大切なのはイメージすること。

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/21 KMN


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
思い出置場にあるならすべてのプレイヤーはそれぞれの相手のキャラの自動能力の効果による1以下のダメージを受けない記憶と、リバース時にコストを払うことで《フレンズ》のキャラを1枚までサーチし、自分のレベルが2以下なら思い出にする能力を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《帽子》。

公開6種類目のRR。

1つ目の能力は、記憶による1点以下のバーン、ショットメタ。
強いですね。様々な強力なカードに刺さります。相手にも影響が及ぶので「脅威の歌声? トキ」などの1点以下のバーン、ショット能力持ちとは一緒に採用し難いです。2点以上のバーン、ショット(レベル1以上の武蔵ショット)は無効にできないので注意。

2つ目の能力は、「自動人形 レイア」などに近いものです。
1コスト1クロックで手札を増やせるのは強力です。オカ研と違いメインフェイズ中即座に使えないのが弱みと言えますが、《フレンズ》指定なのでサーチ範囲が広く、思い出に飛んで1点以下のバーン、ショットメタを貼るなど異なる強みがあります。クライマックスコンボ&記憶を持つ「なんでも気になる サーバル」を使う構築では必須ですね。それ以外のデッキでも自分が1点以下のバーン、ショット能力を使わないのならばまず間違いなく採用して損はないでしょう。手札増やせますし、1点以下のバーン、ショットメタを貼れるわけですからね。思い出に飛ぶ能力は、自分のレベルが2以下でないと使えないので注意。

需要の高そうなRRキャラです。トップレアの可能性大ですね。

アニメ12話、おめでとうの会中、プリンセスからインタビューを受けているシーン。



20170821_2.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
レベル0以下応援と、クライマックスが置かれた時にコストを払うことで自分の山札の上から4枚まで見て《フレンズ》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

レベル0以下1000応援。
レベル0帯はかなり戦いやすくなりますが、レベル1以上になると無駄になりがちです。
レベル0キャラのパワーが1000上がっても対レベル1キャラは厳しいものがありますし、レベル1以上のキャラは応援のサポートを受けることができませんからね。

もう一つの能力は「雲龍型正規空母2番艦 天城」などでお馴染みの何でもクライマックスコンボによる4ルック。積極的にクライマックスを貼る構築ならば強いです。

レベル0以下1000応援というのがネックになりそうですが、採用は考えられる範囲だと思います。ピン挿しでも働いてくれる時は働いてくれるでしょう。

アニメ5話、ビーバーの家の再建のためにまずは木材を集めに行こうとしているシーンですね。
ついこないだ再放送でやった話なので記憶に残っていました。



20170821_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
舞台上でレベルダウンする能力と、他の自分のレベル0以下の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、黄/1/0/5500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

ダークな魔導に憧れる クルーク」などの互換。
最高でパワー7500になります。舞台上ではレベル0キャラ扱いなのでこのキャラを複数枚並べてもパワーパンプしますし、上で書きました「お手伝い サーバル」との相性もいいです。しかし、あくまでレベル0扱いなのでサイドアタックを普通に通してしまいますし、レベル0相討ちは喰らうなど弱点が多いです。

アニメ10話、ボスから投影される映像を見た後のサーバル。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/18 KMN

20170818_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時に自分の山札を上から1枚見て上か下に置く能力と、アタック時に正面のキャラのレベルが3以上ならパワーパンプする能力を持つ、青/2/1/7000のキャラです。特徴は《フレンズ》・《音楽》。

レベル3メタ。パワー13000まで上昇するためレベル3キャラを十分倒すことができるでしょう。
登場時デッキトップ操作能力は打点調整や集中の参考はもちろんですが、次に書くカードのクライマックスコンボを使う際の下準備として活躍してくれます。




ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時に青のキャラを1枚回収することができる能力と、1ターンにつき1回までアタック時に対応クライマックスがあり、他の自分の「“PPP”ジェンツーペンギン」と「“PPP”フンボルトペンギン」がいるならコストを払うことで自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《フレンズ》のキャラか「“PPP”プラチナチケット」なら自分の「“PPP”コウテイペンギン」と「“PPP”イワトビペンギン」を各1枚までスタンドするクライマックスコンボを持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《フレンズ》・《音楽》。

公開5種類目のRR。
「“PPP”ジェンツーペンギン」、「“PPP”フンボルトペンギン」、「“PPP”コウテイペンギン」は8月9日に公開されていますのでそちらの記事をご覧ください。該当記事はこちら。

CIP能力は青らしからぬ青のキャラ1枚回収。
PPP構築=青単に近い構築=回収が薄くなる筈ですからそこを補えるのは大変ありがたいです。また、PPPのメンバーを揃えないと発動しないとクライマックスコンボを持つためその条件をクリアするのにも重宝します。

対応クライマックスは、青/門・1。
キャラを揃えたうえでデッキトップ公開の条件もクリアしないといけませんが、かなり軽いコストで1ターンに最高5回アタックすることができます。サーチ、回収を上手く採用してキャラを揃えやすい構築にしたいですね。1ターンに5回アタックを狙うのが理想ですが、「“PPP”コウテイペンギン」か「“PPP”イワトビペンギン」のどちらか片方しかいない状況でも「“PPP”ジェンツーペンギン」と「“PPP”フンボルトペンギン」がいれば発動可能です。1ターンに4回アタックはできます。



20170818_7.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「“PPP”ロイヤルペンギン」対応の青/門・1のクライマックスです。



20170818_6.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
リバース時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにレベル2以上のカードがあるならこのカードをストック置場に置く能力と、「“PPP”ロイヤルペンギン」への絆を持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《マネージャー》。

「“PPP”ロイヤルペンギン」を絆回収できるのはありがたいです。
リバース時能力は運任せではありますが、「“PPP”」ネームの5種の内4種類がレベル2以上のキャラであるため噛み合っています。比較的成功する確率は高いのではないでしょうか。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/17 KMN

20170817_1.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
自ターン中、他の自分の「いつも全力 アライグマ」すべてをパワーパンプする能力と、「いつも全力 アライグマ」への絆を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

専用パワーパンプ&絆。すべてはアライさん次第(ゴクリ。

フレーバーテキストは、アニメ第1話からですね。



ブースターパック「けものフレンズ」収録。
アタック時に対応クライマックスがあるならパワーパンプし、バトル相手リバース時に控え室の《フレンズ》のキャラ1枚をストック置場に置くことができる能力を得るクライマックスコンボと、自分の「虫眼鏡 かばんちゃん」が舞台から控え室に置かれた時に控え室にこのカードがあるならコストを払うことでこのカードを舞台の好きな枠にレストして置く能力を持つ、緑/1/0/4500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

公開4種類目のRR。

対応クライマックスは、緑/宝。
クライマックス分も含めればパワー6500になります。絆元である「マイペース フェネック」が1枚でもいれば専用パワーパンプのおかげでパワー8500以上になります。これならバトル相手のリバースも狙いやすそうです。控え室ストブは、普通に強いです。

クライマックスコンボが狙えない状況でも「マイペース フェネック」が1枚でもいれば自ターン中はパワー6500以上になるため単純な1/0アタッカーとしても扱いやすいと思います。絆で回収できますしね。

2つ目の能力もこれまた強いですね。控え室にあるこのカードが能力源であるというWSでは恐らく初(?)のカードです。「虫眼鏡 かばんちゃん」は8月14日公開されています。その日の記事はこちら。動き的には「暁型駆逐艦2番艦 響」などに近いです。より近いのは「常夏の解放感 リンネ」ですね。コストとして手札を1枚切っていますが、実質このキャラと手札交換しているようなものです。レベル0帯での早出しを狙えたり、不要なカードを切ることができたり優秀です。

フレーバーテキストは「ようこそジャパリパークへ」の間奏=セリフパートからです。
このスペックならアライさんに十分お任せできそうですね。



20170817_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「いつも全力 アライグマ」対応の緑/宝のクライマックスです。

アニメ11話、アライさんが帽子泥棒(?)をついに捕まえたシーンです。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/16 KMN


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
他の自分の《フレンズ》のキャラすべてに手札アンコールを与える能力と、自分のキャラのトリガーチェックで本が出たならば1枚ドローすることができ、ドローしたならば手札を1枚控え室に置く能力、相手のアタックフェイズの始めにコストを払うことで自分のキャラを1枚パワーパンプするクライマックスコンボを持つ、青/1/0/3500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《雪》。

公開3種類目のRR。

1つ目の能力は《フレンズ》のキャラへの手札アンコール付与。
応援ではなく特徴全体付与なのが強いですね。ソウル2のキャラなどレベル2以降にアンコールで維持する価値の大きいキャラを採用することでより強さを発揮できます。

2つ目の能力は本をトリガーした時の任意1ドロー1ディス能力。
手札交換を行えるのは、良いですね。本のクライマックスは本日公開のも含めて2種類になったので8本構築も可能です。

3つ目の能力は、相手のアタックフェイズの始めに対応クライマックスを切ることでの自キャラ単体パワーパンプ。面白いタイミングで発動するクライマックスコンボですね。
打点は少なくなってしまいますが、キャラを守るためにクライマックスを貼らずに温存する戦法が取れます。
また、本トリガーで対応クライマックスを引いてしまった場合や門で対応クライマックスを回収する動きなどでも狙うことができます。対応限定ではありますが、相手ターン中にクライマックスを切ることができるのは、中々に優秀です。

アニメ8話、ゲームの復活を喜ぶキタキツネ。下山してすぐのシーンですね。



20170816_2.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「ゲーム大好き キタキツネ」対応の青/本のクライマックスです。

何故か公開画像がいつもより大きかった件。極稀にあるんですよね。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/15 KMN


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時にすべてのプレイヤーは自分の山札の上から1枚を公開し、公開したカードのレベルが相手の公開したカードのレベルより高いなら相手の前列のコスト0以下のキャラを1枚控え室に置くことができ、相手の方が高いならこのカードをストック置場に置く能力と、対応クライマックスが置かれた時に前列にいて他の自分の《フレンズ》のキャラがいるなら控え室のコスト0以下の《フレンズ》のキャラを1枚舞台の好きな枠に置くクライマックスコンボを持つ、赤/1/0/5500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《武器》。

登場時能力が中々厄介ですね(使う側が)。勝てればノーコストで相手の前列のコスト0以下のキャラを1枚焼けることになるのでとても強いですが、負けた場合は、ストックは増えますがキャラがいなくなるため手札消費が増えてしまいます。引き分けの場合は、何もなしです。ちょっと運要素が強いですね。

対応クライマックスは、赤/新ストブ。
コスト0以下の《フレンズ》のキャラ1枚リアニメイトです。
クライマックスコンボ自体は普通に強いと思います。

アニメ6話、ライオンとの決戦シーン。

どーでもいい話なのですが、カード名の「大将戦 ヘラジカ」を一瞬「大将戦へ ラジカ」と読んでしまいました。



20170815_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「大将戦 ヘラシカ」対応の赤/新ストブです。

アニメ6話、ヘラジカvsライオンの決闘シーンですね。



20170815_2.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時にすべてのプレイヤーは自分の山札の上から1枚を公開し、公開したカードのレベルが相手の公開したカードのレベルより高いなら相手の前列のコスト0以下のキャラを1枚控え室に置くことができ、相手の方が高いならこのカードをレストする能力を持つ、赤/0/0/3500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《武器》。

レベル0版の「大将戦 ヘラジカ」といったところでしょうか。
トップ公開で負けた時の効果がレストになりました。そのターン、アタックできなくなるのは痛いですが、序盤であれば3回アタックしないこともザラですし、後列が空いていればキャラの温存もできる分、マシと言えるかもしれません。どちらにせよ運要素の強いカードであるため不安定ですけどね。ただ、こういったカードが好きな人がいるのも事実です。私も友人とワイワイやる分にはこういった運要素のあるカード、好きです。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/14 KMN その1


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
自分のキャラを1枚手札に戻す、緑/2/0のカウンターイベントです。

古典的な罠」の緑版。
キャラを確実に守ることができます。コストのあるキャラの場合、再びストックを消費することになりますが、CIP能力を再利用できるのも強みのひとつです。また相手のバトル相手リバース時能力をかわしたり、ダイレクト枠を作って打点過剰を狙ったりすることができます。中々テクニカルなカウンターイベントです。
回収できるキャラがいたり、その回収できるキャラが早出し条件になっていたりするので「キルラキル」の「古典的な罠」よりは使われそうな気がします。

アニメ7話のお料理シーン。



20170814_2.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時にコストを払うことで「かまどの火」を1枚回収する能力と、アタック時に他の自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、緑/0/0/500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《帽子》。

「かまどの火」は悪くないイベントですし、そもそも1コストで手札を増やせるのは良いことです。自分自身はかなり貧弱なのが弱みですが、他キャラ1枚をパワーパンプできるため使い勝手は悪くないと思います。

アニメ7話、火をつけるための方法を疲労するシーン。これでかまどに火が付くわけです。



20170814_1.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
自分のクロック置場に「虫眼鏡 かばんちゃん」があるなら早出しすることができる能力と、手札から登場時にコストを払うことで自分の手札の自分のレベル以下の《フレンズ》のキャラを1枚まで舞台の好きな枠に置く能力、対応クライマックスが置かれた時に前列にいるなら《フレンズ》のキャラを2枚までサーチするクライマックスコンボを持つ、緑/3/2/9500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《本》。

公開2種類目のRR。

1つ目の能力は、早出し。
安定率を考えるならば早出し条件である「虫眼鏡 かばんちゃん」4枚採用でしょうね。すんなり4枚採用できるスペックとは言い難いですが、できなくはないスペックだと思います。

2つ目の能力は、登場時に手札を1枚切ることで自分の手札の《フレンズ》のキャラ1枚を登場させるという珍しいものです。手札消費は激しくなりますが、ストック消費を抑えられるのがポイントです。ストックと手札を見極めた上で使うかどうかの判断をしたいです。早出し条件である「虫眼鏡 かばんちゃん」や自身のクライマックスコンボが手札を増やせる効果であるため噛み合ってはいます。

3つ目の能力は、クライマックスコンボによる《フレンズ》のキャラ2枚サーチ。
対応クライマックスは、緑/自キャラ2枚にパワー+2000、ソウル+1。早出ししてこそ強さを発揮できると思います。レベル3帯への準備をする感じですね。クライマックスのパワー+2000のおかげで自身のパワーの低さもある程度補えるため悪くない組み合わせだと思います。

アニメ7話、正体が一応判明したシーンです。ハシビロちゃんから既にそんなようなことを教えてもらっていたのでそんなに驚かれなかったわけです。



20170814_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「この島の長 アフリカオオコノハズク&ワシミミズク」対応の緑/自キャラ2枚にパワー+2000、ソウル+1のクライマックスです。

アニメ12話、ラストの戦闘、かっこいいシーン。盛り上がってくるところです。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/10 KMN その2


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力と、手札から登場時に自分の《フレンズ》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力、1ターンにつき1回まで前列の中央のキャラがアタックした時に対応クライマックスがあり、自分の思い出置場の《フレンズ》のキャラが2枚以上ならコストを払うことでスタンドするクライマックスコンボを持つ、黄/3/2/8500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

公開5種類目のFRです。

CIP能力は1点回復と邂逅能力。素のパワーは8500と低いですが、登場ターン中は最低でもパワー9500、最高でパワー13500まで伸びるため扱いやすいでしょう。

対応クライマックスは、黄/新ストブ。
中央のキャラアタック時誘発の再スタンドです。思い出に《フレンズ》のキャラ2枚以上の発動条件の記憶でもあるためコストが軽くなっています。今のところ、思い出に飛ぶ《フレンズ》のキャラは全く公開されていませんが、まだ発売までに2週間あるのでその間に公開されるでしょう。

軸になるようなレベル3キャラだと思います。

フレーバーテキストは何話でしょうね?色々なところで言っています。
ある意味、サーバルの名(迷?)台詞的な存在かもしれません。



20170810_5.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「なんでも気になる サーバル」対応の黄/新ストブです。

アニメ12話、感動のシーン。



20170810_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時にコストを払うことで「紙ヒコーキ」を1枚回収する能力と、「なんでも気になる サーバル」への絆を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《帽子》。

紙ヒコーキ」は既に公開されているイベントです。「ジャックブラザーズ」のレベル3版。
絆先もレベル3キャラですから、レベル0キャラでありながら終盤を見据えたキャラであると言えます。単純に手札アド稼いだり、手札交換として使ったりもできますから優秀だと思います。

「紙ヒコーキ」は「紙ヒコーキ」で強いのですが、「じゃぱりまん」回収にして欲しかった感はあります。使いやすさではこちらの方が上ですからね。

アニメ1話、カード名通りガイドマップを見つけたシーンです。

| けものフレンズ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/10 KMN その1


トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
緑/ソウル+2のクライマックスです。

対応キャラはいないかもしれません。
アニメ1話、「た、食べないでくださーい!!」「食べないよ!」のかなり有名なシーンだと思います。イラストとフレーバーテキストだけ見ると何か少しエロいですね。

余談ですが、カード名が「た、食べないでくださーい!!」ではなく、異様に濁音が多く泣きべそかいているような「だっ、食べないでぐだざーい!!」になっているのが少し気になるというか残念というか。そう聞こえなくはないのですが、シンプルに「た、食べないでくださーい!!」の方が知名度ある気がします。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/09 KMN その2


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
相手のターン中、他の自分の前列の中央のキャラをパワーパンプする能力と、クライマックス1枚につき《フレンズ》のキャラを1枚までサーチする1コスト2枚レスト4枚集中を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《音楽》。

この手の集中が弱いわけないです。
公開では2種類目の集中。「さばくツアー中 かばんちゃん」がレベル1キャラだったのに対し、こちらはレベル0キャラなので様々なデッキでの採用が検討できます。

フレーバーテキストは一体どこから取っているのか分かりません。アニメからではなくOP曲の「ようこそジャパリパーク」のセリフパートに「も、もう本番ですか?」と近いものはあります。



20170809_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
他の自分の前列の中央のキャラに手札アンコールを与える能力と、レベル3以上への応援を持つ、青/2/1/6000のキャラです。特徴は《フレンズ》・《音楽》。

レベル3以上2000応援も普通に優秀ですが、前列の中央のキャラに手札アンコールを与える能力がまた良いですね。優秀な上位後列キャラだと思います。

このフレーバーテキストは「ようこそジャパリパーク」のセリフパートにありますね。



20170809_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
他の自分の「“PPP”ジェンツーペンギン」と「“PPP”フンボルトペンギン」がいるなら早出しすることができる能力と、手札jから登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力を持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《フレンズ》・《音楽》。

早出し条件になっているキャラが優秀な後列キャラなので採用し易いですし、後列には触れられ難いため条件は緩い部類入ると思います。「“PPP”ジェンツーペンギン」の採用枚数が難しいところですが、サーチ、回収を上手く整えることでその辺調整していきたいです。

しかし、早出し抜きに考えるとCIPクロック1点回復の3/2バニラになってしまうのはちょっと弱いですね。レベル3帯になったら完全にそれですから。

フルルと同じくフレーバーテキストがどこ出か分かりません。
アニメ8話で「落ち着いていこう」とは言っていますが正確ではないですし、「ようこそジャパリパーク」では「もっと上を目指さないと」と全く違います。多少調べてみたのですが分からないままです。

| けものフレンズ | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/09 KMN その1


トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
他の自分の《フレンズ》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力を持つ、緑/2/1/7500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

条件を満たせばパワー9500になります。条件も緩いので扱いやすいと思います。
2/1で常時このパワーは十分強いのですが、レベル3キャラ相手を考えると力不足です。

アニメ2話、かばんちゃん達を乗せて川を渡っているシーンが描かれています。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/09 SG


「『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』 キャラクターソング5 暁 切歌(CV:茅野 愛衣)」初回封入特典PR。
レベル3以上への応援と、手札から登場時にコストを払うことで《音楽》のキャラを1枚までサーチする能力を持つ、緑/2/1/4500のキャラです。特徴は《音楽》・《武器》。

新たなる力 切歌」互換。
「『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』のキャラクターソングのPRカードは互換収録であるためPR商法でないのに好感が持てます。

| シンフォギア | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/08 KMN その2


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
他の枠に動かすことができない能力と、手札から登場時に自分の山札を上から6枚まで見て、カードを3枚選び控え室に置き、残りを山札の上に好きな順番で置く能力、手札から登場時にコストを払うことでクライマックスを1枚回収する能力を持つ、赤/3/2/11000のキャラです。特徴は《フレンズ》。

公開4種類目のFRです。

1つ目は、自身の移動を禁じるデメリット能力です。
登場させる時は十分に注意しましょう。

2つ目は、「“No brand girls”希」などと同じ能力です。
山札の上から6枚まで見て3枚を控え室に置き、残りを好きな順番で山札の上に置きます。要は、山札の上から3枚を操作できます。基本は終盤のダメージ調整として使います。デッキトップ公開系やトリガー誘発系とも相性が良いです。

3つ目は、登場時手札と控え室のクライマックス交換。
クライマックスコンボ持ちと相性の良い能力ですね。相手の残りクロックなどに合わせて欲しいクライマックスを握ることができるのも強みです。

4枚採用したいキャラではありませんが、1,2枚採用したいと思えるキャラです。

フレーバーテキストはアニメ8話ですね。



20170808_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時に《フレンズ》のキャラを1枚回収することができる能力と、対応クライマックスの効果で舞台に置かれた時にコストを払うことでスタンドするクライマックスコンボを持つ、赤/3/2/10000のキャラです。特徴は《フレンズ》・《武器》。

対応クライマックスは、赤/待・1。
クライマックスコンボですが手札からクライマックスを貼っての使い方はあまり強くありません。控え室から出てくるため登場時の回収能力は使えませんし、クライマックスコンボを使うと手札を2枚も切らないといけません。

強いのは、スタンバイアイコンをトリガーした時ですね。既にアタックを終えたキャラの上に登場させ、クライマックスコンボを使うことでアタック回数を1回増やすことができます。しかし、トリガーなので運任せです。「実は奥ゆかしい? ハシビロコウ」のCIP能力と組み合わせれば成功確率を高めることができます。

スタンバイアイコンを活かした面白いクライマックスコンボだと思いますが、ちょっと不安定ですね。クライマックスコンボを抜くとCIPキャラ回収のパワー10000のキャラ止まりというのも辛いところです。

アニメ6話、ライオンと面会中のワンシーン。ライオンはリーダーモードというか本気モードの時とお気楽モードの時の声の差がすごいですよね。アニメ12話の「うちの子に~手出してんじゃねぇぞ……!」は鳥肌もんでした。声優ってすごい。



20170808_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「百獣の王 ライオン」対応の赤/待・1のクライマックスです。

アニメ6話、ヘラジカとの決闘シーンですね。

| けものフレンズ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/08 KMN その1


トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
応援と、コストを払うことで自分の《フレンズ》のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、緑/0/0/1000のキャラです。特徴は《フレンズ》。

ペルソナ4の「バスケ部 一条康」と比べると大分強化されました。
《フレンズ》専用パワーパンプ起動能力は少々重いですが、パワー+2500と中々強力です。能力を使えば同じレベル同士なら大抵のキャラを倒すことができます。応援もあるので後列に置いといて無駄にはなりません。基本は採用されなそうですが、ピン挿しとかしてみるのも一興だと思います。

アニメ2話、日向ぼっこしながらジャガーを待っているシーンですね。石ころでお手玉をしています。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/07 KMN その2


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
正面のキャラにクロックアンコールを与える能力と、リバース時にこのカードを山札の下に置く能力を持つ、緑/1/0/6500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

デメリット持ちのオーバースペックキャラです。デメリットを2つ持っています。特に1つ目が重いですね。せっかく相手キャラを倒してもクロックアンコールされてしまうので、せっかくの高パワーが無駄になってしまいそうです。

アニメ5話、家造りの途中、休憩している時のシーンですね。ビーバーと話しています。



20170807_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
自分の《フレンズ》のキャラが3枚以上なら自分のクロック置場の《フレンズ》のキャラを1枚手札に戻し、このカードを思い出にする、緑/2/1のイベントです。

青っぽいイベントですが、実はこの手のイベントは緑には古くからありました
メンバーセレクト」や「食材集め」の亜種です。条件が付いた分、コストが軽くなりました。回復メタをすり抜けつつ回復することができます。また、クロックの一番上からの回収でないのもポイントです。思い出にいくので記憶があれば使われる可能性はより上がりそうです。

アニメ5話、自分で穴掘っておきながら埋まりそうになっているプレーリーを救出しているワンシーン。

| けものフレンズ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/07 KMN その1


トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
他の自分の「はじめてのさばんなちほー かばんちゃん」すべてをパワーパンプする能力と、「はじめてのさばんなちほー かばんちゃん」への絆を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

絆先である「はじめてのさばんなちほー かばんちゃん」は黄/1/0/5500のバニラキャラです。
つまり、「林檎のおすそわけ 杏子」と「見滝原中学二年生 さやか」の組み合わせですね。
これもTD+の恒例収録になりつつあります。
1コストで回収=手札増やせて、簡単に1/0のパワー6500以上のキャラを作ることができるのは相変わらず強いと思います。

アニメ1話のガケからすべり落ちちゃったかばんちゃんに声をかけているシーンですね。有名なセリフだと思います。



20170807_2.png
トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
黄/1/0/5500のバニラキャラです。特徴は《フレンズ》・《帽子》。

「手をさしのべる サーバル」の絆&専用パワーパンプ先。

アニメ1話、サーバルにさばんなちほーをガイドして貰っている時のシーンが描かれています。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/04 KMN その2


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
自分のクロックが1枚以下ならアタックできない能力と、手札から登場時にコストを払うことですべてのプレイヤーは自分の控え室のカードを山札に戻し、シャッフルする=疑似リフする能力を持つ、黄/1/0/5500のキャラです。特徴は《メカ》。

公開3種類目のFRです。

ヌーディスト・ビーチの一員 黄長瀬」などと同じCIP能力を持っています。
手札を消費してしまいますが、自分の山札にクライマックスが残っていない状況や逆に相手の山札にクライマックスが多く眠っている状況などを打開できる数少ないキャラです。クライマックスが2枚以下などの早出し条件を満たすこともできます。事故防止にもなるので1,2枚挿しておくだけでも違うと思います。

デメリット持ちになりパワーが1/0バニラサイズになりましたが、1/0アタッカーというには厳しい値です。デメリットが足を引っ張ることもありそうですね。

FRなのがちょっと意外なカードでした。

フレーバーテキストは、アニメ2話のジャングルに入る直前のセリフです。



20170804_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
早出しメタストック送り相討ち能力を持つ、黄/2/1/7000のキャラです。特徴は《メカ》。

優秀な2/1アタッカーです。

アニメ11話のサンドスターローが放出された時ですね。
この後のかばんちゃんがかっこいいんですよね。

| けものフレンズ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/04 KMN その1


トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
手札から登場時に自分の山札を上から自分の《フレンズ》のキャラの枚数に等しい数まで見て、カードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力と、アタック時にコストを払うことで自分の《フレンズ》のキャラすべてをパワー&ソウルパンプする能力を持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《フレンズ》。

凛アスこと「凛とした強さ アスナ」などと同様のアタック時能力ですね。優秀な能力なのは証明済みといえるでしょう。CIP能力のXルlックも優秀です。っ増えた手札分、アタック時能力のコストにも充てやすくなりました。ブースターパック発売後も普通に採用されそうです。

フレーバーテキストは、アニメ1話の狩りごっとの最中のセリフです。
イラストは、けものフレンズ公式サイトのトップを飾っているものですね。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/03 KMN その2


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
アタック時に対応クライマックスがあり他の自分の青のキャラがいるなら自分の山札を上から4枚まで見て《フレンズ》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置くクライマックスコンボを持つ、青/1/0/5000のキャラです。特徴は《フレンズ》・《音楽》。

対応クライマックスは、青/本。
“みんなのアイドル”橋本にゃー」の青版といったところです。パワー面が少々心配ですが、アタックするだけで4ルックできるのは優秀だと思います。レアリティが一段階降格されています。これでUは強い。

フレーバーテキストはありませんが、カード名とイラストの背景的にアニメ第8話のペパプのスペシャル練習見学時のマーゲイの感想を聞いているシーンだと思います。



20170803_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「新たなリーダー観? コウテイ」対応の青/本のクライマックスです。

アニメ8話のライブシーンですね。このクライマックスだけ見るとペパプのメンバー一人ひとりに対応していてもおかしくなさそうなのですが果たして。

| けものフレンズ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/03 KMN その1


トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
1/0/1500助太刀を持つ、黄/1/0/1500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《帽子》。

極普通の1/0バニラ助太刀です。

アニメ第1話のセルリアン戦のワンシーンですね。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/02 KMN その2

「ブシロードカードゲームライブ with 戦略発表会2017夏」にてブースターパック「けものフレンズ」の情報が新たに公開されたのでそちらに先に触れたいと思います。

スライド9
まずは、新しいフレンズが増えるらしいです。「しろくろのフレンズ」良いですね。

スライド10
ラバーマット、PRカードキャンペーンが開催されるそうです。これは確実に搾取しに来てますね。
戦略発表会を見ていないのでよく分からないのですが、画像を見る限りではFRを4種類集めて交換っぽいですね。中々えげつないです。これはFRの初動価格は高そうです。そして、安いやつはこの交換目当てにすぐなくなりそうです。プレイマットが先着2000名限定で更に2種類の内どちらかランダムというのも商魂たくましいですね。プレイマットの売買はもちろんですがTwitterで交換募集なども見かけそうです。




ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時に1枚までドローし、パワーパンプする能力と、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで相手に1ダメージを与え、相手の後列のレベル1以下のキャラ1枚を次の相手のスタンドフェイズにスタンドしなくするクライマックスコンボ、手札の《フレンズ》のキャラアンコールを持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《音楽》。

RRはこれが初公開ですね。

CIP能力は1ドローとパワーパンプ。手札を補充できるのは良いことですし、素のパワーは9500しかないため登場ターン中だけでも強くなるのはありがたいです。手札補充は自身の持つ手札アンコールと噛み合っています。

対応クライマックスは、赤/扉。
1コスト1点バーンと後列のレベル1以下キャラスタンド封じ。1点バーンは言わずもがな強力です。しかし、スタンド封じが微妙ですね。後列が寝ていない場面は普通にあるので意味なく終わってしまう可能性は十分にあります。そもそも後列をスタンド封じしても無意味な時は無意味なんですけどね。レベル1以下指定はなくても良かったんじゃと思ってしまいます。相手の後列キャラによっては有用に働く場面もなくはないです。

3つ目の能力は、手札の《フレンズ》のキャラアンコール。
手札の不要な《フレンズ》のキャラを切って、3/2のキャラを生かせるのは十分強いです。

描かれているのはアニメ第3話のトキが登場して歌っているシーンだと思われます。



20170802_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「脅威の歌声? トキ」対応の赤/扉のクライマックスです。

描かれているシーンはアニメ第3話のカード名の通りです。



20170802_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
他の自分の《フレンズ》のキャラが手札から登場した時にそのキャラをパワーパンプし、《お茶》を与える能力と、このカードをレストすることで控え室の《フレンズ》のキャラ1枚をストック置場に置く起動能力を持つ、赤/2/1/1500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《お茶》。

どこか懐かしさを感じる起動能力ですね。「本好きなエリー」が近いものを持っていました。
山札からではなく控え室からのストブになったのでクライマックスを噛む心配がなくなったのは大きいです。このタイプはこれが初と思っていたのですが、実は「“全力投球”凛」というキャラが既にいました。

登場ターン中に起動能力を使えば実質ノーコストでキャラを出したことになります。以降使うごとにストック1枚分お得になります。登場したキャラのパワーを+1000する能力も持っていますし、悪くないと思います。後は、そのストックをどう利用するかですね。

アニメ第3話、アルパカの登場シーン。アルパカと言えば「ペッ」。

| けものフレンズ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/02 KMN その1


トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
自分の《フレンズ》か《メカ》のキャラ2枚までに舞台から控え室に置かれた時にこのカードをこのカードがいた枠にレストして置く能力を与える、緑/1/2のカウンターイベントです。

ケモノダマ」互換。
1枚で2枚守れる強さは変わらず。しかし、後ろ向きと言えば後ろ向きな効果です。
色は違いますが「アイデアいっぱい かばんちゃん」のサーチ先としてありな気がします。

イベント名通りにアニメ1話の狩りごっこのシーンが描かれています。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ブシロードカードゲームライブ with 戦略発表会2017夏」の発表内容

「ブシロードカードゲームライブ with 戦略発表会2017夏」の発表内容が掲載されていることに今日気付いたいので一応触れておきたいと思います。重要な情報もありましたからね。

まずは12月以降の発売タイトルから。
スライド15
初音ミクの追加。エクストラブースターになります。
追加が来そうで来なかったタイトルですね。ブースターパック「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」の発売が2014年7月25日なので3年以上ぶりです。

スライド12
バンドリの追加。スマホゲーのやつですね。

スライド14
新規タイトル「ひなろじ」。11月に発売されるのは知っていましたが、まさかの1月に追加が発売されます。どちらもエクストラブースターです。何でブースターパックにまとめられなかったのだろうか?

スライド16
なのはの追加。ブースターパック「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st & 2nd A's」の発売日が2014年10月23日だったので3年以上ぶりですね。再録ブースターに近い形であったことを考えますと純粋な追加は4年以上ぶりということになります。オリンピックかな?

スライド17
9月以降の発売タイトルのまとめ。
ブースターパック「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」の発売日が9月15日から22日に変更されています。


ここからは商品仕様変更のお知らせです。重大な発表ですね。
スライド3
価格、収録枚数(パック数)、封入率などが変更されます。
1パックあたりの価格は高くなりますが、1ボックスに入っているパック数が減っているため1ボックスの価格は今までより少し安くなりました。そして、1パックの封入内容も変わります。これが問題と言いますか鍵ですね。1箱あたりのRR、R数が今までと然程変わらなければ何も問題はないのですが、これが大きく変わるようならシングル価格にも大きく影響することでしょう。追加1枠にアンコモンやクライマックスが含まれているのが怖いですね。
SRカードのキラキラ加工のパワーアップについては・・・・・・。

スライド4
金券銀券の封入方法や交換点数も変わります。1ボックス封入になりブースターパック以外の賞品からはなくなります。これは良い試みだと思います。数パック剥いて金券銀券の楽しみがなくなったのは少し残念ですが、正直ハズレ=ゴミの出る量の方が圧倒的に多いですからね。

商品仕様については実際に10月になって発売されないことにはなんとも言えなそうなですね。正直、シングル価格が上がりそうで嫌な予感しかしません。しかし、シングル価格が上がればパック剥き得になるわけでってあれ?

| Weiβ Schwarz 情報 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/01 KMN その2


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
アタック時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《フレンズ》のキャラなら他の自分の《フレンズ》のキャラ1枚を他の自分の《フレンズ》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、手札アンコールを持つ、緑/1/0/4500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

公開2種類目のFRです。

アタック時デッキトップ公開式、他の自分の《フレンズ》のキャラ限定であるとはいえ、最高でパワー+4000補正できるのは大きいと思います。この補正値でこの条件はむしろ緩いくらいですね。

手札アンコールという備えもありますし、優秀な1/0キャラだと思います。

しかし、デッキトップ公開で《フレンズ》のキャラでないとパワーパンプ能力は発動しないためイベント採用の構築では扱い難いです。成功確率が下がってしまいますからね。「アイデアいっぱい かばんちゃん」との相性はあまり良くないです。

フレーバーテキストは、コツメカワウソの名(迷?)台詞になっています。コツメカワウソと言えばこれですね。



20170801_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時にコストを払うことで《フレンズ》のキャラを1枚までサーチする能力と、1ターンにつき2回まで他の自分の《フレンズ》のキャラが手札から登場した時にパワーパンプする能力を持つ、緑/0/0/2000のキャラです。特徴は《フレンズ》。

1コスト手札切りサーチですね。便利な能力なのは言わずもがな。
パワーパンプ能力のおかげで最高パワー4000になるためレベル0アタッカーキャラとして見ても悪くありません。手札切りサーチで持ってきたキャラを出せばそのままパワーパンプ能力が誘発するので能力同士も噛み合っています。

描かれているのは恐らくアニメ3話です。バスに電池を入れた辺りでしょうか。今までのは合っている自信がありますが、これは少し自信がないです。
ジャガーと言えば「いや、わからん……」、もしくは「どうなるかぜんぜんわからん!」といった名(迷?)台詞があるのでこちらがフレーバーテキストのカードも収録して欲しいです。

| けものフレンズ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/01 KMN その1


トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
他の自分の《フレンズ》のキャラがアタックした時にパワーパンプする能力を持つ、緑/2/1/7500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

条件を満たしつつ3回目にアタックすればパワー10500になります。
悪くない2/1アタッカーキャラです。しかし、レベル3キャラ相手には厳しいものがあります。早出しメタ相討ちやレベル3メタのキャラがブースターパックで収録されるとそちらに席を譲ることが多いです。

アニメ2話、コツメカワウソと出会って挨拶しているシーンですね。
「わーい!たーのしー!」で有名なフレンズです。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |