大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【VG】今日のカード 2013/07.23


カード名:次元ロボ カイザード
グレード:2 クラン:デイメンジョンポリス 種族:バトロイド
パワー:9000 クリティカル:1 シールド:5000

自:《ディメンジョンポリス》がこのユニットにライドした時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。


イラスト:大張正己(STUDIO G-1NEO)
フレーバーテキスト:油も血潮も変わらない! これがオレの正義の鼓動だッ!


【ユニット設定】
「ダイユーシャ」サポートの命令を受けてやってきた新たな次元ロボ。 口が悪いのが難点だが、「ダイユーシャ」に引けを取らない程の実力を持ち、二挺一組の愛銃「カイザーマグナム」を自在に扱う。 クレイに転移した直後、“リンクジョーカー”の集団に不意をつかれ窮地に陥る「ダイユーシャ」の姿に幻滅し、彼を助けつつも以降は単独行動をとっていた。 その後はほとんど姿を見せる事なく、各地で散見される“リンクジョーカー”をたった一人で討伐していたが、後にスターゲート最大の危機と言われる「第一次本部襲撃戦」の際に再び次元ロボ達の前に姿を現す。 彼は誰かの正義に連なるのではなく、己の正義に従って行動する。 従って、強者である自分が弱き者の分まで戦うのは当然だと考えているのだ。 弱き者が戦わなくてもいい世界を目指し、己が強き者である事を証明し続ける為、彼は銃を構える。

トライアルデッキ第12弾「超次元の勇者」収録。《ディメンジョンポリス》のグレード3ユニットです。
《ディメンジョンポリス》がこのユニットにライドした時に、そのユニットをパワーアップする能力を持ちます。

ブレイクライドを弱めにした感じの能力ですね。「超次元ロボ ダイユーシャ」や「イニグマン・サイクロン」のようなアタックステップ開始時のパワーを参照するユニットを通常ライドするだけで力を発揮できるようにするのは、非常に強力だと思います。

しかし、ライドされることを前提としているためライドできなかった場合は勿論、2枚目以降がパワー9000のバニラとなってしまうのが欠点です。V候補を何にするかで、使えるかどうかが大分変わってきそうです。「超次元ロボ ダイユーシャ」を採用する次元ロボデッキなら、4枚採用は十分に考えられると思います。

| 【VG】今日のカード | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うーん

やはりリアガードの時に9000バニラなのがちょっといたいかなあ~

僕は多分入れないかもしれませんね~(笑)

| ナリ | 2013/07/24 00:23 | URL |

コメント返信

>ナリさん
確かにそれが難点ですよね。
グレード1の「次元ロボ」をパワー7000のみで構築すれば、そこまで気にならなそうです。16kラインを安定で作れますから。しかし、カウンターコストは余りまくりですし、ブースト要員を展開できなかった時に不安が残ってしまうんですよね。

ピン刺しで入れても確実に引ける能力が欲しいですw

| 966 | 2013/07/24 21:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/1170-faa03c31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT