大切なのはイメージすること。

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/08 KMN その2


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
他の枠に動かすことができない能力と、手札から登場時に自分の山札を上から6枚まで見て、カードを3枚選び控え室に置き、残りを山札の上に好きな順番で置く能力、手札から登場時にコストを払うことでクライマックスを1枚回収する能力を持つ、赤/3/2/11000のキャラです。特徴は《フレンズ》。

公開4種類目のFRです。

1つ目は、自身の移動を禁じるデメリット能力です。
登場させる時は十分に注意しましょう。

2つ目は、「“No brand girls”希」などと同じ能力です。
山札の上から6枚まで見て3枚を控え室に置き、残りを好きな順番で山札の上に置きます。要は、山札の上から3枚を操作できます。基本は終盤のダメージ調整として使います。デッキトップ公開系やトリガー誘発系とも相性が良いです。

3つ目は、登場時手札と控え室のクライマックス交換。
クライマックスコンボ持ちと相性の良い能力ですね。相手の残りクロックなどに合わせて欲しいクライマックスを握ることができるのも強みです。

4枚採用したいキャラではありませんが、1,2枚採用したいと思えるキャラです。

フレーバーテキストはアニメ8話ですね。



20170808_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時に《フレンズ》のキャラを1枚回収することができる能力と、対応クライマックスの効果で舞台に置かれた時にコストを払うことでスタンドするクライマックスコンボを持つ、赤/3/2/10000のキャラです。特徴は《フレンズ》・《武器》。

対応クライマックスは、赤/待・1。
クライマックスコンボですが手札からクライマックスを貼っての使い方はあまり強くありません。控え室から出てくるため登場時の回収能力は使えませんし、クライマックスコンボを使うと手札を2枚も切らないといけません。

強いのは、スタンバイアイコンをトリガーした時ですね。既にアタックを終えたキャラの上に登場させ、クライマックスコンボを使うことでアタック回数を1回増やすことができます。しかし、トリガーなので運任せです。「実は奥ゆかしい? ハシビロコウ」のCIP能力と組み合わせれば成功確率を高めることができます。

スタンバイアイコンを活かした面白いクライマックスコンボだと思いますが、ちょっと不安定ですね。クライマックスコンボを抜くとCIPキャラ回収のパワー10000のキャラ止まりというのも辛いところです。

アニメ6話、ライオンと面会中のワンシーン。ライオンはリーダーモードというか本気モードの時とお気楽モードの時の声の差がすごいですよね。アニメ12話の「うちの子に~手出してんじゃねぇぞ……!」は鳥肌もんでした。声優ってすごい。



20170808_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「百獣の王 ライオン」対応の赤/待・1のクライマックスです。

アニメ6話、ヘラジカとの決闘シーンですね。

| けものフレンズ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/08 KMN その1


トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
応援と、コストを払うことで自分の《フレンズ》のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、緑/0/0/1000のキャラです。特徴は《フレンズ》。

ペルソナ4の「バスケ部 一条康」と比べると大分強化されました。
《フレンズ》専用パワーパンプ起動能力は少々重いですが、パワー+2500と中々強力です。能力を使えば同じレベル同士なら大抵のキャラを倒すことができます。応援もあるので後列に置いといて無駄にはなりません。基本は採用されなそうですが、ピン挿しとかしてみるのも一興だと思います。

アニメ2話、日向ぼっこしながらジャガーを待っているシーンですね。石ころでお手玉をしています。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |