大切なのはイメージすること。

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】デッキ構築ルール更新

WSのデッキ構築ルールが更新されました。
2017年2月26日日曜日より適用開始です。



【涼宮ハルヒの憂鬱】
《使用不可》
色褪せた世界
情報連結解除


【アイドルマスター シンデレラガールズ】
《4種選抜》
赤城 みりあ
ホラー大好き 小梅
Power of Smile 凛
渋谷 凛


【艦隊これくしょん -艦これ-】
《使用不可》
飛鷹型軽空母2番艦 隼鷹
《4種選抜》
陽炎型駆逐艦7番艦 初風
暁型駆逐艦2番艦 響
ドジっ娘 電
Z1型駆逐艦3番艦 Z3
※「赤城型正規空母 赤城改」を選抜から解除



【<物語>シリーズ】
《4種選抜》
“最後”まで笑顔 八九寺真宵
中学生 忍野忍
白くて白々しい 羽川翼
一心同体のパートナー 忍野忍



上から順番に確認していきましょう。
まずは「涼宮ハルヒの憂鬱」。予告通り「情報連結解除」が使用不可になりました。

続いて「アイドルマスター シンデレラガールズ」。
WGP2016のトリオで最も入賞数の多かったタイトルです。しかし、ネオスタでは入賞1つに留まっていたため、新制限は大丈夫かと思ったのですが、ダメでした。「『カードの使用制限に関するルール』2017年度前期の更新について」を読んだら納得です。4ルックというデッキに安定感を与えくれるキャラが選抜対象に入ったのは痛いです。
ちなみに私は4ルック信者なので「渋谷 凛」選抜にする予定です。

3つ目は「艦隊これくしょん -艦これ-」。
一番意外だったのがこのタイトル。WGP2016の入賞数だけ見ればそこまでではありませんでした。ネオスではアクセルと並んで3つ、トリオでは深海棲艦デッキを含めてもミルキィやアクセルより少ない入賞数でした。しかし、こちらも「『カードの使用制限に関するルール』2017年度前期の更新について」を見れば仕方がないと言えそうです。

4つ目は「<物語>シリーズ」。
これは確実に来ると思っていました。、「一心同体のパートナー 忍野忍」まで入ってきたのには驚きですが。しかし、後列キャラならば「暫しの別れ 羽川翼」や「帰路 忍野忍」といった優秀なキャラがいますし、手札切り手段も「未来の為に出来ること 戦場ヶ原ひたぎ」や「友達想い 戦場ヶ原ひたぎ」がいますから、何とかなりそうではあります。
白くて白々しい 羽川翼」についても痛手なのは間違いないですが、「『やって後悔しない』神原駿河」や「八九寺真宵さん」といったレベル2帯のアタッカーはいますから、戦えそうではあります。「白くて白々しい 羽川翼」のために緑を取っていた部分が大きいので選抜から外すなら緑をなくす構築も見えてきますね。忍さんが準備を始めたようです。というわけで私の選抜は「“最後”まで笑顔 八九寺真宵」です。

今回は全体的に厳しめの内容ですし、使用者が多いタイトルでもあるので皆さん色々ありそうです。私としては新しいデッキを試せる、戦えると前向きに考えたいと思っています。

| その他 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/02/01 SAO

1702014.png
ブースターパック「ソードアート・オンライン Re: Edit」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《アバター》か《ネット》のキャラならパワーパンプする能力と、舞台から控え室に置かれた時に自分の山札の上から3枚までも任意で公開し、1枚以上公開したらならばそれらのカードの《アバター》か《ネット》のキャラを1枚まで手札に加え、残りのカードを控え室に置き、手札を1枚控え室に置く能力を持つ、青/1/0/4500のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

新規カードです。

デッキトップ公開式ですが高確率でパワー6500になるのは、優秀です。
1/0アタッカーとして十分通用するでしょう。

また、舞台から控え室に置かれた時の能力も優秀です。山札を3枚削っての手札交換。任意効果、しかも3枚「まで」、最終的な手札を確認してから手札を切れるなど細かなところも良いです。



1702015.png
ブースターパック「ソードアート・オンライン Re: Edit」収録。
他の自分の《アバター》か《ネット》のキャラが3枚以上ならパワーパンプする能力と、アタック時にコストを払うことで、《アバター》か《ネット》のキャラを1枚までサーチできるクライマックスコンボを持つ、黄/1/0/5000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

再録カードです。ブースターパック「ソードアート・オンライン」収録。

通称「パーアス」。対応クライマックスは、黄/風・1。
「SAO」を初期の頃から支え続けてきたキャラです。リバース要求のノーコストサーチなどが当たり前な昨今、コスト消費サーチは微妙に感じるかもしれませんが、それでも間違いなく優秀だと思います。このキャラを絆で回収できるのも強いです。複数枚展開した時のストック消費が気になるのは確かですけどね。

RRからRになり集めやすくなりました。



1702016.png
ブースターパック「ソードアート・オンライン Re: Edit」収録。
「パーティーの誘い アスナ」対応の黄/風・1のクライマックスです。

再録カードです。ブースターパック「ソードアート・オンライン」収録。



1702017.png
ブースターパック「ソードアート・オンライン Re: Edit」収録。
応援と、1ターンにつき2回まで他の自分の「キリト」か「アスナ」を含むキャラが手札から登場した時に自分の山札を上から1枚見て上か下に置く能力を持つ、青/1/0/2500のキャラです。特徴は《ネット》。

再録カードです。 エクストラーブースター「ソードアート・オンラインⅡ Vol.2」収録。

デッキトップ操作能力は便利なのですが、1/0でただの応援というのが辛いです。後、特徴に《アバター》がないのも少し気になるところです。《アバター》だけを対象にしたキャラが少なからずありますからね。正直、ほとんど使われていない印象。今弾でデッキトップに関係する強力なキャラが収録されれば採用される可能性はあるかもしれません。「“Kaleidoscope”イリヤ」的な何かw

| SAO | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/02/01 BD


1702012.png
トライアルデッキ+「BanG Dream!」収録。
レベル1以下相討ち能力を持つ、赤/1/0/3500のキャラです。特徴は《音楽》・《チョココロネ》。

普通に優秀ですね。
「My Favorite item」の発動条件に指定されているキャラの1枚です。



1702013.png
トライアルデッキ+「BanG Dream!」収録。
自分のキャラ1枚にアタック時に自分の「“Poppn'Party”戸山香澄」と「“Poppn'Party”花園たえ」と「“Poppn'Party”牛込りみ」と「“Poppn'Party”山吹沙綾」と「“Poppn'Party”市ヶ谷有咲」がいるなら相手に5ダメージを与え、パワーパンプする能力を与える効果と、デッキにこのカードと同じ名前のカードを5枚まで入れられる効果の赤/3/2のイベントです。

| バンドリ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |