大切なのはイメージすること。

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/02 KMN その2

「ブシロードカードゲームライブ with 戦略発表会2017夏」にてブースターパック「けものフレンズ」の情報が新たに公開されたのでそちらに先に触れたいと思います。

スライド9
まずは、新しいフレンズが増えるらしいです。「しろくろのフレンズ」良いですね。

スライド10
ラバーマット、PRカードキャンペーンが開催されるそうです。これは確実に搾取しに来てますね。
戦略発表会を見ていないのでよく分からないのですが、画像を見る限りではFRを4種類集めて交換っぽいですね。中々えげつないです。これはFRの初動価格は高そうです。そして、安いやつはこの交換目当てにすぐなくなりそうです。プレイマットが先着2000名限定で更に2種類の内どちらかランダムというのも商魂たくましいですね。プレイマットの売買はもちろんですがTwitterで交換募集なども見かけそうです。




ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時に1枚までドローし、パワーパンプする能力と、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで相手に1ダメージを与え、相手の後列のレベル1以下のキャラ1枚を次の相手のスタンドフェイズにスタンドしなくするクライマックスコンボ、手札の《フレンズ》のキャラアンコールを持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《音楽》。

RRはこれが初公開ですね。

CIP能力は1ドローとパワーパンプ。手札を補充できるのは良いことですし、素のパワーは9500しかないため登場ターン中だけでも強くなるのはありがたいです。手札補充は自身の持つ手札アンコールと噛み合っています。

対応クライマックスは、赤/扉。
1コスト1点バーンと後列のレベル1以下キャラスタンド封じ。1点バーンは言わずもがな強力です。しかし、スタンド封じが微妙ですね。後列が寝ていない場面は普通にあるので意味なく終わってしまう可能性は十分にあります。そもそも後列をスタンド封じしても無意味な時は無意味なんですけどね。レベル1以下指定はなくても良かったんじゃと思ってしまいます。相手の後列キャラによっては有用に働く場面もなくはないです。

3つ目の能力は、手札の《フレンズ》のキャラアンコール。
手札の不要な《フレンズ》のキャラを切って、3/2のキャラを生かせるのは十分強いです。

描かれているのはアニメ第3話のトキが登場して歌っているシーンだと思われます。



20170802_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「脅威の歌声? トキ」対応の赤/扉のクライマックスです。

描かれているシーンはアニメ第3話のカード名の通りです。



20170802_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
他の自分の《フレンズ》のキャラが手札から登場した時にそのキャラをパワーパンプし、《お茶》を与える能力と、このカードをレストすることで控え室の《フレンズ》のキャラ1枚をストック置場に置く起動能力を持つ、赤/2/1/1500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《お茶》。

どこか懐かしさを感じる起動能力ですね。「本好きなエリー」が近いものを持っていました。
山札からではなく控え室からのストブになったのでクライマックスを噛む心配がなくなったのは大きいです。このタイプはこれが初と思っていたのですが、実は「“全力投球”凛」というキャラが既にいました。

登場ターン中に起動能力を使えば実質ノーコストでキャラを出したことになります。以降使うごとにストック1枚分お得になります。登場したキャラのパワーを+1000する能力も持っていますし、悪くないと思います。後は、そのストックをどう利用するかですね。

アニメ第3話、アルパカの登場シーン。アルパカと言えば「ペッ」。

| けものフレンズ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/02 KMN その1


トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
自分の《フレンズ》か《メカ》のキャラ2枚までに舞台から控え室に置かれた時にこのカードをこのカードがいた枠にレストして置く能力を与える、緑/1/2のカウンターイベントです。

ケモノダマ」互換。
1枚で2枚守れる強さは変わらず。しかし、後ろ向きと言えば後ろ向きな効果です。
色は違いますが「アイデアいっぱい かばんちゃん」のサーチ先としてありな気がします。

イベント名通りにアニメ1話の狩りごっこのシーンが描かれています。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ブシロードカードゲームライブ with 戦略発表会2017夏」の発表内容

「ブシロードカードゲームライブ with 戦略発表会2017夏」の発表内容が掲載されていることに今日気付いたいので一応触れておきたいと思います。重要な情報もありましたからね。

まずは12月以降の発売タイトルから。
スライド15
初音ミクの追加。エクストラブースターになります。
追加が来そうで来なかったタイトルですね。ブースターパック「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」の発売が2014年7月25日なので3年以上ぶりです。

スライド12
バンドリの追加。スマホゲーのやつですね。

スライド14
新規タイトル「ひなろじ」。11月に発売されるのは知っていましたが、まさかの1月に追加が発売されます。どちらもエクストラブースターです。何でブースターパックにまとめられなかったのだろうか?

スライド16
なのはの追加。ブースターパック「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st & 2nd A's」の発売日が2014年10月23日だったので3年以上ぶりですね。再録ブースターに近い形であったことを考えますと純粋な追加は4年以上ぶりということになります。オリンピックかな?

スライド17
9月以降の発売タイトルのまとめ。
ブースターパック「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」の発売日が9月15日から22日に変更されています。


ここからは商品仕様変更のお知らせです。重大な発表ですね。
スライド3
価格、収録枚数(パック数)、封入率などが変更されます。
1パックあたりの価格は高くなりますが、1ボックスに入っているパック数が減っているため1ボックスの価格は今までより少し安くなりました。そして、1パックの封入内容も変わります。これが問題と言いますか鍵ですね。1箱あたりのRR、R数が今までと然程変わらなければ何も問題はないのですが、これが大きく変わるようならシングル価格にも大きく影響することでしょう。追加1枠にアンコモンやクライマックスが含まれているのが怖いですね。
SRカードのキラキラ加工のパワーアップについては・・・・・・。

スライド4
金券銀券の封入方法や交換点数も変わります。1ボックス封入になりブースターパック以外の賞品からはなくなります。これは良い試みだと思います。数パック剥いて金券銀券の楽しみがなくなったのは少し残念ですが、正直ハズレ=ゴミの出る量の方が圧倒的に多いですからね。

商品仕様については実際に10月になって発売されないことにはなんとも言えなそうなですね。正直、シングル価格が上がりそうで嫌な予感しかしません。しかし、シングル価格が上がればパック剥き得になるわけでってあれ?

| Weiβ Schwarz 情報 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |