大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/14 MG


ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
自分のレベル置場のカードのレベルの合計が6以上ならパワーパンプし、アンタッチャブル能力を得る経験と、相手のターン中、自分が受けたダメージがキャンセルされなかった時に前列にいるなら自分の山札を上から1枚見て、上か控え室に置く能力を持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《怪異》・《血》。

2015年12月29日に既に公開されています。
今日のカードはこのカードが関係したものが主です。



1601142.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
手札から登場時に《怪異》のキャラを1枚までサーチする能力と、他の自分の《怪異》のキャラを2枚レストし、このカードをマーカーを持たない「昔話 忍野忍」の下にマーカーとして置くことで相手の山札をすべて控え室に置き、自分は疑似リフする能力を持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《怪異》・《血》。

面白いカードですね。CIP能力でサーチができるため起動能力の発動は比較的容易といえます。
起動能力は相手に強制リフレッシュ、自分は疑似リフというもの。
強制リフレッシュは言うなれば確定1点ダメージです。また、タイミング次第では相手のキャンセル率を下げ、自分のキャンセル率を向上させることになります。強力な効果だと思います。



1601143.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
「昔話 忍野忍」へのチェンジを持つ、黄/2/2/8000のキャラです。特徴は《怪異》・《血》。

「昔話 忍野忍」が早出しできれば強いキャラであるのは、間違いないので、採用は十分に検討できるでしょう。このチェンジ方式、私は嫌いじゃないです。登場するキャラが相手ターン中に有効に働くものなので、噛み合っているといえるのではないでしょうか。気になる部分を挙げるのならば、アンコールステップチェンジを持つすべてのキャラに言えることですが、このキャラのアタックをどうやって安全に通すかですね。



1601144.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
対応クライマックスが置かれた時にこのカードが前列にいるならコストを払うことで「忍」を含むキャラと「真宵」を含むキャラをぞれぞれ1枚までサーチし、パワーパンプするクライマックスシナジーと、他の自分の《怪異》のキャラの被フロントアタック時にコストを払うことで自分のバトル中のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、青/2/2/8000のキャラです。特徴は《怪異》・《人形》。

対応クライマックスは、青/新ストブ。コストと使っているクライマックスを考えれば、単体では実質手札交換になります。後、おまけのパワーパンプ。

2/2のキャラで疑似助太刀能力持ちというのも組み合わせとしては微妙です。むしろソウル2のキャラは場に残したいですからね。まぁ、パワーパンプの値がちょっとだけ高いんですけどね。

あくまでファン向けのカードといえるでしょう。ロリコンの方はどうぞ(オイ



1601145.png
ブースターパック 「<物語>シリーズ セカンドシーズン」収録。
「されるがまま斧乃木余接」対応の青/新ストブです。

| 〈物語〉シリーズ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2270-dec97462

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT