大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 201612/13 P5


ブースタパック「ペルソナ5」収録。
手札から登場ターン中、バトル相手がリバースした時にコストを払うことでそのキャラをクロック置場に置く能力、このカードがリバースした時に自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードは《怪盗》か《生徒会》か《検察》のキャラならばコストを払うことでこのカードを手札に戻す能力を持つ、緑/3/2/10000のキャラです。特徴は《怪盗》・《生徒会》。

1つ目の能力は、至って普通のクロックシュートです。

面白いのは2つ目の能力ですね。自身リバース時にデッキトップを公開し、そのカードが《怪盗》か《生徒会》か《検察》のキャラならば1コストで自身を手札に戻せます。1コストで単純に手札を温存できますね。再び登場させる場合、ストック消費は3コストアンコールと変わりませんが、手札を温存しつつ、登場時クロックシュートを使える可能性がある分、お得と言えます。クロックシュートのコストで手札を切るため、その辺りも噛み合っています。

クロックシュート持ちですが、パワーパンプは一切ないため、そこが課題となるでしょう。



1612132.png
ブースタパック「ペルソナ5」収録。
レベル比例応援と、自分のダイレクトアタックしているキャラのダメージがキャンセルされなかった時、他の自分の《怪盗》か《生徒会》か《検察》ならコストを払うことで相手の思い出置場の裏向きのカードを1枚クロック置場に置く能力を持つ、緑/2/1/5000のキャラです。特徴は《怪盗》・《生徒会》。

緑の「挑戦状」シナジーキャラはレベル比例応援でクロックシュート的な効果でした。
後列キャラとして必要最低限の強さは持っています。
後は、終盤にダイレクト枠を作れるかどうかですね。



1612133.png
相手の思い出置場に裏向きのカードがないなら相手は自分の手札を1枚裏向きで思い出にし、1枚までドローする効果と、自分のキャラ1枚にバトル相手リバース時にそのキャラをクロック置場に任意で置く能力を与える効果、このカードを思い出に置く効果の緑/2/1のイベントです。

緑の「予告状」はクロックシュート付与でした。
他の「予告状」と違い、即座にダイクレト枠を作れないため「予告状」シナジーとの相性はいまいちです。青の「予告状」もカウンターとして使えばダイレクト枠作れますからね。
しかし、単純にクロックシュート付与は強いと思います。

それにしても「真」はクロックシュート大好きですね。
竜司「あっ、クロックシューター先輩ちーっす」
真「クロックに送られたいの?」

| ペルソナ5 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2621-0c779f83

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT