大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/07/01 KC


ブースターパック「『艦隊これくしょん -艦これ-』到着!欧州からの増派艦隊」収録。
手札から登場時に2枚までドローし、手札を1枚控え室に置く能力と、手札から登場時に自分の《艦娘》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力、バトル相手リバース時に相手のリバースしているキャラの枚数に等しい数だけ相手にダメージを与えるクライマックスシナジーを持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《艦娘》・《練習巡洋艦》。

対応クライマックスは、赤/扉。
“ユーロ空軍のエース”アスカ」のクライマックスシナジーによく似ています。
異なるのは発動タイミングですね。相手をリバースさせないといけないものの発動回数が最大3回に増え、最大ダメージも3点になりました。こちらの方が強いと思います。
更にCIP2ドロー1ディス能力で対応クライマックスや同キャラ、サポート要員の引き込みをワンチャン狙えますし、CIPパワーパンプ能力で最大でパワー12000、最低でもパワー10000になることも考えますと基本こちらの方が優秀と言えるでしょう。あの頃よりも大分インフレしていることが分かりますね。

鹿島は人気ですし、効果も強いのでお高くなりそうです。



1607013.png
対応クライマックスは、赤/扉。
「香取型練習巡洋艦2番艦 鹿島」対応の赤/扉です。



1607014.png
ブースターパック「『艦隊これくしょん -艦これ-』到着!欧州からの増派艦隊」収録。
手札から登場時に他の自分の「香取型練習巡洋艦2番艦 鹿島」がいるならコストを払うことで相手のキャラを1枚、キャラのいない枠に動かすことができる能力と、レベル0以下相討ち能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《艦娘》・《練習巡洋艦》。

「香取型練習巡洋艦2番艦 鹿島」のクライマックスシナジーとよく噛み合っていますね。
相手のキャラがいなくてはリバースさせることもできませんし、リバースしているキャラの枚数分だけバーンの効果も減少してしまいますし、そこでこの能力を使って後列を前列に引っ張り出せば解決です。後列も焼けて一石二鳥。気になるのはストック消費ですね。

レベル0以下相討ち能力も持つため序盤はアタッカーとして活躍してくれることでしょう。採用し易いですね。

| 艦これ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2450-68b158dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT