大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/01/27 PY


ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
他の自分の《ぷよ》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、緑/1/0/4500のキャラです。特徴は《ぷよ》・《オカルト》。

俗に言うガウル互換。つまり性能は約束されています。
後は、色自体がどうかという話ですね。



1601277.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分の《ぷよ》のキャラが4枚以上ならコストを払うことで相手のレベルより高いレベルのキャラを1枚控え室に置く能力と、1/1/1500助太刀を持つ、緑/1/1/2000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《謎》。

早出しメタ助太刀。《ぷよ》のキャラが4枚以上という条件があるので、早出しメタのコストが軽くなっています。しかし、1/1助太刀なので使っているコストは変わらないんですけどね。
まぁ、この助太刀系統は存在するだけでも意味がありますし、上手くいけば相手の強力なキャラを除去しつつ、アタック回数も1回減らせるのはやはり強いです。



1601278.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
デッキに無制限に入れられる能力と、他の自分の前列の「きいろぷよ」の枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《ぷよ》。

これですべての色の「ぷよ」が出そろいました。果たして何色が強いのか。



1601279.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
自ターン中、他の自分のキャラをパワーパンプする能力と、「きいろぷよ」があるなら自分の山札からコスト0以下のキャラを1枚まで舞台に登場させる1コスト2枚レスト集中を持つ、黄/0/0/1000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《魔法》。

集中ですが、クライマックスではなく「きいろぷよ」が捲れるとコスト0以下のキャラを山札から1枚舞台に登場させることができます。「きいろぷよ」が何枚捲れようと登場させることができるキャラは1枚のみなのでお間違えの無いように。「きいろぷよ」を8枚より多く採用しているならば通常の集中より成功確率は上といえます。

後列向け能力も持っていますし、「きいろぷよ」デッキならば間違いなく採用されるでしょう。



16012710.png
ブースターパック「ぷよぷよ」収録。
アタック時に自分の《ぷよ》のキャラ1枚をパワーパンプし、自分のクロック置場に「きいろぷよ」があるなら自分の《ぷよ》のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、リバース時に山札の下に置く能力を持つ、黄/1/0/5000のキャラです。特徴は《ぷよ》・《武器》。

パワーパンプは自身も対象に選べます。クロックに「きいろぷよ」があれば、1/0/7000のキャラとして扱えます。もちろん、他のキャラ1枚に2000パンプしてもいいですし、2枚に各1000パンプしてもいいわけです。

リバース時ボトム送り能力は、ボトムクライマックスを防いでくれるので個人的に割と好きなデメリットのひとつです

しかし、これだけではまだ「きいろぷよ」デッキ、微妙過ぎますね。「あおぷよ」や「みどりぷよ」に比べると派手さがありません。「あかぷよ」もまだ地味ですね。

| ぷよぷよ | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2288-7c47d970

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT