大切なのはイメージすること。

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/09/12 SG

20170912_4.png
ブースターパック「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」収録。
他の自分の《音楽》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に対応クライマックスがあるなら「切歌」か「調」を含むキャラか「供養デス」を1枚まで回収し、他の自分のキャラ1枚をレベル&パワーパンプする能力を持つ、緑/1/0/4500のキャラです。特徴は《音楽》・《武器》。

条件を満たせばパワー5500になります。

対応クライマックスは、緑/宝。
バトル相手リバース時回収です。緑ですがサーチではなく回収です。これ系は基本強いです。おまけに他の自分のキャラをレベル&パワーパンプする効果もあります。優秀だと思います。切調デッキの新たなレベル1帯候補になりそうです。

こういった色に縛られないキャラは増えてきているのでテキストをしっかり確認した上でプレイしたいです。そのデッキを始めて回す時や久々に回す時とかは特にですね。



20170912_7.png
ブースターパック「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」収録。
「【裂空・亜りiす:心】切歌」対応の緑/宝のクライマックスです。



20170912_5.png
ブースターパック「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」収録。
レベル3以上への応援と、手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードのレベルが1以下ならストック置場に置く能力を持つ、緑/2/1/5500のキャラです。特徴は《音楽》・《武器》。

切調デッキの上位後列候補って感じですかね。
運任せですが実質ストック消費なしでレベル3以上2000応援を出すことができるのは良いですね。
このキャラの前には「“イガリマ”切歌”」と「【γ式・卍火車:技】調」を出したいですね。
同じく切調のレベル3キャラである「“レセプターチルドレン”切歌」と「“レセプターチルドレン”調」も悪くありません。「たどり着いた答 調」があまり相性良くないです。そのキャラが後列向けですからね。



20170912_6.png
ブースターパック「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」収録。
自分の「切歌」か「調」を含むキャラ1枚にバトル相手リバース時にそのキャラをクロック置場に置くことができる能力を与える、緑/2/1のカウンターイベントです。

「【裂空・亜りiす:心】切歌」のクライマックスコンボで回収可能です。
「切歌」か「調」へのクロックシュート能力付与。カウンターアイコン付いているのが面白いですね。しかし、変に構えるよりは自ターン中に使ってしまった方が扱いやすそうです。

| シンフォギア | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/09/12 AOT


ブースターパック 「『進撃の巨人』Vol.2」収録。
他の自分の「エレン」を含むキャラがいるならパワーパンプし、手札アンコールを得る能力と、アタック時に他の自分の「エレン」を含むキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力を持つ、赤/1/1/5500のトリガーなしのキャラです。特徴は《兵団》・《武器》。

条件を満たせば常時パワー6500の手札アンコール持ちになります。
“城壁の彼方”エレン」を後列に置いておけばいいと思います。

アタック時に更に条件を満たしていればパワー8500になります。こちらは条件が他の自分の「エレン」を含むキャラが2枚以上になっています。少しめんどうになりましたね。ある程度「エレン」が入っていないと扱い難いでしょう。



20170912_2.png
ブースターパック 「『進撃の巨人』Vol.2」収録。
手札から登場時にコストを払うことで《兵団》のキャラを1枚回収する能力と、「“紅蓮の闘志”エレン」への絆を持つ、赤/0/0/1000のキャラです。特徴は《兵団》・《武器》。

クライマックス切り回収の便利さは言わずもがな。ノーコストで行えるのが良いですよね。「“紅蓮の闘志”エレン」も新たな軸になりそうなレベル3ですから、そういったキャラを絆回収できるのは大きいです。「ミカサ」でありながら「エレン」を含んでいるため上で書きました「“夕日を背に”ミカサ」や「“不器用な愛情”ミカサ」などを使う上で役立ちそうです。



20170912_3.png
ブースターパック 「『進撃の巨人』Vol.2」収録。
「エレン」を含むキャラを次の相手のターンの終わりまでパワーパンプする、赤/1/1のイベントです。

「エレン」限定とはいえ、パワー+4500が次の相手のターンの終わりまで続くのは中々に強力です。
しかし、カウンターアイコンはないため意表を突くことはできません。まぁ、この補正値ですからね。いくらパワーが高くても相討ちやバウンスなどでやられてしまう可能性があるのが怖いところです。カードイラストも怖いです。

個人的にはシンプルに1/1/3500カウンターイベント系の方が好みです。

| 進撃の巨人 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |