大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2017/09/22 AOT


ブースターパック 「『進撃の巨人』Vol.2」収録。
アタックフェイズ中に自分のキャラが他の枠に動いた時にそのキャラをパワーパンプし、正面のキャラはサイドアタックできない能力を与える能力と、クライマックス1枚につきキャラを1枚まで回収する1コスト自レスト4枚集中を持つ、赤/0/0/1500のキャラです。特徴は《兵団》・《武器》。

“冷静沈着”ミカサ」の亜種的な感じですね。
パワーパンプの値は下がりましたが正面のキャラのサイドアタックを封じる能力を付与するようになりました。サイドアタックで打点だけ通してキャラを残す戦法を封じることができますね。もしかしたら、終盤、打点調整させないようにするためにも働いてくれるかもしれません。

集中は俗に忍者集中と呼ばれるタイプのものです。
自レストな上に回収対象も選ばないため非常に扱いやすいです。

移動を戦略に組み込んだ構築なら間違いなく採用されるキャラだと思います。



20170922_8.png
ブースターパック 「『進撃の巨人』Vol.2」収録。
手札から登場時に1枚までドローし、パワーパンプする能力と、アタック時に対応クライマックスがあるなら相手に1ダメージを与える能力、バトル相手リバース時にコストを払うことで相手に1ダメージを与える能力を持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《兵団》・《武器》。

CIP能力は、1ドロー&パワーパンプ。
手札を補充できるのは良いことです。クライマックスコンボ持ちであるため対応の引き込みもワンチャン狙えますね。パワーパンプ能力もバトル相手リバース時能力を持っているためありがたいです。

対応クライマックスは、赤/自キャラ2枚までにパワー+2000、ソウル+1です。
トラブルガール ハルヒ」から続く由緒あるアタック時1点バーン。
古くからずっと強いです。複数枚並べて簡単に発動でき、かつ強力ですからね。
対応クラマのおかげでバトル相手リバース時能力も狙っていきやすそうです。

バトル相手リバース時能力も1点バーン。
ミルヒオーレ・フィリアンノ・ビスコッティ」と同じものですね。
クライマックスコンボにストックは消費しないですし、CIP能力や対応クラマのおかげで比較的パワーも伸びやすいので狙っていきやすいでしょう。また【進撃】の動きの特徴にひとつとしてキャラの移動があります。「対巨人戦用『立体機動装置』(前弾)」や「“運命への抗い”ミカサ」を使うことで相手ターン中での発動も狙いやすくなります。

非常に攻め性能の高い優秀なキャラだと思います。Rだとは思えないくらいです。
しかし、能力がバーンに特化しっているためバーンメタを貼られてしまうと意味のないものになってしまいます。環境によっては働き難いですね。「おめでとうの会 かばんちゃん」や「“いまに挑む”乙坂 有宇」などは最悪の敵です。このミカサにとっては巨人なんかよりもよっぽど恐ろしい存在と言えるでしょうw



20170922_9.png
ブースターパック 「『進撃の巨人』Vol.2」収録。
「“自由を掴むために”ミカサ」対応の赤/自キャラ2枚までにパワー+2000、ソウル+1です。

| 進撃の巨人 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/2971-e6008131

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT