大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/12/12 P5


ブースタパック「ペルソナ5」収録。
アタック時に他の自分の《怪盗》のキャラがいるならコストを払うことでクロックを1点回復する能力と、相手のドローフェイズの始めに前列にいるなら自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《怪盗》。

レベル2のチェンジ元(次のカード)が存在するため、早出し可能です。相手ドローフェイズ前超パワーパンプ持ちは、早出しできるかできないかで有用性が違いますからね。

アタック時の回復能力も優秀ですね。相手ドローフェイズ前超パワーパンプ持ち=場もちが良い=キャラを温存できるということですから、噛み合っています。



1612122.png
ブースタパック「ペルソナ5」収録。
手札から登場時に他の自分の《怪盗》のキャラがいるなら1枚までドローし、手札を1枚控え室に置き、自分の山札の上から1枚をストック置場に置く能力と、「祐介&ゴエモン/FOX」へのチェンジ能力を持つ、青/2/1/5500のキャラです。特徴は《怪盗》。

まず、登場時能力が優秀ですね。手札交換しつつ、ストブできます。自身の登場コストを実質チャラにしていますね。発動条件も他に《怪盗》のキャラが1枚でもいればいいので非常に緩いです。

続いてチェンジ。チェンジ先が優秀なのは先ほど書きましたね。
ですから気になるのは、チェンジコストになると思います。ストックコストは登場時能力でストブしていますからいいとして、問題なのは手札コストですね。自身が手札に戻るため実質手札1枚消費なのですが、例えば手札に切りたくないカードが多い時に手札を2枚切らないといけないのは辛いです。そして、「手札の《怪盗》のキャラ」指定であるためイベントやクライマックスを切ることができないのも辛いです。
そこを上手くカバーしたいですね。



1612124.png
ブースタパック「ペルソナ5」収録。
自分のキャラを4枚まで控え室に置き、自分の山札からレベルとコストの合計値がX以下(X=控え室に置いたキャラの舞台にいた時のレベルとコストの合計値)の《怪盗》のキャラを1枚まで舞台の好きな枠に登場させる、青/1/3のイベントです。

新しい「処刑」。どんなキャラでも早出しできてしまうイベントと考えていいでしょう。レベル1帯からレベル3キャラを出せます。ただし、消費もそれ相応=激しく消費します。
不要なキャラを必要なキャラに変える使い方もできますね。消費は相変わらずキツイですが。
面白いイベントだとは思いますが、使いこなすのは難しそうです。

登場させるキャラは、とにかくパワーの高い壁を作りたいなら「雄介&ゴエモン/FOX」、パワーラインを上げつつ、ダメージを受け難くする3/2後列キャラの「ナビゲーション役 双葉/NAVI」、バウンスに強い上、パワーも高くて、ダメージ減少に一役買ってくれる「主人公/JOKER」辺りが候補でしょうか。



1612123.png
ブースタパック「ペルソナ5」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から3枚を削る能力と、手札から登場時にコストを払うことで「処刑」を1枚回収する能力を持つ、青/0/0/2000のキャラです。特徴はありません。

ついに来ました「処刑」を回収できるキャラ。
処刑」(P3版)デッキにとっては、嬉しい収録です。このイベントがすべての鍵ですからね。
登場時任意山札3枚削りも強いです。

| ペルソナ5 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2617-3a6b4899

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT