大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/03/01 TL


ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
アタック時に他の自分の《宇宙人》か《動物》のキャラ1枚を他の自分の《宇宙人》か《動物》のキャラの枚数に応じてパワーパンプうする能力と、コストを払うことで相手の前列のレベル0以下のキャラ1枚を控え室に置く能力を持つ、赤/0/0/2000のキャラです。特徴は《宇宙人》・《動物》。

《宇宙人》デッキ、《動物》デッキ、どちらのデッキでも採用が考えられます。
最高でパワー+2000の補正は魅力的です。序盤から終盤まで使えますね。
前列のレベル0焼きは、序盤、重宝する時が少なくないです。移動やパワーが高くて倒せそうにないキャラを1コストで除去できるのは便利です。



1603012.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
手札から登場時に自分の《宇宙人》か《動物》のキャラ1枚をレベル&パワーパンプする能力を持つ、赤/1/0/4500のキャラです。特徴は《宇宙人》・《動物》。

これまた《宇宙人》デッキ、《動物》デッキ、どちらのデッキでも採用が考えられる1枚です。
まぁ、「ナナ」は基本そうなんですけどねw
自分自身も対象にできるのが中々優秀ですね。そうするとレベル2のパワー5500のキャラになります。レベル1以下相討ちを倒すにはこれでも十分です。
また、《宇宙人》デッキの場合、レベル1の時点でレベル比例応援である「“ふりふりシャーペン”ララ」を出せるため、それとも相性が良いといえます。パワーが更に500増えますね。
早出しメタ助太刀には、要注意です。



1603013.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
手札から登場時にコストを払うことで自分の山札の上から4枚まで見て、《動物》か《霊》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴は《スポーツ》・《動物》。

《動物》、おまけで《霊》に4ルックが来ました。これは熱いですね。
4ルック信者の私としては非常に嬉しい追加です。
後は《動物》全体の強化をひたすら祈りたいです。



1603014.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
他の自分の前列の中央のキャラをパワーパンプする能力と、自分のクライマックスが置かれた時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/500のキャラです。特徴は《スポーツ》・《動物》。

現状の《動物》デッキの序盤の後列は微妙なので、十分採用が検討できます。「西連寺 春菜」は集中持ちでもあるのでいいとして、「“意外と積極的”ナナ」は特徴パワーパンプのみですからね。
どうせなら「新婚生活 アスナ」などでお馴染みのクライマックスパワーパンプ能力も活かしたいので、積極的にクライマックスを貼っていくデッキで使いたいところです。



1603015.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
自分のレベル置場の《動物》か《霊》のキャラの枚数に比例した応援と、対応クライマックスが置かれた時に次の相手のターンの終わりまで自分の前列の中央のキャラをパワーパンプする能力を得るクライマックスシナジーを持つ、青/1/1/3000のキャラです。特徴は《スポーツ》・《動物》。

素直な気持ち クロ」が初出の数少ないタイプの応援になります。レベル1時点では500応援ですが、レベル2で1000応援、レベル3で1500応援になります。

対応クライマックスは、青/門・1。
次の相手のターンの終わりまで前列中央パワー+1500能力を得るというものです。単純ながら悪くない効果だと思います。《動物》デッキに門を組み込みやすくなったという点も◎。

《動物》デッキの中盤以降の後列候補ですね。



1603016.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
「“スポーツドリンク”春菜」対応の青/門・1のクライマックスです。



1603017.png
ブースターパック「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd Vol.2」収録。
《動物》か《霊》のキャラがいないなら手札からプレイできず、自分の山札からクライマックスを1枚サーチする、青/2/0のイベントです。

1/1のイベントで見かけることがある効果ですね。レベルが2になり、条件が付いたためストックを消費しなくなりました。クライマックスをサーチするということはキャンセル率を下げるということなのでここぞという時に使用したいです。打点が足りなそうな時やクライマックスシナジーを狙いたい時ですね。レベル3のクライマックスシナジーを使うのが苦手な私のような人におすすめの1枚です。私ならピンで採用するかもしれません。

クライマックスシナジー持ちで、《動物》持ちのレベル3キャラである「“朝のお目覚め”唯」と相性が良いのではないでしょうか。

| To LOVEる | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2328-c855cc21

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT