大切なのはイメージすること。

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/06 RW


ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時にクロックを1点回復することができる能力と、バトル相手リバース時にコストを払うことで相手に2ダメージを与え、自分の山札の上から1枚を見て上か下に置く能力を持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《風紀委員》・《オカルト》。

バーンが強力な効果なのは言わずもがな。その後のデッキトップ操作はまだアタックが残っているなら打点調整、残っていないならばキャンセル率アップになります。

バトル相手リバース時能力ですが、パワーパンプは一切ないためそこをしっかりとフォローできるような構築にしたいです。コストがちょっと重いので4枚採用する必要はなさそうです。複数枚並べての起動は難しいと思います。能力自体はこのカード単体で完結しているため色々なデッキで採用が検討できるのではないでしょうか。



1701065.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自分の「ルチア」を含むキャラがいないなら手札からプレイできず、自分のキャラ1枚を自分のストックの枚数に応じてパワーパンプする、緑/1/0のイベントです。

野球大会」などの亜種ですね。「ルチア」を含むキャラがいないならプレイできないという条件が付いた代わりにレベルが1低くなりました。使うタイミングが広がったのはありがたいですね。更にレベル1帯は今後に向けてストックを貯めている時ですから、パワーパンプの値も期待できます。

“呪い”ルチア」で回収もできますし、中々優秀なイベントだと思います。



1701064.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時にコストを払うことで相手の前列のキャラ1枚をパワーダウンする能力と、レベル0以下クロック送り式相討ち能力を持つ、緑/0/0/500のキャラです。特徴は《委員長》・《オカルト》。

パワーは500しかありませんが、レベル0以下クロック送り式相討ちというだけでアタッカーとして十分通用します。登場時効果も地味に強いと思います。移動を焼いたりするのに良さそうです。中盤以降も盤面を有利にするために役立つ時があるでしょう。コストとなる「手袋」を「“呪い”ルチア」で回収できるのも◎。



1701066.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚まで見て好きな順番で置く能力、アタック時に他の自分のキャラが1枚以下なら自分の山札の上から1枚を任意で控え室に置き、そのカードがレベル0以下のキャラならそのキャラを後列に置く能力を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《風紀委員》・《オカルト》。

“マジカル▽ウィッチ”モモ」系ですね。
パワーが1000しかないたく、相討ちでもないためアタッカーとしての性能は大分落ちましたが、登場時に山札の上から2枚を操作できるため、2つ目の能力の成功確率が大幅に上がりました。先行1ターン目に登場させたいですね。

集中の参考、打点調整、「“ただ友のために”ルチア」などのデッキトップ参照系を使う際にも役立つでしょう。

スポンサーサイト



| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/01/06 RZ


ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
自分の控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しすることができる能力と、このカードの下のマーカーの枚数に応じてパワーパンプする能力、手札から登場時にクロックを1点回復することができる能力、バトル相手リバース時に自分の控え室の《魔法》か《武器》のキャラ1枚をこのカードの下にマーカーとして置く能力を持つ、青/3/2/9500のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

早出しできるCIPクロック1点回復持ちのレベル3キャラ。
素のパワーは9500しかありませんが、バトル相手をリバースさせる度にマーカーを置くことができ、マーカー1枚につきパワー+1000されます。上手く成長させたいですね。そうすればマーカーによるデッキ圧縮も期待できます。

「ラム」「レム」姉妹デッキ、青を含むグッドスタッフ的なデッキ、どちらのデッキでも欲しいキャラだと思うので需要は高そうです。キャラ人気もありますし、シングル価格も高そうです。



1701062.png
ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」収録。
自分はイベントと助太刀を手札からプレイできない能力を持つ、青/0/0/4000のキャラです。特徴は《魔法》・《メイド》。

“ワームホール・ハプニング”唯」互換。
レベル0帯ならデメリットはないようなものです。レベル0のイベントや助太刀の採用は稀ですし、そもそも少ないです。ですから「リゼロ」に収録される可能性も低いでしょう。

レベル1帯以降でもメインフェイズ中のイベントの使用ならイベント使用後にこのカードを登場させれば問題ないですし、カウンターイベントや助太刀を構えたい場合はチャップアタックするという方法もあります。

「“ワームホール・ハプニング”唯」と同じく、優秀なレベル0アタッカーと言えるでしょう。
ついでにレアリティがRからUになったのでちょっと集めやすくなりました。

| リゼロ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |