大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/03/29 IMC


ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
対応クライマックスが置かれた時に前列にいるならコストを払うことで自分の《音楽》のキャラを2枚まで疑似アンコールを与えるクライマックスシナジーと、レベル1以下相討ち能力を持つ、赤/1/0/3000のキャラです。特徴は《音楽》・《クローバー》。

対応クライマックスは、赤/扉。
ふたつの能力が噛み合っていますね。「デレマス」には「マイファーストスター かな子」というレベル1相討ちがあるため、レベル1相討ち8枚体制の構築も可能です。相討ち無効やレベルパンプのことを考えますと勇気のいる構築ですけどね。

しかし、レアリティがRRなのはちょっと納得できません。



1603293.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
他の自分のスタンドしているキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、手札から登場時に自分の山札の上から3枚まで見てカードを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力、アタック時にキャラを1枚まで回収し、相手の控え室のカード1枚を山札の上に置くクライマックスシナジーを持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《音楽》・《お菓子》。

対応クライマックスは、赤/扉。「笑顔で前を向いて 智絵里」と同様のものです。
キャラ回収とトップ盛り、悪くないのですが、微妙に感じるのも事実です。パワーパンプの参照するキャラもレスト指定ですしね。
しかし、対応クラマが同じキャラが存在し、それと噛み合っていること。CIP能力で対応クラマや他に欲しいキャラを引っ張ってこれる可能性のあること。レアリティがRであること。これらを考えると十分な気がします。「笑顔で前を向いて 智絵里」がRRなんですけどね。

そして、前弾の自分達(「緒方 智絵里」、「CANDY ISLAND かな子」)が最大のライバルという皮肉。



1603294.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
「笑顔で前を向いて 智絵里」、「「笑顔で前を向いて かな子」対応の赤/扉のクライマックスです。



1603292.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
自分の控え室のクライマックスが1枚以下なら手札からプレイできない能力と、他の自分の《音楽》のキャラが3枚以上ならパワーパンプする能力を持つ、赤/1/0/5500のキャラです。特徴は《音楽》・《飴》。

レベル1帯で出すには基本的に問題ない条件です。
どちらかと言えばパワーパンプ条件の方が気になるかもしれません。事故ったり、相手のキャラを倒せなかったりする状況だと3枚以上は地味に厳しい時があります。
それでも1/0/6500は魅力的ですから、採用は十分考えられるでしょう。

| デレマス | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2372-32eb924e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT