大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【WS】今日のカード 2018/05/17 APO


ブースターパック「Fate/Apocrypha」収録。
他の自分のバトル中のキャラがリバースした時に自分のキャラ1枚をパワーパンプする能力と、自分のキャラを2枚レストすることで自分のレベル置場のカードと控え室のカードを1枚ずつ入れ替える起動能力を持つ、赤/0/0/500のキャラです。特徴は《マスター》・《サーヴァント》。

他の自分のキャラリバース時誘発能力は上手く使うことできれば中々強力です。

2枚レストのレベル置場と控え室のカードの入れ替え起動能力は【ミルキィ】でお馴染みのものですね。レベル置場にカードが置かれた時誘発の能力を発動させたり、レベル置場の裏返したカードを疑似的に表にしたりできます。

優秀な後列キャラだと思います。



20180517_3.png
ブースターパック「Fate/Apocrypha」収録。
このカードの助太刀を使った時に自分のレベル置場のカードと控え室のクライマックスを1枚ずつ入れ替える能力と、1/0/3000助太刀を持つ、赤/1/0/2500のキャラです。特徴は《サーヴァント》・《不死》。

クリスマスガール エリー」互換。
デメリットとしてクライマックスがレベル置場に置かれてしまいますが、1/0/3000助太刀は強いです。控え室にクライマックスがない状況ならノーデメリットです。逆にレベル置場にクライマックスを置いたままの状態でそのままリフレッシュを迎えてしまうと最悪です。

採用するのであれば「“人事救済”シロウ・コトミネ」などレベル置場に置かれたクライマックスを控え室に置く手段も必須だと思います。また、カードがレベル置場に置かれますから、レベル置場にカードが置かれた時誘発の能力の引き金にもなります。



20180517_4.png
ブースターパック「Fate/Apocrypha」収録。
手札から登場時にパワーパンプする能力と、手札から登場時に自分の《マスター》か《サーヴァント》のキャラ1枚を回収する能力、1ターンにつき1回までバトル相手リバース時に対応クライマックスがあるならコストを払うことでスタンドするCXコンボを持つ、赤/3/2/9500のキャラです。特徴は《マスター》・《サーヴァント》。

手札から登場ターン中は、パワー11000になります。そして、《マスター》か《サーヴァント》のキャラ1枚回収も行えます。CXコンボで特定カードをコストにしますし、回収はありがたいです。

対応クライマックスは、赤/扉。
再スタンド。コストとなる「“玉座の間”赤のアサシン」はCXコンボ持ちのレベル1以下相討ちです。1/0アタッカーとして採用できるキャラなので、すんなり4枚採用できそうなのはありがたいです。再スタンドは普通に強いですし、悪くないと思います。



20180517_6.png
ブースターパック「Fate/Apocrypha」収録。
「“外典”シロウ」の赤/扉のクライマックスです。



20180517_5.png
ブースターパック「Fate/Apocrypha」収録。
1ターンにつき1回まで自分のカードがレベル置場に置かれた時にコストを払うことで自分の山札を上から3枚まで見て《マスター》か《サーヴァント》のキャラを1枚まで手札に加え、残りを控え室に置く能力を持つ、赤/0/0/2000のキャラです。特徴は《サーヴァント》・《毒》。

能力自体は強いと思います。1コストで手札増やして、山札削ってますからね。
しかし、その他の能力を一切持たない0/0/2000のキャラなのは辛いところです。
レベル0帯では「“人事救済”シロウ・コトミネ」の起動能力を使ってカードをレベル置場に置くこともできないですから。なにかしらの後列能力が欲しかったです。「“憧れの舞台”エリー」に毒されていますね。

| Apocrypha | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/3348-059fd0f5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。