大切なのはイメージすること。

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/10 KMN その2


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力と、手札から登場時に自分の《フレンズ》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力、1ターンにつき1回まで前列の中央のキャラがアタックした時に対応クライマックスがあり、自分の思い出置場の《フレンズ》のキャラが2枚以上ならコストを払うことでスタンドするクライマックスコンボを持つ、黄/3/2/8500のキャラです。特徴は《フレンズ》。

公開5種類目のFRです。

CIP能力は1点回復と邂逅能力。素のパワーは8500と低いですが、登場ターン中は最低でもパワー9500、最高でパワー13500まで伸びるため扱いやすいでしょう。

対応クライマックスは、黄/新ストブ。
中央のキャラアタック時誘発の再スタンドです。思い出に《フレンズ》のキャラ2枚以上の発動条件の記憶でもあるためコストが軽くなっています。今のところ、思い出に飛ぶ《フレンズ》のキャラは全く公開されていませんが、まだ発売までに2週間あるのでその間に公開されるでしょう。

軸になるようなレベル3キャラだと思います。

フレーバーテキストは何話でしょうね?色々なところで言っています。
ある意味、サーバルの名(迷?)台詞的な存在かもしれません。



20170810_5.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「なんでも気になる サーバル」対応の黄/新ストブです。

アニメ12話、感動のシーン。



20170810_3.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時にコストを払うことで「紙ヒコーキ」を1枚回収する能力と、「なんでも気になる サーバル」への絆を持つ、黄/0/0/500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《帽子》。

紙ヒコーキ」は既に公開されているイベントです。「ジャックブラザーズ」のレベル3版。
絆先もレベル3キャラですから、レベル0キャラでありながら終盤を見据えたキャラであると言えます。単純に手札アド稼いだり、手札交換として使ったりもできますから優秀だと思います。

「紙ヒコーキ」は「紙ヒコーキ」で強いのですが、「じゃぱりまん」回収にして欲しかった感はあります。使いやすさではこちらの方が上ですからね。

アニメ1話、カード名通りガイドマップを見つけたシーンです。

| けものフレンズ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/10 KMN その1


トライアルデッキ+「けものフレンズ」収録。
緑/ソウル+2のクライマックスです。

対応キャラはいないかもしれません。
アニメ1話、「た、食べないでくださーい!!」「食べないよ!」のかなり有名なシーンだと思います。イラストとフレーバーテキストだけ見ると何か少しエロいですね。

余談ですが、カード名が「た、食べないでくださーい!!」ではなく、異様に濁音が多く泣きべそかいているような「だっ、食べないでぐだざーい!!」になっているのが少し気になるというか残念というか。そう聞こえなくはないのですが、シンプルに「た、食べないでくださーい!!」の方が知名度ある気がします。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |