大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/12/09 P5


ブースタパック「ペルソナ5」収録。
他の自分の《怪盗》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力と、手札から登場時に自分のクロックを1点回復することができる能力、自分のアンコールステップの始めに相手の前列のキャラがいないか、相手の前列のキャラすべてがリバースしているならコストを払うことで自分の前列の《怪盗》のキャラ1枚につき、自分の山札の上から1枚を公開し、山札の下に置き、そのカードのレベルに等しいダメージを相手に与える行為を行う能力を持つ、黄/3/2/9000のキャラです。特徴は《怪盗》。

ガウル能力とCIPクロック回復だけでも最低限のレベル3キャラのスペックはクリアしています。

注目なのは3つ目の能力ですね自分の《怪盗》のキャラ枚数分のXバーン。
発動できれば強力なのは言うまでもないでしょう。デッキトップに左右されるため0点の時もあるでしょうが、最高で3回5回まで繰り返せるわけですから、それで0点で終わってしまうのはよっぽど運が悪かったり、山札が少なかったりした時くらいでしょう。山札が残り1枚でその1枚が分かる状況とか大チャンスですね。そのカードがレベル1以上なら1点以上のバーン×《怪盗》のキャラ数分が約束されます。

問題は、どうやって発動させるかですね。自分のアンコールステップの始めに相手の前列のキャラがいない、もしくは相手の前列のキャラすべてがリバースしているのが条件です。そこまで難しくないようにも思えますが、相手の場次第では非常に難しくなってきます。自分は強固な盤面を作りつつ、相手の盤面を除去で崩すこともできる、そんな構築とプレイングを目指すことで、安定性は徐々に高まると思います。腕の見せどころですね。

複数枚の発動を狙うのもストック的にちょっと厳しそうです。

上記2つのことを考えますと、採用枚数は4枚でなくとも良さそうですね。



1612092.png
ブースタパック「ペルソナ5」収録。
他の自分のキャラの被フロントアタック時にコストを払うことでそのキャラを手札に戻す能力を持つ、黄/0/0/2000のキャラです。特徴は《探偵》。

全力でフォロー直斗」の互換。
互換ではありませんが同じ能力を持っていてより有名なのは「中学生 忍野忍」ですね。
まさか互換が刷られるとは思いませんでした。これで「ペルソナ」では同能力を8枚まで一応積めることになりますね。「全力でフォロー直斗」が一部で在庫がなかったり、高騰していたりするので、持っていない人にとっては嬉しい収録と言えそうです。

私、ペルソナ5購入予定の方に「『全力でフォロー直斗』は買っておいても良いと思いますよ。」って言っちゃったんですよね。悪いことをしてしまいました。

能力は強いですが、《怪盗》でないので《怪盗》デッキには採用し難いです。
《探偵》ってところも「全力でフォロー直斗」と同じですね。違うのは《男装》の有無と色。



1612093.png
ブースタパック「ペルソナ5」収録。
他の自分の「主人公&アルセーヌ/JOKER」をパワーパンプし、自ターン中、バトル相手リバーズ時に自分の山札の上から1枚を見て上か控え室に置く能力と、自ターン中のレベル比例応援を持つ、黄/2/1/5000のキャラです。特徴は《怪盗》。

自ターン限定のレベル比例応援であるためパンプ値がレベル×1000になっています。
相手のキャラをかなり倒しやすくなりそうです。
「主人公&アルセーヌ/JOKER」に対しては追加のパワーパンプと、バトル相手リバース時のデッキトップ操作付与。「主人公&アルセーヌ/JOKER」を最後のアタックにすれば「主人公&アルセーヌ/JOKER」のバーン能力の1回目で0点が出る可能性を下げてくれます。打点調整にも使えますね。
「主人公&アルセーヌ/JOKER」と最高に相性の良い後列キャラだと思います。



1612094.png
ブースタパック「ペルソナ5」収録。
自分のレベルが3以上ならこのカードを控え室に置くことで自分の手札の「主人公&アルセーヌ/JOKER」を1枚までこのカードがいた枠に置く能力を持つ、緑/0/0/2000のキャラです。特徴は《先生》・《メイド》。

ストック消費0で「主人公&アルセーヌ/JOKER」を出せるのが利点ですね。
それしかないです。《怪盗》でもないですし、さすがに採用はないと思います。
「主人公&アルセーヌ/JOKER」の複数枚発動を重点的に狙う構築なら採用ありえるのかな?



1612095.png
ブースタパック「ペルソナ5」収録。
手札から登場時にコストを払うことで自分のキャラ1枚にバトル相手リバース時に自分の山札の上から1枚をストック置場に置くことができる能力を与える能力と、コストを払うことで自分の山札の上から4枚まで見て「主人公」を含むキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く起動能力を持つ、緑/0/0/2000のキャラです。特徴は《演説》。

1つ目の能力は、手札から登場時に自キャラ2枚レストで自キャラ1枚にバトル相手リバース時ストブ能力付与をするものです。上手くいけば自身に2つ目の能力のコストをこれで賄えますね。

2つ目の能力は、「怒り爆発 しんのすけ」などの形式の4ルック。
1つ目の能力でコストを賄うことができるので悪くなさそうな印象です。
このカードは「主人公」ではありませんが、「主人公」デッキに軽く採用してみる価値はありそうです。



1612096.png
ブースタパック「ペルソナ5」収録。
自分のレベルが2以上なら「主人公」を含むキャラすべてにそのキャラのレベル以下相討ちを与えるアラームを持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《ネトゲ》。

二木 佳奈多」の「主人公」版ですね。
条件さえ整っていればパワー関係なく倒せるというのは確かに魅力的ですが、相討ちするより一方的に倒せた方が良いというのが本心。どうせならそういう状況を少しでも多く作り出せるようなカードを優先して採用すべきな気がします。後、アラーム自体が中々難易度高い要素ですからね。

| ペルソナ5 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2612-7de75bc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT