大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2016/12/28 RW

今日からTVアニメ「Rewrite」の公開が始まりました。
発売日は2017年1月27日金曜日です。ブースターパック「Re:ゼロから始める異世界生活」の発売日の翌週なんですね。どちらも買う人は大変そうです。



1612286.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
1ターンにつき1回まで自分がイベントをプレイした時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、クライマックス1枚につき《使い魔》か「小鳥」か「篝」か「瑚太朗」を含むキャラを1枚までサーチする1コスト自レスト4枚集中を持つ、黄/0/0/1500のキャラです。特徴は《植物》・《オカルト》。

後列向け能力持ちの集中。
イベント誘発のパワーパンプ持ちです。しかし、「Rewrite」ってイベントを使うタイトルではないような・・・・・・。面白いイベントはいくつかあるんですけどね。今弾での強化に期待したいです。

集中はサーチ先が《使い魔》か「小鳥」か「篝」か「瑚太朗」を含むキャラと限定されていますので、デッキにそれらのカードが少ないようであれば採用されないでしょう。そういったデッキには別色でそれ用の集中が恐らく収録される筈です。



1612287.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
自分の控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しすることができる能力と、手札から登場時にクロックを1点回復することができる能力、対応クライマックスが置かれた時に自分の控え室の青のキャラ1枚をマーカーとして置くことができるクライマックスシナジー、相手のアタックフェイズの始めにコストを払うことでパワーパンプし、正面のキャラへのソウル減少能力を得る能力を持つ、青/3/2/9000のキャラです。特徴は《植物》・《オカルト》。

対応クライマックスは、青/門・1。
早出しできて正面のキャラソウル-2持ちになるレベル3キャラということで「“濡れた制服”クロ」を思い起こさせます。つまり、強いです。相手にする側からすると地獄な時があります。ダメージが全然通らずに終わる可能性があるわけですから。

CIP能力がクロック1点回復になったためより持久戦向けになりましたね。クライマックスの握りやすさは、CIPが手札補充でなくなったものの対応が門であるため同じくらいでしょうか。

恐らく使い勝手で一番異なるのは自らアタックする時でしょう。「クロ」はCIP能力でパワーパンプし、クライマックスシナジーでもパワーパンプするため登場ターン中ならば最低でもパワー13500でアタックすることができました。一方こちらはパワーパンプするタイミングは相手のアタックフェイズの始めにしかないためクライマックス分と合わせてもパワー10000にしかなりません。バトルするキャラを選ぶなり、他のパワーパンプ手段を用意するなりしてフォローしたいです。



1612289.png
ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
「“結界の主”小鳥」対応の青/門・1のクライマックスです。




ブースターパック「TVアニメ『Rewrite』」収録。
レベル比例応援と、自分のクライマックスフェイズの始めに自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードがレベル0以下のキャラならマーカーとして置くことができる能力、自分のクライマックスフェイズの始めに自分の「“結界の主”小鳥」を1枚選び、このカードの下のマーカー1枚をそのキャラの下にマーカーとして置くことができる能力を持つ、青/2/1/500のキャラです。特徴は《植物》・《オカルト》。

「“結界の主”小鳥」が運任せではありますが対応クライマックス抜きでもマーカーを貯めることができるようになりました。非常にありがたい存在ですね。しかもレベル応援ですから、無駄がありません。

今日のマーカーを置く「小鳥」はどちらもマーカーを置くことができる枚数に制限がありません。ですから上手く使えばマーカー圧縮にもなりそうです。

| Rewrite | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2648-716fb4d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT