらを採用するか決めたいです。「静ルチア」デッキならこちら、それ以外なら「月明かりの下で”瑚太朗&篝」みたいな感じでいいと思います。



1701127.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時にコストを払うことで相手のストックすべてを控え室に置き、相手は自分の山札の上から同じ枚数をストック置場に置く能力を持つ、緑/2/1/7500のキャラです。特徴は《武器》・《先生》。

ハートリー・クイーン警部」互換。
「いつもの光景」が内包されています。コストは重いですが、状況次第で非常にぶっ刺さる効果です。要は、圧縮メタですね。相手のストックが少ない場面などでは腐ってしまう「いつもの光景」と違い、こちらは一応2/1/7500のキャラですから場に登場させる選択肢があるのが強みです。

ネーム、特徴面ではいまひとつですが、緑が絡むデッキであるならば1,2枚採用したいです。この効果を使ったことのない人は、騙されたと思って是非一度試してみてください。タイミング良く決まった時の爽快感はクセになります。

| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/12 RZ


ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
他の自分のキャラすべてが《魔法》か《武器》ならパワーパンプする能力と、手札から登場時にクロックを1点回復することができる能力、相手のアタックフェイズの始めに自分の思い出置場に「禁書庫」があるならコストを払うことで他の自分の《魔法》か《武器》のキャラ1枚とこのカードを選び、それぞれスタンドして入れ替え、このカードをパワーパンプする記憶を持つ、赤/3/2/9000のキャラです。特徴は《魔法》・《本》。

“運命への抗い”ミカサ」に似ていますね。
「禁書庫」はこのカードを手札から早出しして思い出に置かれる、赤/2/2のイベントです。
入れ替え能力が記憶になったためパワーパンプのおまけが付きました。
早出しできればレベル2帯から盤面を有利に運び、手札を温存できるわけですから、強いです。

しかし、「禁書庫」が使えなかった時は入れ替え能力を使うことができません。ですから、このキャラのみの採用も基本ないですね。気軽に採用できなくなったのはちょっと残念です。常時パワー11000になるCIPクロック1点回復持ちが欲しいなら別ですが。なるべく安定して記憶を満たせるようにどちらもそれなりの枚数採用したいです。



1701124.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
自分の手札の「可憐な少女 ベアトリクス」を1枚舞台の好きな枠に置き、このカードを思い出にする、赤/2/2のイベントです。

「可憐な少女 ベアトリクス」を使うなら必須と言えます。
理由は上のカードで書いた通りです。



1701123.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
手札から登場時にコストを払うことで「禁書庫」を1枚回収する能力と、リバース時にコストを払うことで《魔法》か《武器》のキャラを1枚回収する能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《死》・《魔法》。

「禁書庫」が回収できるのは、かなりありがたいです。
リバース時能力も手札交換思い出飛び能力ですから、中々優秀です。
「可憐な少女 ベアトリクス」が軸のデッキであるならば是非採用したいです。



1701122.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
アタック時に自分の山札の上から1枚を控え室に置き、そのカードが《魔法》か《武器》のキャラなら控え室のキャラを1枚回収することができるクライマックスシナジーを持つ、赤/1/0/5000のキャラです。特徴は《魔法》・《本》。

対応クライマックスは、赤/扉。
ありそうでなかったクライマックスシナジーですね。
デッキトップを参照するという意味では「体操着のさら」などに近いかもしれません。
こちらは失敗しても山札を1枚削ることができ、成功した場合は控え室に落ちている範囲で自由にキャラを手札に加えることができるためより優秀と言えます。「ペルソナ5」でも上位互換っぽい「“総攻撃”モルガナ / MONA」が登場しましたし、「体操着のさら」系のシナジーはテコ入れが図られているのかもしれません。



1701125.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
「禁書庫の番人 ベアトリクス」対応の赤/扉のクライマックスです。

| リゼロ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/11 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時にコストを払うことで自分の山札を上から4枚まで見て「朱音」か「ちはや」か「咲夜」を含むキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、黄/0/0/2000のキャラです。特徴は《魔法》・《オカルト》。

4ルックキャラ。強いのは言うまでもないでしょう。
対象となる範囲も十分だと思います。



1701118.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札からこのカードをプレイするにあたり自分の「日沈むひととき 朱音」を1枚控え室に置くことでコスト0でプレイできる能力と、他の自分のキャラすべてにサイドアタックできない能力を与える能力を持つ、赤/2/2/9000のキャラです。特徴は《魔法》。

「ペルソナ4」に多くある能力ですね。
手札の消費は多くなってしまうが、ストックコストを節約してキャラがプレイできるのが魅力です。
このキャラ自体のスペックは微妙ですが、「日沈むひととき 朱音」が優秀で、4ルック能力からこのキャラを手札に加え、コスト0で登場させるという動きも可能です。デッキ枠に余裕があればピン挿ししてみるのも一興。



1701117.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
赤/1/0/5500のバニラキャラです。特徴は《魔法》・《オカルト》。

「夜の『バニラ』アイス 朱音」だけにバニラキャラとかいうギャグでしょうか?


| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/11 RZ


トライアルデッキ「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から3枚を控え室に置くことができる能力と、「双子の姉 ラム」への絆を持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

CIP任意山札3枚削りは、強いです。絆とも相性が良いですね。
「双子の妹 ラム」は昨日公開された「双子の妹 レム」のパワーパンプ条件に指定されているキャラです。
こちらも絆で回収できるとは思いませんでした。
気になる「双子の妹 ラム」は次のカードです。



1701111.png
トライアルデッキ「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
他の自分の「双子の妹 レム」の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、赤/1/0/5000のキャラです。特徴は《魔法》・《双子》。

お互いを強化する系でした。さすがは双子。
どちらのキャラも絆で回収できるため条件を満たすのは比較的簡単でしょう。
しかし、どちらも採用しないといけませんし、絆元を何枚採用するかも悩みそうです。
また、色が違うため1-0になってしまった時など同時に展開できず厳しいです。
ガウル互換や邂逅互換などと比べてしまうとちょっと扱い難いような感じがします。



1701113.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《魔法》か《武器》のキャラなら手札に加え、手札を1枚控え室に置く能力と、アタック時に他の自分のキャラが1枚以下なら自分の山札の上から1枚を任意で控え室に置き、そのカードがレベル0以下のキャラならそのキャラを後列に置く能力を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《魔法》・《精霊》。

コンソール能力と、「“マジカル♥ウィッチ”モモ」能力ですね。
どちらも強い能力です。両方の能力の相性自体は良くもなく、悪くもないです。
アタッカー要素は皆無なので完全なシステムキャラです。



1701114.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
他の自分のキャラがいないならパワーパンプする能力と、控え室から舞台に置かれた時かアタック時に自分の山札の上から1枚をマーカーとして置く能力、相手のターンの終わりにこのカードの下のマーカーが3枚以上なら自分の手札を1枚控え室に置き、このカードの下のマーカーすべてとこのカード以外のすべてのプレイヤーのすべてのキャラすべてを控え室に置き、すべてのプレイヤーは疑似リフする能力を持つ、青/2/2/6000のキャラです。特徴は《魔法》・《精霊》。

“たったひとり”の篝」によく似たマーカー能力ですね。
手札を1枚控え室置く分、このカードだけ場に残るようになりました。

パワーパンプ条件を満たしていればパワー16000になります。リセット能力を発動させたい場合は、キャラの展開を抑えておきたいので噛み合ってはいるのですが、他の自分のキャラがいない時という条件が扱い難いことに変わりはありません。2/2キャラになってストック消費が増えたのもそうですが、複数枚の採用はかなりし難くなりました。

「“たったひとり”の篝」もそうでしたが、相手にもこのキャラは見えているわけですから、相手も無理やり倒すか、倒せそうにない時はソウル上げてサイドしたり、キャラ展開を抑えてリセット効果を発動させたりするわけです。つまり、思ったように活躍してくれないんですよね。まぁ、それ自体が役目なのかもしれませんが。



1701115.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
手札から登場時に自分の山札を上から2枚まで見てカードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置き、手札を1枚控え室に置く能力と、リバース時にコストを払うことで自分の控え室の「激しい怒り パック」を1枚舞台のキャラのいない枠に登場させる能力を持つ、青/1/0/1500のキャラです。特徴は《魔法》・《精霊》。

登場時能力は、山札2枚削りを行いつつの手札交換。優秀だと思います。
リバース時能力は、「激しい怒り パック」への疑似チェンジのようなものです。
コストとして他の自分のキャラ2枚を控え室に置く必要がありますが、それが「激しい怒り パック」のパワーパンプ条件を満たすことに繋がるため噛み合っています。自ターン中狙うか、相手ターン中狙うかで悩みますね。強いかどうかは別として、これで「激しい怒り パック」が多少扱いやすくなったのは確かです。

| リゼロ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/10 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
他の自分の前列中央のキャラをソウルパンプする能力と、自分のクライマックスが置かれた時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、黄/1/1/3500のキャラです。特徴は《不良》・《厨二病》。

中央限定とはいえソウルパンプは強いです。
コスト0のキャラがソウル2になるのは魅力があります。

クライマックスを置いた時のパワーパンプ能力も悪くありません。
中央がソウル過剰になりそうな気もしますが(汗

気になる部分は、盤面で負けてしまいそうなのと、1/1キャラであることですかね。



1701108.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
相手のターン中、こちらの受けたダメージがキャンセルされなかった時に前列にいるなら自分の山札の上から1枚を見て上か控え室に置く能力と、手札の黄のカードアンコールを持つ、黄/3/3/10500のソウル3のキャラです。特徴は《動物》・《使い魔》。

変な場所にテキストがある系の1種ですね。物凄い違和感です。
手札の黄のカードアンコールがあるおかげで場持ちが良いです。
楓テキストでソウル3のキャラがしつこく場に残るとか相手にしてみれば非常に嫌ですね。

バウンスやアンコール封じの前には無力なので要注意です。



1701107.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時にコストを払うことで自分の控え室の「“3ヨシノの力”ちびもす」を1枚舞台の好きな枠に置く能力と、コストを払うことで自分の山札の上から4枚まで見て《使い魔》か「小鳥」か「篝」か「瑚太朗」を含むキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く起動能力を持つ、黄/2/1/3000のキャラです。特徴は《動物》・《オカルト》。

「“3ヨシノの力”ちびもす」をレベル2帯から登場させることができるのは面白いですし、強いと思いますが、さすがにコストが重すぎます。「“クラス唯一の不良”吉野」も採用しないといけません。
コストとして手札を2枚切っているため「“3ヨシノの力”ちびもす」の手札アンコールとも相性が良くありません。

起動能力は、4ルック。この能力のためだけの採用はさすがにないと思います。

| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/10 RZ


トライアルデッキ「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことでキャラを1枚回収する能力と、「双子の妹 レム」への絆を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

絆元=絆先次第です。
2コスト回収能力の発動タイミングは、舞台から控え室に送られた時なので間違えないようにしたいです。



1701102.png
トライアルデッキ「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
他の自分の「双子の妹 ラム」の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、青/1/0/5000のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

「にっこち微笑むラム」の絆先。
「双子の妹 ラム」のスペックがまだ不明なので、まだ評価し難いですね。
しかしながら、「双子の妹 ラム」が1枚いてやっとパワー6000というのは微妙ですね。
これが2枚いてパワー7000ですと強いのですが、今度は「双子の妹 ラム」を2枚揃えることができるかどうかが問題になってきます。また、「双子の妹 ラム」のスペックもより重要になってきますね。



1701103.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
他の自分の《魔法》か《武器》のキャラが3枚以上ならパワーパンプする能力と、アタック時に自分の山札から《魔法》か《武器》のキャラを1枚までストック置場に置く能力、アタック時にコストを払うことで自分のキャラ1枚にショットを付与する能力を持つ、黄/3/2/8500のキャラです。特徴は《武器》・《八重歯》。

条件を満たせばパワー10500になります。
アタック時能力はストブと、2コストショット付与の2種類。
どちらも強い上に噛み合っています。2コストショット付与と聞くと微妙に感じますが、ストブ能力のおかげで実質1コストですからね。ストブが山札からなので山札圧縮にもなります。
ちなみに早出しする方法(次のカード)も存在します。

どんな場面でもそれなりに活躍してくれそうなキャラですね。早い時期に登場させて場合は、助太刀などで上手く守ってストブの複数回の利用を狙っていきたいです。詰めの場面では言うまでもなくショット付与です。



1701104.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
手札から登場時にコストを自分の山札が5枚以下ならコストを払うことで疑似リフし、自分の山札から「フェルト」か「ロム爺」か「ラインハルト」を含むキャラを1枚までサーチし、自分の山札から「王選候補者 フェルト」を1枚までこのカードがいた枠に置き、そのキャラをパワーパンプする能力を持つ、黄/2/1/8000のキャラです。特徴は《武器》・《八重歯》。

対応クライマックスは、黄/新ストブ。
疑似リフ=強いと言っても過言ではありません。コストとして対応クライマックスを切る必要があるためちょっと扱い難いですが、その分、効果もそれに相応しいものになっています。

上で書きました「王選候補者 フェルト」へ疑似チェンジし、山札から「フェルト」か「ロム爺」か「ラインハルト」を含むキャラを1枚までサーチできます。あと、パワーパンプのおまけ付です。
「フェルト」か「ロム爺」か「ラインハルト」を含む助太刀があれば、「王選候補者 フェルト」を守れる確率がグッと上がるため、是非あって欲しいです。そうすればストブ能力を再び使うことができますし、おいしいです。「剣聖 ラインハルト」をサーチできるのも強い動きだと思います。「フェルト」か「ロム爺」か「ラインハルト」を含むキャラは要チェックですね。



1701105.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
「貧民街のプライド フェルト」対応の黄/新ストブのクライマックスです。

| リゼロ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/06 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時にクロックを1点回復することができる能力と、バトル相手リバース時にコストを払うことで相手に2ダメージを与え、自分の山札の上から1枚を見て上か下に置く能力を持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《風紀委員》・《オカルト》。

バーンが強力な効果なのは言わずもがな。その後のデッキトップ操作はまだアタックが残っているなら打点調整、残っていないならばキャンセル率アップになります。

バトル相手リバース時能力ですが、パワーパンプは一切ないためそこをしっかりとフォローできるような構築にしたいです。コストがちょっと重いので4枚採用する必要はなさそうです。複数枚並べての起動は難しいと思います。能力自体はこのカード単体で完結しているため色々なデッキで採用が検討できるのではないでしょうか。



1701065.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自分の「ルチア」を含むキャラがいないなら手札からプレイできず、自分のキャラ1枚を自分のストックの枚数に応じてパワーパンプする、緑/1/0のイベントです。

野球大会」などの亜種ですね。「ルチア」を含むキャラがいないならプレイできないという条件が付いた代わりにレベルが1低くなりました。使うタイミングが広がったのはありがたいですね。更にレベル1帯は今後に向けてストックを貯めている時ですから、パワーパンプの値も期待できます。

“呪い”ルチア」で回収もできますし、中々優秀なイベントだと思います。



1701064.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時にコストを払うことで相手の前列のキャラ1枚をパワーダウンする能力と、レベル0以下クロック送り式相討ち能力を持つ、緑/0/0/500のキャラです。特徴は《委員長》・《オカルト》。

パワーは500しかありませんが、レベル0以下クロック送り式相討ちというだけでアタッカーとして十分通用します。登場時効果も地味に強いと思います。移動を焼いたりするのに良さそうです。中盤以降も盤面を有利にするために役立つ時があるでしょう。コストとなる「手袋」を「“呪い”ルチア」で回収できるのも◎。



1701066.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚まで見て好きな順番で置く能力、アタック時に他の自分のキャラが1枚以下なら自分の山札の上から1枚を任意で控え室に置き、そのカードがレベル0以下のキャラならそのキャラを後列に置く能力を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《風紀委員》・《オカルト》。

“マジカル▽ウィッチ”モモ」系ですね。
パワーが1000しかないたく、相討ちでもないためアタッカーとしての性能は大分落ちましたが、登場時に山札の上から2枚を操作できるため、2つ目の能力の成功確率が大幅に上がりました。先行1ターン目に登場させたいですね。

集中の参考、打点調整、「“ただ友のために”ルチア」などのデッキトップ参照系を使う際にも役立つでしょう。

| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/06 RZ


ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
自分の控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しすることができる能力と、このカードの下のマーカーの枚数に応じてパワーパンプする能力、手札から登場時にクロックを1点回復することができる能力、バトル相手リバース時に自分の控え室の《魔法》か《武器》のキャラ1枚をこのカードの下にマーカーとして置く能力を持つ、青/3/2/9500のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

早出しできるCIPクロック1点回復持ちのレベル3キャラ。
素のパワーは9500しかありませんが、バトル相手をリバースさせる度にマーカーを置くことができ、マーカー1枚につきパワー+1000されます。上手く成長させたいですね。そうすればマーカーによるデッキ圧縮も期待できます。

「ラム」「レム」姉妹デッキ、青を含むグッドスタッフ的なデッキ、どちらのデッキでも欲しいキャラだと思うので需要は高そうです。キャラ人気もありますし、シングル価格も高そうです。



1701062.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
自分はイベントと助太刀を手札からプレイできない能力を持つ、青/0/0/4000のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

“ワームホール・ハプニング”唯」互換。
レベル0帯ならデメリットはないようなものです。レベル0のイベントや助太刀の採用は稀ですし、そもそも少ないです。ですから「リゼロ」に収録される可能性も低いでしょう。

レベル1帯以降でもメインフェイズ中のイベントの使用ならイベント使用後にこのカードを登場させれば問題ないですし、カウンターイベントや助太刀を構えたい場合はチャップアタックするという方法もあります。

「“ワームホール・ハプニング”唯」と同じく、優秀なレベル0アタッカーと言えるでしょう。
ついでにレアリティがRからUになったのでちょっと集めやすくなりました。

| リゼロ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/05 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自分のクライマックスが置かれた時に自分のキャラ1枚をレベル&パワーパンプする能力と、クライマックス1枚につきキャラを1枚まで回収する1コスト自レスト4枚集中を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《お菓子》・《オカルト》。

放課後の初春」の回収集中版といった感じです。
BとLと 小鳥」と違って特徴やネーム指定が一切ないため色々なデッキで採用が検討できそうです。



1701056.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
正面のキャラのレベルがこのカードのレベルより高いならフロントアタックできない能力と、自分のキャラすべてが「朱音」か「ちはや」か「咲夜」を含むキャラならパワーパンプし、手札アンコールを得る能力を持つ、赤/1/0/6000のキャラです。特徴は《お菓子》・《オカルト》。

“一緒にご飯”友利 奈緒」などでお馴染みのデメリット。
こちらは素のパワーが6000しかありませんが、条件を満たすことでパワー6500の手札アンコ持ちになります。「朱音」、「ちはや」、「咲夜」のみの構築なら確実に条件を満たすことができます。該当のデッキならば手札アンコがある分、「"“一緒にご飯”友利 奈緒"」などの上位互換と言えますね。

「お出かけ ちはや」の疑似クライマックスシナジーや「“散る桜の宿命”咲夜」の起動能力にレベルパンプがあるため、レベル2以上のキャラにもフロントアタックする方法はあります。



1701057.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
「ちはや」を含むキャラがいないなら手札からプレイできない効果と、自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにレベル1以上のカードがあるなら更に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、この効果で控え室に置かれたレベル1以上のカードの枚数に等しいレベル以下のキャラを1枚回収する、赤/1/0のイベントです。

オペレーション・トルネード」に近い雰囲気のカードですね。
あちらよりは高レベルのキャラを回収できる確率は低いように感じます。
その分、山札を1枚多く削ることができる可能性があるのが利点でしょうか。回収対象の制限がレベル指定だけというのも大きな違いですね。
コストを消費せずに山札を削り、キャラ回収を行えるのは相変わらず強いと思います。

| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/05 RZ


ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
大活躍と、自分のレベル置場のカードのレベルの合計が6以上で他の自分のキャラがいないならパワーパンプし、5つの能力を得る経験を持つ、黄/3/3/10000のソウル2のキャラです。特徴は《武器》・《騎士》。

豪快なキャラですね。個人的には「ナツキ・スバル」より好みです。

上では省略したので、経験6で他の自分のキャラがいない時に得られる5つ(パワーパンプも含めれば6つ)の能力を一つ一つ見ていきましょう。

まず、パワーパンプです。パワー20000のキャラになります。
パワー20000の大活躍を倒すのは至難の業だと思います。

ここからが得られる5つの能力です。
1つ目は、アンタッチャブル持ちになり、自動能力の効果によってもリバースされなくなる能力。
いくらパワーが高くても除去されたり、相討ちされたりしたら意味がありません。
それを防いでくれるのは非常に重要です。

2つ目は、このカードのバトル中、相手のイベントと助太刀を封じる能力。
自ターン中の能力ですね。パワーが勝っていれば確実に倒すことができます。

3つ目は、バトル相手リバース時任意思い出送り。
アンコールや控え室に送られた時誘発能力封じとして役立つでしょう。

4つ目は、バトル相手リバース時に手札1枚切りで1点バーン。
自ターン、相手ターン関係なく使えるのがポイントですね。そして、パワー20000の大活躍。つまり、相手ターン中に1点バーン×3回が十分ありえるわけです。

5つ目は、相手のアタックフェイズの始めにこのカードを前列のキャラのいない枠に動かすことができる能力。極普通の移動ですね。しかし、これもあるかないかで大違いです。自ターン中、倒せるところやダイレクト枠で安全にこのキャラを残し、相手のアタックフェイズの始めになったら中央に移動する動きができます。

経験6はとりあえずいいとして、他の自分のキャラがいない時というのがポイントになりそうですね。3パン捨てるのはあれですから、基本はチャンプアタックを上手く使って、このキャラだけ残すことを目指したいです。




1701052.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
手札から登場時にコストを払うことで自分の山札の上から4枚まで見て《商人》か《獣人》か《騎士》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、黄/0/0/2000のキャラです。特徴は《商人》。

4ルック。しかし、対象になっている特徴がちょっと微妙ですね。
黄軸で組むなら必要になってきそうな気がします。



1701053.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
サイドアタックできない能力と、「『鉄の牙』副団長 ヘータロー」への絆、自分のクライマックスフェイズの始めに手札の「『鉄の牙』副団長 ヘータロー」を公開することでパワーパンプする共鳴を持つ、黄/1/0/2500のキャラです。特徴は《魔法》・《獣人》。

次のカード、相方である「『鉄の牙』副団長 ヘータロー」でまとめて書きます。



1701054.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
相手のキャラの自動能力の効果によってリバースされない能力と、「『鉄の牙』副団長 ミミ」への絆、自分のクライマックスフェイズの始めに手札の「『鉄の牙』副団長 ミミ」を公開することでパワー&ソウルパンプする共鳴を持つ、黄/1/0/2500のキャラです。特徴は《魔法》・《獣人》。

共鳴することで「『鉄の牙』副団長 ミミ」はパワー8500に、「『鉄の牙』副団長 ヘータロー」はパワー6500のソウル2になります。「『鉄の牙』副団長 ヘータロー」は相討ちが効かないのも地味ながら優秀です。

お互いが絆で回収できるため共鳴できない可能性は低いです。しかし、同時に展開して発動するとなるとちょっとだけ心配ですね。その辺はプレイングスキルですかね。

黄軸で組むならレベル1帯のアタッカー候補になりそうです。

| リゼロ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT