大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/04/03 KS


ブースターパック「この素晴らしい世界に祝福を!」収録。
このカードのバトル中、相手の助太刀の使用を封じる能力と、手札から登場時にコストを払うことで相手は自分の控え室のクライマックスを2枚選び、それらのカード以外の控え室のカードすべてを山札に戻す能力、対応クライマックスが置かれた時に前列にいるならコストを払うことでクロック置場の《冒険者》か《女神》のキャラを1枚舞台の好きな枠に置くクライマックスコンボを持つ、青/3/2/10000のキャラです。特徴は《冒険者》・《女神》。

1つ目の能力は、自身のバトル中、相手の助太刀封じ。
基本的に相手キャラのパワーを超えていればバトルに勝てるわけですね。しかし、基本的にと書いたようにイベントカウンターの存在があるため注意が必要です。相手の公開領域のカードをしっかりとチェックすることでイベントカウンターの有無を確認したいです。

2つ目の能力は、「ど忘れ少女 村上文緒」などとよく似たものです。強制リフレッシュ。控え室にクライマックスを2枚残した状態でリフレッシュさせるためキャンセル率とクライマックスの使用率を低下させることができます。今までの効果と違い控え室に残しておくカードを選ぶのが相手になりました。間違えないように注意したいです。

3つ目の能力は、クライマックスコンボによるクロックからのキャラ召喚。
対応クライマックスは、不明。青/門・1だと使い勝手が良さそうです。
実質クロック回復、展開補助、キャラ登場コストの踏み倒しになる強力な効果です。回復メタをすり抜けることができるのも利点ですね。

4枚採用で軸としての活躍はもちろん、2つ目の能力目当てにピン挿しも考えられそうです。
優秀なレベル3キャラなのではないでしょうか。



1704032.png
ブースターパック「この素晴らしい世界に祝福を!」収録。
手札から登場時に自分の山札の上から2枚を控え室に置き、それらのカードの《冒険者》か《女神》のキャラの枚数に応じてパワーパンプする能力を持つ、青/0/0/2500のキャラです。特徴は《女神》。

夢見がちな少女 依愛」の《冒険者》、《女神》版。
そこそこな確率でパワー4500になります。よっぽど運が悪くない限りパワー3500にはなると思います。ノーコストで山札を2枚削れるわけですし、レベル0アタッカーとして選択肢には入ると思います。惜しむらくは特徴ですかね。まぁ、《女神》は《女神》で十分構築できそうですけど、やはり《冒険者》を持っていた方が選択肢が広がりますからね。



1704033.png
ブースターパック「この素晴らしい世界に祝福を!」収録。
自分の《女神》のキャラがいないならプレイできず、自分の《冒険者》か《女神》のキャラ2枚に疑似アンコール能力を与える、青/2/1のカウンターイベントです。

ケモノダマ」の亜種ですね。
対象が《冒険者》、《女神》になり、レベル2のイベントになったためストック消費が1軽くなりました。
レベル1帯では使えなくなりましたが、守ってよりお得なのは後半に出てくるキャラですし、ストック消費が1軽くなった分、より強力になったと言っても予想です。1コスト2枚のキャラを守れるのは素晴らしいです。

| このすば | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2777-4b0f33db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT