大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/04/13 IMC

諸事情により明日、明後日はブログの更新ができません。



ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《音楽》のキャラなら手札に加え、手札を1枚控え室に置く能力と、手札から登場時にコストを払うことで1ドローする能力を持つ、青/0/0/1500のキャラです。特徴は《音楽》。

コンソール能力と手札の《音楽》のキャラ1枚切り1ドロー。
青単ですと「渋谷 凛」がありますから、そこまで必要ないでしょう。
逆に言えばその他のデッキでは欲しくなる可能性が高いです。2回手札交換できる可能性がありますからね。ただし、2つ目の能力のコストは《音楽》のキャラ指定なので運が悪いと手札のクライマックスは切れない可能性があります。まぁ、運が悪かったと諦めるかないでしょう。

「Krone」を含んでいるのも見逃せません。ちなみに今日のカードはすべて「Krone」を含んでいます。



1604132.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
自分の控え室に「Project:Krone」があるなら成功時にキャラを1枚回収する1コスト自レスト4枚集中を得る能力と、応援を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《音楽》。

「Project:Krone」は、「Project:Krone 文香」対応の青/本のクライマックスです。
ですから、基本的にはKroneデッキの後列として使うことになると思います。序、中盤の後列はこのカードと「Kroneの仕掛人 美城常務」を並べておくのが安定っぽいですね。



1604133.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
すべてのプレイヤーのアタックフェイズの始めに自分の控え室に「Project:Krone」があるならパワーパンプする能力と、手札アンコールを持つ、青/1/0/2000のキャラです。特徴は《音楽》・《お菓子》。

「Project:Krone」は上のカードでも名前が挙がりましたね。これで実質このカードも含めて対応キャラが3種類あるクライマックスということになります。条件を満たせば1/0/6500の手札アンコ持ちになります。ガウル互換の最高値からこの値ですから優秀と言えるでしょう。
条件もそこまで厳しくないように思えます。レベル1帯になればさすがに1枚は落ちていそうな気がします。あくまで気がするだけですけどね。「希望の光 プロデューサー」を採用しておくと心強いかもしれません。



1604134.png
ブースターパック「アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON」収録。
アタック時に他の自分の《音楽》のキャラが3枚以上ならパワーパンプする能力を持つ、青/1/0/5000のキャラです。特徴は《音楽》・《キス》。

条件を満たせばパワー7000になります。基本的に他の自分のキャラ3枚以上指定は好きでない私ですが、このカードは気になりません。理由はアタック時=自ターン中のみであることと、「Krone」デッキならば「Kroneの仕掛人 美城常務」というキャラ確保要員がいるからです。

| デレマス | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2385-eac916da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT