大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/08/14 KMN その1


ブースターパック「けものフレンズ」収録。
自分のキャラを1枚手札に戻す、緑/2/0のカウンターイベントです。

古典的な罠」の緑版。
キャラを確実に守ることができます。コストのあるキャラの場合、再びストックを消費することになりますが、CIP能力を再利用できるのも強みのひとつです。また相手のバトル相手リバース時能力をかわしたり、ダイレクト枠を作って打点過剰を狙ったりすることができます。中々テクニカルなカウンターイベントです。
回収できるキャラがいたり、その回収できるキャラが早出し条件になっていたりするので「キルラキル」の「古典的な罠」よりは使われそうな気がします。

アニメ7話のお料理シーン。



20170814_2.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
手札から登場時にコストを払うことで「かまどの火」を1枚回収する能力と、アタック時に他の自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力を持つ、緑/0/0/500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《帽子》。

「かまどの火」は悪くないイベントですし、そもそも1コストで手札を増やせるのは良いことです。自分自身はかなり貧弱なのが弱みですが、他キャラ1枚をパワーパンプできるため使い勝手は悪くないと思います。

アニメ7話、火をつけるための方法を疲労するシーン。これでかまどに火が付くわけです。



20170814_1.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
自分のクロック置場に「虫眼鏡 かばんちゃん」があるなら早出しすることができる能力と、手札から登場時にコストを払うことで自分の手札の自分のレベル以下の《フレンズ》のキャラを1枚まで舞台の好きな枠に置く能力、対応クライマックスが置かれた時に前列にいるなら《フレンズ》のキャラを2枚までサーチするクライマックスコンボを持つ、緑/3/2/9500のキャラです。特徴は《フレンズ》・《本》。

公開2種類目のRR。

1つ目の能力は、早出し。
安定率を考えるならば早出し条件である「虫眼鏡 かばんちゃん」4枚採用でしょうね。すんなり4枚採用できるスペックとは言い難いですが、できなくはないスペックだと思います。

2つ目の能力は、登場時に手札を1枚切ることで自分の手札の《フレンズ》のキャラ1枚を登場させるという珍しいものです。手札消費は激しくなりますが、ストック消費を抑えられるのがポイントです。ストックと手札を見極めた上で使うかどうかの判断をしたいです。早出し条件である「虫眼鏡 かばんちゃん」や自身のクライマックスコンボが手札を増やせる効果であるため噛み合ってはいます。

3つ目の能力は、クライマックスコンボによる《フレンズ》のキャラ2枚サーチ。
対応クライマックスは、緑/自キャラ2枚にパワー+2000、ソウル+1。早出ししてこそ強さを発揮できると思います。レベル3帯への準備をする感じですね。クライマックスのパワー+2000のおかげで自身のパワーの低さもある程度補えるため悪くない組み合わせだと思います。

アニメ7話、正体が一応判明したシーンです。ハシビロちゃんから既にそんなようなことを教えてもらっていたのでそんなに驚かれなかったわけです。



20170814_4.png
ブースターパック「けものフレンズ」収録。
「この島の長 アフリカオオコノハズク&ワシミミズク」対応の緑/自キャラ2枚にパワー+2000、ソウル+1のクライマックスです。

アニメ12話、ラストの戦闘、かっこいいシーン。盛り上がってくるところです。

| けものフレンズ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2926-0772261f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT