大切なのはイメージすること。

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/31 HLL


エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
相手のアタックフェイズの始めに自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、クライマックス1枚につきキャラを1枚まで回収する1コスト自レスト4枚集中を持つ、赤/0/0/1000のキャラです。特徴は《定理者》・《科学》。

集中は回収なので赤っぽいですが、もうひとつの能力が赤っぽくないですね。
相手のアタックフェイズの始めに自キャラ単体パワーパンプ。
後列向け集中ですから優秀なのは確かだと思います。

| ひなろじ | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/31 PD


エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
前列の中央の枠にいるならパワーパンプする能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《音楽》・《かぼちゃ》。

“アイドルオタク”チョロ松」などの互換。中央にいればパワー4500になります。高い値ですね。それ以外の枠ですとパワー1500の貧弱なキャラになってしまうので、採用するならピン挿しがベストでしょうか。

| 初音ミク | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/30 HLL


エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
他の自分の「崖登り 華恋」すべてをレベル&パワーパンプする能力と、「崖登り 華恋」への絆を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《定理者》・《使者》。

絆&専用パンプ。すべては絆先次第。



20171030_3.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
他の自分の「先手必勝 華凛」がいるならパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《定理者》・《使者》。

「先手必勝 華凛」の絆&専用パワーパンプ先。「先手必勝 華凛」がいるならパワーパンプします。
「先手必勝 華凛」が1枚いればレベル1のパワー4500になります。強力なレベル0アタッカーですね。揃わないと話になりませんが絆ですから幾分揃えやすいでしょう。気になるのはデッキ枠。

| ひなろじ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/30 PD


エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
自分のクライマックスが置かれた時に自分のキャラ1枚を次の相手のターンの終わりまでパワーパンプする能力と、クライマックス1枚につきキャラを1枚まで回収する1コスト自レスト4枚集中を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《音楽》・《エレメント》。

緑ですが回収集中です。自レストですから使いやすそうです。クライマックスを使った時に自キャラ単体を次の相手のターンの終わりまでパワーパンプするのも中々優秀だと思います。

初音ミク“マジシャン”」とどちらにするかで悩みそうです。

| 初音ミク | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/27 HLL


エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
《定理者》か《使者》のキャラへのレベル比例応援と、手札から登場時に自分の山札を上から1枚見て上か控え室に置く能力を持つ、赤/1/1/4500のキャラです。特徴は《定理者》・《王族》。

“お誘い”リゼ」互換。レベル比例応援の対象は《定理者》か《使者》です。
シンプルな上位後列キャラですね。



20171027_3.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
手札から登場時に他の自分の「リオン」を含むキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、赤/0/0/2000のキャラです。特徴は《使者》。

手札から登場時に「リオン」単体のパワーパンプ。補正がパワー+2000と中々大きいです。
しかし、自分自身はパワー2000のキャラでしかないため完全なサポートキャラです。
欲を言えば「ショートカット あずさ」互換的なのが良かったです。

| ひなろじ | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/27 PD


エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
手札から登場時にコストを払うことでクライマックスを1枚までサーチする能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《音楽》。

祭りの最中 神通改二」互換。
クロックコストの手札交換式クライマックスサーチです。圧縮率は低下しますが、任意のクライマックスをサーチできるのは大きいです。クライマックスコンボも狙いやすくなります。

| 初音ミク | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/26 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」ボックス封入特典。
自ターン中、他の自分の《アバター》か《ネット》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、黄/2/2/7500のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

自ターン中は最高でパワー13500になります。かなり高い値ですね。レベル3キャラ相手にも通用するでしょう。しかし、相手ターン中は何の能力もないパワー7500のキャラになってしまいます。2/2キャラがただ相手のキャラ殴り倒して、返しのターンでやられてしまうというのは勿体ないのでアンコール付与手段とか欲しいですね。



20171026_2.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」ボックス封入特典。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるならレストする能力を持つ、緑/0/0/4000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

非常招集の綾波」互換。優秀なレベル0アタッカーです。
需要のありそうな箱プロモだと思います。


20171026_3.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」ボックス封入特典。
リバース時に相手は任意で2枚ドローし、手札を2枚控え室に置く能力を持つ、緑/1/0/6500のキャラです。特徴は《ネット》・《音楽》。

ぷちアクア」互換。
自分の動きを制限するようなデメリットではないためそういった意味では扱いやすいと思います。
しかし、相手のデッキの回転率を上げてしまうため、実際は重たいデメリットとも言えます。



20171026_4.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」ボックス封入特典。
リバース時にバトル相手のレベルが相手のレベルより高いならそのキャラを山札の下に置くことができる能力を持つ、青/2/1/6500のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

デッキボトム送り式の早出しメタ相討ちですね。優秀だと思います。
他に早出しメタ相討ちが収録されないようなら需要高そうです。

| SAO | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/25 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
自ターン中、他の自分のキャラすべてをパワーパンプする能力と、クライマックス1枚につき《アバター》か《ネット》のキャラを1枚までサーチする1コスト2枚レスト4枚集中を持つ、黄/0/0/1000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

後列向け能力を持つアド集中が弱いわけない。
「ユウキ」か「アスナ」があまり多くない構築の場合、「《スリーピング・ナイツ》タルケン&ノリ&ジュン」の後列向け能力が活かし難くなるため、こちらの方が使いやすいかもしれません。



20171025_3.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
他の自分のバトル中のキャラがリバースした時に自分の《アバター》か《ネット》のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、自分のキャラのトリガーチェックでクライマックスが出た時にアイコンがソウルアイコン2つ(通称ニコタマ)ならばコストを払うことでキャラを1枚回収し、手札を1枚控え室に置く能力を持つ、赤/0/0/1000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

息の合った二人 美琴&黒子」などが持っているパワーパンプ能力です。
補正値がパワー+1500と大きいため、上手く使えばかなり強いです。

ニコタマトリガー時の能力は1コストで控え室間との手札交換です。悪くないと思います。ただ、以前同じ誘発条件のキャラでも書いたように現状の【SAO】の構築でニコタマはめったに見ないのでそもそも厳しいものがあります。ニコタマを全力で使った強い構築をしてくれる人に期待。



20171025_4.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
自分のストックが3枚以下ならパワーパンプする能力と、正面のキャラにクロックアンコールを与える、赤/1/0/5500のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

条件を満たせばパワー7000になります。しかし、デメリットが・・・・・・。正面のキャラにアンコール系の能力を与えるデメリットはせっかく倒した意味が薄くなってしまうのであまり好きではありません。

| SAO | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/24 LSS


トライアルデッキ+「ラブライブ!サンシャイン!!」収録。
アタック時に他の自分の《音楽》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力と、クロックアンコールを持つ、黄/1/1/6000のトリガーなしのキャラです。特徴は《音楽》。

ディフェンスとタフネス リンネ」などの互換。
あちらもトライアル収録でした。自ターンのパワーが高く、返しのターンはクロックアンコールで備えることができるシンプルながら優秀な1/1アタッカーです。

| サンシャイン | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/24 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
リバース時に自分の山札の上から1枚をクロック置場に置き、このカードをレストする能力を持つ、黄/2/3/10000、ソウル3のキャラです。特徴は《ネット》・《科学》。

貴重な2/3キャラ。そんでもってレベル2キャラでソウル3なのはこれが初ですね。強制クロックアンコールなので場持ちも良いです。しかし、クロック加速は大きなハンデになります。如何にパワー10000のソウル3キャラと言えど厳しいことには変わりないでしょう。ノーガードで殴り合いをしたい人は採用を考えてみてはいかがでしょうか。気付いたらこっちの方が深手を負っている可能性が高そうですけど・・・・・・。



20171024_3.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分のクロック置場の「守りたかった笑顔 ユナ」を1枚ストック置場に置く能力と、1/0/1000助太刀を持つ、緑/1/0/500のキャラです。特徴は《ネット》・《音楽》。

高坂 まゆき」互換。懐かしいですね。
「守りたかった笑顔 ユナ」は緑/0/0/3000のバニラキャラですから使い勝手も変わらないと思います。採用したデッキ、ありだと思います。



20171024_4.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
緑/0/0/3000のバニラキャラです。特徴は《アバター》・《音楽》。

「記憶の欠片 ユナ」とのシナジーがあるためバニラであってバニラでないです。



20171024_5.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
アタック時に他の自分の《アバター》か《ネット》のキャラ1枚を他の自分の《アバター》か《ネット》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、青/1/0/5000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

島風型駆逐艦 島風改」などの互換。
最高でパワー+2000です。「華やかな和装 黒雪姫」や「主人公(P5)」など採用している構築を見かけますね。

| SAO | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/23 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
自分のバトル中のキャラを1枚手札に戻し、自分の後列のキャラ1枚をバトル中のキャラがいた枠に防御キャラとして動かす、黄/1/0のカウンターイベントです。

キャラを守れるのは悪くないですね。代わりに後列キャラを1枚失いますが。基本的に後列に置いてあるキャラのパワーは低い筈ですからまずやられてしまうでしょう。バトル相手リバース時能力対策としては厳しいです。アタッカー向けのキャラをあえて後列に置く戦法を取ることができればより強いカウンターイベントなります。スタンバイアイコンと相性良さそうです。

手札に戻るためコスト有りのキャラの場合再度ストックを消費することになりますが、CIP能力を再利用することができます。



20171023_2.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
相手のターン中、他の自分の《アバター》か《ネット》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、青/2/2/7500のキャラです。特徴は《ネット》。

相手ターン中は最高でパワー13500になります。非常に高い値ですね。
しかし、自ターン中はパワー7500のままで2/2にしては低いです。
レベル2で壁になってくれるキャラを求めている、あるいは好きという方なら採用してもいいんじゃないでしょうか。スタンバイで出てきたら堅そうですね。現実世界の方なのでネームが「キリト」でも「アスナ」でもないのは残念です。

| SAO | 10:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/20 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
《アバター》か《ネット》のキャラが4枚以上なら早出しすることができる能力と、手札から登場時か「“連携攻撃”キリト」の自動能力によって舞台に置かれた時に1枚までドローし、パワーパンプする能力、1ターンにつき1回まで自分の前列の中央のキャラがアタックした時にコストを払うことで自分の山札の上から3枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるなら再スタンドする能力を持つ、青/3/2/9000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

1つ目の能力は、早出し。複数枚早出しする場合は圧殺しないといけない系です。

2つ目の能力は、CIP1ドロー&パワー+2000。
手札補充できるのは良いことです。パワーも11000になるのでアタッカーとして使いやすくなるでしょう。
「“連携攻撃”キリト」の自動能力によって登場した時も発動します。

3つ目の能力は、再スタンド。
自分の前列の中央のキャラがアタックした時にコストを払えばいいのですが、更に山札を上から3枚削ってその中にクライマックスがないと再スタンドできません。コストが軽くなっているとはいえ、運任せなのは痛いですね。



20171020_2.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
レベル3以上への応援と、手札から登場時にコストを払うことで「連携攻撃」を含むキャラを2枚までサーチする能力を持つ、青/2/1/6000のキャラです。特徴は《ネット》。

レベル3以上の2000応援と、登場時1コスト手札2枚切り「連携攻撃」を含むキャラ2枚サーチ。
レベル3以上の2000応援は、上位後列として優秀です。
登場時手札切りサーチも便利だと思います。後は「連携攻撃」を含むキャラ次第ですね。
特に「“連携攻撃”キリト」にかかっている気がします。現状公開されている「連携攻撃」を含むキャラは、主軸というより脇を固めるようなレベル3キャラですからね。

| SAO | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/19 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
1ターンにつき1回まで自分が起動能力を使った時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、クライマックスが置かれた時にコストを払うことで自分の山札を上から4枚まで見て《アバター》か《ネット》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、緑/0/0/500のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

雲龍型正規空母2番艦 天城」の亜種。

1つ目の能力が起動誘発のキャラ単体パワーパンプになりました。無難に集中と合わせても良いですが、毎ターン使うこと考えますとストック消費が馬鹿になりません。やはり、ノーコストで使える起動能力持ちと組み合わせたいところです。幸い【SAO】にはレベル0の後列向けのそういったキャラがいくつか存在します。助太刀とも相性が良い能力です。

何でもクライマックスコンボによる1コスト4ルックが使えないと価値が薄くなってしまうので、クライマックスを積極的に使っていく構築、プレイングも心掛けたいです。

ネームが「リーファ」なのに姿が「直葉 」なのはオーディナル・スケールではそうなのでしょうが、少し違和感を感じてしまいます。



20171019_2.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時に相手の前列のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、1ターンにつき1回まで起動能力を使った時にパワーパンプする能力を持つ、緑/1/0/5500のキャラです。特徴は《ネット》・《スポーツ》。

1つ目の能力は、デメリットですね。
相手キャラ単体のパワーを1000上げているのに、こちらは+500査定なのは腑に落ちない方もいるかもしれませんが、パワーパンプは瞬間的ですし、対象はこちらが選べますからね。余裕をもって倒せそうなキャラ、もしくは倒せそうにないキャラを対象にしましょう。

2つ目の能力は、起動誘発のパワーパンプ能力。
パワー7000になります。上のカードでも書いたことがそのまんま言えます。

| SAO | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/18 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
自分の後列のキャラが1枚以下ならアタックできない能力と、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで他の自分のキャラ1枚とこのカードにバトル相手リバース時にキャラを1枚回収することができる能力を与えるクライマックスコンボを持つ、赤/1/0/5500のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

自分の後列が埋まっていないとアタックできないデメリットは、構築によってはかなり厳しいものになります。また、事故っている時も辛いです。

対応クライマックスは、赤/扉。
世話焼き系妹キャラ 乃絵里」と同様のクライマックスコンボです。リバース要求ですが両方成功すれば1コストで2枚回収したことになります。このキャラ自体はクライマックス分足してパワー6500、後列もいることを考えるともう少し伸びそうです。

悪くはないのですが「世話焼き系妹キャラ 乃絵里」よりは扱い難い気がします。やはり、デメリットが気になりますね。今弾で【SAO】にも思い出に飛ぶキャラが収録されましたから互換でも別に良かったんですよ。



20171018_3.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
「折れない意思 リズベット」対応の赤/扉のクライマックスです。



20171018_2.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
応援と、コストを払うことで自分の《アバター》か《ネット》のキャラ1枚にバトル相手リバース時にキャラを1枚回収することができる能力を与える起動能力を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

悪くない後列キャラですね。起動能力が非常に便利だと思います。ストックは消費するのでその辺は上手いことプレイングしたいです。

| SAO | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/17 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時に自分の《アバター》か《ネット》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力、手札から登場時にコストを払うことで相手のストックすべてを控え室に置き、相手は山札の上から同じ枚数をストック置場に置く能力、相手のターン中、こちらの受けたダメージがキャンセルされなかった時に前列にいるなら自分の山札の上から1枚を見て上か控え室に置く能力を持つ、青/3/2/9500のキャラです。特徴は《ネット》。

1つ目は、邂逅能力。《アバター》か《ネット》のキャラ参照で最高でパワー12000になります。

2つ目は、「いつもの光景」内蔵能力。
圧縮メタ的な能力です。相手のストックが多く、相手のデッキの残りクライマックスの比率が高いほど刺さります。リフダメ目的で使うことも考えられます。
能力を使える=登場できるタイミングがレベル3であるため相手に先にストックを使い切られてしまう可能性が上がったのと、手札コスト2枚になったのが辛いところでしょうか。それでもぶっ刺さる時にはぶっ刺さる能力ですから、これだけを目当てにピン挿しでいいので採用して損はないと思います。

3つ目は、俗に言う楓テキスト。キャンセル率の上昇に貢献してくれる能力です。
しかし、相手ターン中のパワーは高くないため、盤面に維持して耐久するのは難しそうです。

なんていうかどの能力も優秀なのですが、いかんせん噛み合ってないんですよね。
まぁ、登場ターン中は優秀なアタッカー、相手のストックがたくさんある状況ならぶっ刺さり、返しのターンはキャンセル率の上昇に貢献してくれると考えれば、全然良いのかもしれません。楓テキストがあるため場に残したくなりますが、実際は瞬間的に活躍してくれるキャラな気がします。



20171017_2.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
波状攻撃 アスナ」への絆と、コストを払うことで自分の山札の上から4枚まで《アバター》か《ネット》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《ネット》。

「波状攻撃 アスナ」の絆ってだけで有用ですね。
4ルック起動能力も悪くありません。

| SAO | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/16 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時に相手の思い出置場の表向きのカードを1枚裏向きにすることができ、そうしたら自分のターン終了時にそのカードを表向きにする能力と、手札から登場時にコストを払うことで相手のキャラ1枚を相手の舞台のキャラのいない枠に動かす能力を持つ、緑/1/0/4000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

1つ目の能力は、手札から登場ターン中、相手の思い出置場のカードを1枚裏向きにしておくことができるものです。単純に思い出のカードの枚数を参照する記憶は影響ありませんが、キャラ指定だったり特徴指定だったり対象が指定されている記憶に影響を及ぼします。これを使うことで一時的に相手キャラの記憶条件を満たせなくすることが可能なわけです。また、思い出にある時に効果を発揮する記憶も一時的に封じることができます。意味不明な能力に見えますが、実は結構な嫌らしさを秘めています。

2つ目の能力は、手札から登場時に2コストで相手キャラ1枚移動。
こちらも嫌らしい能力ですね。前列が空いていないといけませんが、後列を狩れるのは優秀です。相手の盤面をかき乱してやりましょう。しかし、ストック消費が少し気になりますね。

どちらの能力も悪くありませんが、活躍するタイミングが限定されるのと、能力抜きだと1/0/4000のキャラでしかないのが残念なところです。採用するならば枚数を抑えた方が吉な気がします。



20171016_4.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことで自分のクロックを1枚手札に戻し、自分のクロックを1枚クロック置場に置く能力を持つ、緑/0/0/2000のキャラです。特徴は《ネット》・《音楽》。

“恋心”唯」に近いです。
山札の上から1枚をクロックに置くのではなく、ストックを1枚クロック置場に置くコストになったのは良いように思えます。自分で確認しているカードですからね。色々と使い難さはありますが、手札が1枚増えるのは優秀です。

流星の約束 アスナ」という強力なライバルがいますが、こちらは手札に加えることのできる対象に指定はないですし、レアリティもCなので、こちらはこちらで良さがあると思います。また、関連カードも存在します。



20171016_2.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
《アバター》か《ネット》のキャラへのレベル比例応援と、このカードをレストすることで自分の控え室の「大歓声の中 ユイ」を1枚思い出置き場に置く起動能力と、コストを払うこと自分の思い出置場の「大歓声の中 ユナ」の枚数分以下のレベルの「ユナ」を含むキャラを2枚までサーチする起動能力を持つ、緑/1/1/500のキャラです。特徴は《ネット》・《科学》。

2つの起動能力を持つ、レベル比例応援です。

まず、自身をレストすることで自分の控え室の「大歓声の中 ユイ」を1枚思い出置き場に置く起動能力。単純ながらノーコストで思い出を肥やせるのは優秀です。安定性向上のためには「大歓声の中 ユイ」をしっかり採用しないといけないのが気になる部分でしょうか。

もう一つは、2コストと自分の舞台の「自身に満ちた横顔 エイジ」を1枚思い出に置くことで自分の思い出置場の「大歓声の中 ユナ」の枚数分以下のレベルの「ユナ」を含むキャラを2枚までサーチする起動能力。二重で使い難さがありますね。

ストック消費には目をつむるとして「自身に満ちた横顔 エイジ」をコストにしないといけないのがまず使い難いです。「自身に満ちた横顔 エイジ」のところで書いたように「自身に満ちた横顔 エイジ」単体で見た場合、4枚積みたいキャラではありません。

そして、もう一つの使い難さがサーチできる範囲の指定です。自分の思い出置場の「大歓声の中 ユナ」の枚数分以下のレベルの「ユナ」を含むキャラと、かなり限定されています。何もない状況ですとレベル0以下しかサーチできません。起動能力を1回使用でレベル1以下、それ以上になってくるとこのキャラを複数枚出して起動能力を使わない限りはターンを跨がないといけません。

ちょっと微妙な気のする上位後列キャラです。
「大歓声の中 ユナ」関係の記憶が他にもあればそれを使ったデッキには必須クラスになる可能性はあります。



20171016_3.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時に2枚までドローし、手札を1枚控え室に置く能力と、自分のアンコールステップの始めに前列にいるならコストを払うことで自分のクロックをすべて回復するクライマックスコンボ、相手のアンコールステップの始めにコストを払うことで相手に3ダメージを与える行為を2回行うクライマックスコンボを持つ、緑/3/2/10000のキャラです。特徴は《エネミー》・《武器》。

ロマンを秘めたレベル3キャラ。ロマンであってネタではないです(ぇ。

CIP能力は、2ドロー1ディス。
このキャラが手札を消費するクライマックスコンボ持ちであるため大変助かります。

対応クライマックスは、不明。
1つ目のクライマックスコンボは、全回復。自分のアンコールステップの始めに前列にいるなら2コストと手札を4枚控え室に置き、対応クライマックスをこのカードの下にマーカーとして置くことで使うことができます。手札消費が非常に重たいですが、初めから狙っていれば十分実用範囲だと思います。

2つ目のクライマックスコンボは、3点バーン×2回。相手のアンコールステップの始めに6コストと手札を3枚控え室に置き、このカードの下のマーカーを控え室に置くことで使うことができます。こちらが問題。本当に使うことができるのでしょうか。

こちらのクライマックスコンボを使うためには1つ目のクライマックスコンボを使っていないといけません。返しのターンで使いたい場合、合計8コストと手札7枚、対応クライマックス1枚必要です。このキャラの登場コストを考えると10コストですね。仮にストックは用意できたとして、今度は手札です。とりあえず、対応クライマックスがキャントリであって欲しいです。それすらもクリアしてもバウンスやクロックシュート、思い出送り、ストック送りなどで相手のアンコールステップの始めまでにキャラがいなくなってしまっては意味がありません。何という恐怖。

返しのターン生き残ることに賭け、1ターン跨いでの使用を狙うのもありかもしれません。まず、やられるでしょうけど、可能性はなくはないです。

特徴に《アバター》や《ネット》がないのも辛いです。さすがにCXコンボって書かれているのですから、他にマーカーを置く手段もなさそうです。何か相性の良いカード収録されるんですかね。今のところストック稼ぎという面だけで見れば良さそうなのは「誘いの挑発 エイジ」でしょうか。「安らぎのひと時 アスナ」は必須な気がします。

| SAO | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/13 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力と、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで自分の山札の上から11枚を控え室に置き、それらのカードのトリガーアイコンのソウルアイコンの数に等しいダメージを与え、パワーパンプするクライマックスコンボを持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

対応クライマックスは、黄/新ストブと、緑/宝
ワンチャン力ありますし、詰めとしても使えなくもないのですが、如何せんダメージの振れ幅が大きすぎるんですよね。正直、これ単体で見るとかなり微妙です。しかし、対応が「《マザーズ・ロザリオ》」となると話が変わってきます。「《マザーズ・ロザリオ》」は「《絶剣》ユウキ」の対応クライマックスです。「《絶剣》ユウキ」の優秀さは戦ったことのある人、使ったことのある人なら分かると思います。採用率も高いです。つまり、そのついでに採用できるわけですね。ピン挿し、良いんじゃないでしょうか。

対応クライマックスをどちらにするか好みが別れそうなところですが、私だったら緑/宝を選ぶと思います。握れるというのと手札が増えるというのを優先してです。



20171013_7.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
「恐怖の克服 アスナ」と「《絶剣》ユウキ」対応の黄/新ストブのクライマックスです。

緑/宝ではなく、こちらを採用する場合の強みは「《絶剣》ユウキ」のクライマックスコンボを使う上で実質ストックを消費しないのと、ニコタマであるための打点向上ですかね。「恐怖の克服 アスナ」で大ダメージを狙えます。過剰になる可能性も高いですが・・・・・・。

| SAO | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/13 HLL


エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
他の自分の「夕子」を含むキャラすべてに《愛》を与える能力と、手札から登場時にコストを払うことで《生徒会》のキャラを1枚までと「夕子」を含むキャラを1枚までサーチする能力を持つ、赤/0/0/2500のキャラです。特徴は《定理者》・《生徒会》。

手札2枚切り2枚サーチ。
サーチ対象が2つに分かれているので注意です。「夕子」は《生徒会》のキャラでもあるので「夕子」がそれなりに入っていれば大丈夫だと思います。【ひなろじ】で《生徒会》軸が組めるようなら採用されそうです。



20171013_5.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
手札から登場時に《定理者》か《使者》のキャラがいるならパワーパンプする能力と、手札から登場ターン中、バトル相手リバース時にコストを払うことで《定理者》か《使者》のキャラを1枚までサーチする能力を持つ、赤/1/0/4500のキャラです。特徴は《定理者》・《生徒会》。

登場時かなり緩い条件でパワー6500になります。
また、登場ターン中、バトル相手リバースさせ1コストと他の自分の《定理者》か《使者》のキャラを1枚レストすることで《定理者》か《使者》のキャラを1枚までサーチできます。ストック1消費とレストコストはありますが、サーチできるのはかなり便利です。優秀な1/0アタッカーだと思います。

| ひなろじ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/13 PD


エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
このカードを思い出にする効果と、自分のクライマックスが置かれた時に思い出置場にあるなら控え室の《音楽》のキャラを1枚ストック置場に置くことができる記憶を持つ、緑/1/1のイベントです。

思い出に置かれていれば1回クライマックスを使うたびに控え室から《音楽》のキャラ1枚ストブできます。このイベントに1コスト使っていますから、最低でも2回以上は使いたいです。
レベル1帯でこのイベントを使って、以降積極的にクライマックスを使っていくのが理想ですね。
しかし、このイベント分手札は消費しますし、クライマックスもコンボを抜きで考えた場合、キャントリ以外は手札を消費することになります。終盤にこのイベントを使っても旨みが薄いのも欠点です。

上手く使うにはそれ相応の構築が求められそうです。
大量のストックを消費する「初音ミクの激唱」と相性が良いかもしれません。



20171013_2.png
エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
相手のターン中、パワーパンプする能力と、手札から登場時にコストを払うことでレベル1以下のキャラを1枚までサーチする能力を持つ、緑/0/0/1500のキャラです。特徴は《音楽》。

オカ研亜種。「常夏の解放感 フーカ」互換と見せかけてのまさかの相手ターン中パワーパンプ。自ターン中パワーパンプの方が使い勝手が良いので残念です。そもそもオカ研能力が強いのでほぼ採用されるでしょうけどね。需要の高そうなカードでレアリティがRRですから中々のシングル価格になりそうです。カードナンバーに「b」とあるのでイラスト2種類あるっぽいですね。

「初音ミク“サイ『レン』トボイス』、つまり「レン」を含んでいます。
「リン」「レン」参照のキャラ、例えば「鏡音リン“SW しましまビキニ”」と一緒に場に出ていて相手に「これ『ミク』なのでカウントされませんよね?」と言われて「いや、サイ『レン』トなので『レン』含んでいます」と答えるやりとりが目に浮かぶようです。



20171013_3.png
エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
自分の控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しすることができる能力と、他の自分の《音楽》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする能力、手札から登場時に自分の山札を上から自分の《音楽》のキャラの数分まで見て、カードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《音楽》・《エレメント》。

<影遁>アカツキ」に近いスペックのキャラですね。
【初音ミク】では2種類目の早出しキャラ。この条件のは初です。
Xルックはイベントやクライマックスも手札に加えることができるのが本当に強いと思います。

| 初音ミク | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/12 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
自分の思い出置場の《アバター》か《ネット》のキャラが2枚以上ならパワーパンプする記憶と、手札の《アバター》か《ネット》のキャラアンコールを持つ、緑/2/1/6000のキャラです。特徴は《ネット》・《音楽》。

条件を満たせばパワー10000になります。【SAO】にも普通の記憶らしい記憶が来ました。「流星の約束 アスナ」が思い出に飛ぶ意味が出てきましたね。

レベル3キャラを相手にすることを考えますとあと少しパワーが足りない感がありますが、2/1/10000の手札アンコ持ちですから、十分優秀な2/1アタッカーだと思います。



20171012_8.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
アタック時にコストを払うことで自分の控え室の《アバター》か《ネット》のキャラを4枚までストック置場に好きな順番で置き、ソウルパンプするクライマックスコンボと、リバース時に思い出に置く能力を持つ、緑/2/1/8000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

対応クライマックスは、緑/自キャラ2枚パワー+2000、ソウル+1。
対応クライマックスをクロックに置かないといけませんが、ストックを一気に4枚増やせるのはかなり強力だと思います。ソウルパンプのおまけもあります。クライマックスをクロックに置くとなると単純にクロックが増えるのも痛いですが、リフレッシュタイミングも注意しないとクライマックスが山札に戻らないままになってしまいます。後は、同一ターンに2回以上の発動は不可能なので複数枚引いても意味が薄いというのも欠点ですね。実際に使ってどんな感じなのか確かめたいです。

リバース時に思い出に置かれる能力はアンコール不可なのでデメリットと言えばデメリットですが、リフレッシュ挟めばデッキ圧縮になりますし、記憶を採用していればより有効に働いてくれます。



20171012_9.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
「誘いの挑発 エイジ」対応の緑/自キャラ2枚パワー+2000、ソウル+1。

| SAO | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/12 HLL


エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
他の自分の「弥生」か「華凛」か「華恋」を含むキャラすべてにパワーパンプする能力と、他の自分のキャラが舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことでそのキャラをそのキャラがいた枠にレストして置く能力を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《定理者》・《忍》。

ネームパンプに身代わり能力、能力自体は優秀だと思います。
後は「弥生」、「華凛」、「華恋」を含むキャラのカードプール次第ですね。



20171012_5.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
ダイレクトアタック時に他の自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、このカードの与えたダメージがキャンセルされた時にコストを払うことで1枚ドローする能力を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《定理者》・《令嬢》。

ダイレクト枠があれば強いキャラ。
他の自分のキャラ単体パワー+1500を使いつつ、打点が上がるためキャンセル率も上がり、ダメージキャンセル時1コスト1枚ドローを使える確率も上がります。



20171012_6.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるならレストする能力を持つ、青/0/0/4000のキャラです。特徴は《定理者》・《忍》。

非常招集の綾波」互換。優秀なレベル0アタッカーです。

| ひなろじ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/12 PD


エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
他の自分のキャラがいないならパワーパンプする能力と、相手のアンコールステップの始めに前列にいるならコストを払うことで自分の山札からレベル0以下のキャラを1枚まで舞台の好きな枠に置く能力を持つ、緑/0/0/2000のキャラです。特徴は《音楽》。

「他のあなたのキャラがいない」が条件のキャラは私ピン挿しするのが好きです。
先行1ターン目に出せると強いですよね。

2つ目の能力は、相手のアンコールステップの始めに前列にさえいれば発動可能です。手札のクライマックスを切ってレベル0キャラを呼び出すことができるため序盤の安定に一役買ってくれそうです。

「初音ミク“アンビヴァ『レン』ツ”」、つまり「レン」を含んでいますw



20171012_2.png
エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
他の自分の「卑怯」を含むキャラが2枚以上ならサイドアタックしてもソウル減少しない能力と、コスト0以下クロック送り式相討ちを持つ、緑/1/0/2500のキャラです。特徴は《音楽》・《ヒーロー》。

先週公開された「KAITO“卑怯ブルー”」のクライマックスコンボに必要なパーツの1枚です。
これで5枚すべて揃いました。

他の自分の「卑怯」が2枚以上ならサイドアタックしてもソウルが減少しなくなります。
パワーの低さや相討ちと噛み合っていると言えば噛み合っています。
しかし、下手に残して返しのターンに出てきたコスト1以上のキャラに一方的にやられる可能性も十分あります。元々のパワーが低いのでレベル0キャラにすら倒されそうです。どうしてもキャラを残したいならサイドアタックする感じでしょうか。「KAITO“卑怯ブルー”」のクライマックスコンボを狙う際に相手に思い出送りキャラやクロックシューターがいた場合に役立つ可能性もありますね。

コスト0以下相討ちなので1/0アタッカーとしてはそこそこ優秀な部類だと思います。
一応「鏡音リン“オレンジ」のパワーパンプの対象をこのキャラにすれば自ターン中、パワー6000になります。この値なら相討ちを使わずともキャラによっては倒せそうです。

鏡音レン“卑怯イエロー”」の手札アンコ付与との組み合わせも悪くなさそうです。

| 初音ミク | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/11 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
自分のキャラすべてが《アバター》か《ネット》ならパワーパンプし、このカードのバトル中、相手は助太刀を手札からプレイできない能力を得る能力と、手札から登場時か「“連携攻撃”キリト」の自動能力によって舞台に置かれた時に自分のクロックを1点回復することができる能力を持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

条件を満たせばパワー11000の助太刀封じになるCIPクロック1点回復持ちのキャラ。
中々優秀なアタッカーだと思います。

しかし、これだけですとちょっと物足りません。テキストから分かるように能力によってこのキャラを舞台に出すことができる「“連携攻撃”キリト」にかかっていますね。

それにしてもイラストに「ピナ」描いてあって、フレーバーテキストも「ピナ!」って書いてあるのに舞台に「ピナ」系のキャラがいると《アバター》でも《ネット》でもないキャラがいることになるので条件満たせなくなるのが悲しいですね。むしろ、「どういうことだよ!?」とツッコミを入れたいです。そこは「ピナ」を含むキャラも入れて欲しかった。



20171011_8.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
「シリカ」を含むキャラがいないなら手札からプレイできず、自分の山札の上から1枚を公開し、その公開されたカードのレベル以下のキャラを1枚回収する、赤/1/0のイベントです。

本日公開された【ひなろじ】にも互換イベントがありましたね。
今のところあちらと比べると回収などないのでちょっと劣化気味です。
そもそも回収対象の範囲を決めるのが運任せであるため使い難さがあります。

| SAO | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/10,11 HLL

昨日の夜に追加で更新されていたようなので。
10日の分も一緒に書きます。頼むから時間差更新止めて><


20171010_7.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
舞台から控え室に置かれた時にコストを払うことで自分の山札を上から4枚まで見て《定理者》か《使者》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《定理者》・《本》。

4ルック、キター・・・・・・と思ったら発動タイミングorz
これでも十分強いのですが、登場時タイミングの方が使い勝手が良いですからね。



20171010_8.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
イベントと助太刀を手札からプレイできない能力を持つ、青/0/0/4000のキャラです。特徴は《定理者》・《本》。

“ワームホール・ハプニング”唯」などの互換。
レベル0帯でイベントや助太刀を使うことはまずないのでレベル0帯だけで見ればあってないようなデメリットです。それでいてパワー4000なのは優秀だと思います。




エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
自ターン中、自分のキャラすべてが《定理者》か《使者》ならパワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に対応クライマックスがあるなら《定理者》か《使者》のキャラか「万博の発明品」を1枚回収することができるクライマックスコンボを持つ、赤/1/0/4500のキャラです。特徴は《定理者》・《使者》。

条件を満たせば自ターン中はパワー6500になります。

対応クライマックスは、不明です。
バトル相手リバース時回収。パワーも結構ありますし、普通に優秀だと思います。



20171011_5.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
他の自分の「異世界への興味 万博」をレベル&パワーパンプする能力と、手札から登場時にコストを払うことで《定理者》か《使者》のキャラか「万博の発明品」を1枚回収する能力を持つ、赤/0/0/2000のキャラです。特徴は《定理者》・《科学》。

「異世界への興味 万博」専用パンプ。
「異世界への興味 万博」がバトル相手リバース時のクライマックスコンボ持ちですからパンプできるのは、ありがたいです。

また、登場時2コスト回収能力を持っているのも優秀だと思います。
絆と違ってストック消費が1多いですが、他のカードも回収できるというのは大きな魅力です。



20171011_6.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
「万博」を含むキャラがいないなら手札からプレイできず、自分の山札の上から1枚を公開し、その公開されたカードのレベル以下のキャラを1枚回収する、赤/1/0のイベントです。

上で書きました「異世界への興味 万博」や「やすらぎの時間 万博」で回収可能なイベントです。
このイベントを回収するくらいなら普通にキャラを回収しろと思える気持ちは分かります。
しかし、回収タイミングを後にできたり、デッキトップを確認できたりするのはこのイベントだからこその強みだと言えます。他にもこのイベントを採用する=デッキ内のすべてのキャラを疑似的に1枚ずつ増やしているのに近いです。これも大きいと思います。デッキトップ公開式であるため高レベルのキャラになればなる程、回収し難くはなりますけどね。

| ひなろじ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/11 PD


エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
相手のアタックフェイズの始めに自分の山札の上から1枚を任意で控え室に置き、そのカードが《音楽》のキャラならこのカードを前列のキャラのいない枠に動かすことができる能力を持つ、青/0/0/2500のキャラです。特徴は《音楽》。

デッキトップブレイク式の移動。
【初音ミク】には1コスト払って移動するタイプのものしかなかったので嬉しい収録です。



20171011_2.png
エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
自分のクライマックスフェイズの始めに自分の「卑怯」を含むキャラをパワーパンプする能力と、このカードをレストすることで自分の《音楽》のキャラ1枚をパワーパンプする起動能力を持つ、黄/1/1/4000のキャラです。特徴は《音楽》・《ヒーロー》。

先週公開された「KAITO“卑怯ブルー”」のクライマックスコンボに必要なパーツの1枚です。

ネーム指定の専用パワーパンプですが、今のところ「卑怯」を含む前列向けのキャラはレベル2以上のキャラなので働いてくれるのが遅いです。自身も対象にできるので1/1/6000のアタッカーにするのも不可能ではないですが、なるべくなら後列に置いておきたいですしね。ダブついた時用に覚えておいて損はないと思います。

起動自レストパワーパンプは普通に《音楽》のキャラ単体対象であるため扱いやすいでしょう。



20171011_3.png
エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
他の自分の「卑怯」を含むキャラに手札アンコールを与える能力と、クライマックス1枚につき《音楽》のキャラを1枚までサーチする1コスト自レスト4枚集中を持つ、黄/0/0/1000のキャラです。特徴は《音楽》・《ヒーロー》。

先週公開された「KAITO“卑怯ブルー”」のクライマックスコンボに必要なパーツの1枚です。

手札アンコ付与が来てくれて嬉しいです。
昨日の「MEIKO“卑怯レッド」の記事に書いた願いが届いたようです。

集中で「卑怯」系を揃えることもできますし、単純に手札が増えるため手札アンコとも相性が良いです。非常に重要なパーツと言えるでしょう。

残るは「初音ミク“卑怯グリーン”」のみですね。サーチ、回収、コスト踏み倒し、ストブ、これらのどれかの能力を持っていると良さそうな気がします。

| 初音ミク | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/10 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるならソウルパンプする能力と、リバース時にコストを払うことで「キリト」か「アスナ」か「ユイ」を含むキャラを1枚回収する能力を持つ、黄/0/0/1000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

セルリアンハンター キンシコウ」が持つ登場時能力と同じですね。ノーコストで山札を2枚削れるのは強いです。更にこのキャラの場合は、回収能力を持つためより噛み合っています。

リバース時能力は1コスト1クロックで手札が増えるという意味で「自動人形 レイア」などに近いです。コストの払い方は違いますし、サーチではなく回収なので間違えないように注意したいです。思い出に飛ぶため記憶関連のカードが追加されればより価値は上がるでしょう。なくても十分強いですけどね。



20171010_5.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時に自分の《アバター》か《ネット》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、手札から登場時にコストを払うことで「調査の報告」を1枚回収する能力を持つ、青/1/0/4500のキャラです。特徴は《ネット》。

邂逅能力。素のパワーが4500であるため最高でパワー7000になります。
1/0アタッカーとしては充分だと思います。

もう一つの登場時能力は手札交換式の指定イベント回収。
そのイベントの強さ次第ですね。そういうわけでで次のカード=そのイベントへ。



20171010_6.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
このカードを思い出にする効果と、相手のターン中、思い出置場にこのカードがあるなら自分の《アバター》か《ネット》のキャラをパワーパンプする記憶を持つ、青/1/1のイベントです。

この系統のイベントはいくつかありますが、あまり使われていませんよね。
しかし、今までのイベントは前列中央指定だったり、手札の同じイベントを控え室に置かないといけなかったりしましたが、このイベントは相手ターンのみであるものの自分の場のキャラすべてをパワーパンプできます。使い勝手は良くなったのではないでしょうか。それでもストック1枚と手札1枚消費しているので厳しいものはあります(上げて落とす)。

| SAO | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/10 PD


エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
リバース時にバトル相手のレベルが相手のレベルより高いなら相手のクロックの上から1枚を控え室に置くことでそのキャラをクロック置場に置く能力を持つ、緑/2/1/7000のキャラです。特徴は《音楽》・《パジャマ》。

クロック送り式の早出しメタ相討ち。
【初音ミク】では初の収録となるので、非常に嬉しいです。



20171010_2.png
エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
色条件を満たさずに手札からプレイすることができる能力と、自ターン中、他の自分の《音楽》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、赤/2/2/7500のキャラです。特徴は《音楽》・《ヒーロー》。

先週公開された「KAITO“卑怯ブルー”」のクライマックスコンボに必要なパーツの1枚です。

色条件を満たさずにプレイできるというのは中々斬新だと思います。
自ターン中は最高パワー12500になります。レベル3相手にも殴りにいけるパワーですね。
しかし、相手ターン中のパワーはそんなに高くなく、手札アンコールもないため場の維持も難しいですし、コスト2のキャラであるため「KAITO“卑怯ブルー”」のクライマックスコンボのために場に揃えることを考えますとあまり良くはありません。卑怯系の他のパーツがコスト踏み倒し手段やアンコ付与とか持っていたら嬉しいです。



20171010_3.png
エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
このカードの助太刀を使った時にコストを払うことで相手のレベルより高いレベルのキャラを1枚控え室に置く能力と、2/1/2500助太刀を持つ、赤/2/1/3000のキャラです。特徴は《音楽》・《謎》。

早出しメタ助太刀。しかも美夏助太刀互換です。
早出しメタ相討ちと同じく【初音ミク】では初の収録となります。これまた嬉しいです。

| 初音ミク | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/06 SAO


ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
レベル比例応援と、手札から登場時に自分のキャラ1枚をパワーパンプし、アンタッチャブル能力を与える能力を持つ、黄/2/1/3500のキャラです。特徴は《ネット》。

タイミングは限定されますが、登場時能力でアンタッチャブル能力を付与できるため早出ししたキャラの安全を確保できます。パワーパンプの値も中々高いです。
レベル比例応援もありますから、悪くない上位後列候補だと思います。



20171006_10.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
手札から登場時にパワーパンプする能力と、バトル相手リバース時に他の自分の《アバター》か《ネット》のキャラ1枚をレストし、後列のキャラのいない枠に動かす能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

おめかしハルヒ」系ですね。特徴指定なのでより正確に言えば「浜辺のお願い シャルル」系です。
登場時パワーパンプ能力のおかげでパワー3500になるため、バトル相手をリバースさせやすくなり、使い勝手が良くなったと言えます。優秀なレベル0アタッカーだと思います。
能力は強制であるためアタック順には注意です。



20171006_9.png
ブースターパック「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」収録。
自分のクロック置場に「“本気になる時”キリト」があるなら早出しすることができる能力と、他の自分の《アバター》か《ネット》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力、手札から登場時に1枚までドローし、手札のコスト1以下のキャラを1枚まで舞台の好きな枠に置く能力を持つ、黄/3/2/9000のキャラです。特徴は《アバター》・《武器》。

1つ目の能力は、早出し。クロック置場の特定キャラを参照するものです。
「“本気になる時”キリト」は優秀なキャラなので4枚積んでも問題ないと思います。

2つ目の能力は、ガウル能力。最高でパワー11000になります。

3つ目の能力は、登場時に1枚までドローし、手札のコスト1以下のキャラを1枚まで登場させるというもの。新しいCIP能力ですね。1ドローで手札ほ補充しつつ、手札のコスト1以下のキャラを登場させればストックの節約にもなるため、優秀だと思います。これで上位後列キャラや優秀な2/1アタッカーを出したいです。

| SAO | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/06 HLL

20171006_4.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
手札から登場時か「かわいらしい日々 リオン」の起動能力によって舞台に置かれた時に次の相手のターンの終わりまで相手のクライマックスフェイズの始めに正面のキャラのパワーをダウンする能力を得る能力と、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで相手に4ダメージを与え、パワーパンプするクライマックスコンボを持つ、赤/3/2/10000のキャラです。特徴は《定理者》・《使者》。

新しいCIP能力ですね。正面のキャラのパワーを-4000するため壁として優秀です。
しかし、効果が続くのは登場したターンの次の相手のターンの終わりまでなので注意。
相手にする側としてはパワー4000以下のキャラを正面に置かないように要注意です。そのままクライマックスフェイズに入ってしまうとパワーが0以下になり、キャラが控え室に置かれ、アタック回数が1回減ってしまいます。
テキストからも分かるように「かわいらしい日々 リオン」から早出し可能です。

対応クライマックスは、赤/扉。
アタック時に2コスト手札1枚切りで4点バーン&パワー+1000。
4点バーンは、強いです。コストも同一ターンに2回の発動くらいなら比較的狙えそうな感じです。登場時能力のおかげでこのキャラも盤面に残りやすそうですし、対応も扉であるため優秀だと思います。



20171006_7.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
「笑顔いっぱい リオン」対応の赤/扉のクライマックスです。




エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
手札から登場時に自分の控え室の「笑顔いっぱい リオン」を2枚まで山札の下に置く能力と、自分の舞台の「少女を見守る使者 ローザ」を1枚このカードの下にマーカーとして表向きに置くことで自分の山札を見て「笑顔いっぱい リオン」を1枚までこのカードがいる枠に置き、このカードの下のマーカーすべてとこのカードをその「笑顔いっぱい リオン」の下にマーカーとして好きな順番で置く起動能力=合体を持つ、赤/2/1/1500のキャラです。特徴は《定理者》・《王族》。

合体という新キーワード能力の登場です。【ビビパン】で欲しかったですね(ぁ
処理が独特ですが、基本は自分の舞台のこのキャラと「少女を見守る使者 ローザ」1枚をコストに山札から「笑顔いっぱい リオン」を出す感じですね。マーカーを活かす能力もあるのでしょうか。

登場時に控え室の「笑顔いっぱい リオン」を2枚までデッキボトムに置けるため、山札に対象がいなくて合体できないという心配もまずないでしょう。

キャラ=手札は消費してますが、ストック消費は抑えていますし、早出しにもなるため優秀だと思います。



20171006_6.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.1」収録。
他の自分の「リオン」を含むキャラに2コストアンコールを与える能力と、《定理者》か《使者》のキャラすべてをパワーパンプする能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《使者》。

「かわいらしい日々 リオン」の合体に必要なキャラです。
2コストアンコール付与に特徴パワーパンプと、後列キャラとしても普通に優秀ですね。

| ひなろじ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/10/06 PD

エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」の公開が始まりました。
とは言っても今日と来週にかけての先行公開だそうです。
発売日はまだ先の12月1日金曜日になります。



エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
他の自分の《音楽》のキャラが2枚以上ならパワーパンプし、手札アンコールを得る能力を持つ、緑1/1/6000のトリガーなしのキャラです。特徴は《音楽》。

“第104期訓練兵団”サシャ」などの互換。
条件を満たせばパワー7500の手札アンコール持ちになります。弱くはないです。
1/1のアタッカーとして1,2枚積むのはありな気がします。



20171006_2.png
エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力と、アンコールステップの始めに対応クライマックスがあり、前列にこのカードがいて、他の自分の「初音ミク“卑怯グリーン”」と「MEIKO“卑怯レッド”」と「鏡音リン“卑怯オレンジ”」と「鏡音レン“卑怯イエロー”」がいるならコストを払うことで、相手の山札を上から2枚まで見て、カードを2枚まで山札の上に好きな順番で置き、残りを控え室に置き、相手に3ダメージか4ダメージか5ダメージの内の好きなダメージを与えるクライマックスコンボを持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《音楽》・《ヒーロー》。

特定キャラを盤面すべてに揃えることで使える系です。つまり、新軸の誕生です。
最近のカードですと「Starrin’ PARTY 戸山香澄」や「“PPP”ロイヤルペンギン」がそれに当てはまりますね。「“PPP”ロイヤルペンギン」は一部メンバーが欠けていても発動できますが(ぁ

対応クライマックスは、青/門・1。
アンコールステップの始めに相手の山札の上から2枚を操作して、3~5の範囲で好きなダメージを与えることができるため非常に詰め性能が高いと思います。相手の残りクロックに合わせてダメージを選べばいいだけです。
後は指定されているキャラが優秀なことを祈るのみです。このカードはサーチや回収など持たないため他キャラでそこを補ってくれると回しやすくなりそうです。揃えられなきゃ話になりませんからね。



20171006_3.png
エクストラブースター「初音ミク -Project DIVA- X HD」収録。
「KAITO“卑怯ブルー”」対応の青/門・1のクライマックスです。

| 初音ミク | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT