大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/02/24 TL


ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
このカードの正面のキャラのレベルがこのカードのレベルより高いならフロントアタックできない能力を持つ、赤/1/0/6500のキャラです。特徴は《宇宙人》・《動物》。

“一緒にご飯”友利 奈緒」などの互換。
中盤以降気になってくるデメリットです。しかし、1/0でパワー6500は魅力的ですね。
後々腐ってきそうなことを考えますと1,2枚の採用が良いのではないでしょうか。



1602249.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
他の自分の「“信じる心”ナナ」がアタックした時に前列にいるなら相手の前列のレベル0以下のキャラ1枚を控え室に置くことができる能力を持つ、赤/0/0/2500のキャラです。特徴は《宇宙人》・《植物》。

「“信じる心”モモ」は相互互換です。詳しくはそちらで。



16022410.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
他の自分の「“信じる心”モモ」がアタックした時に前列にいるなら相手の前列のレベル0以下のキャラ1枚を控え室に置くことができる能力を持つ、赤/0/0/2500のキャラです。特徴は《宇宙人》・《動物》。

能力が発動可能な状態なら相手の前列のレベル0以下のキャラを2枚除去できることになります。
序盤のアタッカーとしては非常に高い性能ですね。
しかし、2種類揃わないと能力が使えずバニラ以下の存在になってしまいますし、両方とも採用しないといけない=デッキ枠を使うので、厳しい部分があります。

なんでモモはUで、ナナはCなんだ。同じレアリティでいいじゃないか(ぁ



16022411.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
他の自分の《宇宙人》か《科学》のキャラがアタックした時にパワーパンプする能力を持つ、赤/1/0/4500のキャラです。特徴は《宇宙人》・《科学》。

よく見かける能力ですが、基本的なものと比べると素のパワーが500低い分、能力のパンプ値が500上がっています。条件を満たしつつ3回目にアタックした場合、パワー7500になります。通常の互換と比べると500高いです。
《宇宙人》デッキならば1/0のアタッカーとして何枚か採用しても良さそうです。



16022412.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
手札から登場時に自分の《宇宙人》か《科学》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、相手のアタックフェイズの始めにコストを払うことで「“優しい想い”ララ」を1枚回収し、相手のキャラ1枚にダメージを与えることができない能力を与える疑似クライマックスシナジーを持つ、赤/2/1/7500のキャラです。特徴は《宇宙人》・《科学》。

対応クライマックスは、赤/扉。
面白いですね。ダメージを与えることをできなくする能力は、現環境では非常に有効です。指定カードの回収とはいえ、手札コストを取り戻しているのも良いです。この手のコストは、門と上手く組み合わせることができれば強いのですが、現状の門対応は微妙な上、色や特徴的に組み合わせにくいのが残念です。

登場時パワーパンプ能力のおかげで2/1のアタッカーとしての性能も約束されていますし、悪くないと思います。とりあえずは試してみたいです。



16022413.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
「“天性の小悪魔”ララ」対応の扉のクライマックスです。

| To LOVEる | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2322-616a14f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT