大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【VG】今日のカード 2013/10/08


カード名:連星のツインガンナーキ
グレード:3 クラン:リンクジョーカー 種族:サイバーロイド
パワー:11000 クリティカル:1 シールド:×

【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2),【ソウルブラスト】(2)] 相手の、前列と後列のリアガードを1枚ずつ選び、呪縛する。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)
【自】【(V)】:[あなたの《リンクジョーカー》のリアガードを1枚選び、ソウルに置く] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)


イラスト:touge666
フレーバーテキスト:滅びは、あらゆる存在に等しく訪れる。


【ユニット設定】
三英雄のデータを元に造られた「バイナリスター」に、更なる可能性を見出した一部上層が密かに開発を進めていた特別規格の「サイバロイド」。 正式なコードは「BinarY-StaR:02」であり、「バイナリスター」の正式な改良発展型である。 筋組織の単純強化、有機素材の質の向上など、およそ考えられる限りの強化を施された一品物で、特に中距離戦を意識した改良が為されている。 魔法壁ごと鋼鉄を抉り取る破壊銃「Primary(プライマリー)」と、身体を侵蝕して行動を封じる捕縛銃「Companion(コンパニオン)」。 この二挺の銃は、それぞれが100体の量産兵を生み出せる量の「虚無(ヴォイド)」を内部に充填する事ができるという。 星を守り導く為に生まれた英雄の力は、星を喰み蝕む侵略者に奪われ、堕ちた。 産声すら上げず、世に出でた反英雄。 絶望に怯える民にも、希望を信じ戦う者にも、彼は等しく滅びを与える。

「月刊ブシロード2013年11月号」付属。《リンクジョーカー》のグレード3ユニットです。

前列と後列のリアガード1枚ずつの呪縛によって得られるメリットは「星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン」同様ですが、そちらと異なり再ライドの手間が不要であり、コストさえ揃えることができれば同一ターンに2回起動したり、次ターンにもう1回起動したりすることができます。

また、起動能力であるため、リアガードのコールを行った後に使用できるのもこちらならではのメリットと言えます。「凶爪の星輝兵 ニオブ」や「魔爪の星輝兵 ランタン」などと組み合わせやすいです。

自動能力のリアガード1枚をソウルインして、パワーパンプする能力も悪くありません。自身のリミットブレイクのコストが確保できますからね。タイミングを考えて、使用したいです。

| 【VG】今日のカード | 23:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

付録にしては

付録にしては使いやすいユニットですよね。

ただ付録にこういうのはやめてほしいな~( ̄▽ ̄;)

今後もこういうのがあるんだろうな(^ー^;A

| ナリ | 2013/10/10 01:39 | URL |

コメント返信

>ナリさん
付録であって付録でないって奴ですね(ぁ
まぁ、おまけが本体というのは最近ではありがちですよね。

| 966 | 2013/10/11 20:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/1340-bf116df0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT