大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/12/08 RG

16120810.png
パワーアップセット「とある科学の超電磁砲S」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが《超能力》か「佐天」を含むキャラなら手札に加え、自分の手札を1枚控え室に置く能力と、自分のクライマックスが置かれた時にコストを払うことで自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《超能力》・《風紀委員》。

「“ただそれだけ”美琴」の早出し条件に指定されているキャラです。
これだけでも採用の価値がありますね。

1つ目の能力は、コンソール能力。
《超能力》では貴重、というか恐らく初のノーコストでの手札交換手段になります。
ありがたい収録ですね。この時点で採用確率高と言えそうです。

2つ目の能力は、「少女型人工知能 天」と同じものですね。自キャラ単体のパワーパンプです。
疑似的なクライマックスシナジーと言えますね。コストとしてセルフバウンスしているため登場時能力の再利用が可能です。クライマックスが続く限りループしますね。
しかし、従来の結果を残している「とある」の構築ですとクライマックスシナジーに依存しないデッキ=クライマックスを使う機会が少ないデッキが比較的多かったような気がするので、発動機会に恵まれているかどうかはまた別問題ですね。後、この効果を使うということはアタック回数を1回減らすか、後列が1枠空くことになるのも悩む点のひとつと言えそうです。「とある」には優秀な後列キャラ多いですからね。

| とある | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2611-fe3813c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT