大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/08/30 AW


ブースターパック「アクセル・ワールド -インフィニット・バースト-」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードにクライマックスがあるならレストする能力を持つ、緑/0/0/4000のキャラです。特徴は《ネット》・《バイク》。

非常招集の綾波」などの互換。
強いレベル0アタッカーキャラの代表格と言えます。



1608302.png
ブースターパック「アクセル・ワールド -インフィニット・バースト-」収録。
アタック時に正面のキャラがレベル3以上ならパワーパンプする能力と、自分のクライマックスフェイズの始めにコストを払うことでパワーパンプし、バトル相手リバース時に自分の山札の上から2枚までをストック置場に置く能力を得る加速を持つ、緑/2/1/7000のキャラです。特徴は《アバター》・《バイク》。

レベル3メタ。レベル3のキャラに対して単純にパワー13000でアタックできるのは強いと思います。相手がレベル3になっても働いてくれるというのは、早出しメタ相討ちにはない利点です。

加速ですが、効果自体は強いと思います。
パワーパンプにバトル相手リバース時に2枚ストブというのはクライマックスシナジーに匹敵します。
しかし、さすがにレベル2帯ですから加速によるクロック増加が怖いです。また、山札の上からのストブなのでクライマックスが流れてしまう恐怖というのもあります。

レベル3メタのアタッカーというだけで有能なので、基本はそれ目当てに運用し、状況を見て加速を使っていくのがいいでしょう。



1608303.png
ブースターパック「アクセル・ワールド -インフィニット・バースト-」収録。
レベル比例応援と、手札から登場時にコストを払うことで「噂の《治癒師》スキル」を1枚回収する能力、対応クライマックスが置かれた時に自分のキャラを2枚までパワーパンプするクライマックスシナジーを持つ、緑/2/1/4500のキャラです。特徴は《アバター》・《時間》。

「アクセル」のレベル応援は赤しかなかったので緑に来たというだけでも意味があります。
対応クライマックスは、緑/宝と緑/袋。前弾に緑/宝の同名クライマックスが存在します。
シナジー持ちが2種類あるため有能そうに見えますが、同じ対応のクライマックスシナジー持ちである「《治癒師》ヒーラーライム・ベル」はちょっと癖が強いキャラなんですよね。そもそも枚数は積まないキャラです。そう考えるとそこまで有能ではないです。また、そちらも特定イベントカードの回収能力を持つため、採用するならばそのことについても悩みそうです。

こちらの回収可能なイベントについてはそのイベント=次のカードで。



1608304.png
ブースターパック「アクセル・ワールド -インフィニット・バースト-」収録。
自分のキャラ1枚に1ターンにつき1回までこのカードのバトル中、受けたダメージがキャンセルされなかった時、自分の控え室のカードを受けたダメージ分の枚数まで思い出にし、アンコールステップの始めにこの効果で思い出に置かれたカードを全て控え室に戻し、自分のクロックを受けたダメージ分の枚数まで回復する能力を与える、緑/2/2のカウンターイベントです。

変わった効果のイベントですね。要は、不確定な回復イベントです。
付与したキャラのバトル中のダメージがキャンセルだった場合は、発動しません。また、回復が発生するのはアンコールステップであるため、効果が発動しても、その前に負けてしまう可能性も十分にありえます。中々に扱いどころが難しそうですね。

「黒雲内の走行 ライム・ベル」の登場時能力で手札交換しつつ手札に加えることができるのは良いと思います。手札に握っていたら少し安心感を与えてくれますからね。また、上手いタイミングでリフを挟むことができれば思い出に送ったカード分、デッキを圧縮できるというのも利点です。かなり運が絡んできますけどね。



1608305.png
ブースターパック「アクセル・ワールド -インフィニット・バースト-」収録。
「黒雲内の走行 ライム・ベル」と「《治癒師》ヒーラーライム・ベル」対応の緑/袋のクライマックスです。
同名の緑/宝のクライマックスが存在します。

| アクセル | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2511-138dcd8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT