大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/09/13 KI


トライアルデッキ「キズナイーバー」収録。
手札から登場時にパワーパンプする能力と、アタック時に他の自分のキャラが2枚以上なら相手のレベル1以下のキャラを1枚まで手札に戻し、パワーパンプするクライマックスシナジーを持つ、黄/1/0/4500のキャラです。特徴は《キズナ》・《メガネ》。

手札から登場さえすればパワー6000になるのは評価できます。
対応クライマックスは、黄/炎・1。
バウンスにレベル指定がなければ、非常に強かったんですけどね。500とはいえパワーパンプのおまけもありますし、査定的には間違っていないのですが、どうしても「“クールビューティー”友利 奈緒」と比べてしまいます。



1609133.png
トライアルデッキ「キズナイーバー」収録。
「お灸をすえる天河」対応の黄/炎・1のクライマックスです。



1609134.png
ブースターパック「キズナイーバー」収録。
手札から登場時に2ドロー1ディスする能力と、対応クライマックスが置かれた時に前列にいるならコストを払うことで自分の前列のキャラすべてをパワーパンプし、1ターンにつき1回まで発動するショットを与えるクライマックスシナジーを持つ、黄/3/2/10000のキャラです。特徴は《キズナ》・《不思議》。

2ドロー1ディス能力を持つため、対応クライマックス、コストとなる「クラスの珍獣 仁子」の引き込みを狙えるのは良いですね。

対応クライマックスは、黄/炎・1。
クラスの珍獣 仁子」=昨日弱いと感じたキャラがまさかコストになるなんて・・・・・・。
つまり、このレベル3キャラを使いたい場合、使わざるを得ません。ポジティブに考えるなら手札交換式とはいえ絆で引っ張ってこれますし、1/0/6500のスペックでありながらアタックできないなどのデメリットがない。リバース時デッキボトムに置かれる能力も山札に戻ることでドローやサーチを狙えるということになります。絆とは噛み合ってな・・・・・・それはダメージや山札削りで落ちたものは絆で回収できる二段構えなわけです。

1枚でも発動できれば前列すべてがショット持ちになるわけですから、十分強力といえるでしょう。複数枚の発動はコストの都合、かなり厳しいでしょうが、もし上手く発動することができれば最強と言っても過言ではありません。前列すべてがショット×2or3回持ちとか相手にしてみれば絶望でしかありません。
寡黙な文系少女 穂乃果」というストブ要員もいますし、狙えなくはないと思います。
どちらかといえば「クラスの珍獣 仁子」を複数枚握る方が難しいかもしれません。



1609135.png
ブースターパック「キズナイーバー」収録。
「“不思議メンヘラ”仁子」対応の黄/炎・1のクライマックスです。

| キズナイーバー | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2529-279ac070

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT