大切なのはイメージすること。

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/12/28 KS


ブースターパック「この素晴らしい世界に祝福を!2」収録。
相手のターン中、他の自分のキャラすべてをパワーパンプする能力と、「“街を歩けば”アクシズ教徒」があるなら《女神》か《アクシズ教徒》のキャラを1枚回収する1コスト2枚レスト4枚集中を持つ、青/0/0/1000のキャラです。特徴は《冒険者》・《女神》。

後列特殊集中。
4枚捲って「“街を歩けば”アクシズ教徒」が1枚でもあれば《女神》か《アクシズ教徒》のキャラを1枚回収できます。何枚捲れようが回収できるのは1枚です。

相手ターン中、全体パワーパンプも優秀です。《アクシズ教徒》軸で使うことになるでしょう。



20171228_10.png
ブースターパック「この素晴らしい世界に祝福を!2」収録。
相手のターン中、他の自分の《冒険者》か《女神》か《アクシズ教徒》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、相手の《死》のキャラがいるなら大活躍を得る能力を持つ、青/2/2/7500のキャラです。特徴は《冒険者》・《女神》。

相手ターン中、最高でパワー11500になります。結構堅いですね。
自ターン中はパワー7500しかないので応援やクライマックスなどの手段で補いたいです。

2つ目の能力は、相手の《死》のキャラがいるなら大活躍持ちになるという不思議なメタ能力です。
レベル2帯で最高パワー11500+αの大活躍は、出された側にしてみれば中々厄介そうです。早出しメタ相討ちやレベル3メタも効きませんからね。
相手依存ですし、《死》がメインのタイトルは少ないですから発動したらラッキー程度に、
【AB!】なら確実に、【Charlotte】も高確率でいるでしょう。その他は【ディスガイア】や【このすば】にあるにはありますし、構築としても存在します。同タイトル内にも《死》のキャラがいるので、タイカプでもワンチャンあるかもです。



20171228_11.png
ブースターパック「この素晴らしい世界に祝福を!2」収録。
自分の後列のキャラが1枚以下ならアタックできない能力と、他の自分の前列の「“ほろ酔い”アクア」の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、青/2/1/8500のキャラです。特徴は《冒険者》・《女神》。

前列に2枚で各パワー10500、3枚で各パワー12500になります。2/1でありながら頼もしい値ですが、枚数採用しないと安定しない上に上手く握らないといけませんからね。並べるためにはストックも消費します。後列のキャラが1枚以下ならアタックできないデメリットも地味に辛い時がありそうです。
スポンサーサイト



| このすば | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/12/28 GL


ブースターパック「天元突破グレンラガン」収録。
手札から登場時に自分の控え室のカードを4枚までこのカードの下にマーカーとして表向きに置く能力と、対応クライマックスが置かれた時に他の自分のキャラがいないなら分離/「超銀河グレンラガン」[②手札を4枚控え室に置く]を得るCXコンボを持つ、赤/3/3/11500のキャラです。特徴は《大グレン団》・《ドリル》。

対応クライマックスは、赤/扉。
恐らく天元突破→超銀河→アーク→グレンラガン→ラガンみたいな感じに分離していって1ターンに5パンできるとかいうCXコンボなんだと思います。それくらいでないとコストに見合っていないですからね。コストが重たいのは確かですが、他にキャラを展開しないことになりますし、一見厳しいように見えて、割と普通に使えるのではないでしょうか。仮に予想通りのCXコンボだったとして、どちらかというマーカーの方が心配かもしれません。対象となるキャラでないと分離はできないので控え室に落ちていなかったら・・・・・・。



20171228_6.png
ブースターパック「天元突破グレンラガン」収録。
「天元突破グレンラガン」対応の赤/扉のクライマックスです。



20171228_5.png
ブースターパック「天元突破グレンラガン」収録。
《大グレン団》のキャラへの2500応援と、手札から登場時に《大グレン団》のキャラを1枚回収することができる能力、「天元突破グレンラガン」へのチェンジを持つ、赤/3/2/7500のキャラです。特徴は《大グレン団》・《ドリル》。

「天元突破グレンラガン」を支える良い能力ですね。
ストック消費を節約して「天元突破グレンラガン」を出すことができます。CIP能力がキャラ回収ですし、チェンジコストとして自身が手札に戻るため「天元突破グレンラガン」のCXコンボとも噛み合っています。

普段は2500応援として盤面を大きくサポートできるのも優秀。



20171228_7.png
ブースターパック「天元突破グレンラガン」収録。
手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力と、アタック時に対応クライマックスがあるならコストを払うことで自分の山札の上から3枚を控え室に置き、それらのカードの「ムガン」を含むキャラの数+2枚分まで相手の山札の上から見てその枚数分まで控え室に置き、残りを山札に戻し、シャッフルするCXコンボを持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《アンチスパイラル》。

対応クライマックスは、青/門・1。
相手のキャンセル率の低下が見込めるCXコンボです。「旅の鏡」や「“蒼い雷光”伊達 政宗」系の効果ですね。最低でも2枚、最高で5枚、相手の山札の上から見ることができます。その中にクライマックスがあればキャンセルを削ったことになります。なかった場合は本来通った筈のダメージがどうなるか分からなくなってしまったのでドンマイです。



20171228_8.png
ブースターパック「天元突破グレンラガン」収録。
「究極的宇宙魔神 グランゼボーマ」対応の青/門・1のクライマックスです。

| グレンラガン | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/12/28 GL


トライアルデッキ+ 「天元突破グレンラガン」収録。
相手のアタックフェイズの始めに前列のキャラのいない枠に移動することができる能力を持つ、黄/0/0/2000のキャラです。特徴は《大グレン団》・《武器》。

純移動。普通に強いです。
純移動もトライアルデッキの顔馴染みって感じですね。

| グレンラガン | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/12/28 HLL


エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.2」収録。
クロックの一番上にあり、自分のレベルが2以上なら合体を使った時に《定理者》か《使者》のキャラを1枚までサーチするアラームを持つ、赤/1/0/2500のキャラです。特徴は《使者》・《先生》。

ノーコストでサーチができるのは強力だと思います。
しかし、レベル2以上で合体を使うタイミングでこのカードがクロックの一番上にないといけません。タイミングが限定されますね。それでいてスペックは1/0/2500ですから、舞台での活躍は見込めません。

【バンドリ】の《Afterglow》でアラームの新時代に突入したかと思いきや、また戻ってしまいました。



20171228_2.png
エクストラブースター「『ひなろじ ~from Luck & Logic~』Vol.2」収録。
手札から登場時にコストを払うことで「見守る者 学園長」を1枚までサーチする能力を持つ、赤/1/0/4000のキャラです。特徴は《定理者》・《先生》。

ノーコスト手札切りサーチ。赤ですがサーチなので間違えないように注意。
使えるタイミングの限られる「見守る者 学園長」をサーチできるのは便利だと思います。ノーコストで手札を切れるというのも良いですね。しかし、このカードも1/0/4000と、正直弱いんですよね。

| ひなろじ | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |