大切なのはイメージすること。

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/03/01 CC


トライアルデッキ+「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」収録。
自ターン中、他の自分の「マナの才能 アラム」がいるならパワーパンプする能力と、手札から登場時にコストを払うことで自分の控え室の「マナの才能 アラム」を1枚舞台の好きな枠に置く能力を持つ、赤/2/1/6500のキャラです。特徴は《マナ》・《武器》。

次のカード=「マナの才能 アラム」でまとめて書きます。



1703014.png
トライアルデッキ+「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」収録。
自ターン中、他の自分の「未来へ託す ユーリ」がいるならパワーパンプする能力と、他の自分の《マナ》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、赤/2/1/6500のキャラです。特徴は《マナ》・《武器》。

「未来へ託す ユーリ」はこのキャラがいればパワー10500になります。そして、手札から登場時に手札の《マナ》のキャラを1枚控え室に置くことでこのキャラをリアニメイトできます。相方がいないと意味のないキャラですから、安定感を高める良い効果だと思います。しかし、どうせならクライマックスも切りたかったです。まぁ、ストック消費なしで2/1キャラ展開しているから仕方がないですね。

このキャラは「未来へ託す ユーリ」がいればパワー10500。そこにガウル能力が加わるので最高でパワー12500になります。レベル3キャラも相手にできる値ですね。

どちらも優秀なアタッカーだと思います。
しかし、安定させるためにはどちらもある程度採用しないといけないため枠が辛そうです。後はやっぱりあくまで2/1キャラでパワーが高いってだけですからね。

| チェンクロ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/03/01 VS


トライアルデッキ+ 「ViVid Strike!」収録。
アタック時に他の自分の《格闘》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力と、クロックアンコールを持つ、青/1/1/6000のトリガーなしのキャラです。特徴は《格闘》・《令嬢》。

《格闘》版の「“お出迎え”リゼ」。
自ターン中はパワー8000になるクロックアンコール持ちという風に見れば他にもいくつかありますね。
行きは高パワーで殴り、返しはクロックアンコールで備えることができる優秀なキャラです。クロックアンコールは場、手札の温存に貢献してくれるのはもちろんですが、5点止め回避の働きも見せてくれます。

| ヴィヴィスト | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/03/01 KS


トライアルデッキ+「この素晴らしい世界に祝福を!」収録。
自分のクライマックスが置かれた時にバトル相手リバース時に山札の上から1枚をストック置場に置くことができる能力を得る能力を持つ、赤/2/1/8000のキャラです。特徴は《冒険者》・《魔法》。

“地球の委員長として”ルチア」にもあった能力ですね。
あちらと比べると単純であるため構築を選ばないのと、「“不安でいっぱい”カズマ」のクライマックスコンボを採用していれば積極的にクライマックスを使っていけるのが評価できます。しかし、パワーは8000のままですし、助太刀封じも持ってないのでアタッカーとしての質は下がりました。バトル相手のリバースを狙うのも少し難しくなりました。

つまり、構築は選びますがクライマックスコンボがなくともアタッカーとして活躍できる可能性があった分、「“地球の委員長として”ルチア」の方が優秀であったと言えるのではないでしょうか。

| このすば | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |