大切なのはイメージすること。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【VG】今日のカード 2012/12/21


カード名:夢幻の風花 シラユキ
グレード:3 クラン:むらくも 種族:ゴースト
パワー:11000 クリティカル:1 シールド:×

自【V】LB(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[CB(1),あなたの手札から「夢幻の風花 シラユキ」を1枚選び、捨てる] このユニットがアタックされたガードステップ開始時、コストを払ってよい。払ったら、アタックしているユニットを1枚選び、そのバトル中、パワー−20000。
永【V/R】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)


【ユニット設定】
帝国に所属する全ての雪女の頭目。 朽ちた竜と山神の魂が混じり合って生まれた存在で、九尾や大天狗と肩を並べる大妖怪。 雪原のような銀髪に時折朱色の輝きが射すのは、竜の魂の名残と言われている。 儚げな少女の姿をしているが、これは幻術を使って錯覚させているだけであり、本来の外見は女神と見紛う程の絶世の美女らしい。 だが、山で彼女の姿を見ても決して追ってはならない。 人ならざるその身に流れるのは血では無く冷たい妖気。 近づくだけで寒さに凍え、触れれば夢見る間も無く骨の髄まで凍り付いてしまうだろう。

第9弾「竜騎激突」収録。《むらくも》のグレード3ユニットです。
「隠密魔竜 マンダラロード」のペルソナブラストにリミットブレイクが付いた強化版のような能力と盟主を持ちます。

手札1枚が20000シールド相当のガードになるのは、かなり強いと思います。
シールドと違い、相手ユニットのパワーを直接下げるので、「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」などの複数ユニットとのバトルに対する防御手段としても力を発揮します。また、この能力はガーディアンとしてコールするわけではないため、「サイレント・トム」や「蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム」のガード制限能力をすり抜けられるメリットもあります。

単体では概ね「隠密魔竜 マンダラロード」を上回っていますが、専用のサーチ手段が存在しない点では劣っています。それでも私としては、こちらの方が強いと思います。

| 【VG】今日のカード | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://black966.blog.fc2.com/tb.php/702-65f622f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT