大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/08 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
CIP2ドロー1ディス能力と、他の自分の《ぷよ》のキャラがアタックした時にパワーパンプする能力、アタックしているこのカードの与えたダメージがキャンセルされた時にコストを払うことで自分の控え室のキャラを1枚、このカードがいた枠に置くクライマックスシナジーを持つ、青/3/2/9500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《科学》。

対応クライマックスは、青/門・1。
実質、再スタンド能力です。ダメージキャンセル時にしか使えないので詰め要員ですね。現在公開されている範囲ではいませんが、「ミルヒオーレ・フィリアンノ・ビスコッティ」や「アイドルオタク にこ」などといったCIPやクライマックス関係なく働いてくれる能力を持ったレベル3キャラが収録されれば、より強力になりそうです。

2ドロー1ディスで後続や助太刀、対応クライマックスの確保も期待でき、パワーパンプ能力でパワー11500でアタックできる点も優秀だと思います。RRでもおかしくない性能のレベル3キャラですね。



1601084.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
「好奇心旺盛 りんご」対応の青/門・1のクライマックスです。



1601083.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
自分の控え室のクライマックスが1枚以下なら手札からプレイできず、自分の手札のクライマックスを1枚控え室に置くことで、バトル中のキャラ1枚にプレイヤーにダメージを与えることはできない能力を与える、青/2/1のカウンターイベントです。

ホラーは苦手」などの亜種ですね。
ストック消費は軽くなりましたが、手札のクライマックスを1枚要求するようになりました。基本的には安定して扱い難くなったといえるでしょう。しかし、門や宝のクライマックスを採用したデッキであるなら話はまた少し違ってきます。あれ?ぷよぷよって緑あるのか?トリガーで手札にクライマックスを握る可能性があるわけで、その終盤だと無駄になりがちなクライマックスを有効活用することができます。リフが近いならクライマックスを落とせるという意味でも優秀です。

また、「好奇心旺盛 りんご」や「ばっちぐー! アミティ」などのCIPで手札を増やすレベル3キャラとの組み合わせも良好です。これはこれで十分優秀なイベントだと思います。



1601085.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
《ぷよ》のキャラを1000パンプし、アンタッチャブル能力を与える応援を持つ、黄/2/1/6500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《謎》。

アンタッチャブル付与=除去耐性ができるので頼りになります。しかし、相手がそもそも除去を全く使用しないデッキの可能性も十分にあるので、無駄にもなりがちなんですよね。また、このカード自体がバウンスされるというのも弱点といえるでしょう。周りの環境次第といったところでしょうか。「『くらやみ』」怖い(ぁ



1601086.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
自分の《ぷよ》のキャラがいないなら手札からプレイできず、自分のキャラすべてをパワーパンプし、すべてのプレイヤーは山札の上から1枚を控え室に置き、この効果で控え室に送られたカードのレベルが相手のこの効果で控え室に送られたカードのレベルより高いなら、自分のキャラすべてをパワーパンプする、黄/3/0のイベントです。

確定全体2500パンプ、運が良ければ全体5000パンプです。
そんなにパワーを上げる意味があるのでしょうか?

| ぷよぷよ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2263-d4263bde

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT