大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【VG】今日のカード 2013/09/02


カード名:星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン
グレード:3 クラン:リンクジョカー 種族:サイバードラゴン
パワー:11000 クリティカル:1 シールド:×

自【V】LB(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[SB(1)-カード名に「星輝兵」を含むカード] 相手のエンドフェイズ中、空いても呪縛カードが解除された時、コストを払ってよい。払ったら、そのユニットを退却させ、1枚引く。
起【V】:[CB(1),あなたの手札からカード名に「星輝兵」を含むカードを1枚選び、捨てる]相手のリアガードを1枚選び、呪縛する。そのターン中、この能力は使えなくなる。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)
永【V/R】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)


【ユニット設定】
侵略者“リンクジョーカー”の先兵「星輝兵」にして、主にズー、メガラニカ侵略の指揮を取る指揮官。 他者を絶望させ堕とす事を至上の喜びとする歪な精神の持ち主であり、受け持ちでは無い他国の戦士もその手にかけている。 敵味方問わず甘言を弄して欺く為、他の指揮官からは「道化」と呼ばれ嫌悪されているが、如何な作戦においても必ず大きな成果を上げる為、本隊からの評価が非常に高い。 心は何者の干渉も受け無ければ絶望にも希望にも属さない。 なればこそ、ただ絶望を与えるよりも一欠片の希望を見せてから堕とした方がより効果的なのだ。 彼は唄う様に紡ぐ、「希望は存在する、だがお前に救いが訪れる事はない」と。 希望を与え、絶望に堕とし、希望を見せ、其れを砕く。 強い意志を宿す者達の目から光が消えるその瞬間、混沌の道化は口角を吊り上げ心からの笑みを浮かべる。

ブースターパック第13弾「絶禍繚乱」収録。《リンクジョーカー》のグレード3ユニットです。

今、世間を騒がせているカードですね。レオパルドを反転させた奴でもあります。
パワーアップ、クリティカルアップなどの能力は持たず、呪縛に関する能力しか持たないため、一見するとそこまで強くないように感じますが、冷静に考えると結構ヤバイです。

まずは、相手の呪縛カードが解除された時、エスペシャルソウルブラスト1枚でそのユニットを退却させ、1ドローできるというリミットブレイク。呪縛コスト勢=リバースしたユニットへのメタになります。そして、自身の2つ目の能力との相性が抜群に良いです。

その2つ目の能力は、カウンターコスト1の手札から「星輝兵」を1枚捨てることで相手を1枚呪縛(1ターンに1回のみ)するというもの。手札1枚のコストは重いように感じますが、この能力はリミットブレイクでもなく、更に相手の前列のユニットも対象にできます。つまり、1ラインのアタックを封じられるわけです。むしろ軽すぎるコストですね。そして、リミットブレイク圏内なら1ターンのロスはあるものの、ESB1でそのユニットを退却させ、1ドローできます。これで起動能力が実質カウンターコスト1のみと言えます。

ユニット設定にあるように非常に嫌らしい存在ですね。防御面は優秀ですから、補いたいのは攻撃面ですね。後はデッキで「星輝兵」で固めるようにすればおkでしょう。
しかし、上で防御面は優秀と書きましたが、こちらがリミットブレイク発動圏内=ダメージ4点以上なら2ラインのアタックでも十分やられる可能性はあるんですよね。その辺があるから、実際どの程度強いのかがまだよく分からないとも言えます。

相手がリバースしたユニットを軸としたデッキならその時点で有利なので、それ以外のデッキ(抹消者、解放者、撃退者、次元ロボ)に対して、どのように戦うかが重要になりそうです。

| 【VG】今日のカード | 22:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

色々

こいつについては色々なブログで論議されてますね。
僕は一応使う側ですがね。

もしかしたら、スタンドトリガーが輝く日が近いのか!?(笑)

| ナリ | 2013/09/03 06:39 | URL |

コメント返信

>ナリさん
かなり嫌らし……面白そうな能力ですからね'`ィ(´∀`∩

スタンドトリガーは、相性の良いユニットが増えたのも事実ですが、呪縛のせいで結局って感じに。スタンドトリガーで呪縛が解除できたら><

| 966 | 2013/09/03 22:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/1258-488792a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT