大切なのはイメージすること。

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/09/04 SG


ブースターパック「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」収録。
自分のクロックが1枚以下ならアタックできない能力と手札から登場時に相手の前列のレベル0以下の《音楽》のキャラを1枚控え室に置くことができる能力を持つ、緑/0/0/3500のキャラです。特徴は《錬金術》。

まさかの《音楽》メタ。登場させるだけで相手の前列のレベル0以下の《音楽》のキャラを1枚除去できます。《音楽》がメインのタイトルと言いますと【シンフォ】、【アイマス】、【デレマス】、【ラブライブ】、【サンシャイン】、【バンドリ】、【ミク】などでしょうか。それ以外のタイトルでもたまに《音楽》を持っているキャラがいます。例えば最近ですと【けもフレ】の「PPP」に刺さります。

相手が該当特徴のデッキでなく能力が使えない場面も普通に多いでしょうが、それでも0/0/3500のデメリット持ちオーバースペックキャラです。十分過ぎる強さだと思います。

小技になりますが、自分のクロックが1枚の状況でも「自動人形 レイア」があるようなら「自動人形 レイア」をチャンプアタックさせて能力を使うことで無理やり条件をクリアすることができます。クロックアンコールも上手く使えば条件クリアに繋げることができます。



20170904_6.png
ブースターパック「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」収録。
手札から登場時にコストを払うことで「イグナイトモジュール」を1枚までサーチする能力を持つ、青/0/0/2500のキャラです。特徴は《音楽》・《錬金術》。

手札交換式のサーチ。ただし、切ることができるのは《音楽》のキャラのみです。
海辺の特訓 響&エルフナイン」は回収だったので、サーチもできるようになったのは中々に大きいです。手札は増えませんがストックを消費しないという違いもありますね。後は、パワーが2500あるのでレベル0アタッカーとして使えなくもないです。

| シンフォギア | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/09/04 AOT


ブースターパック 「『進撃の巨人』Vol.2」収録。
他の自分の《兵団》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、対応クライマックスが置かれた時に前列にいるなら《兵団》のキャラを1枚までサーチするクライマックスコンボを持つ、緑/2/1/7000のキャラです。特徴は《兵団》・《武器》。

ガウル能力により最高でパワー9000になります。

対応クライマックスは、緑/袋。
ノーコストサーチは、便利です。対応を宝にして欲しかった感はあります。

2/1キャラ、そしてUという時点である程度察して下さい。
これが早出しとかできればまた違うんですけどね。



20170904_2.png
ブースターパック 「『進撃の巨人』Vol.2」収録。
「“夕日を背に”リヴァイ」対応の緑/袋のクライマックスです。

袋トリガーは定期的に収録されている筈なのですが、見るとどこか懐かしさを感じる不思議。



20170904_3.png
ブースターパック 「『進撃の巨人』Vol.2」収録。
レベル比例応援と、自分のクライマックスフェイズの始めに自分の《兵団》のキャラ1枚をパワーパンプし、そのキャラが「“運命への抗い”リヴァイ」ならそのターン中、このカードのバトル中、相手のイベントと助太刀の使用を封じる能力を与える能力を持つ、緑/2/1/4000のキャラです。特徴は《兵団》・《武器》。

「“運命への抗い”リヴァイ」は前弾の優秀なレベル3キャラです。

レベル比例応援と、自分のクライマックスフェイズの始めに《兵団》のキャラ単体パワーパンプということで、「“運命への抗い”リヴァイ」抜きでも仕事してくれるスペックだと思います。
「“運命への抗い”リヴァイ」がいたらいたでより強いですけどね。イベントと助太刀の使用を封じることができるのでパワーが勝っていれば絶対に勝てるので安心してアタックにいけます。



20170904_4.png
ブースターパック 「『進撃の巨人』Vol.2」収録。
他の自分の《兵団》のキャラをパワーパンプする能力と、手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがクライマックスならレストする能力、「“運命への抗い”リヴァイ」への絆を持つ、緑/0/0/500のキャラです。特徴は《兵団》・《武器》。

特徴パワーパンプというだけで後列キャラとしてはそれなりです。
登場時トップ公開式のデメリットはそもそも後列向けキャラですし、気になることは少ないでしょう。レベル0帯でアタッカー不足の時や事故っている時にもしかしたらって感じですね。むしろ、デッキトップチェックできてありがたいまであります。

絆先は先ほどのカードでも名前が挙がっていた前弾のカードです。
優秀なレベル3キャラですからそれを絆回収できるようになったのは大きいです。

| 進撃の巨人 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |