大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【VG】今日のカード 2012/04/19



カード名:小さな拳士 クロン
グレード:0 クラン:ゴールドパラディン 種族:ジャイアント
パワー:4000 クリティカル:1 シールド:10000

自:他の《ゴールドパラディン》がこのユニットにライドした時、このカードをRにコールしてよい。
起【R】:[CB(1), このユニットをソウルに置く]あなたの山札の上から5枚まで見て、グレード3以上の《ゴールドパラディン》を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。


【ユニット設定】
“ゴールドパラディン”に所属するジャイアントの少年拳士。 トロン、マロンの同輩。年の割に世話好きで落ち着いているため、向こう見ずな同輩たちのまとめ役・仲介役を務めることが多く、戦闘スタイルにもその影響が出ている。小回りのきく職業の特性を存分に生かし、詠唱中の魔術師や突貫する軽装兵のサポートを行う。

第6弾「極限突破」収録。グレード0の《ゴールドパラディン》です。
被ライド時に自身をスペリオルコールする能力(俗に言うFV能力)とグレード3以上の《ゴールドパラディン》をサーチする能力を持ちます。要はバミューダ△候補生 シズクの《ゴールドパラディン》版。
ケロAで既に情報公開されていたカードなのでご存じの方も多いと思います。

ライド事故防止やアタッカーを手札に呼び込むのに役に立ちます。同時に山札圧縮もこなします。
ただし、サーチ先は山札の上から5枚と確実ではないものです。使用する際は、山札の枚数とグレード3の残り枚数をしっかり確認しておくのをおすすめします。
失敗するとカウンターコスト1の無駄遣い、リアガード1枚の喪失と結構痛いです。

余談ですが上の内容で「『バミューダ△候補生 シズク』の《ゴールドパラディン》版」と書きましたが厳密にはちょっと違います。シズクが「グレード3の《バミューダ△》を1枚まで探し」とテキストに書かれているのに対し、クロンは「グレード3以上の《ゴールドパラディン》を1枚まで探し」と書かれています。そう、クロンはシズクの上位互換なのです!

……今のところ存在するグレードは3までなので意味はないんですけどね(ノ∀`*)ペチッ
これは、これからグレード3以上のユニットが登場するという前触れなのでしょうか。完全ガードのテキストが第5弾で変更された時も全体攻撃するユニットの前触れと噂されていましたから。
ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオンの登場で完全ガードにエラッタが来たように、グレード3以上のユニットが登場したらシズクにもエラッタが来ると思われます。



1204192.png

カード名:小さな闘士 トロン
グレード:1 クラン:ゴールドパラディン 種族:ジャイアント
パワー:6000 クリティカル:1 シールド:5000

自【R】:このユニットが《ゴールドパラディン》のヴァンガードをブーストした時、あなたのリアガードが相手のリアガードより多いなら、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+4000。


【ユニット設定】
“ゴールドパラディン”に所属するジャイアントの少年闘士。 巨大な両手斧を手足の如く使いこなす。真っ向勝負を好む性格故、あえて敵陣中央から突っ込み道を切り開く無謀とも言える勇猛さを見せる。その戦法は後背を守ってくれる友がいることを知っているからこそ取れる、いわゆる信頼の裏返しなのかもしれない。

第6弾「極限突破」収録。グレード1の《ゴールドパラディン》です。
ブーストしたヴァンガードのパワーを上昇させる能力を持ちます。相手よりリアガードが多ければ実質10000ブーストになります。ドラゴニック・ヴァニッシャーのV専用ブースト版といったところです。

《ロイヤルパラディン》と同じく《ゴールドパラディン》もリアガードの展開に長けているようなので相性のいい条件だと思います。相手のリアガードが5枚揃うと発動は不可能ですが、アタックによる退却や相手のインターセプトで上手く条件をクリアしたいところです。
ブラスター・ブレードのような退却能力を持つユニットが《ゴールドパラディン》には存在しないのがちょっと残念です。まだ公開されていないだけなのかもしれません(*´・ω・)´-ω-)ぅん

大いなる銀狼 ガルモールを軸にする場合はちゃーじがるの存在があるので若干採用しにくいですが、灼熱の獅子 ブロンドエイゼルなど他のグレード3を軸にする場合は十分に採用を考えられるカードだと思います。10000ブーストはやはり強力です。

| 【VG】今日のカード | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/155-fab2253e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT