大切なのはイメージすること。

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/22 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」ボックス封入特典。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚まで見て元の順番で置く能力と、このカードの与えたダメージがキャンセルされた時にこのカードをストック置場に置くことができる能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

ボックス封入特典ですがデフォルメ化された系ではないんですね。少し意外でした。

昨日公開されたカードに続いてこれまた手札から登場時山札の上から2枚チェック。
デッキトップ参照系や集中、終盤の打点調整の参考になります。また、このタイトルのこの色はマーカーを使うキャラが複数存在するため、それらとも相性が良いです。

もう1つ能力は与えたダメージがキャンセルされた時にストック置場に置くことができる能力。

正直、システムキャラとしては微妙ですね。パワーも1500しかないためアタッカーとしても使い難いです。ストックを大量に消費するようなデッキや「フーカ」単とかでもしかしたら採用するかもしれないくらいですかね。



20170622_2.png
ブースターパック「ViVid Strike!」ボックス封入特典。
自分のストックが2枚以下ならアタックすることができない能力を持つ、緑/1/0/6500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

断食の末に ちはや」互換。
1/0/6500は優秀です。しかし、アタックできないデメリットは怖いです。アタックフェイズ前にストックが0枚だった場合はストブを挟まない限りアタックできません。採用するなら枚数抑えてですかね。



20170622_3.png
ブースターパック「ViVid Strike!」ボックス封入特典。
1ターンにつき1回まで自分が起動能力を使った時にパワーパンプする能力と、リバース時に相手はこちらの控え室のキャラを1枚山札の上に置くことができる能力を持つ、赤/0/0/3000のキャラです。特徴は《格闘》・《オッドアイ》。

起動能力を使えばパワー5000になります。使うのであれば扱いやすい起動能力持ちのレベル0キャラをしっかりと採用したいです。そうでないと実質0/0/3000バニラのデメリット持ちという悲しいスペックになってしまいます。

トップ盛りのデメリットはキャンセル率的にもそうですが、このキャラが相手の最後のバトルでリバースした場合、ドロー操作されてしまうので中々厄介です。レベル0帯だと使えるキャラがより限られてくるので特に厳しい場合があります。



20170622_4.png
ブースターパック「ViVid Strike!」ボックス封入特典。
手札から登場時に自分の《格闘》か《服》のキャラが4枚以上なら自分の山札の上から1枚をストック置場に置くことができる能力と、手札から登場時にコストを払うことで《格闘》か《服》のキャラを1枚までサーチする能力を持つ、青/2/1/3500のキャラです。特徴は《格闘》・《令嬢》。

キャラを登場させつつ、条件を満たしていれば実質1コストで《格闘》か《服》のキャラを1枚サーチできます。しかし、自身のスペックは2/1とは思えないほど貧弱です。ピン挿しくらいならありだと思います。

| ヴィヴィスト | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/21 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
このカードの下のマーカーの枚数に応じてレベル&パワーパンプする能力と、アタック時に他の自分の《格闘》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力、バトル相手リバース時に自分の山札の上から1枚を見ることができ、見たのならばこのカードの下にマーカーとして置く能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

ロザリーの家来タロー」などの亜種。
元々のパワーが下がったため防御力は低下しましたが、アタック時パワーパンプを得たため攻撃力は上がりました。元々のパワーが-500査定され、アタック時パワー+2000を得たので単純に考えるならばかなりお得と言えます。マーカー0枚の状況でも条件を満たしていればアタック時はパワー3500になるため、極普通にレベル0アタッカーとして使えます。相手キャラをリバースさせやすくなったのでマーカーも貯めやすくなったでしょう。

また、マーカーを置く際も山札の上のカードを見てからになりました。何のカードが置かれたのか確認できるのは、かなりありがたいです。



20170621_2.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
自分のキャラのトリガーチェックで宝が出た時にコストを払うことで自分のクロックを1枚手札に戻し、自分の山札の上から1枚をクロック置場に置く能力と、「雨上がりの決着」か「歴史に残るチャンピオン」1枚につき《格闘》のキャラを1枚までサーチし、自分のキャラ1枚をパワーパンプする1コスト自レスト4枚集中を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

解決への願い エリー」が持つ能力と同じ宝トリガーチェック誘発の手札交換能力と、特定クライマックスを参照する集中の2つの能力を持つます。
「雨上がりの決着」は緑/宝のクライマックスで「“撃ち抜く一撃”フーカー」対応。
「歴史に残るチャンピオン」は緑/宝で「U15チャンピオン アインハルト」対応。
どちらも宝でクライマックスコンボも強力です。しっかり噛み合っていますね。
構築は縛られるもののそれに相応しい優秀なキャラだと思います。



20170621_4.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
このカードの下のマーカーの枚数に応じてレベル&パワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に自分の山札の上から1枚を見ることができ、見たのならばこのカードの下にマーカーとして置く能力を持つ、緑/1/1/6000のトリガーなしのキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

1/1になった「ロザリーの家来タロー」。もしくは1/1になった凸凹。または1/1になった雨宿り。お好きな呼び方でどうぞ。

これまたマーカーを置く際に山札の上のカードを見てからになったのが大きいです。
レベルパンプするため早出しメタ系には要注意です。



20170621_5.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「フーカ」を含むキャラがいないならプレイできず、自分の《覇王流》のキャラを1枚までレストし、自分の控え室の《覇王流》のキャラを1枚まで自分の「リンネの対峙 フーカ」か「大きな背中 フーカ」の下にマーカーとして置く、緑/1/0のカウンターイベントです。

タイミングが良ければ2面ケアできるのは強いと思います。
1面は疑似アンコールして、もう1面はマーカー増やして返り討ちにする形ですね。
マーカーが良い感じで貯まったキャラを守れるのは良いと思います。「“撃ち抜く一撃”フーカー」のマーカーを増やすことができないのは残念ですが、キャラを守れるため保険にはなります。

「大きな背中 フーカ」は普通に優秀、「リンネの対峙 フーカ」も1/1キャラであるものの上手く育てることができれば強力なのは言うまでもありません。これらを採用したマーカーデッキなら採用して損はなさそうです。



20170621_3.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚まで見て元の順番で置く能力と、手札から登場時にコストを払うことで「ウラカン」を1枚回収する能力を持つ、緑/0/0/2000のキャラです。特徴は《格闘》。

「ウラカン」の手札交換式回収。これを目当てで採用することになるなるでしょう。

山札を上から2枚見る能力はデッキトップ参照系や集中、終盤の打点調整の参考になります。また、このタイトルのこの色はマーカーを使うキャラが複数存在するため、それらとも相性が良いです。

| ヴィヴィスト | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/20 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に2枚までドローし、手札を1枚控え室に置く能力と、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで自分の思い出置場の「大好きなおじいちゃん ロイ」か「ロイ・ベルリネッタ」か「クラスメイトのいじめっ子」か「スクーデリア」を好きな枚数控え室に置き、その枚数に等しいダメージを相手に与えるクライマックスコンボを持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《格闘》・《令嬢》。

CIPは、2ドロー1ディス。クライマックスコンボ持ちですし、手札コストであるため相性が良いです。

対応クライマックスは、青/新ストブ。
面白いバーンですね。自分で打点調整できるのは良いと思います。



20170620_6.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「雨に煙る構え リンネ」対応の青/新ストブのクライマックスです。



20170620_3.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるならレストする能力と、手札から登場時にコストを払うことで自分の山札から「“全部終わりでいい”リンネ」を1枚まで舞台の好きな枠に置き、そのキャラを次の相手のターンの終わりまでパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/3500のキャラです。特徴は《格闘》。

「雨に煙る構え リンネ」の指定キャラその1。
「“全部終わりでいい”リンネ」が不明なので何とも言えません。ストックは消費していませんが、自分の舞台のキャラをクロックに置いて、このキャラを思い出に飛ばしているため中々のコストです。「教育係リニス」 と同じ系統ですから疑似チェンジ先は1/1キャラだと思います。

登場時に「非常招集の綾波」などでお馴染みのデメリット能力もあります。仮にデメリットが発動してしまってもコスト消費は少々痛いものの疑似チェンジ能力を使えば実質回避することができます。0/0/3500のレベル0アタッカーとして普通に使うこともできるため悪くないと思います。



20170620_4.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
対応クライマックスが置かれた時にコストを払うことで自分の控え室の「“全部終わりでいい”リンネ」を1枚まで舞台の好きな枠に置き、そのキャラを次の相手のターンの終わりまでパワーパンプするクライマックスコンボを持つ、青/1/0/5000のキャラです。特徴は《服》。

「雨に煙る構え リンネ」の指定キャラその2。
対応クライマックスもまだ分からないですし、「“全部終わりでいい”リンネ」も分かりません。
このキャラと「雨に煙る構え リンネ」でクライマックス枠、埋まってしまいますね。



20170620_2.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
リバース時にコストを払うことで「リンネ」を含むキャラを1枚までサーチする能力を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《服》。

「雨に煙る構え リンネ」の指定キャラその3。
自動人形 レイア」などの「リンネ」版。普通に強いと思います。



20170620_5.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「リンネ」を含むキャラを1枚を控え室に置いたならば、自分のクロックの上から1枚を手札に戻し、このカードを思い出にする、青/2/1のカウンターイベントです。

「雨に煙る構え リンネ」の指定キャラカードその4。
さやかの願い」の「リンネ」版。「リンネの願い」と呼びましょう(ぁ
これまた普通に強いですね。「雨に煙る構え リンネ」に指定されているキャラの内2種がクロックコストを含むため、この回復はありがたいです。

「ロイ・ベルリネッタ」とこのカードは「雨に煙る構え リンネ」がなくとも「リンネ」がる程度採用されたデッキであれば十分採用が検討できると思います。

| ヴィヴィスト | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/19 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力と、1ターンにつき1回まで自分が起動能力を使った時に自分の他の《格闘》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力、アタック時に対応クライマックスがあるなら次の相手のターンの終わりまでパワーパンプし、正面のキャラがアタックした時に相手に1ダメージを与えることができる能力を得るクライマックスコンボを持つ、赤/3/2/9000のキャラです。特徴は《格闘》・《オッドアイ》。

1つ目の能力は、CIPクロック1点回復。極普通ですね。

2つ目の能力は、起動誘発のパワーパンプ。最高でパワー11000になります。元々のパワーがあまり高くないのでこの能力は上手く使っていきたいです。助太刀と相性が良いのは言わずもがな。

3つ目の能力は、次の相手のターンの終わりまでのパワーパンプと被フロントアタック時に1点バーンを得るクライマックスコンボ。
対応クライマックスは、赤/扉。
パワーは高いに越したことはないです。自ターンを乗り切らないとバーン能力が無駄になってしまいます。複数枚並べて相手を威圧したいです。そもそも複数枚並べないとこのキャラがフロントアタックされる前に負けてしまう可能性がありますからね。

バーンの発動タイミングが遅いのが気になるもののバーンであることに変わりないですし、パワーも能力を上手く付けば中々の値になるため、優秀なレベル3キャラだと思います。



20170619_2.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「誰より優秀な目 ヴィヴィオ」対応の赤/扉のクライマックスです。



20170619_3.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
レベル比例応援と、「誰より優秀な目 ヴィヴィオ」への絆、このカードをレストすることで自分のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、赤/2/1/4000のキャラです。特徴は《格闘》・《トレーナー》。

「誰より優秀な目 ヴィヴィオ」のための上位後列と言っても過言ではないでしょう。絆で回収できる上にストック消費なしで使える起動能力を持つため「誰より優秀な目 ヴィヴィオ」の起動誘発の引き金に最適です。



20170619_4.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
1ターンにつき1回まで自分が起動能力を使った時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、クライマックス1枚につき《格闘》のキャラを1枚まで回収する1コスト自レスト4枚集中を持つ、赤/0/0/2000のキャラです。特徴は《格闘》・《家事》。

《格闘》版「お花見しよ子」。自身で起動誘発の引き金を引けますし、優秀なのは変わらないと思います。

| ヴィヴィスト | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/16 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時にパワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に対応クライマックスがあるなら《格闘》のキャラを1枚までサーチするクライマックスコンボを持つ、緑/1/0/4500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

対応クライマックスは、緑/宝。
島風互換。つまり、優秀。手札から登場ターン中はパワー6000になります。クライマックス分も含めればパワー7000ですね。十分狙っていける値だと思います。対応が宝なのでクライマックスも貼りやすいでしょう。



20170616_10.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「U15チャンピオン アインハルト」対応の緑/宝のクライマックスです。



20170616_9.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
他の自分のマーカーを持つ「フーカ」を含むキャラがリバースした時に後列にいるならコストを払うことでそのキャラをレストする能力と、このカードをレストすることで自分の《格闘》のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

マーカーを持つ「フーカ」を含むキャラへの疑似アンコール的な能力。
控え室に置かれないためマーカーが減ることはなく、このカードがコストとしてそのキャラの下にマーカーとして置かれるので逆に増えます。今のところ「“撃ち抜く一撃”フーカ」のためにあるようなものです。キャラを守れる上にクライマックスコンボもより強力になるわけですから非常にありがたいです。

起動パワーパンプ能力もあるため序盤から後列に置いといても無駄にはならないでしょう。

| ヴィヴィスト | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/15 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《格闘》か《服》のキャラなら手札に加え、手札を1枚控え室に置く能力と、舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことで自分の控え室の「強引な攻撃 リンネ」を1枚舞台の好きな枠にレストして置く能力を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《格闘》・《令嬢》。

《格闘》か《服》版のコンソール能力。これだけで十分有用ですね。
自身の持つ疑似チェンジ能力とも噛み合っています。

疑似チェンジ先は1/0/6500のデメリット付きオーバースペックキャラ=「“一緒にご飯”友利 奈緒」互換。不要な手札を切って1/0アタッカーにすることができるため強いと思います。相手にすると厄介さを感じるキャラですね。



20170615_8.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
正面のキャラのレベルがこのカードのレベルより高いならフロントアタックできない能力を持つ、青/1/0/6500のキャラです。特徴は《格闘》・《令嬢》。

「“一緒にご飯”友利 奈緒」互換。
「常夏の解放感 リンネ」の疑似チェンジ先。単体でも優秀な1/0アタッカーです。



20170615_7.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
他の自分の《格闘》のキャラすべてをパワーパンプする能力と、1ターンにつき1回まで他の自分のキャラが控え室から舞台に置かれた時にコストを払うことで「リンネ」を含むキャラを1枚回収する能力を持つ、青/1/0/4000のキャラです。特徴は《格闘》・《トレーナー》。

特徴パワーパンプは普通として気になるのは2つ目の能力ですね。
手札交換できるのは便利ですが、発動条件が中々厄介です。控え室から舞台に置かれた時ですからね。どれだけそういったキャラがあるか。一応、アンコールでも可能ですけどね。

| ヴィヴィスト | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/15 SW


トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
黄/風・1のクライマックスです。



20170615_02.png
トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
青/ソウル+2のクライマックスです。



20170615_1.png
ブースターパック「STAR WARS」ボックス封入特典。
2/1/3000助太刀を持つ、黄/2/1/2500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

2/1バニラ助太刀。《フォースの覚醒》軸ならば「“レジスタンスの来襲”ポー」にすべきでしょう。絆で回収できますし、実質2/1/3500助太刀になりますからね。それ以外の黄軸のデッキで使う感じでしょうか。とは言っても助太刀を助太刀として使う分には色条件は関係ないので早出しメタ助太刀である「“過信は禁物”ダース・ベイダー」なども十分候補に挙がります。ライバルは多いです。



20170615_2.png
ブースターパック「STAR WARS」ボックス封入特典。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるなら能力を持つ、赤/0/0/2500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

山札を2枚削って運が良ければパワー5500になります。
能力的に採用する意味は薄そうです。「カイロ・レン」単とか世界観を意識したデッキを作りたいなら別ですが。



20170615_3.png
ブースターパック「STAR WARS」ボックス封入特典。
アタック時に他の自分の赤のキャラ1枚を他の自分の赤のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、赤/1/0/5000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

レベル1帯の「トルーパー」。「“新たなる先兵”ストームトルーパー」や「スカウト・トルーパー」と違ってサポート向きですね。[Star Destroyer」の選択肢が増えたのは嬉しいです。



20170615_4.png
ブースターパック「STAR WARS」ボックス封入特典。
1/0/1500助太刀を持つ、青/1/0/1500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

そういえば青の助太刀はまだ見えていなかった気がします。(怒涛の公開数なので記憶があやふや)
単色構築でお呼びがかかるかもしれません。



20170615_5.png
ブースターパック「STAR WARS」ボックス封入特典。
手札から登場時に自分の青のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、青/1/0/5000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

邂逅互換。最高でパワー7500になります。青単ならば優秀な1/0アタッカーです。

| STAR WARS | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/14 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に自分の《格闘》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、アタック時に対応クライマックスがあるなら自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《格闘》のキャラか「セイクリッド・ハート」なら手札に加えるクライマックスコンボを持つ、赤/1/0/4500のキャラです。特徴は《格闘》・《オッドアイ》。

最高でパワー7000になります。1/0アタッカーとして普通に使える性能ですね。

対応クライマックスは、赤/新ストブ。
体操着のさら」などの互換。特定のイベントも対象に入っている分、上位互換と言えなくもないです。アタックさえすれば高確率で手札が増えるのが長所です。短所は手札に加えることができるカードがランダムであるのと、不発もあることです。



20170614_12.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「ヴィヴィオ」を含むキャラがいないなら手札からプレイできず、自分の助太刀を持つキャラを2枚まで回収し、手札を1枚控え室に置き、自分のキャラ1枚を次の相手のターンの終わりまでパワーパンプする、赤/1/1のイベントです。

単純な2枚回収、手札1枚切りのイベントは1/2、もしくは2/1のイベントです。
それが条件付きとはいえ、1/1になりパワーパンプも付いているのだからお得になっています。しかし、回収対象が限定され過ぎているのが痛いです。助太刀はあくまで助太刀ですからね。場に出す戦力として数えるのは厳しいです。「電光石火 ヴィヴィオ」のようなキャラがもう少し収録されれば扱いやすくなります。期待したいです。



20170614_13.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「それでも前向き ヴィヴィオ」対応の赤/新ストブです。

| ヴィヴィスト | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/14 SW


トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
他の自分の《フォースの覚醒》のキャラがアタックした時にパワーパンプする能力と、手札アンコールを持つ、青/1/1/6000のトリガーなしのキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

公式新聞部部長 立夏」などの《フォースの覚醒》版。
条件を満たしつつ3回目にアタックすればパワー8000になります。返しは手札アンコールで備えます。割と優良な1/1アタッカーキャラです。



20170614_2.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に《フォースの覚醒》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力と、他の自分の《フォースの覚醒》のキャラの被フロントアタック時にコストを払うことで自分のバトル中のキャラを1枚パワーパンプする能力を持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

手札から登場時に条件を満たしていればパワー6500になります。
返しは疑似1500助太刀になります。かなり扱いやすそうな1/0アタッカー向けなです。



20170614_3.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
リバース時に他の自分の黄のキャラが1枚以下ならこのカードをクロック置場に置く能力を持つ、黄/0/0/3500のキャラです。特徴は《帝国の逆襲》。

秩序を守る存在 かなで」などの黄指定版。
扱いやすい部類のデメリット持ちオーバースペックキャラです。



20170614_4.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが黄のキャラなら手札に加え、手札を1枚控え室に置き、自分のキャラ1枚にリバース時にバトル相手のレベルが相手のレベルより高いならそのキャラをストック置場に置き、相手のストックの下から1枚を控え室に置く能力を与える、黄/1/0のカウンターイベントです。

トップ公開式の手札交換と、早出しメタストック送り式相討ち付与。
トップ公開式の手札交換はレベル1帯からでも便利な効果ですが、キャンセル率の上昇になる点も見逃せません。終盤はこちらを目当てで使うことも多そうです。たかが1枚、されど1枚です。

早出しメタ相討ちは、相手の早出しに合わせて使うことでかなり意表を突くことができるでしょう。



20170614_6.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分の控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しすることができる能力と、他の自分の赤のキャラが3枚以上ならパワーパンプし、このカードのバトル中、相手のキャラの自動能力の効果によるダメージを受けない能力、手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力、被フロントアタック時にコストを払うことで相手に1ダメージを与える能力を持つ、赤/3/2/8500のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

早出し可能な、CIPクロック1点回復持ちというだけでそれなりです。

バーン無効能力は自身のバトル中のみなのであまり頼りにならなそうですが、このキャラも含めて「スターウォーズ」には相手ターン中=こちらのターン中に発動するバーン持ちのキャラがいるためそれらのキャラを相手にする場合に役立ちそうです。

特に優秀なのは被フロントアタック時のバーン能力ですね。コストは相応ですが、フロントアタックされただけで発動可能なのは大きいです。

世界観を意識して能力も「“賢者の教え”オビ=ワン」や「“運命の出会い”ルーク」と関係があるように作られていますね。



20170614_7.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
アタック時に正面のキャラのレベルが3以上なら自分の赤のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、自分のクライマックスフェイズの始めにコストを払うことで正面のキャラ1枚とそのキャラ以外の相手のキャラ1枚をそれぞれスタンドして入れ替える能力=フォースを持つ、赤/2/1/7500のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

アタック時正面のキャラがレベル3以上なら最高でパワー12500になります。助太刀を含めるとさすがに厳しいですが、十分レベル3キャラを倒しに行ける値だと思います。

そして、フォース。レベル2帯から使え、移動させるキャラのレベル指定がないのがポイントですね。上位後列キャラを前に出すことができます。

Cですが中々優秀な2/1キャラだと思います。



20170614_8.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分の山札の上から1枚を見て上か控え室に置き、「ルーク」を含むキャラを1枚までと「ベイダー」か「アナキン」を含むキャラを1枚まで回収する、赤/2/2のイベントです。

トップ操作ができるようになったものの回収対象が指定されてしまった「かけがえのない仲間」。普通に「かけがえのない仲間」互換の方が扱いやすかったですね。



20170614_9.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
バトル相手リバース時に自分のストックが3枚以下なら他の自分のキャラ1枚をレストし、後列のキャラのいない枠に動かす能力と、、自分のクライマックスフェイズの始めにコストを払うことで正面のキャラ1枚とそのキャラ以外の相手のレベル0以下のキャラ1枚をそれぞれスタンドして入れ替える能力=フォースを持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。


相手を倒した時に自分のストックが3枚以下なら自分のキャラを後列に退避させることができます。「一刀両断 雪子」と同じ能力ですね。退避時にはレストさせるので、リバースしたキャラを対象にすれば実質疑似アンコールになります。また、キャラを比較的な安全な後列に避難させることができるため、もう1ターン行動しやすくなります。ただし、効果の発動は強制であり、後列が埋まっていても実行可能な部分=キャラのレストjは実行されてしまうことに注意です。

パワーの低さが気になりますが、自身のフォースを使うことである程度解決可能です。手札は減りますが、キャラを1枚守っているのに近いですし、相手の後列キャラを狩ることもできるため、使う機会は少なからずありそうです。これまたCの割には中々優秀なキャラだと思います。



20170614_10.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分のキャラ1枚をパワーパンプし、自分の山札の上から1枚を控え室に置き、そのカードがレベル1以上なら相手のキャラ1枚を山札の下に置く、青/2/1のイベントです。

パワーパンプはおまけと言いますか、デッキトップ公開式の焼き能力が失敗した時のなぐさめにようなものです。相手のキャラを1枚なんでも除去できるのは強いです。しかもボトム送りですからね。しかし、デッキトップ参照式であるため失敗の可能性も十分にあります。デッキトップチェックと合わせて使いたいです。しかし、「スターウォーズ」で良い感じのデッキトップチェックはまだ見えていないような・・・・・・。

| STAR WARS | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/13 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
自ターン中、パワーパンプする能力と、手札から登場時にコストを払うことでレベル1以下のキャラを1枚までサーチする能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

オカ研亜種。厳密に言えば「ユーマ・イルバーン」互換。
強くて、イラスト良くて、レアリティがRR。つまり、シングル価格がお高くなりそうです。



20170613_13.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
他の自分の《格闘》のキャラをパワーパンプする能力と、1ターンにつき2回まで他の自分の《覇王流》のキャラが手札から登場した時に自分の山札の上から1枚を見て上か下に置く能力、自分のキャラのトリガーチェックでクライマックスが出た時、そのトリガーアイコンが宝なら自分のキャラ1枚を次の相手のターンの終わりまでパワーパンプする能力を持つ、緑/2/1/5000のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

特徴全体パワー+1000は少々パワー面に不安が残りますが、《覇王流》のキャラが登場した時にデッキトップ操作を行えたり、トリガーで宝が出た時に自キャラ単体を次の相手のターンの終わりまでパワーパンプするなど中々良さそうな能力が揃っています。《覇王流》軸の上位後列候補になると思います。



20170613_14.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
他の自分の《覇王流》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、手札から登場時に自分の山札の上から3枚まで見てカードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力、緑/3/2/9000のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

みんなで冒険 リーファ」の亜種。《覇王流》指定になってXルックから3ルックになった感じですね。
ショップ大会の結果など見ますと「SAO」の構築で「みんなで冒険 リーファ」を1,2枚採用した構築をよく見ます。「ヴィヴィスト」の場合、「SAO」以上に緑を軸とした構築が強そうなのでより使われるのではないでしょうか。



20170613_15.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から3枚を控え室に置き、それらのカードの《覇王流》のキャラか緑のイベントが1枚以上なら次の相手のターンの終わりまでパワーパンプし、2枚以上なら自分のクロックをの上から1枚までも控え室に置き、3枚以上なら相手に1ダメージを与えることができる能力を持つ、緑/3/2/10000のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

《覇王流》のレベル3キャラはトライアルデッキ収録も含めこれで4種類目の公開になります。

店長の息子 陽介」を思い起こさせる懐かしい能力です。
《覇王流》のキャラか緑のイベントが1枚以上なら次の相手のターンの終わりまでパワー11500になります。2枚以上ならそこに実質CIPクロック1点回復が加わり、3枚以上なら更に1点バーンが加わる感じです。強力だと思います。しかし、デッキの圧縮率が高いとクライマックスが出る確率も上がるため力を発揮しづらくなってしまうのが玉に瑕です。「店長の息子 陽介」を使っていて割と2枚クライマックスが出る時とかもあったので^^;

| ヴィヴィスト | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/13 SW


トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
《フォースの覚醒》のキャラを1枚までサーチし、自分のキャラ1枚をパワーパンプする、青/2/1のイベントです。

カテゴリー5」などの互換。
サーチしてパワーパンプのおまけ付き。
個人的には「屋台の誘惑」互換の方が好みですが、こちらも悪くはないと思います。



1706132.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、レベル0以下ストック送り相討ち能力を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

レベル0以下ストック送り相討ちというだけでレベル0アタッカーとして優秀です。
中盤以降もパワーパンプ能力のおかげでサポートとして使うことができます。



1706133.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
対応クライマックスが置かれた時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《フォースの覚醒》のキャラなら自分のキャラすべてをソウルパンプする能力と、リバース時にバトル相手のレベルより高いレベルのキャラをストック置場に置くことができ、そうしたならば相手のストックのストックの下から1枚を控え室に置く能力を持つ、黄/2/1/6500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

対応クライマックスは、黄/キャントリ。
デッキトップ公開式の全体ソウルパンプ。失敗することはありますが、全体ソウルパンプは強いです。打点大事。しかし、物足りない気がするのも事実。

早出しメタストック送り式相討ちを持つためクライマックスコンボ抜きでも採用できそうです。



20170613_4.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
「“再開”ポー」対応の黄/キャントリのクライマックスです。



20170613_5.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時にコストを払うことで自分のクロックを1枚手札に戻し、山札の上から1枚をクロック置場に置く能力と、レベル0以下クロック送り式相討ちを持つ、緑/0/0/1000のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

システムキャラとしてもレベル0アタッカーとしても使えるため優秀な1枚です。



20170613_6.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分の赤のキャラをパワーパンプする能力と、コストを払うことで「トルーパー」を含むキャラを1枚までサーチする起動能力を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

赤単の後列候補。
起動能力を活かすために「トルーパー」を多く含んだデッキで使いたいです。



20170613_7.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
デッキに何枚でも入れることができる能力と、他の自分の前列の「“多勢の兵”ストームトルーパー」の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

前列に2枚で各パワー3500、3枚でパワー5500になります。



20170613_8.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
デッキに何枚でも入れることができる能力と、他の自分の前列の「ファーストオーダー ストームトルーパー」の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

「“多勢の兵”ストームトルーパー」の名前違い。
世界観を意識した「トルーパー」デッキでどちらかをどうぞ。



20170613_9.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
相手に自分の控え室の「Starkiller」の枚数+1枚分のダメージを与え、自分のキャラをパワーパンプする、赤/3/3のカウンターイベントです。

クライマックスコンボと書かれている珍しいイベントです。これが初かな?
カウンターのバーンイベントは魅力的ですが、赤単のクライマックス枠はかなり余裕がないんですよね。



20170613_10.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるならこのカードをレストする能力を持つ、青/0/0/4000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

非常招集の綾波」などの互換。
その強さは言わずもがな。同じ色の「“勇敢なサポーター”C-3PO」も優秀なレベル0アタッカーです。どちらにするかは特徴違いや好みで。



20170613_11.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に自分のキャラ1枚を次の相手のターンの終わりまでパワーパンプする能力と、2/1/3000助太刀を持つ、青/2/1/500のキャラです。特徴は《帝国の逆襲》。

場に出して自分のキャラをサポートすることもできる助太刀。しかし、基本握っておいた方が強いでしょう。どうしても倒したい相手キャラがいる場合などに使う感じでしょうか。

| STAR WARS | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/12 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
自分の控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しすることができる能力と、他の自分の後列の《格闘》か《服》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力、手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力を持つ、青/3/2/9000のキャラです。特徴は《格闘》・《令嬢》。

早出しすることができ、最高でパワー11000になり、CIPクロック1点回復持ち。単純ながら使い勝手の良い優秀なレベル3キャラだと思います。



17061214.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードの《格闘》か《服》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、このカードが舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことで自分の控え室の「強さを求める リンネ」を1枚舞台の好きな枠にレストして置くクライマックスコンボを持つ、青/1/0/4500のキャラです。特徴は《格闘》・《令嬢》。

登場ターン中、そこそこの確率でパワー6500になります。
少なくとも運が悪くない限りパワー5500にはなるでしょう。

対応クライマックスは、青/門・1。
舞台から控え室に置かれた時に手札の対応クライマックスを切るという変わったクライマックスコンボです。クライマックスを貼りづらくなるのは難点ですが、対応が門であるのは相性が良いです。詳しくは次=「強さを求める リンネ」で。



17061215.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
自分のキャラすべてが《格闘》か《服》ならパワーパンプし、正面のキャラにサイドアタックできない能力を与える能力と、相手のターン中、バトル相手がリバースした時に1枚ドローすることができる能力を持つ、青/2/3/7500のキャラです。特徴は《格闘》・《令嬢》。

条件を満たせばパワー10000のサイドアタック封じキャラになります。高パワーのサイドアタック封じということで2つ目の能力である相手ターン中、バトル相手リバース時1ドロー能力とも噛み合っています。「セットアップ!リンネ」のクライマックスコンボでレベル1帯から早出しすることができれば非常に強力です。

しかし、素がコスト3キャラであるのが気になります。素出しはしたくないです。また、その割にはそこまで高いスペックでもありません。相手がレベル2帯の時に出しても早出しされたレベル3キャラなどにあっさりやられてしまいそうです。「セットアップ!リンネ」のクライマックスコンボをどこまで上手く扱えるかにかかっていると言えます。



17061216.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「セットアップ!リンネ」対応の青/門・1のクライマックスです。

| ヴィヴィスト | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/12 SW

1706122.png
トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
このカードの「助太刀」を使った時に自分の《フォースの覚醒》のキャラがいるなら自分のバトル中のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、黄/2/1/2000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

《フォースの覚醒》のキャラがいれば1枚でもいれば実質2/1/3500助太刀になります。
悪くないのですが、早出しメタ助太刀やら疑似リフ助太刀に押され気味。




トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
「“レジスタンスの来襲”ポー」への絆を持つ、黄/0/0/2000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

実質2/1/3500助太刀を回収できるのは悪くありませんが、タイミングの差などが気になります。



1706123.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができ、対応クライマックスが置かれた時に前列にいるなら自分のキャラ1枚をパワー&ソウルパンプし、ショット能力を与えるクライマックスコンボを持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

対応クライマックスは、黄/新ストブ。
自キャラ単体にパワー&ソウルパンプして、ショット付与悪くないと思います。ただ、物足りなさを感じるのも事実だと思います。パワー面とか、通常ショットではなく武蔵ショットだったらとか。クライマックスコンボを使うことができないと3/2/10000のCIP回復で終わってしまうのも辛いです。



1706124.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
「“極秘任務”レイア」対応の黄/新ストブです。



1706125.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時にパワーパンプする能力と、「“プリンセス”レイア」への絆を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

絆は絆先次第なのでひとまず置いておくとして、登場時にパワー3000になるためレベル0アタッカーとして使えるのは悪くないと思います。



1706126.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分のストックが4枚以上なら自分のバトル中のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、1/0/1000助太刀を持つ、黄/1/0/2000のキャラです。特徴は《帝国の逆襲》。

「ウィケット」の絆先。
自分のストックが4枚以上なら2000助太刀になります。絆元がレベル0アタッカーとして使えるスペックですし、黄単構築とかなら採用される可能性はありそうです。



1706127.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分のキャラ1枚を《フォースの覚醒》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする、黄/2/1のカウンターイベントです。

グリーフシード」の《フォースの覚醒》指定版。意表は突けます。



1706128.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
デッキに何枚でも入れることができる能力と、他の自分の前列の「ガモーリアン」の枚数に応じてパワーパンプする能力、他の自分の「ガモーリアン」をパワーパンプする能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

前列すべてを「ガモーリアン」で固めて各パワー4500です。全て埋めると各パワー5500です。レベル0にしては高いです。しかし、安定させるためにはその分枚数も採用しないといけません。

“砂漠の犯罪王”ジャバ」のクライマックスコンボで展開できるキャラなので、それを使う場合に採用されるでしょう。採用枚数は悩みそうですが。ジャバのクライマックスコンボで前列に3枚展開できればクライマックスや効果によるパワーパンプを含めてパワー7500になります。レベル1帯ならば十分なパワーだと思います。



1706129.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時にパワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に対応クライマックスがあるならキャラを1枚回収することができるクライマックスコンボを持つ、赤/1/0/4500のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

登場ターン中は、パワー6000になります。

対応クライマックスは、赤/扉。
クライマックス分も含めてパワー7000になります。バトル相手のリバースは十分狙うことはできると思います。キャラ回収は、便利です。赤単デッキはどのクライマックスコンボを採用するかで悩みそうです。現状、公開されているどれもが優秀です。



17061210.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
「“悪に染まりし者”ダース・ベイダー」対応の赤/扉です。



17061211.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に自分の《フォースの覚醒》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、バトル相手でレベル2以上のキャラがリバースした時にコストを払うことで《フォースの覚醒》のキャラを1枚までサーチする能力を持つ、青/2/1/7000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

最高でパワー12000になります。《フォースの覚醒》構築で採用したいです。
このパワーならばレベル2以上のキャラのリバースも十分狙っていけそうです。ストックも消費しますが、サーチなのは偉いと思います。



17061212.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
《フォースの覚醒》のキャラがいないなら手札からプレイすることができず、自分のクロックを1枚手札に戻し、このカードを思い出にする、青/2/2のイベントです。

回復メタをすり抜けることができる上にクロック内の好きなカードを手札に加えることができるのが強みです。しかし、ストック消費が気になりますね。

| STAR WARS | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/09 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
手札から登場時に《格闘》のキャラか「スターセイバー」を1枚回収することができる能力と、自分のクライマックスが置かれた時にパワーパンプする能力、アタック時に対応クライマックスがあるなら相手に1ダメージを与えることができるクライマックスコンボを持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《格闘》・《家事》。

対応クライマックスは、赤/新ストブ。
単純ながら強力なアタック時1点バーンです。クライマックスが置かれればパワーパンプ能力が誘発するためパワー11000になります。欲を言うならこのキャラにはクライマックスフェイズ以降にストックを使う能力がないため対応が新ストブではなく扉だったらもっと良かった。パワーもより高くなりますからね。

CIP能力が《格闘》のキャラ回収であるため、控え室に同キャラが落ちていればそれを回収して、展開、クライマックスコンボに繋げることができるのは非常に美しく強力な流れです。もう一つの回収選択肢である「スターセイバー」については後ほど。

優秀なレベル3キャラだと思います。こういった単純明快なキャラ、好きです。



17060914.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「必殺の打撃 ミウラ」対応の赤/新ストブ。



17060913.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「必殺の打撃 ミウラ」を1枚パワーパンプし、アタック時に相手に5ダメージを与えることのできる能力を与える、赤/3/3のイベントです。

パワーパンプと5点バーン。ワンチャン力の高いイベントですね。
「必殺の打撃 ミウラ」から回収できるためピン挿しでも十分良さそうです。

| ヴィヴィスト | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/09 SW


トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
他の自分の《フォースの覚醒》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力と、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことでパワーパンプし、バトル相手リバース時に1枚ドローすることができる能力を得るクライマックスコンボを持つ、青/1/0/4000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

条件を満たせばパワー6000のキャラになります。

対応クライマックスは、青/新ストブ。
“すとらいくばっくす”クド」などの互換。永続パワーパンプ能力がある分、強化されたと言っても差し支えないでしょう。パワー8000になるためバトル相手のリバースは、狙いやすいと思います。対応がストブであるため1枚分のクライマックスコンボなら実質ストック消費なしで使うことができます。採用できなくはないと思います。



1706092.png
トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
「“ささやかな食事のために”レイ」対応の青/新ストブ。



1706093.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
正面のキャラのレベルがこのキャラのレベルより高いならフロントアタックすることができない能力を持つ、黄/1/0/6500のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。特徴は《ジェダイの帰還》。

“一緒にご飯”友利 奈緒」などの互換。大分馴染みのある能力になってきましたね。
この能力が出た当初、私は相手がレベル2以上になった時に足を引っ張ることを危惧してそこまで強くないと思っていたのですが、実際使ってみる、使われてみるとそういったことはあまりなく、単純に1/0/6500強いなという印象の方が強くなりました。



1706094.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
アタック時に他の自分の黄のキャラが3枚以上ならパワーパンプする能力を持つ、黄/1/0/5000のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

アタック時に条件を満たせばパワー7000になります。行き限定とはいえ1/0/7000は、強いです。黄単の1/0アタッカー候補になるのではないでしょうか。



1706095.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
1500応援と、手札から登場時に自分の手札が相手の手札より少ないなら自分の山札の上から1枚をストック置場に置く能力を持つ、黄/2/2/3500のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

そもそも数が少ない上に採用され難い2/2後列キャラですが、このキャラの場合、条件を満たしていれば実質1コスト消費で済むため多少は扱いやすいと思います。打点が足りなそうな時にソウル2キャラとしての活躍も期待できます。採用するとしたら色的に黄単でしょうか。



1706096.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分の山札の上から1枚を見て上か下に置く能力と、2/1/2500助太刀を持つ、緑/2/1/2000のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

ありそうでなかった2/1助太刀版の「“誰かのために”静流」。
終盤の場面でこそ活躍する能力であるため2/1助太刀になったのは嬉しいです。



1706097.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分のバトル中のキャラがリバースした時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、クライマックス1枚につきキャラを1枚まで回収する1コスト自レスト4枚集中を持つ、赤/0/0/1000のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

優秀の一言。能力に特徴や色の指定は一切ないため様々なデッキで採用される可能性があります。もちろん一番扱いやすいのはこのキャラ自体の色的に赤ですけどね。



1706098.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分の赤のキャラが4枚以上なら早出しすることができる能力と、赤のキャラをパワーパンプし、自ターン中、このキャラのバトル相手リバース時に自分の山札を上から1枚見て上か控え室に置く能力を与える応援、自分がフォースを使った時にコストを払うことで相手に1ダメージを与える能力を持つ、赤/3/2/5000のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

3/2の後列キャラ。
早出しできるためレベル2帯から2000応援で場を強化できるのは、強いと思います。バトル相手リバース時デッキトップ操作は、終盤の打点調整の場面で生きてきそうです。
フォースを使った時に1コスト自レスト1点バーンする能力も強力です。赤のフォース持ちはどれも優秀なので発動させるチャンスは普通にあるでしょう。

コスト2の後列キャラであるためストック消費は気になりますが、登場させる価値は十分にあると思います。



17060915.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分の青のキャラが2枚以下なら手札からプレイできず、自分は2枚ドローすることができ、そうしたならば手札を2枚控え室に置く。自分のキャラ1枚をパワーパンプする、青/1/0のカウンターイベントです。

2種類目の「Lightsaber」。パッと見、以前公開された「Lightsaber」のイラスト違いに見えますが、条件が異なるため同名異種カードです。青単ならこちらを、《フォースの覚醒》軸なら以前公開された方を使いましょう。



1706099.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力と、手札から登場時に自分の控え室の「Lightsaber」を1枚表向きにマーカーとして置く能力、1ターンにつき1回までバトル相手リバース時に対応クライマックスがあり、このカードの下にマーカーがあるなら再スタンドするクライマックスコンボを持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

対応クライマックスは、青/門・1。
バトル相手リバース時にマーカーがあるなら再スタンドできます。再スタンドが強力なのは言うまでもありません。しかし、バトル相手リバース時要求なのにパワーパンプは一切ないため不安が残ります。また、コストとして切れるカードが青のキャラ限定なのも惜しいです。対応が門なので青のカードにして欲しかったです。

青単構築の場合、同じ「Lightsaber」をマーカーにする「“覚醒”レイ」とどちらにするか悩みますね。もちろん夢の共演ということで両方採用もなくはないと思います。しかし、どちらもクライマックスコンボ持ちですから同一ターンに活躍させることはできませんし、マーカーコストの競合も気になるので厳しさはあります。



17060911.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
「“夢を追う若者”ルーク」対応の青/門・1のクライマックスです。



17060910.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
応援と、自分がイベントをプレイした時にコストを払うことで自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力、このカードをレストすることで自分の「“夢を追う若者”ルーク」をパワーパンプし、そのキャラがマーカーを持たないなら山札から「Lightsaber」を1枚表向きにマーカーとして置く起動能力を持つ、青/1/0/2500のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

1/0応援は少ししょっぱいですが、イベント誘発の能力が優秀です。
「Lightsaber」がかなり強力になります。
パワー面に不安の残る「“夢を追う若者”ルーク」へのパワーパンプ件マーカー保険とも言える起動能力を持ちますし、「“夢を追う若者”ルーク」を採用した構築ならば採用して損はないと思います。

| STAR WARS | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/08 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
他の自分の《格闘》のキャラが2枚以上ならパワーパンプし、手札の《格闘》のキャラアンコールをを得る能力と、アタック時にコストを払うことで自分の控え室の《格闘》のキャラを2枚までストック置場に置き、次の相手のターンの終わりまでパワーパンプするクライマックスコンボを持つ、緑/2/2/7000のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

対応クライマックスは、緑/新ストブ。
調整された「白くて白々しい 羽川翼」。対応クライマックスをコストにするため同一ターンに複数枚の発動は不可能です。逆に言えば単体での発動であればより優秀になったと言えます。次の相手のターンの終わりまでのパワーパンプが加わっていますからね。他の自分の《格闘》のキャラが2枚以上であればパワー11000になります。そして、手札の《格闘》のキャラアンコール持ち。採用するばら枚数を抑えるのが吉でしょうか。



17060823.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「セットアップ!アインハルト」対応の緑/新ストブです。



17060822.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「アインハルト」を含むキャラがいないなら手札からプレイできず、自分の山札の上から3枚まで見て、緑のカードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置き、次の相手のターンの終わりまで自分のキャラ1枚をパワーパンプする、緑/2/0のイベントです。

条件はありますが、コスト消費がないのは良いですね。
3ルックですが、緑のカードであればイベントやクライマックスも手札に加えることができます。
次の相手のターンの終わりまで自キャラ単体パワーパンプも中々です。
緑軸であれば採用は十分検討できるのではないでしょうか。

| ヴィヴィスト | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/08 SW

17060810.png
トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
アタック時に自分の《フォースの覚醒》のキャラ1枚をレベル&パワーパンプする能力を持つ、黄/0/0/2000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

《フォースの覚醒》版「ユニットメンバー 雪歩」。
自分自身も対象にできるのが強いです。レベル0アタッカーとしても使えますし、サポートとしても使えます。この能力を使って相討ちを一方的に倒すのが好きです。レベル1帯以降に使う場合は早出しメタ助太刀の存在を忘れないようにしましょう。




ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるならパワーパンプする能力と、舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことで《フォースの覚醒》のキャラを1枚サーチする能力を持つ、黄/0/0/1000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

登場時山札2枚削りの不確定パワーパンプと、死亡時2コスト《フォースの覚醒》のキャラ1枚サーチ。後者の能力目当てで1枚くらい採用してみても良いかもしれません。登場時山札削りもおまけとして考えれば悪くありません。



17060812.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に相手の控え室のクライマックスが3枚以上ならばレストする能力を持つ、黄/0/0/4000nキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

調理実習 未来」などの互換。序盤であればデメリットはまず発動しないでしょう。しかし、一度発動してしまったら相手がリフレッシュするまで確実にデメリットが発動してしまいます。レベル0帯で発動してしまうことも十分ありそうですし、少々不安が残ります。



17060813.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分のレベル3以上のキャラがいるならパワーパンプする能力と、手札から登場時に2枚までドローし、手札を1枚控え室に置く能力、対応クライマックスが置かれた時に前列にいるならコストを払うことでアタック時に相手の後列キャラ1枚を選び、そのkyタラにフロントアタックすることができる能力とバトル相手リバース時にクロック置場に置くことができる能力を得るクライマックスコンボを持つ、緑/3/2/9000のキャラです。特徴は《帝国の逆襲》。

条件を満たせばパワー11000になります。
他の自分のレベル3以上のキャラがいればいいだけなので緩いと言えます。

登場時能力は、2ドロー1ディス。
クライマックスコンボ持ちでコストとして手札を消費するため相性が良いです。

対応クライマックスは、緑/宝。
後列キャラにフロントアタックすることができるようになり、クロックシューターにもなります。強いですね。しかし、発動タイミングとコストの都合、同一ターンに複数枚の発動は厳しいものがあります。



17060814.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
「ボバ・フェット」対応の緑/宝のクライマックスです。



17060815.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分の赤のキャラが3枚以上ならレベル1以下相討ち能力を得る能力と、自分のクライマックスフェイズの始めにコストを払うことで正面のキャラ1枚とそのキャラ以外の相手のレベル1以下のキャラ1枚をそれぞれスタンドして入れ替える能力=フォースを持つ、赤/1/0/4000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

他の自分の赤のキャラ3枚要求と少々厳しいもののレベル1以下相討ちになるのは強力です。少々厳しいと言っても赤単で普通に回っていれば満たせるとは思います。ただ、やはり相手ターン中は少し不安です。

そして、フォース。これで何度目か分かりませんが、強いです。

優秀な1/0アタッカーだと思います。現状公開されている赤のフォース持ちキャラは、このキャラも含めてフォース以外の部分が単純に強いので、使い勝手も良さそうです。



17060816.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
アタック時に他の自分の赤のキャラが3枚以上ならパワーパンプする能力と、手札の赤のカードアンコールを持つ、赤/1/1/6000のトリガーなしのキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

条件を満たせば行きはパワー8000になります。赤単で普通に回っていれば満たせます。
返しは素のパワーなので手札アンコールで備えます。
1/1キャラとして悪くないと思います。しかし、フォースで手札消費するためクロックアンコールだったら最高でした。



17060817.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時にコストを払うことでレベル1以下のキャラを1枚までサーチする能力と、アタック時に自分のキャラをパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

オカ研能力ですね。つまり、優秀。
アタック時パワーパンプも微量ながら自キャラであれば対象にできるため悪くありません。

このキャラ自体に色や特徴を指定した能力はないため様々なデッキで採用の余地があります。ただし、このキャラの存在が色や特徴を参照する他キャラの邪魔をしてしまうことはあります。



17060818.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分のクロック置場に「R2-D2」があるなら早出しすることができる能力と、このカードのバトル中、相手のキャラの自動能力の効果によるダメージを受けない能力、手札から登場時に2枚までドローし、手札を2枚控え室に置き、自分の山札の上から1枚をストック置場に置く能力、自分のクライマックスフェイズの始めにコストを払うことで相手のキャラを2枚それぞれスタンドして入れ替える能力を持つ、青/3/2/9500のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

早出し条件である「R2-D2」は優秀なので、普通に4枚採用できます。

バーン無効能力は自身のバトル中のみなので単体ではそこまで頼りにならないでしょう。
前列に複数枚並べることができれば仕事をしてくれる可能性が上がります。

登場時能力は「共鳴する“DIVA” 初音ミク」と同じものです。
2枚の手札交換しつつ、実質1コスト消費で3/2キャラを出せるのは中々便利です。
このキャラは早出しできますし、レベル3帯への準備になりますね。

そして、最後はフォース。何種類か見えているフォースですが、今のところレベル2のフォースが公開されていませんから、自身のレベル2帯中に相手の後列にいるレベル2以上のキャラを引っ張り出せるフォースの中でも中々貴重な存在と言えます。

優秀なキャラだとは思いますが、パワー面がかなり不安です。



17060819.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《フォースの覚醒》のキャラなら手札に加え、そうしたならば手札を1枚控え室に置く能力と、「“ジェダイ・マスター”ルーク」への絆を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

《フォースの覚醒》版コンソール能力に手札交換式の絆を持つため、手札の不要なカードを切るのに重宝しそうです。といっても活躍するためには《フォースの覚醒》軸で絆先も採用した構築でないといけませんが。



17060820.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分の《フォースの覚醒》のキャラが2枚以上ならばパワーパンプする能力と、自分のクライマックスフェイズの始めにコストを払うことで正面のキャラとそのキャラ以外の相手のレベル1以下のキャラ1枚をそれぞれスタンドして入れ替える能力=フォースを持つ、青/1/1/5500のトリガーなしのキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

「“待ち望んでいた吉報”R2-D2」の絆先。
条件を満たせばパワー7500になります。そして、フォース持ち。
《フォースの覚醒》軸でどうぞ。というかその軸での採用しか考えられないです。

| STAR WARS | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/08 LSS


エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」ボックス封入特典。
応援と、コストを払うことで自分の山札を上から2枚まで見てカードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く起動能力を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《音楽》。

幸せそうなシャロ」の応援版。
応援ですから後列キャラとしては少し物足りない感じですが、1コストで山札2枚削りつつ、手札交換できる起動能力は中々便利です。イベントやクライマックスを加えることができるのも強みです。採用してみても良さそうです。



1706082.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」ボックス封入特典。
1ターンにつき2回まで他の自分の《音楽》のキャラが手札から登場した時にパワーパンプする能力を持つ、黄/0/0/2500のキャラです。特徴は《音楽》。

1回でパワー3500、2回でパワー4500になります。
レベル0アタッカーとして採用が検討できると思います。



1706083.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」ボックス封入特典。
相手の効果に選ばれない能力と、他の自分の《音楽》のキャラすべてをパワーパンプする能力を持つ、黄/2/1/6000のキャラです。特徴は《音楽》。

アンタッチャブル能力は、心強いです。
特徴指定全体パワー+1000も上位後列キャラとして悪くはありません。しかし、レベル3キャラに対してのレベル比例応援やレベル3以上応援と比べるとパンプ値が低いため物足りなさを感じる場合も少なくありません。



1706084.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」ボックス封入特典。
手札から登場時に相手は0か1を宣言し、自分は山札の上から1枚を控え室に置き、そのカードが相手の宣言したレベルのカードなら自分はその宣言した数+1枚分まで引く能力を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《音楽》。

運が良ければノーコストで1ドロー、もしくは2ドローできます。
失敗した場合は山札1枚削って、パワー500のキャラを出しただけです。
相手にする場合、いくつを宣言するかで悩みますね。単純に確率で考えるならば1だと思います。しかし、これが当たってしまうと1枚多く引かれてしまいます。
面白いカードだとは思いますが、使うかどうかは別。



1706085.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」ボックス封入特典。
サイドアタックできない能力と、レベル0以下相討ち能力を持つ、赤/0/0/2500のキャラです。特徴は《音楽》。

「サンシャイン」では「“恋になりたいAQUARIUM”渡辺 曜」に続く2種類目のレベル0相討ち。パワーを優先した場合やレベル0相討ちを5枚以上採用した場合に候補になります。



1706086.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」ボックス封入特典。
リバース時に相手は2枚ドローすることができ、そうしたならば手札を2枚控え室に置く能力を持つ、赤/0/0/4000のキャラです。特徴は《音楽》。

“束の間の休息”イリヤ」などの互換。
アタックしたい時にアタックできないという事態に陥らないのはえらいですが、やられた時に相手に2ドロー2ディスさせてしまいます。相手のこれからの動きを潤滑にしてしまうため厄介なデメリットと言えます。



1706087.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」ボックス封入特典。
自分の手札が4枚以上なら他の自分のキャラすべてをパワーパンプする能力と、手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるなら自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《音楽》。

全体パワーパンプには手札枚数の条件があり、登場時能力は山札削り式であるためパワーサポートしては不確定、使い難そうなキャラです。



1706088.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」ボックス封入特典。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるならレストする能力を持つ、青/1/0/6500のキャラです。特徴は《音楽》。

お風呂でドキドキ ニコ」などの互換。0/0/4000のキャラでよく見るデメリットですね。
レベル1帯になると場が埋まってきて後列キャラが揃っていても普通なため、デメリットが発動してしまうと困った事態になります。3パンするためには後列キャラをアタッカーにしないといけなくなりますからね。



1706089.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」ボックス封入特典。
レベル比例応援と、手札から登場時に1枚ドローし、手札を1枚控え室に置く能力を持つ、青/2/1/3500のキャラです。特徴は《音楽》。

シンプルな上位後列キャラですね。
しかし、「“見つめる先”松浦 果南」でも良いような。

| サンシャイン | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/07 VS


ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
1ターンにつき1回まで自分が起動能力を使った時にパワーパンプする能力と、リバース時に相手はこちらの控え室のキャラ1枚を山札の上に置くことができる能力を持つ、赤/1/0/5500のキャラです。特徴は《格闘》・《オッドアイ》。

起動能力を使えばパワー7000になります。1/0でこの値は頼もしいです。
扱いやすい起動能力の収録に期待です。

デメリットはリバース時のデッキトップ盛り。重くないようで実は地味に重いデメリットです。ダメージが通りやすくなる、場合によっては確定ダメージに繋がるのが怖いです。しかし、トップ盛りされても打点が2以上ならば普通にキャンセルして終わることもあるんですよね。人によって重さの評価が分かれそうです。



17060715.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
サイドアタックできない能力と、手札から登場時に自分の《格闘》のキャラ1枚をパワーパンプする能力、0/0/1000助太刀を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《格闘》・《オッドアイ》。

数がそう多くないレベル0助太刀。かなり意表を突けると思います。
助太刀=場に出すと弱いのが基本ですが、このキャラに限っては《格闘》のキャラ単体パワーパンプを持つため、そうでもありません。自身も対象にできます。パワー2000にしかなりませんが、相討ちなど場所を選べば戦えなくもないです。



17060716.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
他の自分の前列中央のキャラをパワーパンプする能力と、このカードをレストすることで自分の《格闘》のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《格闘》。

前列中央指定でなく、応援にして欲しかった感はあります。
自レスト起動1000パンプは、自ターン中、戦いやすくなる能力です。ストックを消費しない起動能力であるため使い勝手が良く「紙一重の攻防 ヴィヴィオ」のような起動誘発能力持ちのキャラの引き金として最適です。

| ヴィヴィスト | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/07 SW


トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
アタック時に自分の山札の上から1枚を控え室に置くことができ、そのカードがクライマックスなら1枚ドローし、手札を1枚控え室に置く能力と、レベル0以下ボトム送り相討ちを持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

パワーは500しかありませんが、レベル0以下ボトム送り相討ちを持つためアタッカーとして運用可能です。個人的にボトム送り相討ちは能力だけ見れば各色の相討ちの中でも最強だと思います。黄や緑と同じく、リバースさせず、控え室に送らず、アンコールを封じる上におまけで相手の山札圧縮率を下げてますから。ただ、パワー査定が厳しいのが難点です。そのため相討ちを使わずに相手キャラを倒そうとするのが難しいです。上手く調整されていますね。

アタック字能力も単純に山札1枚削りと考えれば持っていて悪いものではありません。

優秀なレベル0アタッカーです。青軸や《フォースの覚醒》軸で組む場合に必要になってきそうです。「STAR WARS」はトライアルデッキ+じゃないため1枚しか収録されていない可能性もあるんですよね。2枚収録されていることを祈るばかりです。



1706077.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分の黄のキャラがいないなら手札からプレイできず、自分の山札から「“救出作戦”ハン・ソロ」と「“ウーキー族”チューバッカ」を1枚まで舞台の別々の枠に置き、このカードを思い出にする、黄/2/2のイベントです。

登場させるキャラはこれから書きますが、どちらも2/1キャラです。互いに相方がいる時に強化される能力を持ち、このカード指定の記憶も持ちます。コスト消費はキャラ2枚展開分と同じですが、これ1枚で2枚を揃えることができ、山札圧縮にもなっているため強力です。気になるのはデッキ枠。



1706075.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分の「“ウーキー族”チューバッカ」がいるならパワー&ソウルパンプする能力と、自分の思い出置場に「“Millennium Falcon」があるならパワーパンプする記憶、バトル相手でレベル2以上のキャラがリバースした時に自分の山札の上から1枚をストック置場に置くことができる能力を持つ、黄/2/1/4000のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

「“ウーキー族”チューバッカ」がいればパワー7000のソウル2のキャラになります。
記憶も満たしていればパワーが10000になります。中々強いですね。
ただし、どちらも満たせなかった場合は酷いことになります。「“Millennium Falcon」があるので揃えるのは容易だと思います。しかし、各キャラが控え室に落ちてしまっていたら台無しですから、使うのであればデッキ枠など気にせず思い切って採用すべきだと思います。揃えるのより維持の方が難しそうですね。



1706076.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分の「“救出作戦”ハン・ソロ」がいるならパワーパンプする能力と、アタック時に自分の思い出置場に「“Millennium Falcon」があるならパワーパンプする記憶、黄のカードアンコールを持つ、黄/2/1/5500のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

「“救出作戦”ハン・ソロ」がいればパワー8500。そこに記憶も加わればパワー11500になります。しかし、相方と違い何故か記憶がアタック時限定。黄のカードアンコールという保険もあります。

このカードが残っていても「“救出作戦”ハン・ソロ」がいなければ2/1バニラキャラと同等パワーの弱いキャラになってしまうので注意です。



1706078.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分の緑のキャラをパワーパンプする、緑/1/1のカウンターイベントです。

緑指定版1/1/3500カウンター。緑軸ならば採用されるかもしれません。



1706079.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
レベル比例応援と、手札から登場時にコストを払うことで《フォース》のキャラを1枚回収する能力を持つ、赤/2/1/4500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

登場時能力で「カイロ・レン」や「“シスの暗黒郷”ダース・ベイダー」を回収できるのはかなり便利だと思います。赤軸の上位後列候補ですね。



17060710.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
このカードの助太刀を使った時にコストを払うことで相手のレベルより高いレベルのキャラを1枚控え室に置く能力と、2/1/2500助太刀を持つ、赤/2/1/2500のキャラです。特徴は《帝国の逆襲》。

言わずと知れた早出しメタ助太刀こと美夏助太刀。存在が大切。そして、強い。



17060711.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
正面のキャラのレベルに応じてパワーパンプする能力と、相手のターン中、他の自分の青のキャラが3枚以上ならバトル相手リバース時に相手に1ダメージを与えることのできる能力を得る能力、相手のドローフェイズの始めに前列にいるなら自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、青/3/2/6500のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

正面のキャラがレベル1ならパワー7500、レベル2ならパワー8500、レベル3ならパワー9500になります。レベル3キャラにしては高くない値ですが、相手ターン中はドローフェイズ前パワーパンプの対象を自身にすることで中々のパワーになります。そして、相手ターン中に青のキャラが3枚以上ならばバトル相手リバース時1点バーンを得ます。相手にしたくないですね。

しかし、自ターン中はパワーが高くないため相手に先に堅い盤面を築かれてしまうと辛いことになりそうです。また、バウンスなどの除去にも弱いです。



17060712.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分の青のキャラが3枚以上ならパワーパンプする能力と、正面のキャラがコスト0以下ならばリバースされない能力、自分のクライマックスフェイズの始めにコストを払うことで正面のキャラ1枚とそのキャラ以外の相手のレベル1以下のキャラをそれぞれスタンドして入れ替える能力=フォースを持つ、青/1/1/4500のトリガーなしのキャラです。特徴は《新たなる希望》。

コスト0以下のキャラによってリバースされないのは、1/0キャラが主流の昨今では頼もしい存在です。
ただし、自身のパワーもパワーパンプしてパワー5500とあまり高くないため、相手キャラを倒せるようにパワーパンプ手段は欲しいです。倒されないけど倒せもしないのは悲しいです。

そして、やっと公開された青のフォース持ち。キャラ入れ替えはやはり強いと思います。



17060713.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
サイドアタックできない能力と、自分の後列のキャラが1枚以下ならアタックすることができない能力を持つ、青/1/0/6500のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

1/0/6500は、強いです。しかし、1つ目はいいとして2つ目のデメリットが気になります。綺麗に展開できていないと3パンできない事態に陥ります。事故ったときのことを考えますと「“一緒にご飯”友利 奈緒」互換にしてほしかったような。

| STAR WARS | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/07 LSS


エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」収録。
手札アンコールを持つ、赤/1/2/8000のトリガーなしのキャラです。特徴は《音楽》。

さすがに2コスト消費してまでの価値はないと思います。
2コストキャラは、ソウル2はないとダメです。



1706072.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」収録。
手札から登場時に自分の《音楽》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、手札から登場時にコストを払うことで相手は自分の控え室のクライマックスを1枚選び、そのカード以外の控え室のカードをすべて山札に戻す能力、手札を1枚控え室に置くことで自分の《音楽》のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、赤/3/2/10000のキャラです。特徴は《音楽》。

最高でパワー12500になります。登場ターン限定ですが、高い値ですね。

CIP能力は「市ヶ谷有咲」と同じものです。
似たようなところで「ど忘れ少女 村上文緒」や「“Happy maker!”星空 凛」、「アクア」などがあります。それらと比べると控え室に残しておくことのできるカードが1枚に減った分、コストが自キャラ1枚レストと軽くなりました。相手の山札圧縮率を下げることができるのが強みです。

起動能力は、手札1枚で《音楽》のキャラ単体パワーパンプ。
手札消費は重たいと言えば重たいですが、ストックを消費しないのは大きな利点だと思います。手札に余裕がある時やここぞという時に使いたいです。クライマックスを切ることができるのも中々嬉しいです。

4枚積みたいとは思えませんが、1,2枚は採用したいレベル3キャラです。



1706073.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」収録。
他の自分の《音楽》のキャラをパワーパンプする能力と、コストを払うことで自分の控え室のレベル1以下の《音楽》のキャラを1枚舞台の好きな枠に置く起動能力を持つ、赤/1/0/3500のキャラです。特徴は《音楽》。

起動能力は、1コスト払って、自レストし、レベル0以下のキャラ1枚を控え室のレベル1以下のキャラに変えるというもの。上の「“プール掃除”渡辺曜」はこれと組み合わせろってことですかね。コスト消費を考えればコスト1以上キャラのを登場させたいです。レベル0以下のキャラを好きなレベル1以下のキャラに変えることができるため柔軟に対応するのも重要になります。レベル1以下でれば欲しいキャラを引っ張ってきやすくなると考えれば中々強いと思います。シルバーバレット的な感じで構築すると面白そうです。

| サンシャイン | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/06 VS

17060613.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
レベル比例応援と、対応クライマックスが置かれた時に他の自分の《格闘》のキャラが2枚以上なら自分の山札の上から4枚まで見て《格闘》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置き、自分のキャラ1枚をパワーパンプするクライマックスコンボを持つ、青/2/1/5000のキャラです。特徴は《格闘》・《トレーナー》。

対応クライマックスは、青/門・1。
4ルックして、自キャラ単体パワーパンプ。悪くないですね。レベル2キャラですが、後列向けキャラですから、狙える機会はそれなりにあると思います。門というクライマックスの強さも考えるととして普通に採用できそうです。



17060614.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「改まった雰囲気 ジル」対応の青/門・1のクライマックスです。

| ヴィヴィスト | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/06 SW


トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
レベル比例応援と、自分のクライマックスが置かれた時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、黄/2/1/4500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

クライマックスが置かれた時に自キャラ単体をパワーパンプする能力を持つため、レベル2帯以降にクライマックスコンボを狙っていくような構築であれば採用が検討できます。後は、特徴や色が合っているかどうかですね。



1706065.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分の《フォースの覚醒》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に対応クライマックスがあるなら《フォースの覚醒》のキャラを1枚までサーチするクライマックスコンボを持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

島風互換。つまり、普通に優秀。パワーパンプ条件で見れば「深夜のお茶会 コーデリア」に、色や対応クライマックスで見れば「澄原 サトカ」に近いです。パワーパンプ条件を満たした上でクライマックスを貼ればパワー6500になります。少し不安の残る値ですが、相手を選べばバトル相手をリバースさせることは十分できるでしょう。
後は《フォースの覚醒》というカードプールがどれだけ強いか次第ですね。



1706066.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
「“新しい呼び名”フィン」対応の黄/風・1のクライマックスです。



1706067.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分のキャラすべてが緑ならパワー&ソウルパンプする能力と、他の自分の緑のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力、緑のカードアンコールを持つ、緑/2/1/5000のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

構築は限定されますが、2/1でありながらソウル2のキャラになるのは強いです。
最高でパワー10000になります。レベル3キャラを相手にするには厳しい値ですが、2/1にしては高い値です。ソウル2になることも考えれば十分だと思います。緑のカードアンコールという保険もありますし、緑単構築での優秀なレベル2アタッカーになってくれそうです。



1706068.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から3枚を控え室に置く能力と、手札から登場時にコストを払うことで赤のキャラを1枚回収する能力を持つ、赤/0/0/2000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

登場時任意山札3枚削りと、登場時手札交換回収、どちらも優秀な能力です。山札削りで回収対象を増やせるので噛み合っています。赤軸ならば少なからず採用されると思います。



1706069.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分のバトル中の赤のキャラを1枚パワーパンプする能力と、1/1/1500助太刀を持つ、赤/1/1/1500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

赤単ならば実質1/1/2500助太刀です。1/0にして欲しかったとは言いますまい。
このタイプの1/1助太刀はバトル中のキャラでなくとも割り振れるようにしてくれないかな~。



17060610.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことで山札から「“新しい呼び名”フィン」を1枚まで舞台の好きな枠にレストして置く能力を持つ、赤/0/0/1000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

1コストでキャラ1枚分のアドバンテージを得られるのは強力です。
キャラが強くなっている、山札圧縮になっているのもポイントです。
しかし、このキャラ自体のスペックが低いのが難点ですね。相手にする側は相手にする側で倒すかどうかで悩むキャラです。



17060611.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分のストックが5枚以上ならパワーパンプし、青のカードアンコールを得る能力と、アタック時に正面のキャラのレベルに応じてパワーパンプする能力、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで自分の控え室の青のキャラを2枚までストック置場に置き、次の相手のターンの終わりまでパワーパンプするクライマックスコンボを持つ、青/2/2/6000のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

ストックが5枚以上ならパワー8500の青のカードアンコール持ちになります。自身が2/2キャラなの条件を満たすのは厳しいように見えますが、クライマックスコンボで2枚ストブできるため実際はそこまででもなさそうです。

アタック時能力は、正面のキャラのレベル×1000分のパワーパンプです。
参考までにストックが5枚以上であればレベル1のキャラにはパワー9500、レベル2のキャラにはパワー10500、レベル3のキャラにはパワー11500でアタックすることができます。

最後は、クライマックスコンボ。対応クライマックスは、青/本。
手札1枚をコストに控え室から青のキャラを2枚ストブし、次の相手のターンの終わりまでパワーパンプします。上2つのパワーパンプ能力と合わせるとかなりのパワーでアタックできることになります。

1枚くらい使う分には十分強そうですが、複数枚展開するとなると話は別です。クライマックスコンボに手札を消費しますからね。「白くて白々しい 羽川翼」が扱いやすく強力だっため、それを上手く調整した感じですね。

それにしても「オビワン」ですらフォース能力持っていないのか・・・・・・。



17060612.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
「“ジェダイ・マスター”オビワン」対応の青/本のクライマックスです。

| STAR WARS | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/06 LSS


エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」収録。
自ターン中、他の自分のキャラすべてをパワーパンプする能力と、コストを払うことで自分の山札の上から2枚まで見てカードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く起動能力を持つ、黄/1/0/2500のキャラです。特徴は《音楽》。

自ターン限定ですが全体パワー+1000は、強力です。ガンガン攻めていけると思います。

起動能力は、2ルック。イベントやクライマックスなども手札に加えることができるのが強みです。



1706062.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」収録。
他の自分の《音楽》のキャラが舞台から控え室に置かれた時に後列にいるならコストを払うことでそのキャラをそのキャラのいた枠にレストして置く能力と、「“青空Jumping Heart”黒澤 ルビィ」への絆を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《音楽》。

「“青空Jumping Heart”黒澤 ルビィ」は「ブースターパック『ラブライブ!サンシャイン!!』」収録のキャラです。
“恋になりたいAQUARIUM”黒澤 ルビィ」のクライマックスコンボでレベル1帯から手札から早出し可能です。絆で握りやすくなったためクライマックスコンボの成功率が上がったと言えます。また、このキャラが身代わり能力という保険も持っているためやられてしまっても安心です。
確実に強化されたと言えるでしょう。



1706063.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」収録。
手札から登場時に相手と勝負がつくまでジャンケンをし、自分が負けたならば他の自分のキャラすべてをパワーパンプする能力と、リバース時に相手のキャラのレベルが相手のレベルより高いならそのキャラをストック置場に任意で置き、そうしたなら相手のストックの下から1枚を控え室に置く=早出しメタストック送り相討ちを持つ、黄/2/1/5000のキャラです。特徴は《音楽》・《悪魔》。

早出しメタ相討ちというだけで価値があります。
登場時能力も普通に強いです。失敗=ジャンケンで勝ってしまったとしても何か不利に働くようなこともありませんし、成功=ジャンケンで負ければ何の消費もなしに全体パワー+2000できるのは、かなりおいしいです。

| サンシャイン | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/05 VS

ブースターパック「ViVid Strike!」の公開が始まりました。
発売日は6月23日金曜日です。「STAR WARS」の発売が3月から6月になったため今月は激戦区ですねw




ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
自分の《格闘》のキャラが4枚以上なら早出しすることができる能力と、マーカーの枚数に応じてパワーパンプする能力、アタック時に自分の山札の上から1枚を見ることができ、見たならばそのカードをマーカーとして置く能力、アタック時に対応クライマックスあるならコストを払うことでコストとして控え室に置いたマーカーの枚数に等しい回数分1点ダメージを与える行動を行うクライマックスコンボを持つ、緑/3/2/9500のキャラです。特徴は《格闘》・《覇王流》。

1つ目の能力は、早出し。
長所は、条件の満たしやすさ。短所は、同一ターンに複数枚早出ししようとすると圧殺しないといけないところです。

2つ目の能力は、マーカー枚数に応じてのパワーパンプ。1枚につきパワー+1500。参考までに1枚でパワー11000、2枚でパワー12500、3枚でパワー14000になります。

3つ目の能力は、アタック時にマーカーを置く能力。
マーカーとして置かれたカードが何なのか確認できるのは良いですね。

そして、目玉である4つ目の能力。1点バーン×マーカー枚数のクライマックスコンボです。
登場ターン中でも1点バーン×1回は発動できます。できれば1ターン以上は生き残らせてマーカー枚数2枚以上で発動したいです。早出しできますから助太刀などで上手く守ってマーカーを貯めたいです。ゲームを決めるつもりならば関係ありませんが、クライマックスコンボを使うとパワーが下がる点には、注意です。

軸になりそうな1枚ですね。相手にする場合は、真っ先に倒したいです。



17060514.png
ブースターパック「ViVid Strike!」収録。
「“撃ち抜く一撃”フーカー」対応の緑/宝のクライマックスです。

| ヴィヴィスト | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/05 SW


トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚を見て上か下に置く能力と、クライマックス1枚につき1枚までドローする1コスト自レスト集中を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

トライアルお約束集中になりつつあるやつですね。「バンドリ」、「チェンクロ」、「ヴィヴィスト」、「このすば」のTDにも同じ集中を持つキャラが収録されています。



1706054.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に自分の控え室のクライマックスが3枚以上なら自分の山札の上から1枚をクロック置場に置く能力と、相手のアタックフェイズの始めに前列のキャラのいない枠に動かすことができる能力を持つ、黄/0/0/2500のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

デメリット持ちの移動キャラ。デメリット持ちであるためパワーが少し高くなっています。
デメリットは序盤は発動しないものですし、例え発動していてもクロック加速のみでアタックできないということはありません。優秀な移動キャラだと思います。



1706055.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分の山札を3枚めくり、その中にクライマックスがあるなら1枚ドローし、ないなら2枚ドローする集中を持つ、黄/2/1のイベントです。

クライマックスがめくれない方が強い珍しい集中です。
クライマックスがめくれると手札枚数は変わらず、めくれなければ手札が1枚増えます。
正直、微妙・・・・・・というか弱いですね。



1706056.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
対応クライマックスが置かれた時にコストを払うことで自分の山札から「ガモーリアン」か「マックス・レボ・バンド」を3枚まで舞台の別々の枠に置き、自分のキャラ1枚をパワーパンプするクライマックスコンボを持つ、緑/1/0/5000のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

対応クライマックスは、緑/袋。
場アド稼いでパワーパンプもできるため悪くありません。「ガモーリアン」はまだ不明ですが、「マックス・レボ・バンド」は1/0アタッカーとして十分通用するキャラです。レベル1帯で使う分には、かなり強いと思います。



1706057.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
「“砂漠の犯罪王”ジャバ」対応の緑/袋のクライマックスです。



1706058.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分の赤のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、正面のキャラへのソウル減少能力、バトル相手リバース時にコストを払うことで相手に1ダメージを与える能力、自分のクライマックスフェイズの始めにコストを払うことで相手のキャラを2枚それぞれスタンドして入れ替える能力=フォースを持つ、赤/3/2/9000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

1つ目は、赤キャラ指定のガウル能力。最高でパワー11000になります。

2つ目は、正面のキャラへのソウル減少能力。

3つ目は、バトル相手リバース時2コスト1点バーン能力。強いですね。フォースとの相性も良好です。また、相手ターン中にも発動できるのがポイントです。

4つ目は、キャラの入れ替え能力ことフォース。相手の盤面を乱せるのは単純に強いです。

自己完結していて非常に優秀なキャラだと思います。早出しするカードまで存在します。赤単のレベル3はこいつと「“シスの暗黒郷”ダース・ベイダー」で良さ気な感じですね。



1706059.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
バトル相手リバース時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで自分の控え室のキャラを1枚まで手札に戻し、自分の手札の「カイロ・レン」を1枚までこのカードがいた枠に置くクライマックスコンボと、バトル相手のレベルが相手のレベルより高いならそのキャラをリバースする=早出しシメタ相討ち能力を持つ、赤/2/1/7000のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

対応クライマックスは、赤/キャントリ。
バトル相手リバース時に自身を控え室に置き、1枚回収して、手札から「カイロ・レン」をレスト状態で置きます。回収でもあり、早出しでもあるわけですね。手札に「カイロ・レン」がなくとも控え室に落ちていれば回収から早出しすることできます。「カイロ・レン」は正面のキャラへのソウル減少能力を持つため防御力アップになります。また、バトル相手リバース時2コスト1点バーンも持つため非常に頼りになる存在です。

このキャラ自体も早出しメタ相討ちであるため優秀なアタッカーだと思います。クライマックスコンボ抜きでも採用は十分にありえるでしょう。クライマックスコンボも普通に強いですけどね。



17060510.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
「“遺志を継ぐもの”カイロ・レン」対応の赤/キャントリです。



17060511.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
サイドアタックできない能力と、手札から登場時に次の相手のターンの終わりまでパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/2500のキャラです。特徴は《帝国の逆襲》。

サイドアタックできないものの次の相手のターンの終わりまでは0/0/4000のキャラとして扱えるため、優秀なレベル0アタッカーだと思います。



17060512.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
青のキャラをパワーパンプし、このキャラのバトル中相手キャラの助太刀の封じる能力を与える応援と、手札から登場時に自分の山札の上から青のキャラの枚数分まで見て、カードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力、自分がフォースを使った時に自分のキャラ1枚を次の相手のターンの終わりまでパワーパンプする能力を持つ、青/3/2/5000のキャラです。特徴は《帝国の逆襲》。

青のキャラをパワー+2000し、助太刀封じを与える応援。
かなり安心安全にアタックにいくことができそうで心強いです。

登場時能力は、Xルック。手札を増やせるのは良いことです。

そして、最後はフォース誘発の次の相手のターンの終わりまでの自キャラ単体パワーパンプ。
青にフォース関連の能力持ちがいるのは分かったから、早くフォース持ちを公開して下さい。

青単に近い構築ならば1,2枚採用してみても良さそうです。

| STAR WARS | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/05 LSS


エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」収録。
手札から登場時に他の自分の《音楽》のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、手札から登場時にコストを払うことで「互いを想う気持ち」を1枚までサーチする能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《音楽》。

「互いを想う気持ち」を軸としたデッキでは必須クラスでしょう。
パワーサポートもできるため比較的腐り難いです。
ただ、正直、「互いを想う気持ち」関連のカードがそこまで強いように思えないんですよね(ぁ



1706052.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」収録。
自分の思い出置場に「互いを想う気持ちがあるならパワーパンプする記憶を持つ、青/2/1/5500のキャラです。特徴は《音楽》・《生徒会》。

記憶を満たせばパワー10000のキャラになります。2/1で常時パワー10000は確かに強いのですが、レベル3キャラを倒すことを考えますと不安が残る値です。ソウルパンプも欲しかった。

| サンシャイン | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/02 SW


トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
他の自分の《フォースの覚醒》のキャラをパワーパンプする能力と、このカードをレストすることで自分のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

《フォースの覚醒》軸の後列候補。単純ゆえに扱いやすいです。



1706024.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分の《フォースの覚醒》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

《フォースの覚醒》版ガウル。《フォースの覚醒》軸の1/0アタッカー候補。



17060212.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
アタック時に他の自分の《フォースの覚醒》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、「“スターファイター・パイロット”ポー」への絆を持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

最高でパワー3000になります。しかし、レベル0帯で5面全て埋めることはそう多くないためレベル0アタッカーとしての運用は中々難しいかもしれません。
絆先が普通に強いので、絆は普通に強いです。



1706025.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
他の自分の黄のキャラが3枚以上ならパワーパンプする能力と、黄のカードアンコールを持つ、黄/1/1/5500のトリガーなしのキャラです。特徴は《帝国の逆襲》。

条件を満たせばパワー7500になります。1/1/7500の黄のカードアンコール持ちですから、悪くありません。黄軸のデッキの1/1アタッカー候補ですね。それにしても「スターウォーズ」は指定が特徴だったり色だったりでややこしいです。



1706026.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
黄/炎・1のクライマックスです。



1706027.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
緑のキャラが2枚以下なら手札からプレイできず、自分の控え室の緑のキャラを1枚ストック置場に置くことができ、自分のキャラ1枚をパワーパンプし、このカードをストック置場に置く、緑/2/0のイベントです。

握手券」の緑キャラ指定版といったところです。
これ1枚で2枚ストブできるのがポイントでしょうね。
大量にストックを消費する何らかのカード=ロマンがあればワンチャン。



1706028.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時に2枚までドローし、手札を1枚控え室に置く能力と、アタック時に対応クライマックスがあるなら相手に1ダメージを与え、パワーパンプし、バトル相手リバース時に相手に1ダメージを与えることのできる能力を得るクライマックスコンボ、クライマックスフェイズの始めにコストを払うことで相手のキャラを2枚選びそれぞれスタンドして入れ替える能力=フォースを持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《帝国の逆襲》。

対応クライマックスは、赤/新ストブ。
確実に発動する1点バーンとバトル相手リバース時の1点バーン。パワーパンプもするためバトル相手のリバースは狙いやすいでしょう。どうしても勝てないようならコスト消費は増えますがフォースで後列キャラを前に引っ張り出すことで解決できそうです。能力が噛み合っていますね。

優秀なレベル3キャラだと思います。



1706029.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
「“シスの暗黒郷”ダース・ベイダー」対応の赤/新ストブです。

カード名にちょっと笑ってしまった。



17060210.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分がフォースを使った時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、クライマックス1枚につき青のキャラを1枚までサーチする1コスト自レスト4枚集中を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《帝国の逆種》。

青のフォース持ちがまだ公開されていないので、それ次第で使いやすさが変わってきそうです。現状は色指定や特徴指定のカードが多いので中々難しそうですが、「ダース・ベイダー」と「ルーク」の赤青親子デッキとか組めたら良いですね。



17060211.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時にコストを払うことで山札からフォースを持つキャラを1枚までサーチする能力を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《帝国の逆襲》。

ノーコストで手札のクライマックスを切ることができるのは、便利です。
後はフォース持ちの収録内容次第。青のキャラで早く見せて下さい。

| STAR WARS | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/02 LSS


エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」収録。
自分のクロック置場に「“MIRAI TICKET”桜内 梨子」があるなら早出しすることができる能力と、手札から登場時にコストを払うことで控え室の「“MIRAI TICKET”渡辺 曜」を1枚舞台の好きな枠に置く能力を持つ、赤/3/2/10000のキャラです。特徴は《音楽》。

“MIRAI TICKET”桜内 梨子」はレベル比例応援キャラです。
5月25日に公開されています。その日の記事はこちら。

「“MIRAI TICKET”渡辺 曜」を見ないことには始まらないので、そちら=次のカードでまとめて書きます。



1706022.png
エクストラブースター「ラブライブ!サンシャイン!!」収録。
他の自分の「“MIRAI TICKET”高海 千歌」をパワーパンプする能力と、アタック時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《音楽》のキャラならそのキャラのレベルに等しいダメージを相手に与える能力を持つ、赤/3/2/10000のキャラです。特徴は《音楽》。

「“MIRAI TICKET”高海 千歌」からリアニメイトできます。3コストと手札1枚から並べられるためコスパが良いですね。「“MIRAI TICKET”高海 千歌」が早出しできるため、このキャラも早出しできることになります。このキャラがいれば「“MIRAI TICKET”高海 千歌」がパワーパンプされるのも中々強いと思います。

アタック時能力は「輝きの向こう側へ! 美希」と同じものです。0点に終わってしまう場面も少なくないと思いますが、ノーコストで最高3点バーンまで飛ばせるのは強力だと思います。

このキャラを上手く盤面に残してアタック時能力を数ターンに渡って使っていきたいところですが、残念ながらこちらは一切パワーパンプしません。後列キャラや助太刀でパワーを上げたり、アンコールの準備を整えておきたいです。

| サンシャイン | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/06/01 SW


トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
黄/1/0/5500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

絆と専用パワーパンプが存在するためバニラのようでバニラでないです。



1706014.png
トライアルデッキ「STAR WARS」収録。
「“捕らわれのパイロット”ポー」をパワーパンプする能力と、「“捕らわれのパイロット”ポー」への絆を持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《フォースの覚醒》。

林檎のおすそわけ 杏子」互換。手軽に手札を増やして1/0/6500のキャラを作れるため使い勝手は良いです。



1706015.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
アタック時にコストを払うことでパワー&ソウルパンプする能力と、1ターンにつき1回まで登場したターン中にこのカードの与えたダメージがキャンセルされた時、自分の山札の上からカードを1枚控え室に置き、そのカードのレベル+1分のダメージを相手に与える能力を持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

武蔵ショット持ち。これだけでも十分強いです。
アタック時能力は、手札のキャラ1枚切ってのパワー+2000、ソウル+1。相手キャラを倒すのにも打点向上、調整にも使えるため優秀だと思います。キャラしか切れないのが少し残念。
単体で働いてくれる優秀なキャラだと思います。



1706016.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
応援と、コスト払うことで自分の山札からレベル1以下のキャラを1枚までサーチする起動能力を持つ、黄/0/0/1000のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

起動式のオカ研能力を持ちます。強いですね。応援もあるため後列キャラとしてそれなりに場にも貢献します。
しかし、滝壺などと違って特徴や色指定でないのが残念ですね。サーチできるのがレベル1以下のキャラ指定なので終盤に役立つようなキャラをサーチすることができません。



1706017.png
1706018.png
1706019.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
デッキに13枚まで入れることができる能力と、コスト0以下クロック送り式相討ちを持つ、緑/1/0/3000のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

デッキに入れることのできる枚数が13枚までな理由は「マックス・レボ・バンド」のメンバー数だと思います。しかし、スターウォーズに詳しい人だったり調べたりすれば分かると思うのですが、メンバーは12人なんですよね。中心メンバーを召集した「エヴァー・オーバス」も含めての13人なのでしょうか?個人的には12枚の方が良かったような気がします。

スペックはコスト0以下相討ちであるため1/0アタッカーとしては上々だと思います。レベル0のキャラにもパワー負けする可能性があるのは少々気になりますが。



17060110.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
自分の控え室のクライマックスが4枚以上なら自分の手札の赤のキャラを1枚控え室に置くことですべてのプレイヤーのキャラを控え室に置く、赤/3/4のイベントです。

盤面のリセットという派手なイベントです。
相手の場が強固、自分の場がボロボロな時に使うことができれば最高ですね。
赤デッキであればワンチャン採用あると思います。



17060111.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
赤/ソウル+2のクライマックスです。



17060112.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時にパワーパンプする能力と、アタック時に対応クライマックスがあるなら自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが青のキャラか「Lightsaber」なら手札に加えるクライマックスコンボを持つ、青/1/0/4500のキャラです。特徴は《ジェダイの帰還》。

登場ターン中は、パワー6000になります。

対応クライマックスは、青/新ストブ。
体操着のさら」系統です。「Lightsaber」も加えることができるのは地味ようで非常に重要だと思います。バトル相手リバース時能力ではないのでクライマックスコンボ自体には影響ありませんが、パワー面が少し心配です。

青軸のレベル1帯として採用される可能性が高そうです。

少し気になるのが特徴面ですね。「Lightsaber」繋がりで「マズ・カナタ」も採用したいところですが、特徴が《ジェダイの帰還》であるためパワーサポートを受けることができません。



17060114.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
「“反撃の瞬間”ルーク」対応の青/新ストブです。



17060113.png
ブースターパック「STAR WARS」収録。
手札から登場時にコストを払うことで「Lightsaber」を1枚回収する能力と、「“反撃の瞬間”ルーク」への絆を持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《新たなる希望》。

「“反撃の瞬間”ルーク」を使うならば自然とこちらも採用されそうです。
回収した「Lightsaber」を自分のターン中に使うことで「“反撃の瞬間”ルーク」のパワー不足な面を補うこともできます。

| STAR WARS | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT