大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2015/09/08 TL


ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd」収録。
他の自分の《変身》か《家事》のキャラが登場した時にパワーパンプする能力と、バトル相手がリバースした時に手札の「金色の闇」を公開することで他の自分のキャラを1枚レストして後列のキャラのいない枠に動かす能力を持つ、黄/0/0/2000のキャラです。特徴は《変身》・《たいやき》。

共鳴の能力は「おめかしハルヒ」と同じものです。パワーパンプ能力持ちになったため共鳴にして調整した感じですね。バトル相手をリバースさせやすくなったのは大きな利点だと思います。

その強さは、使ったことがある人なら分かるでしょう。成功すれば実質1キャラの擬似アンコールになり、さらにもう1ターン行動しやくなります。

「金色の闇」を採用したデッキなら間違いなくこのカードも採用すべきでしょう。



1509082.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd」収録。
自分のキャラすべてが《変身》か《家事》ならパワーパンプする能力と、バトル相手がリバースした時に手札の「金色の闇」の公開を含むコストを払うことで1ドローする能力を持つ、黄/2/1/7000のキャラです。特徴は《変身》・《たいやき》。

《変身》、《家事》のみで構築されたデッキなら2/1/9000キャラとして扱えます。共鳴コストさえ確保できれば相手がどんなキャラであろうとリバースさせれば1ドローできるので、比較的狙いやすそうです。



1509083.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd」収録。
自分のレベルが2以上ならコストを払うことで自分の控え室の「“自分の心”ヤミ」1枚をこのカードがいた枠に置く起動能力を得る能力と、コストを払うことで自分の手札の「金色の闇」を1枚までこのカードがいた枠に置く能力を持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《変身》・《たいやき》。

2つの疑似チェンジ、早出し能力を持っているようなものですね。
状況に応じて使い分けれるのは悪くないです。しかし、なくても問題なさそうです。



1509084.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd」収録。
自分のクロック置場に「“ホントの友達”ナナ」があるなら早出しできる能力と、自分のターン中、バトル相手がリバースした時にコストを払うことで相手に1ダメージを与える能力を持つ、赤/3/2/10000のキャラです。特徴は《宇宙人》・《動物》。

プリティドール 朝比奈桃子」と同じバーン能力を持ちます。
あちらと違いパワーパンプ能力を持たないため、バトル相手をリバースさせ難いのが難点です。

早出しできるので早い段階から使うことができるというのがこちらの強みでしょうか。
これはこれで有効に働く場面は少なからずあると思います。



1509085.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd」収録。
登場時に山札の上から1枚を公開し、そのカードがレベル0以下のキャラならこのカードをストックに置く能力を持つ、赤/0/0/4000のキャラです。特徴は《宇宙人》・《動物》。

「“お座り”ナナ」の早出し条件となるキャラです。早出しを狙っていくならやはり4枚積みたいです。
しかし、早出ししてもの凄く強いキャラってわけでもないですからね。でも、早出しを狙わないと「プリティドール 朝比奈桃子」の劣化版にしか感じない辛さ。難しい問題ですね。
このカードはこのカードで中々重たいデメリットを持っているというのも問題を更に難しくしている要因のひとつです。

| To LOVEる | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2116-e7c0e719

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT